Googleマイビジネスの3つのパターン別削除方法

google maibijinesu

Google検索やGoogleマップで表示されて顧客の獲得に貢献してくれる「Googleマイビジネス」を利用している方も多いのではないでしょうか。

ただ、閉業するといった理由で削除しなければならない場合に削除の仕方がわからない…と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、Googleマイビジネス上の情報を削除する方法とその注意点をご説明していきます。

Googleマイビジネスとは

「Googleマイビジネス」とは、様々なGoogleサービス(Google検索・Googleマップなど)上にローカルビジネス情報を表示し、管理することができるツールのことです。
Googleアカウントがあれば、誰でも無料で使うことができます。

Googleマイビジネスでは、主に以下のようなことができます。

  • 店舗の基本情報・写真を掲載できる
  • 口コミの管理・返信ができる
  • 分析情報を見ることができる
  • 無料のウェブサイトを作れる

簡単にビジネス情報が掲載できるので、オンライン上に最新かつ正確な情報を提供できると共に、口コミによってユーザーと交流することができます。

また、Googleマップと連動して表示されるため、新規顧客の獲得にも繋がりやすい便利なツールです。

Googleマイビジネスの情報を削除するには?

このように便利なGoogleマイビジネスですが、場合によって削除する必要もあります。
今回は、①閉業した場合、②前の店の情報が残っている場合、③重複している・既に情報があった場合、の3パターンに分けてご説明していきます。

①閉業した場合

自分の店の情報を閉業したため削除したい場合は、「閉業状態にする」「リスティングを削除する」の2つの方法があります。

どちらもGoogleマイビジネスの「情報」から選ぶことができます。

「閉業」にすると、店舗の情報をGoogle上に残したまま閉業状態で保存されます。
「リスティングを削除」すると、Googleマイビジネス上から店舗情報を全て削除することになります。

ただ、ここでリスティングを削除しただけでは完全に削除したことにはならないことに注意してください。
これについては「削除をするときの注意点」で詳しく説明します。

②前の店の情報が残っている

借りた住所に前の店の情報が残っていたりと、他のオーナーが登録した情報が残っていた場合は、以下の流れで削除します。

  1. 該当する情報を表示し、「情報の修正を提案」を選択
  2. 「この場所を削除」を選択
  3. 該当する理由を選択(「存在しない」でOK)して送信

しかし、これは提案しただけなので必ずしも削除されるとは限りません。
Googleが審査した後に削除されることになります。

③重複している、既に登録されていた

同じアカウントで同じ情報を登録してしまった場合は、オーナー確認が済んでいないほうに「重複を削除」と表示されるので、それをクリックすれば削除することができます。

Googleの自動生成で自分の店の情報が登録されていた、もしくは誰かが勝手に登録していた場合は、まずオーナー登録がされているか確認してください。
「このビジネスのオーナーですか?」という表記があるなら、オーナー確認を行うことで自分で情報を修正・削除することができるようになります。

しかし、他人が勝手にオーナーになっている場合は「権限のリクエスト」を行う必要があります。
権限のリクエストをする方法は、以下の通りです。

  1. https://business.google.com/addにアクセス
  2. 必要事項を記入
    ・アクセス制限レベル(→「オーナー権限」を選択)
    ・ビジネスとの関係(→「オーナー」を選択)
    ・担当者名(自分の名前)
    ・電話番号(自分の電話番号)
  3. 7日以内に現在のオーナーから返信がくるため確認する

承諾された場合はオーナー権限を取得できるため、情報の修正・削除が行えます。
拒否された場合は「編集を提案」から提案が可能です。
場合によってはリクエストの異議申し立てをすることもできます。

返信がない場合は、自身をオーナーとして申請できる場合があります。
Googleマイビジネスのダッシュボードに「申請する」または「確認」という表示がされている場合は申請が可能です。
これらの表示がない場合は、オーナー変更ができません。

削除をするときの注意点

Googleマイビジネスからのだけでは完全に削除できない

先述したように、Googleマイビジネスからリスティングを削除しても完全に削除することができません。

Googleマイビジネスから削除した後には、Googleマップからの削除も必要となります。
Googleマップから削除する場合は、該当する情報を表示して「情報の修正を提案」を選択し、「この場所を削除」で理由を選んで送信してください。

削除したら直ちに反映されるわけではない

Googleマップに削除依頼を出しても、直ちに削除が行われるわけではありません。
Google側の対応によっては時間がかかる可能性もあるので、注意してください。

削除したら復元できない

Googleマイビジネスからリスティングを削除すると、以下の処理が行われます。

  • 写真、投稿、動画を含むすべてのコンテンツを削除
  • 他の管理者はアクセス不可になる
  • 関連付けられている AdWords Express 広告が無効になる
  • Googleマイビジネスを使用して公開したウェブサイトもすべて削除

このように、削除をすると全ての情報が消去されるので、残しておきたい場合は「閉業」を選ぶようにしましょう。

悪い口コミが理由で削除したいと思っている場合は

Google上の口コミ評価が悪いから一度消して新しく登録し直そう…と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、悪い評価を理由に消すのは客に不信感を持たせてしまう可能性があります。

誹謗中傷など悪意のある口コミによって評価が下がっているのであれば適切に削除し、正当な低評価に対しては返信などを行って真摯に対応するようにしましょう。

Googleに投稿された口コミの返信のコツや、削除の仕方は以下のページで詳しく解説しているのでご参照ください。

関連記事
google Map
Googleマップの口コミを削除したい!3つの誹謗中傷対策方法
Googleマップでネガティブな口コミや誹謗中傷の書き込みをされたとき、非表示にしたり、削除する方法はあるのでしょう…[続きを読む]

関連記事
google kutikomi
必見!集客率を上げるGoogle口コミの返信例文とその方法
お店を営業するときに参考にするGoogleの口コミ。ただ口コミを見るだけでなく、返信する方法を工夫するだけで集客率が…[続きを読む]

まとめ

以上がGoogleマイビジネスの削除方法です。

様々な理由で削除が行われると思いますが、削除を行うときはGoogleマイビジネスから削除した後にGoogleマップからも削除することを忘れないようにしてください。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
【東京都・新宿区】
弁護士法人日の出

弁護士法人日の出は、東京都にあるネット上の誹謗中傷・風評被害の対策実績がある法律事務所です。

弁護士法人日の出は、東京都にあるネット上の誹謗中傷・風評被害の対策実績がある法律事務所です。

事件記事、逮捕歴・前科が掲載されたネット記事の削除、Googleの関連検索キーワード、5ちゃんねる等の削除実績があります。全国のお客様からご相談を受け付けており、削除サイトの種別に関わらず費用は一律ですので初期費用を抑えられます。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6226
[電話受付]毎日 24時間
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事