ネットで誹謗中傷をする人の心理と特徴

ネット書き込みの人の心理

Twitter、LINE、匿名掲示板…現代ではインターネット上のあらゆる場所でひどい誹謗中傷が行われています。
誰でも、誹謗中傷を受ければ傷つくものです。

  • どうしてそんな心ない文章を書きこむことができるのだろう?
  • なぜ執拗に個人攻撃してくるの?
  • 誹謗中傷する人ってどんな人なの?

そんな疑問を持つ方も多いでしょう。

今回は、誹謗中傷や悪口を書き込む人の特徴や性格などを解説していきます。

誹謗中傷する人の心理・特徴6つ

ネット誹謗中傷する人の心理・性格には、一定の傾向があります。
今回は主に6つの理由を取り上げて、ご紹介していきます。

心理と特徴① コンプレックスと嫉妬

  • 収入が少ない
  • 容姿が劣っている
  • 学歴が低い
  • 結婚していない(彼氏彼女がいない)
  • 能力が低い

ネット上で他人を誹謗中傷をする人は、現実世界で上記のようなコンプレックスを抱えているケースが多数です。

コンプレックスのある人は、自分に劣等感を感じている分自分より優れている人に嫉妬しやすく、何かあるとすぐに感情が高まって攻撃的になってしまいます。

たとえばお金のない人はある人を妬んで攻撃するでしょうし、容姿の劣っている人は優れている人を叩こうとすることがあります。

執拗に攻撃してくる人がいる場合、相手はあなたに嫉妬しているのかもしれません。

心理と特徴② 日頃のストレスや鬱憤を晴らしている

ネットをみていると、たびたび誰かを誹謗中傷している人がいるものです。
そういう人は、ネットで他人を攻撃することにより日頃の鬱憤晴らしをしている可能性があります。

  • 会社ではうだつの上がらないサラリーマンで収入も少ない人
  • 常日頃から上司や部下から馬鹿にされている人
  • 家族関係や人間関係がうまくいっていない人
  • 日常的に肩身の狭い思いをしている人

など、事情のある人は本人が意識しているかどうかにかかわらず「ネットの世界だけでも偉そうにしよう」とするものです。

心理と特徴③ ゆがんだ正義感を持っている

ネット上で誹謗中傷が行われるとき、「正義感」が元となるケースも多いのをご存知でしょうか。

たとえば、ふとした不注意で炎上した匿名の個人アカウントを執拗に追いかけて特定し、プライバシー情報を晒そうとする人がいます。

このような人は、対象者のミスを許せないと思い、私的に罰を与えるために特定や情報公表などを行っています。

「自分のやっていることは正しいことだ」
「相手が間違っているのだから晒されて当然だ」

と自分を正当化しているのです。

しかし、炎上のきっかけとなった行為や事情が違法ではないケースも多いですし、仮に違法であっても勝手にプライバシー情報を晒していい理由にはなりません。

正義感による行為だとしても法的には許されないものです。

心理と特徴④ 自分の優位性を確保したい

人は誰しも、程度の差こそあれ「他人よりも優位に立ちたい」という意識を持っているものです。

実社会ではなかなか人の上に立ったり尊敬されたりするのは難しいものですが、ネットなら比較的簡単です。

例えば、炎上している人や自分より劣位な誰かを攻撃し、謝罪を受けることで簡単に優越的な気分を味わうことができます。

また、自分よりお金のない人・自分より学歴の低い人・自分より不幸な環境にある人などを蔑むことにより、「自分は恵まれているのだ」「こいつよりはマシだ」と思い込もうとしている人もいます。

心理と特徴⑤ 愉快犯

ネットで攻撃を受けると、萎縮して怯えたり、鬱状態になったりと精神的に不安定になる人がたくさんいます。
実は、そうした相手の反応を楽しむ悪質な人がいるのです。

現実に誰かをいじめたり動物を虐待したりするのはリスクがあってハードルが高くても、匿名で顔の見えない相手をいじめるのは抵抗が小さいものです。

普段は誰かを攻撃するタイプの人でなくても、ネットでは人が変わったように冷酷になり、誰かを攻撃して追い詰めるのを楽しむケースがあります。

心理と特徴⑥ 匿名性と集団心理によるエスカレート作用

ネット掲示板やSNSは匿名で利用することができます。
そのため、悪口や誹謗中傷も匿名で投稿でき、同居している家族にすら知られずに書き込むことも簡単です。

基本的には簡単に特定することができないため、どんなに酷いことを書き込んでも周囲から責められる心配がありません。

このネットの「匿名性」という安心感に漬け込んで誹謗中傷を行っている人がいるのです。

加えて、匿名というのは逆に相手の顔も見えません。
相手がどれほど傷ついているのか、苦しんでいるのかを気づくことができないという問題もあります。

また、ネット上で炎上したら、多くの人が対象者を攻撃します。

そうなると集団心理で「周りの人もやっているから」という気持ちで安易に便乗して攻撃してしまうことがあるのです。

いったん集団心理で攻撃性のスイッチが入ってしまうと、止められなくなって酷い言葉を投げかけるケースが少なくありません。
その意味でも「炎上」は非常に恐ろしいと言えます。

もともとあなたの敵になるべきでない人でも、炎上したとたんに集団心理で豹変して攻撃してくる可能性があります。

関連記事
ネット炎上
ネット炎上はナゼ発生するのか?仕組みから予防策や対処法を考える
ネット炎上がなぜ起きるのかご存知でしょうか?この記事では、ネット炎上が起きやすいテーマや仕組み、予防策や対処法につい…[続きを読む]

誹謗中傷を受けたときの対処方法3つ

もしも上記のような悪質な誹謗中傷者のターゲットになり、執拗に個人攻撃されてしまったらどのように対応すれば良いのでしょうか。
ここからは、対処法について簡単にご紹介します。

対処法① 無視する

ネット誹謗中傷や悪口のレベルがさほど悪質でない場合には、無視しておけば大丈夫です。
特に拡散されていなければ、世間の人の目に触れることもありません。

SNSなどで個人攻撃を受けているなら、アカウントを削除したりブロックしたりしてしまえば一時的でも被害はなくなります。

相手にすると余計に相手がヒートアップして攻撃が激化するおそれがあるため、注意が必要です。

また、誹謗中傷を真に受けるのではなく、「誰かを攻撃しないと生きていけない人がいるのだな」と冷静に考え、軽く流すことも大切です。

気に病んでいるとどんどん精神的に追い詰められるので、もし気持ちが回復できないようであればネットから距離をとるようにしましょう。

対処法② 書き込みを削除する

悪意のある投稿が拡散されそうな場合や名誉に関わる場合、個人情報を晒されて困っている場合などには、該当する投稿を削除することをおすすめします。

多くのSNSやネット掲示板などでは、権利侵害があったときに削除を要請できる通報手段がもうけられています。

まずは自分でそういった手法を使い、サイトやSNSの管理者に削除を求めましょう。

任意で削除されなかった場合は、弁護士に依頼すれば法的な方法(裁判所における仮処分)によって削除できる可能性があります。

関連記事
Mallet of the judge, justice scale, wooden desk background
削除の仮処分とは|インターネット上の名誉毀損記事を削除する
ネット上で名誉毀損、誹謗中傷の書き込みをされたら「仮処分」によって削除させることができます。裁判所を使った手続きで難…[続きを読む]

対処法③ 相手を特定してやめさせる、慰謝料請求する

相手があなたを執拗に狙ってくる場合、いったん投稿やアカウントを削除させても別のアカウントから誹謗中傷を繰り返すことがあります。

そんなときは、相手を特定して損害賠償請求をしましょう。

基本的に、投稿者を特定するには法的な対応が必要です。
被害者が自分でサイトの管理者に連絡しても情報開示を受けられないケースがほとんどなので、弁護士などの専門家に依頼するようお勧めします。

相手を特定できたら不当な投稿を二度としないと約束させ、慰謝料を支払わせることができます。

相手が開き直って慰謝料の支払いに応じなかったり特定後もしつこく嫌がらせを続けたりするようであれば、刑事告訴をして名誉毀損罪で逮捕してもらえる可能性もあります。

関連記事
犯人特定
ネットで誹謗中傷する人を特定するまでの全手順【入門編】
インターネットを利用していると、匿名の人から誹謗中傷を受けることがあります。根本的に解決には、削除と犯人を特定する必…[続きを読む]

誹謗中傷に困ったときは早めに相談しよう

ネット誹謗中傷をする人は、基本的に矮小でコンプレックスにまみれていたり、現実社会で満たされない思いを抱えていたりする人間が多数です。

いちいち相手を気にかけて、あなたが気に病む必要はありません

とはいえ、誹謗中傷をされることは意外と精神的にくるものです。
被害を受けて困っている場合は、まずは友人や相談窓口などの相談しやすい場所で話を聞いてもらい、一緒に解決方法を探してもらいましょう。

また、あまりにも被害が大きい場合は、弁護士に相談して法的な対処をとってもらうことも1つの手です。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事はネット誹謗中傷弁護士相談Cafeを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
プロフィール この監修者の記事一覧

あなたへおすすめの記事