弁護士 佐藤 大蔵について

ネット関連全般が私の守備範囲です!「誹謗中傷問題」の解決に強い弁護士です。
北海道札幌市にある札幌シティ法律事務所に所属する「誹謗中傷問題」の解決に強い弁護士です。誹謗中傷記事削除、発信者情報開示請求、そして損害賠償請求までトータルでサポートさせて頂きます。

対応分野

  • 5ch.net/2ch.sc
  • 爆サイ
  • ホストラブ
  • 逮捕歴記事
  • ネット誹謗中傷
  • 名誉毀損
  • プライバシー侵害
  • SNS
  • 犯人特定・慰謝料
  • 関連キーワード
  • Google検索結果
  • 個人ブログ
  • 転職サイト
  • リベンジポルノ
  • レビュー口コミ
  • yahoo知恵袋
  • 著作権問題
  • 刑事告訴
  • ミラーサイト
  • 動画サイト

私たちに依頼するメリット

  • 匿名掲示板削除に強い(2ch・爆サイ ・ホスラブ ・学校裏サイト ・yahoo知恵袋 ・したらば掲示板)
  • 口コミ削除に強い(Amazonレビュー 、楽天レビュー 、ヤフーショッピング、食べログ 、価格.COM)
  • 個人ブログ、SNS系にも強い
  • サジェストの削除に強い

私、佐藤大蔵は、北海道札幌市中央区大通西にある札幌シティ法律事務所に所属する「誹謗中傷問題」の解決に強い弁護士で、誹謗中傷問題の中でも特に「インターネット」に関する問題を中心に扱っております。事務所も札幌市営地下鉄南北線「大通駅」3番出口から徒歩1分と、公共交通機関でのアクセスも良好です。また、当事務所は札幌で35年以上の弁護士としての実績を持つ事務所す。

最近では、2ch、ホスラブ、ツイッター、ファイスブック、SNS、インスタグラム、youtube、などの媒体において、個人や会社を誹謗中傷する記事が投稿される被害が増えています。このような誹謗中傷記事が発覚しても放置していると、深刻な風評被害に発展する恐れがあります。

私に御相談頂ければ、誹謗中傷記事削除、発信者情報開示請求、そして損害賠償請求までトータルでサポートさせて頂きます。どうぞお気軽にご相談下さい。

ネット関連全般が私の守備範囲です

ネット誹謗中傷を得意分野としている弁護士の中には、2chに強い、ツイッターに強い、などといった得意不得意の分野があったりしますが、私はこれまで様々な事案を経験してきておりますので、得意分野にムラがなく、高いクオリティで広い守備範囲をカバーしております。

例えば次のような場合は、すぐにでもご相談下さい。

  • プロバイダが記事の削除請求に応じてくれない
  • サイト管理者と連絡が取れない
  • 書き込みをした犯人を特定して損害賠償請求したい

このような場合は、投稿されている媒体は問いませんので、どうぞお気軽にご相談下さい。

ネット誹謗中傷問題解決の3つのポイント

私はネット誹謗中傷問題の解決にあたり、次の3つのポイントを徹底的にサポート致します。

ポイント1:削除請求

ネット誹謗中傷問題解決の基本は、風評被害を最小限に抑えることです。そしてそのためには、迅速な「削除請求」が求められます。

削除については、サイトに専用のフォームが設置されている場合もありますが、そこに通報しても実際に削除してもらえる件数は、権利侵害が明白であるわずかな場合のみです。

そこで私は、相手方との任意での交渉だけではなく、プロバイダや掲示板管理者などに対して、削除の仮処分申請を行い、裁判所から削除命令を出してもらいます。これにより、強制的に削除させることが可能です。

ポイント2:発信者情報開示請求

削除請求と併行してやらなければならないのが、「犯人の特定」である発信者情報開示請求です。私はこの開示請求をスピード重視で迅速に行います。
手順としては、次のような流れで対処致します。

  1. 掲示板の運営会社に対して、IPアドレスの開示を請求する
  2. IPアドレスから経由プロバイダを特定。加害者特定のための情報開示請求をする
  3. プロバイダから書き込んだ本人の情報が開示される

発信者情報開示請求は、単なる記事の削除請求とは違い、個人情報などの問題もあることから、プロバイダはそう簡単には情報を教えてくれません。中には、裁判上の手続きによらないと開示に応じないというスタンスの会社もあります。さらに、サーバーの管理会社が、海外の法人であるケースも珍しくなく、手続きも煩雑なため、慣れない弁護士が対応することは極めて困難です。

この点、当事務所では、誹謗中傷問題を専門に扱っておりますので、私にご相談頂ければ、裁判所の仮処分命令を活用しながら、迅速に犯人を特定致します。

ポイント3:損害賠償請求

個人の方で誹謗中傷被害にあった場合は主に慰謝料請求、法人や店舗の場合は風評被害による売上減少分の損害賠償請求ができます。

私にお任せ頂ければ、代理人となって直接書き込んだ相手方と交渉を致します。

最近ご相談が多いケース

その1:2ch(.net & .sc)

誹謗中傷問題の中で、非常にご相談が多いのが「2ch」関連です。2chはユーザーが多いため、ちょっとした書き込みでもあっという間に拡散するという怖さがあります。また、ネガティブな書き込みに反応する傾向にあるため、誹謗中傷記事については特に情報が拡散して風評被害をもたらす危険性があります。

2chは.netと.scの2種類があるほか、それらの掲示板に投稿された記事を勝手に抜粋してサイト構築した「2chまとめサイト」や、2chの記事を自動プログラムでコピーして新たなサイトを構築してしまう「ミラーサイト」が多いため、一度情報が拡散してしまうと、すべてを完全に消去することは難しくなります。

このように2chは被害が拡大する恐れが高いため、万が一誹謗中傷する書き込みを見つけたら、できる限りお早めにご相談ください。

【その他、ご相談が多いネット掲示板リスト】
爆サイ
ホスラブ
学校裏サイト
yahoo知恵袋
したらば掲示板

その2:口コミ

2chなどの掲示板よりも、実質的な被害が発生しやすいのが「口コミ」や「レビュー」です。最近では、ほとんどの通販サイトで、口コミやレビューが設置されており、商品やサービスを購入するかどうかの決め手となっています。

それだけに、ここに誹謗中傷する書き込みや、事実無根のネガティブな書き込みをされると、売り上げを直撃する恐れがあります。

【ご相談が多い口コミ、レビューサイト】
Amazonレビュー
楽天レビュー
・ヤフーショッピング
食べログ
・価格.COM

その3:ブログ、SNS系

個人のブログに誹謗中傷する記事が書き込まれた場合も、あきらめる必要はありません。ブログの場合は、相手が特定できる場合もありますので、直接削除請求をしたり、慰謝料を請求することも可能です。

【ご相談が多いブログサイト】
・アメブロ
・ライブドアブログ
・ヤフーブログ
・seesaa
・fc2ブログ
・はてなブログ
・ジュゲム
・so-netブログ
・楽天ブログ
・エキサイトブログ
・ツイッター
・フェイスブック
・youtube
・LINE

その4:サジェストの削除

検索エンジンに固有名詞などを入力すると、自動的に関連するワードが表示される機能のことを「サジェスト」や「検索補助機能」と言います。

この機能は本来利用者が利用しやすくなることを想定しているのですが、最近ではこれがかえって風評被害を発生させるケースがあります。

例えば、特定の企業名を入力して「ブラック企業」や「ブラック」と関連ワードで自動表示されてしまうと、その企業の評判はがた落ちです。

特にこの手の検索は、就職活動中の学生が目にすることが多いため、良い人材が集まらなくなったり、内定後の辞退につながる恐れがあります。

私にご依頼頂ければ、これら検索エンジンの検索補助機能やサジェストについても削除請求を行います。

これら以外にも、インターネットに関連する様々な誹謗中傷問題を取り扱っております。私は、一人でも多くの皆様を誹謗中傷記事からお守りできるよう、様々なノウハウを駆使して迅速に対処致します。どうぞお気軽にご相談下さい。

弁護士 佐藤 大蔵
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 佐藤 大蔵 (さとう たいぞう) 札幌弁護士会 No.53355
住所 〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目 桂和大通ビル38 6階
対応エリア 北海道
アクセス

札幌市営地下鉄 南北線「大通駅」3番出口から徒歩1分

電話でのご相談はこちら
050-3542-0527
[電話受付] 平日  9:00~17:00

【24時間受付】メール相談はこちら

電話する
受付時間 平日  9:00~17:00
定休日 土日祝
対応地域 北海道
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
誹謗中傷に強い弁護士を探す