Facebookで顔写真のタグ付けされたくない!拒否する方法

facebookタグ付け

Facebookの投稿にタグ付けされると、「AさんがBさんの写真にタグ付けされました」といった表示とともに、タグ付けされた人の情報は、投稿者の友達にも見られてしまうことになります。

アップ主の公開範囲によっては世界中に顔をさらすこととなり、むやみにタグ付けすることで被害を受けたと感じる人が出てきてしまう可能性があります。

今回はこのFacebookのタグ付けについて、法律的な観点からみた問題点やタグ付けを拒否する方法など詳しく解説していきたいと思います。

Facebookのタグ付け機能とは

Facebookに写真をアップロードするとき、その写真に写っている人を「タグ付け」することによって、タグ付けされた人物のタイムラインへのリンクが作成されるという機能を「タグ付け機能」と言います。

またタグ付けされた写真は、タグ付けされた人物のタイムラインにも「○○さんと一緒にいます。」と自動的に写真が投稿されます。

Facebook上でアップロードする写真の顔の部分にカーソルを持っていき、「友達」の名前を入力もしくは選択することで「タグ付け」することが可能です。タグ付けされた投稿は自分が投稿したものと同じ扱いです。

Facebookのタグ付けを嫌だと感じる理由・被害

一見便利そうな機能に感じられがちですので、深く考えることはなく、写真に写っている人はタグ付けすることを習慣化しているという人も多いようです。

しかし実はタグ付けされるのは嫌だと感じる人は非常に多く、実際にタグ付けされたことによる被害を被ったというケースも多いのです。

Facebookのタグ付けされるのが嫌だと感じる理由は、

  • 自分の知らない人達に自分の顔や行動を知られたくない
  • どこで何をしているか知られたくない
  • 自分の写りの悪い写真や公開したくない写真まで勝手に拡散されてしまう

など様々です。

なかには、

  • 旅行をしていることがばれ、泥棒被害にあってしまった
  • 友達とやんちゃな遊びをしていることが拡散され、就職に悪影響を及ぼした
  • 彼女に仕事だと嘘をついていたのに、友人のタグ付けにより遊びに行っていたことがバレてしまった

など、実際にタグ付けを契機としてトラブルに巻き込まれてしまったというケースも多々あります。

このように、様々な理由からタグ付けを嫌がる人が多く存在しますが、その理由の多くがプライバシーを問題としています。

では、このFacebookの「タグ付け」は法律的にみて問題はないのでしょうか?

Facebookのタグ付けの法律的な問題

許可なく勝手にタグ付けされてしまうことによって、自分が誰とどこでいつどんなことをしていたのかという情報が、写真の公開範囲によっては不特定多数に公開されてしまうことになります。

これはプライバシー侵害が成立し得ることとなり、写真をタグ付けをした人物に悪気があったかどうかは関係なく、その削除と損害賠償を求めることが可能となります。

またアップロードされた写真の公開自体も許可していなかった場合には、肖像権の侵害となります。

肖像権には、勝手に撮影されない権利だけではなく、勝手に公表されない権利も含まれています。

そのため仮に「撮影許可」をしていても、「公表許可」をしていないにも関わらず写真がFacebookにアップロードされた場合は違法となり、写真の削除や慰謝料の要求も可能となるのです。

Facebookタグ付けを拒否する設定方法

では、実際に自分の許可なく誰か化から勝手にタグ付けされてしまった場合には、どう対処すれば良いのでしょうか?
また今後タグ付けを拒否するという設定はあるのでしょうか?

残念なことに、今のところFacebookでタグ付けを拒否するという機能はありません。

しかし、できる限りプライバシーの流出を回避する方法ならば全くないわけではありません。

自分のタイムラインへの掲載を拒否する

誰かにタグ付けされた写真が自分のタイムラインにまで勝手に掲載されることを防ぐことはできます。

具体的な設定方法は以下の通りです。

  • ① Facebookのホーム画面の右上にある設定マーク(歯車のマーク)をクリックし、プルダウンメニューから「プライバシー設定」を選択する。
  • ② 左側の「タイムラインとタグ付け」をクリックする。
  • ③「自分がタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」のところで、右側の「編集」をクリックし、さらにプルダウンメニューから「オン」を選択する。

これで設定完了となります。

この設定を行った後は、今後誰かがアップロードした写真に自分が写っていて勝手にタグ付けされてしまった場合には、自分のタイムラインにも掲載するかどうか確認するメッセージが表示されるようになります。リクエストに対して、承認する、拒否するは、自由に選択できます。

この確認メッセージで拒否すると、その写真が自分のタイムラインにまで掲載されることはなくなります。

しかし、写真をアップロードした人物のタイムラインに掲載されることには変わりありませんので、公開範囲によっては全ての人から観覧が可能となってしまいます。

Facebookの自動顔認識機能を利用する

Facebookには、「自動顔認識機能」というものがあります。
この機能によって、写真をアップロードした人物が写真の顔にカーソルを持っていっただけで、候補となる人物の名前が表示されてしまうのです。

「タグ付けの提案」として名前が表示されてしまうと、ついつい流れに従ってタグ付けしてしまう…ということもあるかもしれません。

しかし「タグ付けの提案」の時に自分の名前を表示させないように設定すれば、相手はタグ付けのために少し手間が必要となり、わざわざタグ付けしないという可能性も少し高くなるでしょう。

また名前が表示されないような設定になっているということから、勘のいい人であれば「この人はタグ付けされるのが嫌なのかもしれない」と気がついてくれることもあるでしょう。

具体的な設定方法は以下の通りです。

  • ① Facebookのホーム画面の右上にある設定マーク(歯車のマーク)をクリックし、プルダウンメニューから「設定」を選択する。
  • ② 左側の「Facebookで写真や動画による顔認識を行いますか?」をクリックする。
  • ③「いいえ」に設定する。

プロフィールで「タグ付けNG」をアピールする

Facebookではプロフィール写真に本人の写真を使用することが多いですが、ペットの写真や風景の写真・イメージ画像など本人以外の写真を使用することで、顔を出したくないとアピールすることも可能です。

顔を出したくないということは、自動顔認識機能にも使用されたくたい、タグ付けもされたくないということに繋がるからです。

タグ付けを削除する

上記のような様々な回避方法を試してみてもタグ付けされてしまった…という場合には、すでに投稿されてしまった写真のタグ付けを自ら削除するしかありません。

具体的な方法は以下の通りです。

  • ①「写真」をクリックする。
  • ② 削除したいタグが入っている投稿をクリックし、表示されるボックスにチェックマークを入れる。
  • ③ ページ上部にある「タグを報告または削除」をクリックする。
  • ④「タグを削除」をクリックして、削除の確定をする。

これでタグ付けを削除することができます。

まとめ

今回はFacebookのタグ付け機能についてご紹介しました。

プライバシーに対する考え方は人それぞれです。

タグをつけている本人は何の悪気がなくても、嫌な思いをする人が出てきたり、時には裁判沙汰となって賠償金を支払わなくてはならないこともあります。
安易にタグ付けする前に、写真に写っている本人に写真公開とタグ付けの許可を取ることを忘れないようにしましょう。

また、もしもすでに自分の後悔したくない写真・情報を拡散されてしまった…などトラブルに巻き込まれている人は、できるだけ早くネット問題に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

浅川綜合法律事務所2
【東京都・千代田区】
浅川倉方法律事務所
浅川綜合法律事務所2

浅川倉方法律事務所は個人、法人を問わず誹謗中傷被害にお困りの方の問題解決に全力を尽くします

浅川倉方法律事務所は個人、法人を問わず誹謗中傷被害にお困りの方の問題解決に全力を尽くします

浅川倉方法律事務所のモットーは、ご依頼者の目線にたった、迅速かつ丁寧な対応です。 初期電話相談から解決まで、同じ弁護士が直接、最後までご対応いたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6215
[電話受付]平日 9:00~19:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事