ネットで自分の顔写真が勝手に加工・悪用された!無許可使用の対処法

スマホで自撮りする女性
  • Twitter、Facebook、インスタグラム、LINEにアップした写真を勝手に拡散されてる!
  • 自撮り画像・自分の写メが出会い系サイト・マッチングアプリに掲載されてる!
  • インターネット上の掲示板で晒し被害やアイコラ画像が作られた!

SNSや匿名掲示板で、顔写真の無断拡散・悪用は後を絶ちません。

もし自分のSNS上の顔写真が勝手に晒し行為・悪用されている場合、できるだけ早く対処することが大切です。

今回は、SNS上の画像を別のサイト等に無断使用されてしまった被害事例、法律上の問題、対処法・予防法をご説明します。

ネット・SNSで写真をアップする危険性

Twitter、Facebook、インスタグラム、LINEなどSNSに顔写真をアップすることは、大きな危険をはらんでいます。

芸能人は、SNS、インスタグラム上に本人の写真やプライベートが垣間見えるような画像をのせることにより、ファンを楽しませ人気を得ていますが、この行為は実は危険と常に隣り合わせです

なぜならSNSにアップした写真の背景や投稿の本文等から推察して、アップ主の居場所・住所・行動範囲を特定することが可能だからです。

また、無断で顔写真が使われアイコラ画像やフェイクポルノ等に加工される可能性もあります。

それは一般人の場合も同様で、顔写真が勝手に無断転載され、あらぬ誹謗中傷、プライバシー侵害が行われる危険性は常に存在します。

SNSに個人を特定できる顔写真を掲載する場合は、この点についてしっかり理解しておく必要があるでしょう。

SNS顔写真の無断掲載・悪用される5つの事例

①出会い系サイト・マッチングアプリでなりすましされる事例

良くあるのが、出会い系サイト・マッチングアプリの広告画像の一部としてアップされてしまう被害があります。

また、本人になりすまして、顔写真をプロフィール画像にアップして、その人が非常識な行動、特異な意見を主張する人物、異常な行動をする人間のようにみせかけて嫌がらせをするケースがあります。

関連記事
怖いマッチングアプリ!事件やトラブルに巻き込まれない予防策が大切
社会人になると出会いが少なくなるといわれていますが、最近ではマッチングアプリ・婚活アプリを利用した出会いが増えている…[続きを読む]

②匿名掲示板で誹謗中傷・拡散される事例

勝手に人の写真をアップして、匿名掲示板で「品評会」と称して、人の容姿を悪く言ってけなすようなスレッド等が存在します。

さらにひどい場合は、人の写真をわいせつなアイコラ画像・フェイクポルノなどにした上で、誹謗中傷を繰り広げれ拡散されてしまうことがあります。

③個人情報もセットで拡散される事例

2ちゃんねるなどで、顔写真だけでなく、個人情報も一緒にアップされてしまうケースがあります。

特にアカウントが炎上した場合、特定班と呼ばれる人々が、芋づる式に「名前」や「職場」「住所」なども探しあて、個人情報全てを公開する事例も多いです。

関連記事
特定班
特定班とは?本人特定されないための対処方法
匿名でネット炎上が起こった際などに、驚くべき精度をもって本人を特定する「特定班」と呼ばれる人たちがいます。今回はネッ…[続きを読む]

④出会い・わいせつ目的の事例

特に、女性はSNSで顔写真をアップしていると、出会い目的で近づいてくる人もいます。

適当にあしらっていれば良いというものでもなく、ひどいケースではストーカー被害に遭う方もいます。

顔写真だけではなく、位置情報がわかるような画像は載せないように注意しましょう。

関連記事
ネットストーカー
ネットストーカーの特徴と心理。正しい対処法は?
インターネット上では人との距離感がつかみにくいため、「親しくなった」と勘違いして起こるネットストーカーが急増していま…[続きを読む]

⑤子供の写真をネットに載せて被害に遭う

子供の写真はそのままネットに載せないほうが良いでしょう。

SNS上に自分の子供の可愛い写真を載せる方も多いと思います。しかし、写真により「子どもに執着を持つ人」を引き寄せることになるケースがあります。

そして画像を悪用され、アダルトサイト等に転用されたり、先述のとおり写真の背景や位置情報により、自宅周辺が特定され、誘拐被害などに遭うケースも想定できるため、SNSへの顔写真アップは気をつけるようにしましょう。

SNS顔写真の悪用は犯罪か|警察は動くか

では、勝手にSNSの顔写真などを他のサイトに転載する事例は、法律上どのように規制されるか、警察は動くのでしょうか。

自撮り・写メなど無断掲載は、著作権侵害にあたる

SNSに公開している自撮り画像や写メであったとしても、勝手に他のサイトに引用・転載すれば、著作権侵害にあたる可能性があります。

本人の許可を得ている場合は、著作権侵害とはなりませんが、無許可であることが問題となります。

具体的には、以下のとおり著作権法32条が参考になります。

「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」と規定。

著作物は個人が創作した文章、画像、芸術作品など多岐の分野の創作物が含まれるためです。

また、引用する場合は、「公正な慣行に合致」すること、「引用の目的上正当な範囲内で」あることが必要です。本人に許可なく、無断で転載する行為は明らかに「公正」とはいえませんし、「正当な範囲内」ともいえません。

仮に、著作権侵害が認められる場合は、「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金」が課される可能性があります(同法119条1項)。

また、著作者人格権、実演家人格権の侵害などの場合には、「五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金」が課される可能性もあります(同法同条2項)。

これ以外にも、著作権者の権利として、差し止め請求や、「損害賠償請求」「名誉回復のための措置」を請求できます。

写真の無断転載は、肖像権侵害にあたる

著作権侵害だけではありません。肖像権侵害やにあたる可能性も十分にあります。

肖像権侵害とは、自己の容ぼうを勝手に撮影され、公表されない権利とされています。この権利は実際に明記されていませんが、憲法13条の幸福追求権に含まれる権利と考えられています。

友人ととった写真を勝手にSNS上にアップされたという場合にも、肖像権は適用されますが、SNS上に本人が公開したものを出会い系サイト・マッチングアプリ等に勝手に転用されたようなケースでも適用されます。

関連記事
肖像権侵害
肖像権侵害とは?事例とよくある質問から理解する肖像権の基本
ネット上に写真や動画を投稿するときには「肖像権」に配慮が必要です。今回は正確に理解されていないことも多い「肖像権」に…[続きを読む]

写真の無断転載は、プライバシー権侵害にあたる

顔写真だけでなく、住所などの個人情報もさらされてしまったというケースでは、プライバシー侵害も考えられます。

プライバシー権は、「自己に関する情報を勝手に公開されない権利」を含みますので、住所や職場、家族構成、生い立ちなどを掲示板などで晒されてしまった場合には、プライバシー侵害にもとづく損害賠償請求を行える可能性があります。

関連記事
プライバシー侵害
ネットのプライバシー権とは?自己情報コントロール権との違いを解説
近年プライバシー権の重要性が高まり、その権利内容が拡大されてきています。そこで今回は、プライバシーの侵害になる基準や…[続きを読む]

誹謗中傷した場合は、名誉毀損罪も成立する

掲示板やなりすまし被害に遭い、誹謗中傷が行われた場合には、名誉毀損罪が成立し警察が動く可能性はあります。

名誉毀損罪は、刑法230条に規定があります。具体的には、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。」と規定されています。

名誉毀損とは、「人の社会的信用を低下させるような表現行為」を指します。

インターネット上にて、他人の顔写真を勝手に利用した上で、具体的事実を指摘し、誹謗中傷をする行為は、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損」する行為にあたるため、刑事上の罰則が課せられる可能性があります。

関連記事
Render illustration of Defamation title on Legal Documents
名誉毀損とは~成立要件、刑罰、時効、事例をわかりやすく解説
ネットで他人を誹謗中傷すると「名誉毀損」となって相手から刑事告訴や損害賠償請求をされる可能性があります。一方誹謗中傷…[続きを読む]

SNS顔写真が晒された!被害にあったときの対処法・流れ

では、SNS顔写真の無断転載・無断利用を発見した場合、最初に何をすればよいのでしょうか。実際に被害に遭ってしまった場合の対処法をお伝えします。

STEP1:サイト管理者に削除請求・警察へ相談

まず、当然のことですが、自分の写真が掲載されているサイトの管理者に対し、任意で削除請求を行います。

2ちゃんねるなどの掲示板サイトの場合は、サイト指定の削除申請方法がありますので、そちらに従って行うようにしましょう。大抵は、削除フォームに必要事項を記入して、削除依頼をするという方法です。

また、出会い系サイトやマッチングアプリ、アダルトサイト等にて性的な画像として合成されているようなケースでは、最寄りの警察署に相談も行うようにしましょう。名誉毀損行為として捜査を開始してくれる可能性もあります。

ただ、サイトに直接削除依頼をする方法がわからない場合、サイトの管理者が誰なのかわからない場合、「プロバイダ事業者」に対し削除をお願いしなければなりません。

この場合、法的手順を踏むことを要求される可能性が高いため、その場合は、弁護士などの専門家に相談する必要があります。

STEP2:差し止め請求・損害賠償(慰謝料)請求

もしも、任意での削除依頼に応じてくれない場合、法的対処に踏み出す必要があります。

具体的には、当該画像や動画に関する利用の差し止め(削除)請求を行います。顔写真の画像は、放っておくとどんどん拡散され、意図しない利用方法で使われてしまう可能性も高くなります。できるだけ早めに差し止め請求を行うようにしてください。

また、差し止め請求だけではなく、著作権・肖像権侵害、名誉毀損行為を受けたことに対する損害賠償請求を行うこともできます。勝手に画像を利用されてしまったことにより、精神的苦痛を被ったことに対する慰謝料請求となります。

関連記事
ネット名誉毀損の慰謝料相場
ネット名誉毀損で慰謝料請求する手順と慰謝料相場
ネット上で名誉毀損されたり、悪口を書かれた場合、どのような対策方法を執ることが出来るのでしょうか。名誉毀損の慰謝料相…[続きを読む]

SNS顔写真の無断転載被害に遭わないための予防策

一度被害が出てしまった場合、対処するのは本当に大変です。1つのサイトで削除されたとしても、どんどん拡散され、いたちごっこになる可能性もあります。そのため、被害に遭わないように自己防衛策をとっておくことも重要です。そこで最後に、被害に遭わないようにするための予防策をご説明いたします。

(1) 顔写真は公開しない

そもそも顔写真をアップロードしなければ、問題は起きません。

残念な人もいるかと思いますが、必要のない場合は顔写真を伏せてSNSを楽しむようにするしかないでしょう。

(2)公開する場合は、公開制限をする

顔写真をアップする場合は、公開制限できるSNSも存在します。

友人しか見れない設定にすれば、無駄にリスクを背負うこともありません。

(3)公開するなら、位置情報・背景に注意する

どうしても公開する場合は、せめて写真の位置情報は削除しましょう。

これを削除しないと、写真を撮った場所が特定できてしまい、自宅の住所などがバレてしまいます。

自己防衛策として、自分の居場所を特定されないようにすることも大切です。

家の前が写り込むような写真や、住所が特定してしまうような写真はアップしないようにしましょう。

意外と、背景に注意していない方も多いので気をつけてください。

家の近所のレストラン・カフェなどで撮影する場合は、住所や生活圏を示すような情報を特定されないようにするためです。

関連記事
worldwide communication network concept, modern cityscape and smart phone, abstract image visual
SNSの写真で個人情報が特定できる?自宅住所と名前の漏えい危機
写真データには多くの個人情報や機密情報が含まれているのをご存知でしょうか?気軽にSNSにあげた写真で、懸念されている…[続きを読む]

(4)子供の事件防止|写真は極力アップせず、自己防衛策を学ばせる

大人よりも子どもへの影響の方が計り知れません。

悪意のある大人に利用され事件に巻き込まれないように、両親が守ってあげることが大切です。

仮に、子どもの写真をSNSでアップするときは、顔がわからないように加工することなども有効です。

また、念のためにお子さんに自己防衛策を学ばせておくことも重要です。




誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事