ネットで誹謗中傷をする人の心理と特徴

ネット書き込みの人の心理

ツイッターやネット掲示板などで酷い誹謗中傷を受けると、たいていの人は傷つきます。

  • いったいどうしてそんなに心ない文章を書きこむことができるのだろう?
  • なぜ執拗に個人攻撃してくるの?

そんな疑問を持つ方も多いでしょう。

ネット誹謗中傷する人の心理・性格には一定の傾向があります。今回は誹謗中傷や悪口を書き込む人の特徴を紹介します。

コンプレックスと嫉妬から誹謗中傷する

ネット上で他人を誹謗中傷をする人は、現実世界で何かしらのコンプレックスを抱えているケースが多数です。たとえば「収入が少ない」「貯金がない」「容姿が劣っている」「学歴が低い」「性格が悪い」「結婚していない(彼氏彼女がいない)」などです。

コンプレックスのある人は自分より優れている人に嫉妬しやすく、何かあると攻撃してしまいます。たとえばお金のない人はある人を妬んで攻撃するでしょうし、容姿の劣っている人は優れている人を叩こうとすることがあります。

執拗に攻撃してくる人がいる場合、相手はあなたに嫉妬しているのかもしれません。

匿名性と集団心理で悪口

ネットでの悪口は匿名でできます。同居の家族にすら知られずに書き込むことも簡単です。どんなに酷いことを書き込んでも「あんなことを言うなんてあの人は酷い!性格悪すぎ!」と周囲から責められる心配がありません。

またネット上で炎上したら、多くの人が対象者を攻撃します。そうなると集団心理で「自分も同じように悪口を言おう」という気持ちになってしまう人がいます。普段は温厚で攻撃性の低い人でも、いったん集団心理で攻撃性のスイッチが入ってしまうと止められなくなって酷い言葉を投げかけるケースが少なくありません。

その意味で「炎上」は非常に恐ろしいと言えます。もともとあなたの敵になるべきでない人でも、炎上したとたんに集団心理で豹変して攻撃してくる可能性があります。

関連記事
ネット炎上
ネット炎上はナゼ発生するのか?仕組みから予防策や対処法を考える
ネット炎上がなぜ起きるのかご存知でしょうか?この記事では、ネット炎上が起きやすいテーマや仕組み、予防策や対処法につい…

ネットの書き込みで日頃の鬱憤を晴らしている

ネットをみていると、しょっちゅう誰かを誹謗中傷している人がいるものです。そういう人は、ネットで他人を攻撃することにより鬱憤晴らしをしている可能性があります。

たとえば会社ではうだつの上がらないサラリーマンで収入も少なく常日頃から上司に偉そうにされている、家族関係もうまくいっていない、日常的に肩身の狭い思いをしているなどの事情のある人は、本人が意識しているかどうかにかかわらず「ネットの世界だけでも偉そうにしよう」とするものです。

日頃から誰かの誹謗中傷ばかりしている人に絡まれたときには、相手にする必要はありません。かまうと余計に相手がヒートアップする可能性があるので、無視するのが最善です。

ゆがんだ正義感を持っている

ネット上で誹謗中傷が行われるとき「正義感」がもととなるケースが多いのをご存知でしょうか?

たとえば、ふとしたミスで炎上した匿名の個人アカウントを執拗に追いかけて特定しプライバシー情報を晒そうとする人がいます。このような人は、対象者のミスを許せないと思い、私的に罰を与えるために特定や情報公表などを行っています。

  • 「自分のやっていることは正しいことだ」
  • 「相手が間違っているのだから晒されて当然だ」

と思い込んでいます。

しかし炎上のきっかけとなった行為や事情が違法ではないケースも多いですし、仮に違法であっても勝手にプライバシー情報を晒して良いことにはなりません。

正義感による行為だとしても法的には許されないものです。

このタイプの人は、自分が正しいと思い込んでいるので「そういったことは権利侵害です」などと言っても聞く耳を持たないケースが多数です。

「自力で罰を与えようとするのは法律違反なのできちんと適法な方法で意見をしてください」などと言っても、余計にヒートアップして攻撃が激化するおそれがあり、要注意です。

優位に立ちたい

人は誰でも「他人よりも優位に立ちたい」という意識を持っているものです。実社会ではなかなか人の上に立ったり尊敬されたりするのは難しいものですが、ネットなら比較的簡単です。

特に自分より劣位な誰かを攻撃すれば、簡単に優越的な気分を味わうことができます。

自分よりお金のない人、自分より学歴の低い人、自分より不幸な環境にある人などを蔑むことにより「だから自分は恵まれているのだ」「こいつよりはマシだ」と思い込もうとしています。

愉快犯

ネットで攻撃を受けると萎縮したりおびえたりうつ状態になったりする人はたくさんいますが、実はそうした相手の反応を楽しむ悪質な人がいます。

現実に誰かをいじめたり動物を虐待したりするのはハードルが高くても、匿名で顔の見えない相手をいじめるのは抵抗が小さいものです。

ふだんは誰かを攻撃するタイプの人でなくても、ネットでは人が変わったように冷酷になり、誰かを攻撃して追い詰めるのを楽しむケースがあります。

誹謗中傷を受けたときの対処方法

もしも上記のような悪質な誹謗中傷者のターゲットになり、執拗に個人攻撃されてしまったらどのように対応すれば良いのでしょうか?

無視する

ネット誹謗中傷や悪口のレベルがさほど悪質でない場合には、無視しておけば大丈夫です。

特に拡散されていなければ、世間の人の目に触れることもありません。

SNSなどで個人攻撃を受けているなら、アカウントを閉鎖してしまえば被害はなくなります。気に病んでいるとどんどん精神的に追い詰められるので、攻撃を受けている状況やネットから距離をとりましょう。

関連記事
ネットストーカー
ネットストーカーの特徴と心理。正しい対処法は?
ネットストーカーが急増!? SNSで誰とでも気軽にコミュニケーションをとれる時代になりましたが、インターネット上では…

書き込みを削除する

誹謗中傷が悪質で拡散されそうな場合、名誉に関わる場合や個人情報を晒されて困っている場合などには、対象の投稿を削除するようお勧めします。

ツイッターや主要なネット掲示板などでは、悪質な権利侵害の投稿があったときに削除を要請できる通報手段がもうけられています。
まずは自分でそういった手法を使い、サイトの管理者に削除を求めましょう。

それでも削除されなかった場合、弁護士に依頼すれば法的な方法(裁判所における仮処分)によって削除できる可能性があります。

権利侵害の投稿が放置されると拡散されて被害が大きくなるおそれがあるので、早めに専門家に相談しましょう。

関連記事
Mallet of the judge, justice scale, wooden desk background
削除の仮処分とは|インターネット上の名誉毀損記事を削除する
ネット上で名誉毀損されたら「仮処分」によって削除させることができます。 ただ仮処分は裁判所を使った手続きであり、「や…

相手を特定してやめさせる、慰謝料請求する

相手があなたをしつように攻撃してくる場合、ある投稿を削除させても別の誹謗中傷の投稿を繰り返すなど悪質な場合には、相手を特定して損害賠償請求しましょう。

投稿者を特定するには法的な対応が必要です。被害者が自分でサイトの管理者に連絡しても情報開示を受けられないケースがほとんどなので、当初から弁護士に依頼するようお勧めします。

相手を特定できたら不当な投稿を二度としないと約束させ、慰謝料を支払わせることができます。

相手が開き直って慰謝料の支払いに応じなかったり特定後もしつこく嫌がらせを続けたりするようであれば、刑事告訴をして名誉毀損罪で逮捕してもらえる可能性もあります。

ネット誹謗中傷をする人は基本的に矮小でコンプレックスにまみれた人、現実社会で満たされない思いを抱えた人が多数です。

攻撃を受けてもおそれずに、上記のような方法で対応を進めてください。

関連記事
東京地方裁判所
発信者情報開示の仮処分と訴訟の流れをわかりやすく解説
「誹謗中傷の書き込み犯人を特定したい!発信者情報の開示請求は、どうやってすればいいんだろう?」 ネット掲示板やTwi…

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事