FC2で誹謗中傷、名誉毀損、営業妨害された時の削除&犯人特定方法

FC2 blog

FC2ブログは、人気のブログサービスです。

ただ、利用者が多いがために、誹謗中傷や風評被害につながる記事投稿も後を絶ちません。

FC2ブログの書き込みによって被害を受けた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

今回は、FC2ブログの記事で誹謗中傷の被害を受けた場合の対処方法について解説していきます。

FC2とは

FC2(FC2, Inc.)とは、Webサービスやホスティングサービスを展開する米国法人です。

アメリカのネバダ州・ラスベガスに本社があると言われています。

FC2はレンタルサーバーの他様々なサービスを提供しており、そのうちの1つに「FC2ブログ」があります。

しかし、冒頭でも述べたように、このような人気のサービスで誹謗中傷や営業妨害を受けると大きな影響を受ける可能性があります。

  • 誹謗中傷の投稿で店の評判が落ち、売上が減った
  • 事実無根な嘘が書き込まれ、SNSで拡散された
  • 書き込みから個人情報が流出し、実害を被った

上記のような被害を受けたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

インターネットの書き込みは、想像以上に拡散されるスピードが早いです。

そのため、被害を抑えるためには不適切な投稿をいち早く削除する必要があります。

関連記事
hiboutyuusyou imi
誹謗中傷の意味とは?基準や問題点をわかりやすく解説!
近年注目されている「誹謗中傷」。しかし、誹謗中傷はどういう意味なのか、どこからが誹謗中傷になるのか、批判との違いは何…[続きを読む]

FC2ブログの誹謗中傷記事を削除する方法

ここからは、FC2ブログの書き込みについて削除申請する方法をご紹介していきます。

削除する手段としては、①削除依頼フォームを利用する方法と、②法的に削除を行う方法の2種類があります。

それぞれ見ていきましょう。

①削除依頼フォームから申請する

FC2ブログに用意されている、削除依頼フォームを利用して運営側に通報する方法です。

・不適切サイト報告・異議申し立てフォーム

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=49541

上記のフォームに必要事項を入力して送信します。

記載する必要事項は以下の通りです。

  • 名前
  • 住所
  • メールアドレス
  • 組織名
  • 担当者名
  • サイト管理人であるユーザーに名前の公開を許諾するか否か
  • 被害状況および異議申し立て内容
  • 削除を依頼する具体的なURL
  • 削除を依頼する具体的な箇所
  • 削除を依頼する理由

「削除を依頼する具体的な箇所」「削除を依頼する理由」では、投稿のどの部分でどのように被害を受けているのかを客観的に詳しく説明するようにしましょう。

なお、著作権侵害によって被害を受けている場合・弁護士などに依頼する場合は、別のフォームが用意されているのでそちらから申請してください。

・著作権侵害に関する申し立て:https://form1ssl.fc2.com/form/?id=458807

・法的機関専用 お問い合わせフォーム:https://form1ssl.fc2.com/form/?id=538865

削除依頼フォームを送る前に利用規約の確認を

ひとつ注意したいのが、フォームで通報したからといって必ず削除されるわけではないということです。

というのも、この方法による削除は任意で行われるため、最終的には運営側であるFC2が削除するか否かを決めるからです。

基本的にFC2ブログのようなWebサービスでは、利用規約に違反した場合のみ削除が行われます。

そのため、FC2ブログの利用規約の禁止事項を確認し、書き込み内容が利用規約のどの部分に違反しているのかを理由に追記するようにしましょう。

・FC2利用規約:https://help.fc2.com/common/tos/ja#common_taboo

・FC2著作権ガイドライン:https://help.fc2.com/copyrights/tos/ja

②法的に削除を行う

上記の方法で削除が行われなかった場合、法的に削除を行う必要があります。

削除の仮処分命令

裁判所に削除の仮処分を申し立てる方法です。

仮処分とは、権利侵害について裁判所に仮の決定をしてもらうことができるものです。

通常の訴訟とは少し違って暫定的な判断で行われるため、比較的低コスト・短期間で書き込みを削除してもらうことができます。

また、削除の仮処分命令には法的拘束力があるため、必ず削除が行われます。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
Mallet of the judge, justice scale, wooden desk background
削除の仮処分とは|インターネット上の名誉毀損記事を削除する
ネット上で名誉毀損、誹謗中傷の書き込みをされたら「仮処分」によって削除させることができます。裁判所を使った手続きで難…[続きを読む]

送信防止措置請求

必要事項を記入した書面を送ることで書き込みの自主的削除を請求できる「送信防止措置請求」という制度もあります。(プロバイダ責任制限法3条1項)

ただ、こちらも削除依頼フォームと同様に任意で削除請求をする方法であるため、必ず削除されるとは限らないことに注意してください。

関連記事
送信防止措置依頼書の書き方【入門編】
プロバイダ責任制限法では、被害者に「送信防止措置請求権」「発信者情報開示請求権」を認めています。誹謗中傷の該当記事を…[続きを読む]

FC2ブログでの誹謗中傷|よくある質問

  • FC2は外国法人だけど、削除について支障はないの?
    FC2は米国法人ではありますが、日本の裁判所を通じて仮処分なども行うことができます。

    そのため、アメリカの企業だから日本のブログは削除されないといった心配は基本的にはないといえるでしょう。

    ただ、仮処分などで法的に対処する場合には、外国にある本社に向けて書類を送付するといった準備をしなければなりません。

    そのため、日本法人を相手にする場合よりも時間がかかることが多いです。
  • FC2は削除依頼をまともに取り合ってくれないって聞いたけど本当?
    FC2は削除依頼への対応があまり良くないと言われています。

    しかし、削除依頼をしたところ早く対応してくれたという声もあり、正直なところ実態がどうなっているのかはわかっていません。

    自分で削除依頼を出して、実際に確認するしかないでしょう。

    ちなみに、一般向けの削除依頼フォームでは削除される場合でもFC2側から何か連絡がくるというわけではないので、削除が実行されたかどうかは自分で確認する必要があります。
  • FC2ブログの投稿者を特定したい
    FC2ブログで悪質な投稿を行った犯人を特定したいと考える方もいらっしゃるでしょう。

    その場合は、プロバイダ責任制限法4条1項に基づいて「発信者情報開示請求」を行う必要があります。

    発信者情報開示の仮処分や訴訟で裁判所に認められれば、投稿者の個人情報を入手することができます。

    匿名相手を特定することができれば、慰謝料を求める損害賠償請求や、名誉毀損罪・業務妨害罪などで刑事告訴することも可能になります。

    ただし、手続きが複雑であるため特定に至るまで時間がかかること、場合によっては時間制限があることに注意してください。

    詳しくは以下のページをご参照ください。

関連記事
東京地方裁判所
発信者情報開示の仮処分と訴訟の流れをわかりやすく解説
サイトでは投稿が匿名で行われるので、すぐに相手に損害賠償請求や刑事告訴することはできません。今回は、ネットで誹謗中傷…[続きを読む]

まとめ

以上が、FC2ブログの記事で誹謗中傷や業務妨害を受けた場合の対処法です。

削除依頼フォームであれば、誰でも簡単に削除を申請することができます。

そのため、もし被害を受けているのであれば一度自分で試してみるといいかもしれません。

一方、削除の仮処分や犯人を特定したい場合など、法的に対処したいのであれば専門家に相談することをおすすめします。

無料相談を受け付けている弁護士や行政サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事