検索エンジンgoogleキャッシュ削除する方法と更新手順

Delete

書き込み削除で終わりではありません!

プロバイダ責任制限法に基づき、2ちゃんねるや掲示板の名誉毀損の書き込みが削除された。これで安心してはいけません。多くの方々は、検索エンジン経由でサイトに閲覧してきますので、サイト側の書き込み削除が終わったら、サイト自体が削除されたこと、あるいはサイトは存在していても問題の書き込みが削除されたことを検索エンジンにお知らせする必要があります。

タイトル・スニペット

つまり、サイト側の書き込みが削除されている、あるいはサイト・スレッド自体が削除されたにもかかわらず、検索結果には上記のタイトルやスニペット(別称:ディスクリプション)に文字が出てきたり、古いままだったりします。これは、サイトの変更とGoogle側のデーターベース(インデックス・キャッシュといわれる)がリアルタイムに更新されているわけではないので、時差が生じるためです。

キャッシュ更新は、サイトによって頻度が違うので、問題あるサイトの削除や修正が行われた場合でも、放置しておくて数か月スニペット部に問題ある表記が出続けることがあります。自然に任せれば、いずれはキャッシュは更新されますが、一刻も早く検索結果も更新したいという時もあります。

そのような場合は、Google側へ強制的に更新するように連絡することで1日~2日でこちらも修正できますので、本日はその方法を解説いたします。

キャッシュ削除と更新申請のやり方

2ちゃんねる、まとめサイト、誹謗中傷掲示板(爆サイ、ホストラブ等)の管理人に削除要請を出して、書き込みが無事に削除されてもネットには検索エンジンのデーターベースにキャッシュがまだ残っています。こちらの更新、削除が重要になります。その手続きを解説します。

Google検索結果削除リクエストツール(Googleが提供するツールへ飛びます)

検索結果削除

Google検索削除リクエストツールを使うと、検索結果に出てくる古いコンテンツの削除や更新ができます。

注意が必要なのは、あくまでも誹謗中傷サイトやページが削除されている、あるいは変更、更新されているのが前提で、本サイト自体が何も変更が加えられていない場合は、このツールは有効ではありません。

まず、弁護士に依頼して誹謗中傷サイトを削除、あるいは、誹謗中傷の書き込みを削除したうえで、このツールをつかってください。

2種類の削除リクエストがあります。

  • ページ全体を検索結果から削除する
    →サイト自体を削除行った場合
  • 検索結果に表示される古いキャッシュやスニペットを更新する(古いキャッシュを削除して新しいものに入れ替える)
    →サイトは存在するが、誹謗中傷の書き込み部を削除した場合。(氏名、個人情報、企業情報等)

具体的に何をしているのか解説します。

※このツールをつかえば、Googleだけではなく、Yahoo側とも同期をとっているため、yahoo側のキャッシュも削除・更新されます

虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3752-2291
[電話受付]平日  9:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら

ページ全体を検索結果から削除する

サイト自体が削除された場合、検索結果削除リクエストツールを使うと、検索結果にサイト名+スニペットが表示されなくなります。インデックスから削除され、検索エンジン上にあらゆる検索ワードで表示されなくなります。

古いキャッシュやスニペットを更新する

こちらは、ページ全体を検索結果から削除するのではなく検索結果の最新の状態への更新です。
ページのコンテンツが変わったにもかかわらず、キャッシュやスニペットが古い状態で表示されるときに、現在の状態を反映させるように更新を申請できます。

スニペットにネガティブ情報や個人情報が出ている場合、サイト上の削除を行えば、更新され、スニペットに表示されなくなります。

ネットに強い弁護士に相談してみよう

Googleクローラーが数日~数か月に1回、キャッシュを更新に巡回するまで、キャッシュは昔のままなので、上記のツールを使って即日強制的に更新するようにしましょう。検索結果を多くの人がみますので、こちらも更新しないと誹謗中傷の拡散はとまりません。ネットに強い弁護士であれば、単に誹謗中傷サイトを削除しただけではなく、Google側のキャッシュ更新もしてくれますので、併せて対応してもらえるように依頼しておきましょう。

ネットに強い弁護士に依頼する必要性は、こういった細かいWEBによる情報拡散のルートを正確に抑えているという点です。サイト削除だけおこなっているのは依頼主の依頼だけをこなそうとだけ努めます。

ネットに強い弁護士は、依頼主が何にこまっているのか全体像を把握し、依頼された内容から、本当に安心してもらえる状態にするまで、サイト削除や書き込み削除だけではなく、拡散されている部分、閲覧部が多い部分の対応まで配慮することができます。

細かい点ですが、ネットに強い弁護士に依頼する理由はほかにもありますので、ご参考ください。

関連記事
弁護士バッジ
ネット問題を弁護士に相談するメリット~誹謗中傷相談は何処へ行く?
突然、ネット上で誹謗中傷を受けた場合、どこに相談するか?悩みます。 警察に届け出るべきか? 自治体の相談窓口に行くか…
関連記事
Search Now Exploration Discover Searching Finding Concept
Google検索結果を削除する方法!サイト管理人が削除依頼に応じない
インターネット上で誹謗中傷をされたり、前科ニュース(不起訴を含む)が拡散されたり、リベンジポルノなどの嫌がらせをされ…

Google,Yahooの検索結果削除に強い弁護士

ネット誹謗中傷に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  • GoogleやYahooの検索結果から前科、逮捕歴、犯罪歴のサイト情報を削除したい
  • 過去ニュースの拡散された情報やサイトそのものを削除したい
  • Twitter関連に拡散したニュース記事を削除したい

など、ネット被害に関わる問題でお困りの事を、【ネット誹謗中傷を得意とする弁護士】に相談することで、解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、親身になって回答し、必ず役立つことをお約束します。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3752-2291
[電話受付]平日  9:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!