弁護士法人ATBについて

  • ATB1
  • ATB TOP
  • ATB 2
旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!
5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。

対応分野

  • 5ch.net/2ch.sc
  • 爆サイ
  • ホストラブ
  • 逮捕歴記事
  • ネット誹謗中傷
  • 名誉毀損
  • プライバシー侵害
  • SNS
  • 犯人特定・慰謝料
  • 関連キーワード
  • Google検索結果
  • 個人ブログ
  • 転職サイト
  • リベンジポルノ
  • レビュー口コミ
  • yahoo知恵袋
  • 著作権問題
  • 刑事告訴
  • ミラーサイト
  • 動画サイト

私たちに依頼するメリット

  • 2ch・5ch誹謗中傷・風評被害削除がどこよりも迅速
  • 口コミサイトの根拠のないコメント対応に強い
  • 誹謗中傷記事削除に独自のノウハウあり
  • 個人に対する悪口やリベンジポルノにも対処
  • 記事削除後の対策と損害賠償請求もサポート

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

弁護士法人ATBは、5ch、爆サイ、ツイッター、ブログ記事、その他掲示板など、オンライン上に掲載された誹謗中傷記事を削除し、風評被害の拡大を食い止めます。
今や、ネット上の悪質な投稿により受ける風評被害は、その対象が個人であれ法人であれ、非常に深刻な被害をもたらします。
弁護士法人ATBは、これらネット上の誹謗中傷記事削除に関して、卓越したノウハウを有する法律事務所です。

こんな場合はすぐにご相談下さい!

「5chに当社のサービスを不当に誹謗中傷する記事が投稿されていて、深刻な風評被害を受けている」

「口コミサイトに、当店の根拠のない悪口が書き込まれており、それ以来来客が大幅に減ってしまっている」

「ネット上の掲示板に、自分の個人情報が勝手に掲載されていて、今すぐにでも削除させたい」

ネット上の風評被害の特徴

ネット上に書き込まれた誹謗中傷記事は、皆さんが思っている以上に驚く程早い速度で拡散してしまいます。そして、一度拡散してしまった情報は、全てを払拭する事が不可能になるため、できる限り素早い対処が何より大切になります。つまり、風評被害を防ぐためには、誹謗中傷記事を発見した時点で、素早く当事務所にご相談頂き、記事の削除請求を行なう必要があります。

弁護士法人ATBは、誹謗中傷記事削除に独自のノウハウあり

ネット上に書き込まれた誹謗中傷記事を削除させるためには、法律知識だけではなく、ITに関する高度なノウハウも必要になります。その点において弁護士法人ATBは、ITにも詳しい弁護士が在籍しており、これまで数多くの誹謗中傷記事の削除を行なってきた実績がございます。

【弁護士法人ATBでこれまで対処してきた サイトの一例】

  1. 5ちゃんねるの記事
  2. 爆サイ
  3. twitter
  4. 各種ブログ記事
  5. 過去のニュース記事
  6. ホストラブ(ホスラブ)
  7. したらば掲示板

これらはあくまで一例です。これら以外にもネット上のあらゆる誹謗中傷記事の削除に迅速に対応致します。

【弁護士法人ATBは、5chの記事削除がどこよりも迅速です!】

弁護士法人ATBなら、5chに掲載された誹謗中傷記事であれば、平均2日で削除させることも可能でございます。独自のノウハウを持った当事務所ならではの対策をご用意していますので、風評被害の拡大にお悩みの方は是非お問合せ下さい。

誹謗中傷記事を発見したら、そこからはとにかく「スピード勝負」です!

ネット上の風評被害を食い止めるためには、被害が広まる前に被害の基となっている誹謗中傷記事を早急に削除することが何より重要です。一度拡散してしまった悪い評判は、法律の力だけでは消しきることができません。けれども、誹謗中傷記事であれば、法律の力によって削除することができるのです。
ですから、まずは一刻も早く当事務所までご相談頂き、その誹謗中傷記事の削除を行いましょう。

個人に対する悪口やリベンジポルノにも対処致します!

風評被害は企業や店舗だけの問題ではありません。

特に最近では、一個人を誹謗中傷するような書き込みや投稿も後を絶ちません。個人の方の場合は、誹謗中傷する記事を見つけても、どう対処したらよいのか分からず、困っている間にどんどんその情報や画像が拡散してしまい、事態がおさまらなくなってしまいます。

特に最近では以下のような被害が増えています。

【個人の誹謗中傷被害について】

  1. 個人の名前や電話番号が、誰かの故意により掲載されてしまっている。
  2. twitterのなりすまし被害にあっている。
  3. 個人の男女関係をネット上で暴露されていて困っている。
  4. 別れた恋人が、裸の写真などを勝手にネット上に投稿している(リベンジポルノ)

これらの風評被害については、弁護士法人ATBで迅速に対処することが可能です。

これらを放置しておくと、削除しきれない程に情報が拡散してしまうため、風評被害を最小限に食い止めるためにも、誹謗中傷記事を見つけ次第、すぐに弁護士法人ATBまでご相談下さい。

記事削除後の対策と損害賠償請求もサポート致します。

ATB 2
ネット上の投稿に関しましては、発信者の特定まで行き着くケースと、そこまではたどり着かないけれども削除までは可能なケースがあります。もしも記事の削除に成功したとしても、深刻な風評被害を受けた場合については、可能な限り発信者を特定し、相手方に対して損害賠償請求をすることも可能です。

ただ、ネット上の誹謗中傷に関しましては、実際のところ損害賠償請求をしても、相手方にそれだけの支払能力がないケースも多いため、根本的な解決にならない場合もあります。そのため、誹謗中傷記事に対しては、発信者に対する損害賠償を目的とするよりは、まずはその記事自体を早急に削除して風評被害を未然に防ぎ、実質的な損害自体を出さないことの方を優先すべきでしょう。

なお弁護士法人ATBでは、誹謗中傷記事を削除した後に関しましても、今後同様の被害が発生しないよう、具体的にどのような対策を講じれば良いのか、法的な観点とITの観点から、弁護士が適切にアドバイスさせて頂きます。

弁護士法人ATB
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 佐治 史規 (さじ ふみのり) 東京弁護士会 No.35543
藤吉 修崇 (ふじよし のぶたか) 山梨県弁護士会 No.43798
住所 〒105-0004 東京都港区新橋3-11-8 オーイズミ新橋第2ビル904
対応エリア 全国
アクセス

新橋駅 徒歩3分
内幸町駅 徒歩6分
汐留駅 徒歩9分

電話でのご相談はこちら
050-3377-8966
[電話受付] 平日 9:00~18:00

【24時間受付】メール相談はこちら

電話する
受付時間 平日 9:00~18:00
定休日 祝日
対応地域 全国
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
誹謗中傷に強い弁護士を探す