弁護士法人 栗田勇法律事務所について

  • 栗田
当事務所ではハイレベルなリーガルサービスを提供可能です。誹謗中傷記事削除に強い事務所です。
当事務所では、ハイレベルなリーガルサービスを提供可能です。誹謗中傷記事の「削除請求」や、運営者及びプロバイダに対する「発信者情報開示請求」、さらには慰謝料などの「損害賠償請求」に対応しております。

対応分野

  • 5ch.net/2ch.sc
  • 爆サイ
  • ホストラブ
  • 逮捕歴記事
  • ネット誹謗中傷
  • 名誉毀損
  • プライバシー侵害
  • SNS
  • 犯人特定・慰謝料
  • 関連キーワード
  • Google検索結果
  • 個人ブログ
  • 転職サイト
  • リベンジポルノ
  • レビュー口コミ
  • yahoo知恵袋
  • 著作権問題
  • 刑事告訴
  • ミラーサイト
  • 動画サイト

私たちに依頼するメリット

  • 運営者及びプロバイダに対する「発信者情報開示請求」に強い
  • ネット誹謗中傷記事の「削除請求」に強い
  • 慰謝料などの「損害賠償請求」に対応
  • 著作権問題にも強い
  • 解決までの「スピード」を徹底追及

弁護士法人 栗田勇法律事務所は、静岡県静岡市葵区伝馬町にあるハイレベルなリーガルサービスをモットーとしている法律事務所です。静鉄新静岡駅から徒歩2分、JR静岡駅から徒歩5分と最寄駅からのアクセスも良く、また富士市にも別途事務所を設けており、地元静岡県内を広範囲にわたってカバーしております。

当事務所は、最近ご相談が増えつつある「ネット誹謗中傷関連」のご相談、ご依頼に力を入れております。ネット上に個人やお店、会社の評判を悪くするような書き込みをされた場合は、風評被害を回避するためにも、できる限り早めにご相談頂くことが重要です。

当事務所では、これら誹謗中傷記事の「削除請求」や、運営者及びプロバイダに対する「発信者情報開示請求」、さらには慰謝料などの「損害賠償請求」に対応しておりますので、まずはお早めにご相談下さい。

誹謗中傷記事の削除は、当事務所にお任せ下さい

ネット誹謗中傷と一言で言っても、その内容や書き込まれたサイトによって、その後の対処方法に違いが出てきます。当事務所はこれまで様々なケースに携わってきておりますので、サイトに応じて適切な対処対応が可能でございます。

当事務所が特に得意としているケースは以下の通りです。

1:ツイッターの削除について

ツイッターのアクセスは、フォロワーが多い人のアカウントなどについては非常に多いため、誹謗中傷記事を放置していると大変なことになってしまいます。

ツイッターの怖いところは、リツイート機能による驚異的な拡散力にあります。最近では、ピコ太郎さんのPPAPが、全世界でリツイートされた結果、世界的な大ブームを巻き起こしました。

リツイートは多くの人の注目を短期間で集めることができるのですが、これはメリットでもあれば、デメリットでもあるのです。

もしもツイッターで誹謗中傷被害を受けた場合は、本社があるアメリカのTwitter社とやり取りをすることになります。

まずは、ツイッターの「迷惑行為の報告」の受付サイトから、ツイッターで誹謗中傷を受けていることを報告します。すると、報告を受けたツイッター側が内容を調査し、場合によってはアカウントを停止してもらうことができます。

ただ、アカウントが停止されることは稀であり、またそれによって問題が全て解決するわけではありません。
そこで当事務所では、ツイッターによる誹謗中傷の犯人を突き止めて刑事事件として告訴、民事によって損害賠償請求といったところまでサポートしております。

具体的には、ツイッター側にアカウントの情報開示請求を行い、開示されたアカウントをもとにIPアドレスを特定し、そこからプロバイダを割り出して発信した犯人の情報開示を請求します。

2:爆サイの削除について

爆サイは地域密着タイプの掲示板として利用されていますが、地域色が強すぎるがゆえに、ちょっとした書き込みで個人が特定されてしまう恐れがあります。

例えば、一部を伏字にして誹謗中傷したとしても、個人であれ企業であれ、地域が限定されているためある程度特定ができてしまうのです。
そういった意味では2chよりも誹謗中傷被害になりやすいと言えるかもしれません。

中でも、風俗やホスト、ホステス関連の水商売に関連するジャンルについては誹謗中傷する書き込みが多いため注意が必要です。
例えば、ホストやホステスをしていることをバラされたり、場合によっては個人の携帯番号をそのまま掲載されることもあるようです。

当事務所にご依頼いただければ、運営者側に対して誹謗中傷する書き込みの削除請求をするとともに、発信者情報開示請求を行い、そこからIPアドレスや経由しているプロバイダを特定し、発信した本人まで突き止めます。

3:著作権問題

他人に自分の画像や動画をコピーされたり、サイト自体をコピーされたような場合は、それがコピーであることを立証できれば、相手に対して削除請求や損害賠償請求が可能です。当事務所では、個人、法人を問わずこの著作権問題について積極的に取り扱っております。

【主な対応業務について】
・著作権のトラブル全般
・画像、動画、原稿の無断利用
・ソフトウェアのライセンスなどに関する問題
・プログラムの著作権トラブル
・webサイトの著作権侵害トラブル

著作権侵害を放置してしまうと、あらぬ誤解を招く恐れがあり、場合によっては取引先やユーザーからの信頼を失ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

なお、当事務所では著作権問題の被害者側のサポートはもちろんのこと、著作権侵害だと相手から指摘を受けたり、訴えられている側のサポートについても対応可能でございます。

4:2ちゃんねる関連の削除請求

2ちゃんねるはもともとネガティブな話題に注目が集まりやすいサイトのため、万が一ここに誹謗中傷する記事が書き込まれると、その内容はあっという間に拡散してしまう恐れがあります。

特に2ちゃんねるは、2ちゃんねる本体である「2ch.net」の他に、そこから分裂した「2ch.sc」、さらには2ちゃんねるの内容をそのままコピーした「ミラーサイト」や、2ちゃんねるの書き込みをまとめている「まとめサイト」など、2ちゃんねる本体に関連する複数のサイトがあるため、例えば2ch.netに誹謗中傷する記事が書き込まれると、2ch.scやミラーサイト、まとめサイトまで削除しなければなりません。

また、これらのサイトは全て運営者が違うため、削除請求をするにしても、別々に対応しなければならずとても大変です。

当事務所にご依頼頂ければ、名誉毀損、プライバシー侵害、著作権侵害などで、同定可能性があるものについては、レス削除、サイト削除の請求が可能です。

また、2ch以外の個人のブログに書き込まれた記事削除についても同様に対応できます。

5:食べログ関連の口コミ削除

初めて食事に行くお店の場合、多くの方が事前に「食べログ」でそのお店の評判や感想を調べています。そのため、万が一ここにネガティブな書き込みをされると、単なる風評被害では済まず、現実的に売上減少などの営業損害まで発生してしまう可能性があります。

口コミサイトである以上、ある程度の指摘は致し方ありませんが、食べログのガイドラインでは、「特定または不特定を問わず、他のユーザーに対して非難・中傷・嘲笑すること」についての書き込みは認めていません。

例えば以下のような書き込みについては、削除してもらえる可能性があります。

「こんなまずい店には絶対に行かないほうがいい」
「こんな店ぼったくりもいいとこだ」

この他にも、店員を名指しで批判する記事や、そもそも事実無根の内容に基づく記事については、早急に削除請求することをおすすめします。

なお、食べログの口コミについては、営業権侵害(営業妨害)としか見られないようなケースでは、削除請求だけでは解決できない場合もありますので、その場合は発信者情報開示請求を行い、書き込んだ本人を特定した上で損害賠償請求も検討する必要があるでしょう。

また、当事務所では、食べログ以外にも、以下のような口コミサイトのレビュー削除に対応しております。

・Amazon関連の口コミレビュー削除
・転職会議系の口コミ削除
・楽天関連の口コミレビュー削除
・Yahoo!ショッピングの口コミレビュー削除
・Yahoo!知恵袋削除

これらの口コミサイトについても、それぞれ対応経験が豊富にございますので、万が一書き込みを発見したら、風評被害が広がる前にお早めにご相談下さい。

6:FacebookなどSNSの削除請求

SNSに誹謗中傷する記事が書き込まれた場合も、掲示板などと同様に、名誉毀損、プライバシー侵害、著作権侵害等で、同定可能性があるつぶやきや書き込みなどについては、運営者側に対して削除請求をすることが可能です。

また、書き込みの内容によっては、発信者情報開示請求を行い慰謝料などの損害賠償請求をすることもできます。

7:リベンジポルノ投稿の削除請求・ネットストーカー対策

別れた異性がその腹いせに、公開されたくない画像や動画を意図的にアップされて被害にあうケースが増えています。これについても同様に削除請求が可能です。

また、最近ではネット上でのストーカー行為も横行しており、ひどいケースでは本当に身の危険を感じるような場合も少なくありません。

当事務所では、ストーカーの事実を立証できるケースなどについて、ストーカー規制法による対応DV防止法、一般の仮処分などにより対処することが可能です。

これら以外にも例えばYahoo!やGoogle、bingなどの検索サイトにおける、検索結果からのURL削除、関連キーワード削除、サジェスト削除などについても対応可能です。

解決までの「スピード」を徹底追及しています

当事務所は、1秒でも早くお客様の不安なお気持ちを取り除くために、1秒たりとも無駄にしないような、フットワークの軽い迅速な対応を常に心がけております。弁護士自身はもちろんのこと、事務所のスタッフ全員が同じ意識を共有しておりますので、解決までの「最短距離」を常に考え迅速にサポート致します。

まずはお気軽にご相談下さい。

弁護士法人 栗田勇法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 堀尾 純矢 静岡弁護士会 No.53436
住所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10 NTビル3階
対応エリア 静岡県
アクセス

静鉄新静岡駅 徒歩2分
JR静岡駅 徒歩5分

現在営業中(本日9:00~18:30) ]
電話での受付はこちら
050-5267-6229
[電話受付] 平日 9:00~18:30

【24時間受付】メール相談はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 平日 9:00~18:30
定休日 土日祝
対応エリア 静岡県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
誹謗中傷に強い弁護士を探す