GoogleMapのストリートビューはプライバシー侵害?削除依頼方法を解説

GoogleMapのストリートビューを利用すると、世界中の多くの場所における「現実の風景」を目の当たりにできます。

しかし家や人物などが写り込んでいるケースも多く「プライバシー権侵害となるのでは?」という疑問を持つ方も多いでしょう。実際にGoogleMapがプライバシー権侵害であると主張して裁判が起こされた事例も各国で多数存在しています。

今回はGoogleMapのストリートビューがプライバシー権侵害になるのか、ぼかしや修正依頼、削除依頼などの方法とともに検討していきましょう。

GoogleMapのストリートビューの問題点

GoogleMapはアメリカのGoogle社が提供している地図サービスで、世界各国のさまざまな場所の地図や店舗情報等を利用できます。

GoogleMapには「ストリートビュー」という機能があります。これは地図上の場所に現実に立っているかのような臨場感をもって周囲の様子を360度、眺めることができる機能です。

ただ、ストリートビューを初めて利用する方は、ストリートビューに自宅の様子がリアルに写っているのをみて驚くケースも多々あります。

また撮影車両が通過したときに「たまたまそこにいた人の姿」がストリートビューへ写り込んでしまうケースも少なくありません。

GoogleMapのストリートビューは旅行気分などのエンターテイメントや道順検索などの便利ツールとしても使えますが、反面「知らない間に写り込んでいる」という気味の悪さも持ち合わせている機能と言えるでしょう。

GoogleMapのストリートビューに掲載されるリスク

GoogleMapのストリートビューに家や姿が写り込むと、単に「気味が悪い」以上の重大なリスクが発生する可能性があります。

ストーカーなどの知られたくない人に居場所を知られる

GoogleMapのストリートビューには、ネットを利用する人なら誰でもアクセスできます。ここに表札や姿形が写り込んでしまうと、ストーカーやDVの加害者など、知られたくない人に居場所を知られる危険性があります。

最寄り駅なども調べられると「普段通っているであろう通勤路、通学路」まで知られてしまい、待ち伏せされるリスクも高まります。

犯罪の標的にされる

ストリートビューに家の造りの詳細が写り込むと、空き巣が侵入計画を練りやすくなります。また「お金持ちそうな家」を物色する際にもストリートビューは便利です。

空き家などがストリートビューに写り込むと「犯罪のアジトとして使おう」「ここには誰もいなさそうだから大麻を栽培してやろう」などと考える人もいますし、「放火してやろう」などと計画する人も出てきます。

GoogleMapのストリートビューに家や所有物件が写り込むと、さまざまな犯罪のターゲットにされる可能性があります。

営業や各種勧誘のターゲットにされる

訪問販売、外壁塗装、リフォーム詐欺、宗教勧誘などさまざまな活動を行うときにもGoogleMapのストリートビューは便利です。

家や表札が写り込むと「この場所にはこのような家がある」「この住所の人は〇〇さんという人だ」などの情報が判明するため、各種の営業や勧誘のターゲットにされやすくなります。

自分の姿が写り、行動が全国的にさらされる

家や表札よりもさらに重大な問題となるのが、「人物の姿が写り込むケース」です。

一般的に自分の姿や顔が全世界にさらされるのを好む人は少ないでしょう。姿形が写り込むことによってストーカーやDV加害者、借金取りなどに居場所を知られる可能性もあります。

実際、人間には「肖像権」や「プライバシー権」が認められます。

肖像権とは「みだりに容ぼう(姿形)を撮影されたり写真・動画を公表されたりしない権利」、プライバシー権とは「みだりに私生活上の情報や個人情報を公開されない権利」です。

人が人であることによって当然認められる「人格権」の1種としてこれらの権利が保障されます。

知らない間にGoogleMapに姿や顔が写り込んで公表されると、こういった権利侵害となる可能性があります。

関連記事
肖像権侵害
肖像権侵害とは?事例とよくある質問から理解する肖像権の基本
ネット上に写真や動画を投稿するときには「肖像権」に配慮が必要です。今回は正確に理解されていないことも多い「肖像権」に…

関連記事
プライバシー侵害
ネットのプライバシー権とは?自己情報コントロール権との違いを解説
近年プライバシー権の重要性が高まり、その権利内容が拡大されてきています。そこで今回は、プライバシーの侵害になる基準や…

GoogleMapのストリートビューはプライバシー権侵害か?世界各国や日本の動き

それではGoogleMapのストリートビューはプライバシー侵害となるのでしょうか?

確かにGoogleMapに自宅の表札の氏名や人物の顔、姿が写り込んだらプライバシー侵害といえそうです。

スイス、アメリカ、カナダなどの世界各国でも「プライバシー権侵害」を理由にGoogle社を相手取って訴訟が起こされています。その中ではストリートビューの違法性を認め、Google社へ賠償金の支払い命令を下したものもあります。

日本では、2009年に全国の自治体からGoogleMapのストリートビューへ法規制を求める要望書が提出されました。ただ総務省は研究会を開催した結果「重大な問題があるとまではいいがたい」という結論を下しています。

2010年には日本人女性が「ベランダに干していた洗濯物を勝手に撮影されてストリートビューに載せられたのはプライバシー権侵害」と主張して、Google社を相手に損害賠償請求訴訟を起こしました。

1審の福岡地方裁判所は「ストリートビューによっても女性のプライバシー権は侵害されていない」と判断し、訴えを棄却しました。それを不服として女性は福岡高等裁判所へ控訴しました。

福岡高等裁判所の判決内容

判決内容

二審の福岡高等裁判所でも、ストリートビューによる女性のプライバシー権侵害はないとして控訴を棄却しました。

理由を要約すると以下の通りです。

  • 女性が居住していたアパートは公道から通路を経た奥の土地に建てられており、公道に直接面していない
  • ストリートビューの画像は、居室やベランダの様子を特に撮影対象としたものではなく、ベランダや洗濯物は公道から周囲全体を撮影した際に画像に写り込んだものである
  • ベランダは公道から奥にあって画像全体に占めるベランダの割合は小さく、そこにある洗濯物の画像も判然としない
  • 一般人を基準とした場合、この画像を撮影されたことにより私生活の平穏が侵害されたとは認められない

女性は最高裁判所に上告受理の申し立てをしましたが、2014年3月4日、最高裁判所も上告を退けました。

プライバシー権侵害、肖像権侵害が起こらない、という意味ではない

このように裁判の結果「ストリートビューはプライバシー権侵害をしていない」という判断が下されましたが、これは「ストリートビューによってプライバシー権侵害が起こる可能性が全くない」という意味ではありません。

裁判所はあくまで「本件ではアパートが道路の奥の方にあって洗濯物の画像が判然としないのでプライバシー権侵害にならない」としただけです。

ストリートビューへの写り込みの方法によっては、プライバシー権侵害や肖像権侵害になる可能性が充分にあります。

たとえば人物の姿形が正面から写り込んで顔がはっきりわかる場合などにはプライバシー権と肖像権の侵害となるでしょう。同じ洗濯物であっても、公道に接している建物で洗濯物の内容がはっきり写り込んでいたら判断が変わっていたかもしれません。

確かに福岡高等裁判所では結論的にプライバシー権侵害が認められませんでしたが、今後あなたの姿や住居がGoogleMapのストリートビューに写り込んだときには、権利侵害があるのではないか検討が必要です。

GoogleMapストリートビューの削除依頼方法

もしもGoogleMapに顔や家などが写り込んで削除依頼したり修正依頼をしたいときには、どのように苦情を申し出れば良いのでしょうか?

Google側では、世界中でプライバシーに関する訴訟が起こったこともあり、「権利保護の対応」を講じています。

具体的には問題のある場所について指摘があれば「ぼかしを入れる」修正対応をとっています。

ある場所にぼかしを入れてほしい場合、ストリートビューを起動してぼかしを入れたい場所の画面を表示させ、左上の「…」を選びます。

すると「ぼかしのリクエスト」を送れるので、ぼかしを入れたい対象(顔や自宅、表札など)を選択します。その際に文字を入力できる画面が現れます。

例えば「自宅」を選択して「洗濯物(パンツ・ブラジャー)が映り込んでる」と報告したり、「顔」を選択して「自分が写っているからぼかしてほしい」などと苦情を申し出ます。

最後に自分のメールアドレスを入力して「送信」すると、Google側の判断でぼかしで修正してもらえます。

*GoogleMap(ストリートビュー)
https://www.google.com/maps/

ぼかしや削除依頼、修正依頼が認められないときの対処方法

GoogleMapのストリートビューに姿や家、表札などが写り込んだら、通常は上記の方法でぼかし申請をすればぼかしを入れてもらえます。

しかし「ぼかしの修正では足りない、どうしても削除依頼したい」方もいるでしょうし、ぼかし対応に応じてもらえないケースもあるでしょう。

そういったケースでは、法律の専門家である弁護士に相談してみてください。裁判所に訴えて削除依頼できる可能性がありますし、Google社へ損害賠償請求訴訟を起こすことも可能です。

ストリートビューに写り込んでしまったとき、素人では「そもそもプライバシー権や肖像権の侵害と言えるのか?」適切に判断するのも困難です。

GoogleMapに勝手に掲載されることを拒否したい、怖い、気味が悪い、削除依頼したいと思っているなら、お早めに法律のプロである弁護士に電話相談してみましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事