ツイッターのリツイートが著作権侵害になることも!最高裁判決を解説

最高裁判所

【7月21日更新】最高裁判決が上告が棄却されたため、最高裁の判断を一部追加して更新しました。

TwitterなどのSNSにおいて著作物を無断でアップロードする行為が著作権法に違反することは、ご存じの方も多いかと思います。
一方、無断でアップロードされた画像付きのツイートをリツイートする行為はどうでしょうか。

Twitter上でのリツイートはだれでも簡単にできますが、リツイートの対象が無断転載物である場合、思いがけず法的な責任を負担してしまうかもしれません。

2020年7月21日、まさにこの無断転載物のリツイートの違法性が問題となった事案に対して、最高裁の判断が示されました。
この記事では、最高裁でリツイートに関してどのような点が問題とされたかを解説します。

最高裁判決でTwitter社の上告棄却

今回のリツイートが問題になった事件は、知財高裁で平成30年4月25日に判決が下されたものですが、ツイッター社の上告受理申し立てが受理されたため、今回最高裁で判断されたものです。

最高裁はツイッター社からの上告を棄却し、原審である知財高裁の判断で確定されました。
つまり、リツイートは著作者人格権侵害になる場合があり、発信者情報開示でリツイートした人の情報が開示されることもあるということです。
【参考】裁判所HP:最高裁令和2年7月21日判決

以下では事件の概要と結論を、最高裁判決と原審である知財高裁判決に沿ってご説明します。
リツイートと著作権侵害などの結論だけ知りたい方は後半の「最高裁判決の結論|リツイートは著作者人格権侵害になり得る」をお読みください。

なお、最高裁判決には1人の補足意見と、1人の反対意見が付いています。

最高裁令和2年7月21日判決の事案

今回の最高裁判決の事案は、写真の著作物を違法にアップロードされた原告(控訴人)が、アップロード先であるTwitterを運営するツイッター社(被控訴人。厳密には、日本支社であるTwitter Japan株式会社と、本社であるツイッター・インク)に対して発信者情報開示請求を行った事案です。

具体的に著作権法違反が問題となった行為、原告の主張、主な争点などについて見ていきましょう。

著作権侵害が問題となった行為

この事案では、原告が著作権を有する写真について行われた、以下の3つの行為が問題となりました。

  • ①写真を無断でアカウントのプロフィール画像として設定する行為
  • ②写真を無断で画像付きツイートの一部として用い、タイムライン上に表示させる行為
  • ③上記2の画像付きツイートをリツイートすることにより、タイムライン上に表示させる行為

原告(写真を無断転載された人)の主張と請求

上記の問題となった行為に関して、写真を無断転載された原告は、以下のとおり主張しました。

写真の無断転載(プロフィール写真・画像付きツイート)は著作権法違反

まず、上記①の「写真を無断でアカウントのプロフィール画像として設定する行為」および②の「写真を無断で画像付きツイートの一部として用い、タイムライン上に表示させる行為」について、公衆送信権(著作権法23条1項)を侵害するものであると主張しました。

なお、この記事で問題になる著作権の概要については、こちらの記事をお読みください。

関連記事
著作権と法律|著作権侵害になるケース・ならないケース
YouTubeやSNSを使って、誰でも気軽に情報発信できる現代。便利な反面、他人の権利を悪気なく侵害してしまうという…[続きを読む]

無断転載ツイートのリツイートも著作権法違反

さらに原告は、画像付きツイートを投稿した者だけなく、そのツイートをリツイートした者についても、著作権および著作者人格権の侵害を理由として著作権法違反であると主張しました。

著作権侵害
  • リツイートにより無断転載の画像付きツイートをタイムラインに表示する行為が、公衆送信権などを侵害している。
著作者人格権侵害
  • Twitterの仕様上、画像付きツイートをリツイートによりタイムラインに表示する際に自動でトリミングが行われる(いわゆる「インラインリンク」)。このトリミング行為が、同一性保持権(著作権法20条1項)を侵害している。
  • 上記トリミング行為により著作者の氏名がカットする行為が、氏名表示権(著作権法19条1項)を侵害している。
  • リツイート行為によって、閲覧者に対して対象の写真が「無断利用しても構わない価値の低い著作物」「安っぽい著作物」であるかのような誤った印象を与えており、名誉声望保持権(著作権法113条6項)を侵害している。

著作権・著作者人格権の侵害を理由に発信者情報開示を請求

上記の無断転載者およびリツイート者により、自らの著作権および著作者人格権が侵害されていることを理由として、原告はツイッター社に対し、無断転載者およびリツイート者に関する発信者情報(メールアドレス、IPアドレス、タイムスタンプ)の開示を請求しました。

原告は、投稿者の特定の必要性や侵害の永続性などを理由に、最新のログイン時IPアドレスおよびこれに対応したタイムスタンプの開示を請求していました。

主な争点はリツイートの著作権侵害

前述①および②の行為(無断でプロフィールに設定し、ツイートに利用したこと)による公衆送信権の侵害については、ツイッター社側も争うことはありませんでした。

そのため、無断転載によるプロフィール画像の設定または画像付きツイートの投稿を行った者に関する発信者情報の開示請求は、そのまま認められることとなりました。

残る問題は、著作権法違反のツイートをリツイートする行為が著作権・著作者人格権の侵害に当たるかという点です。
ツイッター社の反論とともに争点を確認していきましょう。

リツイート行為が著作権侵害に当たるか

原告がリツイート行為についても著作権(公衆送信権など)を侵害していると主張する一方、ツイッター社は以下のとおり、著作権侵害の成立を否定する主張を行いました。

  • リツイート者は自ら画像(写真)データを送信しているわけではなく、写真とは無関係のデータを送信しているに過ぎないので、公衆送信権の侵害には該当しない。

リツイート行為が著作者人格権侵害に当たるか

また、ツイッター社は、リツイート者による著作者人格権の侵害についても、以下のとおり反論しました。

  • Twitterの仕様上、トリミング行為(インラインリンクの生成)は、閲覧者であるインターネットユーザーのコンピュータ上で行われる。つまり、トリミング行為の行為主体はリツイート者ではなくインターネットユーザーなので、リツイート者に同一性保持権および氏名表示権の侵害は成立しない。
  • トリミングは、ツイッターのシステム上、複数の写真を限られた画面内に無理なく自然に表示するために自動的かつ機械的に行われるものであって、「やむを得ない」(著作権20条2項4号)改変である。したがって、同一性保持権の侵害は成立しない。
  • 問題となっている投稿のリツイートにより、原告の客観的な名誉、声望が低下するものとは考えられないので、名誉声望保持権は成立しない。

最新のログイン時IPアドレス・タイムスタンプの開示を請求できるか

この事案では無断転載者やリツイート者の発信者情報として、IPアドレスやタイムスタンプの開示が請求されています。
仮に著作権や著作者人格権の侵害によるこれらの情報の開示を認めるとしても、どの時点の情報を開示すべきかという問題があります。

この問題は、まさに開示制度の改正が議論されているところです。

関連記事
hassinsyajyouhoukaiji
発信者情報開示で電話番号も対象に!制度改正で新たな裁判手続創設
【2020年10月27日更新:「現状における開示請求の問題点と中間とりまとめ」の「③新たな手続き創設」に10月26日…[続きを読む]

ツイッター社は、最新のログイン時IPアドレスおよびこれに対応したタイムスタンプは投稿時から最も離れた時点のものであり、侵害情報との関連性が薄いことなどを理由に、最新のログイン時IPアドレスおよびこれに対応したタイムスタンプの開示は認められないと反論しました。

最高裁判決の結論|リツイートは著作者人格権侵害になり得る

上記の争点に関して、最高裁判決および知財高裁判決での内容について解説します。

結論:リツイートをした人の発信者情報開示が一部認容された

知財高裁が争点に対して下した結論の概要は、以下のとおりです。これらの点は最高裁でも是認されました。

  • リツイート者による著作権侵害は否定
  • リツイート者による同一性保持権・氏名表示権の侵害を肯定(名誉声望保持権の侵害は否定)
  • 最新のログイン時IPアドレス・タイムスタンプの開示義務は否定

結果として、リツイート者については、同一性保持権および氏名表示権(いずれも著作者人格権)の侵害を理由に、電子メールアドレスの開示に限ってツイッター社の開示義務が認められました
それぞれ理由を確認してみましょう。

リツイートによる著作権侵害は否定

著作権のうち、中心的な論点となったリツイート者による公衆送信権の侵害については、以下の理由から否定されました。

  • 著作権侵害行為の主体が誰かは、行為の対象、方法、行為への関与の内容、程度等の諸般の事情を総合的に考慮して、規範的に解釈すべきだが、リツイート者を自動公衆送信の主体というべき事情は認め難い
  • 自動公衆送信の主体は、リンク先のURLの開設者であって、リツイート者ではない

また、公衆伝達権・複製権の侵害についても否定されました。

リツイートによる著作者人格権侵害が認められた

このリツイートによる著作者人格権侵害が、最高裁で主に争われたものの1つです。

リツイート時に発生するトリミング行為について、以下の理由からリツイート者による同一性保持権・氏名表示権の侵害が肯定されました。

  • リツイートによりタイムライン上に表示される画像は、リンク先に保存されている画像とは異なるので、リツイートにより改変されたものといえる
  • 画像に著作者の氏名が表示されなくなったのは、リツイートに伴うトリミングにより画像が切り取られたためである

一方、名誉声望保持権の侵害は否定されました。

最新のログイン時IPアドレス・タイムスタンプの開示義務は否定

無断転載者・リツイート者の最新のログイン時IPアドレスおよび対応するタイムスタンプについては、侵害情報が発信された行為とは無関係であるとして、ツイッター社の開示義務を認めませんでした。

これについては、現在進められている発信者情報開示の制度改正が進めば、また異なった判断もあり得るでしょう。

まとめ

Twitterのリツイートは誰でも気軽に行うことができる反面、元のツイートの信頼性や適法性のチェックが毎回慎重に行われているとは言い難い状況があります。

最高裁判決が示すように、違法にアップロードされた画像を軽率にリツイートしてしまった場合に法的な責任を問われる可能性があるとなると、ユーザーがTwitterを利用する際には、より慎重な対応が求められることになります。

その意味で、この最高裁判決がSNSなどの利用に与えるインパクトは大きく、注目度の高い事案であるということができるでしょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事