明誠法律事務所について

    明誠法律事務所
「ネット誹謗中傷」問題に力を入れており、発信者情報開示請求、損害賠償請求などもサポート致します
最近ご相談が増え始めている「ネット誹謗中傷」に関する問題解決に力を入れております。ネット誹謗中傷被害に遭われた方からのご相談に応じ、対象となる書き込みの削除請求や発信者情報開示請求、更には損害賠償請求などをサポート致します。対処は早ければ早いほど、ダメージが少なく、円滑な解決が可能です。ご自身で問題を抱え込まず、まずはお気軽に当事務所までご相談下さい。

対応分野

  • 5ch.net/2ch.sc
  • 爆サイ
  • ホストラブ
  • 逮捕歴記事
  • ネット誹謗中傷
  • 名誉毀損
  • プライバシー侵害
  • SNS
  • 犯人特定・慰謝料
  • 関連キーワード
  • Google検索結果
  • 個人ブログ
  • 転職サイト
  • リベンジポルノ
  • レビュー口コミ
  • yahoo知恵袋
  • 著作権問題
  • 刑事告訴
  • ミラーサイト
  • 動画サイト

私たちに依頼するメリット

  • 「ネット誹謗中傷」とそれによる「風評被害」に関する問題解決に強い
  • 2ちゃんねる・爆サイ削除に強い
  • 口コミレビュー関連削除に強い
  • SNS関連(ツイッター、フェイスブック、LINE、インスタグラム、ミクシィ)削除に強い

明誠法律事務所は、大阪府大阪市北区天神橋にある「ネット誹謗中傷」とそれによる「風評被害」に関する問題解決に強い法律事務所です。地下鉄谷町線、地下鉄堺筋線『南森町』駅より徒歩2分と電車でのアクセスも良好で、天神橋筋沿いのビルの11階でございます。

当事務所では、最近ご相談が増え始めている「ネット誹謗中傷」に関する問題解決に力を入れております。2ch、爆サイ、したらば掲示板、ヤフー知恵袋、食べログ、アマゾンレビュー、ツイッター、フェイスブック、LINEなどのネット掲示板やSNSの利用者は年々増えており、一部ではテレビよりも影響力が強いのではとも言われています。
これらのツールは、スマホの普及拡大によりさらに使い勝手が良くなったこともあり、一日にかなりの件数の書き込みがされています。万が一これらのサイトに個人やお店、会社を誹謗中傷する書き込みがされると、その情報は多くのユーザーの目にとまってしまい、あっという間に風評被害が発生してしまいます。

こうしたネット誹謗中傷被害に遭われた方からのご相談に応じ、対象となる書き込みの削除請求や発信者情報開示請求、更には損害賠償請求などをサポート致します。
まずはお早めにご相談下さい(メールでしたら24時間対応しております)

ネット誹謗中傷による風評被害は、知らず知らずのうちに広がっています

ネット誹謗中傷による被害の怖いところは、ご本人の気がつかないところでどんどん拡散してしまうことです。例えば、特に身に覚えがないのに、お店や会社の売り上げが減少しているような場合は、何らかの誹謗中傷する書き込みが風評被害を起こしている可能性があります。
もしもネット上で、自分の名前やお店の名称、会社名、商品名などで検索をして、誹謗中傷する記事を見つけたら、すぐにでも当事務所までご相談下さい。

当事務所のネット誹謗中傷問題解決までの3つのステップ

ネット誹謗中傷問題を当事務所にご相談頂ければ、主に次の3つのステップで問題を解決致します。

ステップ1:任意削除請求

ネット誹謗中傷記事を見つけた場合は、その掲示板の管理者、運営者に対して削除依頼のメール送信やフォームからの削除請求、更には書面などを提出します。このような任意で削除されるケースは決して多くはありませんが、個人情報の流出などプライバシー侵害が著しいような場合については削除される可能性もあります。

ステップ2:仮処分の申立て、発信者情報開示請求

任意での削除が難しい場合については、裁判所に対して削除を求める仮処分の申立てを行います。実際、誹謗中傷被害が多い2ちゃんねるなどについては、仮処分の申立てによって裁判所から削除命令が出なければ対応しないため、早急にこの手続きをとります。
また、それと同時に発信者を特定するために発信者情報開示請求を行います。掲示板の場合はIPアドレスの開示を求め、そのIPアドレスからプロバイダを割り出し、今度はそのプロバイダに対して再度発信者情報開示請求を行います。

ステップ3:損害賠償請求

発信者情報開示請求によって、加害者が特定できたら、今度はその相手に対して損害賠償請求をします。相手はまさか自分が特定されると思っていませんから、実際にコンタクトを取る際には慎重に行います。当事務所では、相手の属性や支払い能力などを勘案しながら、適切に損害賠償請求していきます。

概ねこのようにしてネット誹謗中傷被害を解決していきますが、まずは誹謗中傷記事をできる限り早く削除することが何より重要です。

以下のようなサイトやSNSの削除請求は当事務所にお任せ下さい

当事務所はネット誹謗中傷被害の中でも、特に以下のサイトやSNSの削除請求、発信者情報開示請求、及び損害賠償請求を得意としております。

・2ちゃんねる

ネット誹謗中傷の被害で最も多いと言っても過言ではないのが2ちゃんねるです。2ちゃんねるには実は「2ch.net」と「2ch.sc」という2つのサイトが存在しています。もともと2chは一つでしたが、以前の運営者との間にトラブルがあったため、現在では2つの掲示板が存在しています。ただ、その内容はほぼ同じで、2ch.scが2ch.netの情報をそのまま掲載しています。
そのため、もしも誹謗中傷されたのが2ch.netの場合は、2ch.scも削除請求をしなければなりません。
また、これらのサイトの運営会社はフィリピンとシンガポールにあるため、弁護士以外で削除を実現することは極めて困難です。
当事務所にお任せ頂ければ、そちらも含め迅速に対応致します。

・爆サイ

いわゆるローカルコミュニティとしてアクセスの多い掲示板ですが、この中にある水商売関連の掲示板に誹謗中傷する書き込みが多発しています。特に、ホスト、ホステス、風俗関連の仕事をしている人が名指しで中傷されるケースが多く問題になっています。爆サイはローカルな掲示板のため、ちょっとした情報でも地元の誰のことなのかすぐに特定ができてしまうことが多く、その被害が広がりやすい傾向にあります。
仮に「源氏名」での誹謗中傷だとしても、それによって個人が特定できるだけの情報であれば、名誉毀損となる可能性があります。まずはお早めにご相談下さい。

・口コミレビュー関連

企業関係や個人事業を営んでいる方の被害に多いのが、各種口コミサイトへの誹謗中傷する書き込みです。特に以下のようなサイトは閲覧者も多く、影響力が大きいため注意が必要です。

・食べログ
・Amazonレビュー
・楽天口コミ、みんなのレビュー
・Googleレビュー
・ヤフーショッピング口コミ、ヤフー知恵袋

これらについては、対処が遅れると事業の売り上げを直撃する恐れがあります。悪質な書き込みについては、多額の損害賠償請求が認められるケースもありますので、お早めにご相談下さい。

・ブログ関係

個人のブログに書き込まれた誹謗中傷についても削除請求を行っております。特に以下のブログサイトの削除請求を得意としております。

・アメブロ
・seesaaブログ
・FC2ブログ
・livedoorブログ
・はてなブログ
・So-netブログ
・gooブログ
・エキサイトブログ
・ヤフーブログ
・ブロガー

主にこれらのブログに書き込まれた誹謗中傷については、当事務所にお任せ下さい。(これら以外のブログでももちろん対応可能です。)

・SNS関連

スマートフォンが普及したことで、SNSからの誹謗中傷被害も増えてきました。特に、ツイッター、フェイスブック、LINE、インスタグラム、ミクシィなどについては風評被害が深刻化する恐れがありますので、できる限りお早めにご相談下さい。

ネット誹謗中傷の被害は、放置してしまうとその被害はどんどん広がってしまいます。対処は早ければ早いほど、ダメージが少なく、円滑な解決が可能です。
ご自身で問題を抱え込まず、まずはお気軽に当事務所までご相談下さい。

明誠法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 難波 泰明 (なんば やすあき) 大阪弁護士会 No.43529
住所 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-3-8 MF南森町ビル11階
対応エリア 大阪府
アクセス

地下鉄谷町線、地下鉄堺筋線『南森町』駅 徒歩2分

電話でのご相談はこちら
050-3542-5141
[電話受付] 平日  9:00~17:30

【24時間受付】メール相談はこちら

電話する
受付時間 平日  9:00~17:30
定休日 土日祝
対応地域 大阪府
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
誹謗中傷に強い弁護士を探す