ネットで自分の顔写真が勝手に加工・悪用された!無許可使用の対処法

スマホで自撮りする女性

Twitter、Facebookやインスタグラムにアップした写真を勝手に転用されてしまった。

アダルトサイトに掲載されてしまったり、インターネット上の掲示板でさらし被害に遭ったりなど、顔写真の転載問題は後を絶ちません。

自分のSNS上の顔写真が勝手に転載されているのを見つけたら、できるだけ早く対処することが大切です。拡散されてしまう前に、対処法を学び、適切な措置をとっていきましょう。

今回は、SNS上の画像を別のサイト等に無断使用されてしまった被害事例、法律上の問題、対処法・予防法をご説明します。

SNSの写真が勝手にネットで使用される被害とは?

まずは、SNSの個人写真が勝手に利用されてしまうという実態について詳しく理解していきましょう。

勝手にSNSの写真を転載。許可なしの利用実態

インスタグラムが人気になり、自分の私生活の画像をアップする人も日に日に増えています。友人と楽しくランチする写真、旅行に行ったときの写真、自撮り写真などさまざまな画像がインターネット上に存在しています。普通に利用していれば、楽しいはずのSNSですが、実は悪用されてしまう事例も急増しているんです。

具体的には、本人の許可なく、勝手に他のサイトに転載する事例です。特に、SNS上にアップした顔写真が勝手に利用されるケースが増えています。一般的なウェブサイトに利用されるほか、アダルトサイトに転載される被害もあります。無断使用者側で勝手に加工、二次利用されるというケースも増えているのです。

なんとかして公開をやめさせたいと、さまざまな方法をとりますが、無断使用者が一体誰なのかなど実態が不明な場合もあり、削除させることに手間取ることも多々あります。

SNS・インスタグラムに顔写真をアップする危険性

SNSに顔写真をアップすることは、実は大きな危険をはらんでいます。

SNS上で一躍有名になり、芸能人のような生活がしたいという方は、必要手段かもしれませんが、それ以外の一般の方が個人を特定できる顔写真をインターネット上にアップすることはおすすめできません。

芸能人は、SNS、インスタグラム上に本人の写真やプライベートが垣間見えるような画像をのせることにより、ファンを楽しませ人気を得ています。

しかし、この行為は実は危険と常に隣り合わせです。背景などから、居場所を特定される可能性もありますし、先ほどご説明した通り無断で顔写真が使われ「宣伝している」ように加工される可能性もあります。

もっとも、このようなリスクをとることは、多くの人に自分を知ってもらうために必要なことであるため、仕事として行っているのです。有名になって良い収入を得る代わりに、個人情報が被害に遭うリスクも背負っているということになります。一有名税と呼ばれることもあるでしょう。

しかし、一般人の場合は、「有名になりたい」という気持ちがない限り、リスクしか得られません。

顔写真が勝手に無断転載され、あらぬ誹謗中傷、プライバシー侵害が行われる危険性は常に存在します。

SNSに個人を特定できる顔写真を掲載する場合は、この点についてしっかり理解しておく必要があるでしょう。

SNS顔写真の無断転載、加工の被害事例

では、実際にあった被害としてはどのようなものがあるのでしょうか。具体例をみていきましょう。

①画像が勝手に転載され、悪用・なりすまし被害

知らないサイトに勝手に自分の顔写真が使われてしまったという事例があります。出会い系サイトの宣伝だけでなく、動画サイトなどに動画の一部としてアップされてしまう被害もあります。

また、本人になりすまして、勝手にWEBサービスにアカウントを開設。顔写真をプロフィール画像にアップして、その人が非常識な行動、特異な意見を主張する人物、異常な行動をする人間のようにみせかけて嫌がらせをするケースもあります。

②誹謗中傷目的の無断転載

画像を加工した上で、掲示板サイトなどにアップされてしまい、誹謗中傷が繰り広げられることがあります。これ以外にも、SNS上で画像が加工され本人になりすます被害もでています。

③個人情報被害

2ちゃんねるなどで、顔写真だけでなく、個人情報も一緒にアップされてしまうケースがあります。芋づる式に、名前や職場、住所なども探しあて、個人情報全てを公開される被害も出ています。

④出会い目的の被害

特に、女性の方は注意してください。

SNSで顔写真をアップしていると、出会い目的で近づいてくる人もいます。適当にあしらっていれば良いというものでもなく、ひどいケースではストーカー被害に遭う方もいます。顔写真だけではなく、位置情報がわかるような画像は載せないように注意しましょう。

⑤子どもが被害に遭う

SNS上にお子さんの可愛い写真を載せる方も多いと思います。しかし、写真により子どもに興味を持つ人を引き寄せることになるケースがあります。画像を加工され、他のサイトに転用される被害は大人と同じです。これ以外にも、写真の背景や位置情報により、自宅周辺が特定され、誘拐被害などに遭うケースも想定できるため、SNSへの顔写真アップは気をつけるようにしましょう。

このように、すでに被害事例はたくさんあります。顔写真の被害だけでなく、そこから派生して、プライバシー侵害や、誹謗中傷被害に遭うこともありますので、皆さんも他人事と思わずに注意して利用するようにしてください。

SNS顔写真の無断転載の法的罰則

次に、本人に無許可で顔写真などのSNSの画像を利用することに関する法律・罰則について見ていきましょう。

無許可転載は、著作権侵害にあたる

では、勝手にSNSの顔写真などを他のサイトに転載する事例は、法律上どのように規制されているのでしょうか。

まず、SNSに公開している画像であったとしても、勝手に他のサイトに引用・転載すれば、著作権侵害にあたる可能性があります。本人の許可を得ている場合は、著作権侵害とはなりませんが、無許可であることが問題となります。

具体的には、著作権法32条が参考になります。同条は、「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」と規定しています。

SNS上にアップされた本人顔写真も、著作物にあたります。著作物は団体が保有しているものだけでなく、個人が創作した文章、画像、芸術作品など多岐の分野の創作物が含まれるためです。また、「引用」する場合は、「公正な慣行に合致」すること、「引用の目的上正当な範囲内で」あることが必要です。本人に許可なく、無断で転載する行為は明らかに「公正」とはいえませんし、「正当な範囲内」ともいえません。そのため、著作権侵害となるのです。

仮に、著作権侵害が認められる場合は、「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金」が課される可能性があります(同法119条1項)。また、著作者人格権、実演家人格権の侵害などの場合には、「五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金」が課される可能性もあります(同法同条2項)。これ以外にも、著作権者の権利として、差し止め請求や、損害賠償請求、名誉回復のための措置を請求できます。

肖像権侵害とプライバシー権侵害

著作権侵害だけではありません。肖像権侵害やプライバシー侵害にあたる可能性も十分にあります。

肖像権侵害とは、自己の容ぼうを勝手に撮影され、公表されない権利とされています。この権利は実際に明記されていませんが、憲法13条の幸福追求権に含まれる権利と考えられています。

肖像権は、芸能人などの有名人はもちろんですが、一般の個人にも認められる権利です。なぜなら、みだりに自分の容ぼうを公開されないことは、生きていく上において重要であり、人格的利益といえるためです。

肖像権は、友人ととった写真を勝手にSNS上にアップされたという場合にも、適用されますが、SNS上に本人が公開したものをアダルトサイトに勝手に転用されたようなケースでも適用されます。そのため、肖像権侵害による損害賠償請求などは可能です。

また、顔写真だけでなく、住所などの個人情報もさらされてしまったというケースでは、プライバシー侵害も考えられます。プライバシー権は、自己に関する情報を勝手に公開されない権利を含みますので、住所や職場、家族構成、生い立ちなどを掲示板などで晒されてしまった場合には、プライバシー侵害にもとづく損害賠償請求を行える可能性があります。

このように、著作権侵害だけでなく、肖像権・プライバシー権侵害の可能性もあります。加害者を特定できれば、損害賠償請求も可能となります。ちなみに、勝手に友人と食事した写真などをSNS上などの公開された場所にアップすると、肖像権侵害になります。写真撮影の許可だけでなく、アップする許可もとるようにしましょう。

関連記事
facebook like
プライバシーの侵害と肖像権!他人にSNSで勝手に個人画像を載せられた
ネットを利用している場合、SNS(Twitter、FaceBook、Instagram、Youtube)でいろいろな…

誹謗中傷の場合、名誉毀損罪の成立も

掲示板やなりすまし被害に遭い、誹謗中傷が行われた場合には、名誉毀損罪が成立する可能性もあります。

名誉毀損罪は、刑法230条に規定があります。具体的には、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。」と規定されています。

名誉毀損とは、人の社会的信用を低下させるような表現行為を指します。死者でない限り、虚偽であるかどうかは関係ありません。インターネット上にて、他人の顔写真を勝手に利用した上で、具体的事実を指摘し、誹謗中傷をする行為は、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損」する行為にあたるため、刑事上の罰則が課せられる可能性があります。

例外的に、公人である場合などは「公共の利害に関する事実」であり、「公益目的」があり、「真実性の証明」があった場合には、違法性が阻却されるため、罰せられることはありません。しかし、一般人にこの原則が適用されることはほとんどのケースでないため、例外事由を過度に重要視する必要はないでしょう。

このように、他人のSNS上の顔写真を勝手に転載した上で誹謗中傷などを行った場合、なりすましを行った場合は、名誉毀損罪に問われる可能性があるということを理解しておきましょう。

SNS顔写真の無断転載の被害にあったときの対処法

次に、実際に被害に遭ってしまった場合の対処法をお伝えします。

公開をやめるように任意で請求する

では、SNS顔写真の無断転載・無断利用を発見した場合、最初に何をすればよいのでしょうか。

まず、削除するための行動をとらなければいけません。
自分の写真が掲載されているサイトの管理者に対し、任意で削除請求を行います。2ちゃんねるなどの掲示板サイトの場合は、サイト指定の削除申請方法がありますので、そちらに従って行うようにしましょう。大抵は、削除フォームに必要事項を記入して、削除依頼をするという方法です。

また、アダルトサイトにて性的な画像として合成されているようなケースでは、最寄りの警察署に相談も行うようにしましょう。名誉毀損行為として捜査を開始してくれる可能性もあります。

そして、サイトに直接削除依頼をする方法がわからない場合やサイトの管理者が誰なのかわからない場合は、プロバイダ事業者に対し削除をお願いする必要があります。この場合、法的手順を踏むことを要求される可能性が高いため、その場合は、弁護士などの専門家に相談してみてください。

差し止め請求・損害賠償請求で、法的対処をとる

では、任意での削除依頼に応じてくれない場合はどうすればよいのでしょうか。

この場合、法的対処に踏み出す必要があります。
具体的には、当該画像や動画に関する利用の差し止め(削除)請求を行います。顔写真の画像は、放っておくとどんどん拡散され、意図しない利用方法で使われてしまう可能性も高くなります。できるだけ早めに差し止め請求を行うようにしてください。

また、差し止め請求だけではなく、著作権・肖像権侵害、名誉毀損行為を受けたことに対する損害賠償請求を行うこともできます。勝手に画像を利用されてしまったことにより、精神的苦痛を被ったことに対する慰謝料請求となります。社会的名誉が低下してしまった場合も同様です。

このように、任意で応じてくれない場合は、法的措置に踏み切ることになります。この場合は、裁判になることもありますので、法律の知識が必要となります。できるだけ早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

自分だけで解決するのは難しい

では、弁護士に依頼せず、自分で対処することは可能なのでしょうか。

任意での削除請求に応じてもらえた場合は、一旦それで解決となりますので、自分1人で解決できることになります。しかし、削除請求に応じてもらえず、法的手段をとる必要が生じた場合は、1人で対処することが難しくなってきます。

この場合、前述したような差し止め請求や損害賠償請求を行うことになりますが、裁判所に対し、削除の仮処分などの手続きをすべて1人で行うのは難しいと思います。不可能ではありませんが、手続きを遵守しないと、却下されてしまう可能性もあるのです。

また、損害賠償請求をする場合は、まず管理人などを特定しなければいけません。管理人が明らかである場合は、問題ありませんが、誰かわからない場合は、プロバイダに対し情報の開示請求を行う必要があります。これらの手続きをすべて1人でこなしていくのはかなり大変といえるでしょう。

このように、任意で応じてもらえなかった場合には、自分で解決することはかなり難しくなります。拡散される前に早めに対処することが第一ですので、専門家である弁護士に依頼することをおすすめします。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

SNS顔写真の無断転載被害に遭わないための予防策

一度被害が出てしまった場合、対処するのは本当に大変です。1つのサイトで削除されたとしても、どんどん拡散され、いたちごっこになる可能性もあります。そのため、被害に遭わないように自己防衛策をとっておくことも重要です。そこで最後に、被害に遭わないようにするための予防策をご説明いたします。

(1) 顔写真は公開しない

そもそも顔写真をアップロードしなければ、問題は起きません。危険性は十分にご理解いただけたと思いますので、必要のない場合は顔写真を伏せてSNSを楽しむようにしてください。

(2)公開する場合は、公開制限をする

顔写真をアップする場合は、公開制限をしましょう。友人しか見れない設定にすれば、無駄にリスクを背負うこともありません。

(3)公開するなら、位置情報はオフにしよう

制限せず、インターネット上に公開する場合は、写真の位置情報はオフにしてください。これをオンの設定にしていると、写真を撮った場所が特定できてしまい、自宅の住所などがバレてしまいます。自己防衛策として、自分の居場所を特定されないようにすることも大切です。また、職場や学校などを特定されるような情報を書かないようにすることも大切です。

(4)背景やハッシュダグにも注意する

家の前が写り込むような写真や、住所が特定してしまうような写真はアップしないようにしましょう。意外と、背景に注意していない方も多いので気をつけてください。家の近所のレストラン・カフェなどで撮影する場合は、ハッシュタグをつけないことも大切です。住所や生活圏を示すような情報を特定されないようにするためです。

(5)子どもの写真は極力アップせず、自己防衛策を学ばせること

最後に、子どもの写真は載せないことです。大人よりも子どもへの影響の方が計り知れません。悪意のある大人に利用されないように、両親が守ってあげることも大切です。仮に、子どもの写真をSNSでアップするときは、顔がわからないように加工することなども有効です。また、念のためにお子さんに自己防衛策を学ばせておくことも重要です。知らない人にはついていかないことや、防犯ブザーをもたせてあげることなどで、子どもを危険から守ってあげてください。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事