京都府対応のネット誹謗中傷・名誉毀損に強い弁護士

全部で6件の弁護士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人YMP

    弁護士詳細情報はこちら
    弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!
    • 開示経験豊富
    • 削除経験豊富
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可

    弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。

    • 発信者(犯人)の特定に強い
    • 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等の掲示板に強い
    • 各種ブログに強い
    • プライバシー侵害、リベンジポルノに強い
    • 投稿の削除についても対応可
    〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-8 銀座堀ビル3階

    新橋駅 徒歩9分
    銀座駅 徒歩9分
    築地市場駅 徒歩2分
    東銀座駅 徒歩4分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6228
    [電話受付] 平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • ATB TOP

    弁護士法人ATB

    弁護士詳細情報はこちら
    旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。

    • 2ch・5ch誹謗中傷・風評被害削除がどこよりも迅速
    • 口コミサイトの根拠のないコメント対応に強い
    • 誹謗中傷記事削除に独自のノウハウあり
    • 個人に対する悪口やリベンジポルノにも対処
    • 記事削除後の対策と損害賠償請求もサポート
    〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-16第3小森谷ビル別館6F

    浜松町駅、大門駅 各徒歩三分

    全国
    [電話受付]平日/土日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6214
    [電話受付] 平日/土日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 弁護士法人日の出

    弁護士詳細情報はこちら
    弁護士法人日の出は、東京都にあるネット上の誹謗中傷・風評被害の対策実績がある法律事務所です。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    事件記事、逮捕歴・前科が掲載されたネット記事の削除、Googleの関連検索キーワード、5ちゃんねる等の削除実績があります。全国のお客様からご相談を受け付けており、削除サイトの種別に関わらず費用は一律ですので初期費用を抑えられます。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。

    • IT法務に強い弁護士
    • 法人・個人問わず、ネット誹謗中傷・風評被害削除に強い
    • 安心の24時間対応
    • 全国対応が可能
    〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目13-7 三栄ビル4階A

    東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」より徒歩3分

    全国
    [電話受付]毎日 24時間
    電話での受付はこちら
    050-5267-6226
    [電話受付] 毎日 24時間

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 弁護士法人卯月法律事務所 写真1

    弁護士法人 卯月法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    卯月法律事務所は、全国対応のネット誹謗中傷・風評被害対策に強い法律事務所です。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    弁護士法人卯月法律事務所は、東京都千代田区岩本町にある弁護士法人であり、ネット上の誹謗中傷被害・風評被害対策に強い法律事務所です。検索結果削除や逮捕歴、前科のネットニュース削除、2チャンネル削除等に強みがあります。個人様、法人様に関わらずご相談を受け付けており、全国のお客様に対応させていただいております。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。

    • 全国対応可能
    • 逮捕歴、前科のネットニュース削除に強い
    • 2ちゃんねる系の誹謗中傷削除に強い
    • ブログサイトに掲載されている誹謗中傷に強い
    • yahoo検索、google検索結果の削除に強い
    〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 KATOビル3F

    【JR線】秋葉原駅より徒歩7分 , 神田駅より徒歩7分
    【都営新宿線】岩本町駅より徒歩3分
    【東京メトロ日比谷線】小伝馬町駅より徒歩4分

    全国
    [電話受付]毎日 24時間
    電話での受付はこちら
    050-5267-6231
    [電話受付] 毎日 24時間

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 虎ノ門法律特許事務所 写真1

    虎ノ門法律特許事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 迅速対応
    • 削除経験豊富

    ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。

    • ホストラブ(ホスラブ)サイトにおける誹謗中傷被害に強い
    • ネット掲示板、ブログ、twitter、facebookなどにおける誹謗中傷記事の削除請求
    • 海外法人を相手にした削除請求や発信者情報開示請求の成功実績が豊富
    〒105-0001

    東京都港区虎ノ門1丁目-1-23 ウンピン虎ノ門ビル3階

    虎ノ門駅 徒歩1分
    霞ヶ関駅 徒歩8分
    内幸町駅 徒歩8分
    新橋駅 徒歩10分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6234
    [電話受付] 平日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 浅川綜合法律事務所2

    弁護士法人浅川倉方法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    浅川倉方法律事務所は個人、法人を問わず誹謗中傷被害にお困りの方の問題解決に全力を尽くします。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 初回相談無料
    • 迅速対応

    浅川倉方法律事務所のモットーは、ご依頼者の目線にたった、迅速かつ丁寧な対応です。 初期電話相談から解決まで、同じ弁護士が直接、最後までご対応いたします。

    • ネット誹謗中傷案件に強い
    • 2ちゃんねる(.net,.sc)と匿名掲示板に強い
    • 各種個人ブログサイトに強い
    • Google,Yahooの検索結果からのURL削除に強い
    • 誹謗中傷関連検索ワード削除に強い
    〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階

    日比谷駅 A14出口 徒歩3分
    霞が関駅 B2出口、C4出口 徒歩3分
    内幸町駅 A7番出口 徒歩1分
    新橋駅 日比谷口 徒歩10分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~19:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6215
    [電話受付] 平日 9:00~19:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全6件中 1-6件

ネット誹謗中傷にお悩みの京都の方へ

ネットの誹謗中傷被害に悩む方が年々増加中です。個人的な嫌がらせ被害に悩む方も多いですが、京都の場合は、数多くある小売店や飲食店に対する誹謗中傷被害を受ける可能性も高いでしょう。実際に、現在被害に遭っていてどう対処すべきか困っているという方もいらっしゃるでしょう。

ネットの誹謗中傷は黙っていては解決しません。今回は、ネットの誹謗中傷にお悩みの方のためにネット誹謗中傷・嫌がらせ被害の実態、加害者が受けるべき罰則、誹謗中傷被害を乗り越える方法についてご説明いたします。

ネット誹謗中傷・嫌がらせ被害の実態

ネット誹謗中傷の被害にあっている人は増加しているといわれています。ネット上の嫌がらせの実態にはどのような事例があるのでしょうか。以下がよくある被害の事例です。

  • 有名人への誹謗中傷
  • ネットでの知り合いへの誹謗中傷(アカウント名しか知らない)
  • LINE上で友人、同僚への嫌がらせ
  • 小売店、飲食店への誹謗中傷、デマ

一番有名であるのは、有名人へのネット上での攻撃です。有名人のSNSのアカウントにアンチが書き込みを行うというのは、炎上という言葉が日常的に使われるようになった今では当たり前のように行われています。相手の人格を攻撃するような発言は、有名人に対するものだけに止まりません。

ネットで知り合った人に対し、誹謗中傷を行う事例も増えています。アカウント名しか知らないような人に嫌がらせを受けることも増えているようです。また学生の被害のほとんどは知り合いからという報告もあります。

友人から毎日のように誹謗中傷するようなLINEが送られてきたり、グループLINEの中でいじめを受けたり、というような被害です。最近では、大人の場合でもLINEで上司からパワハラを受けるという被害が報告されています。SNSのアカウントは個人だけでなく小売店や飲食店も開設していますが、ここにデマや酷い内容が書き込まれることも少なくありまねん。

このようにネットの誹謗中傷や嫌がらせの被害は、有名人に留まらず個人にも向けられ、飲食店などの企業に向けられることもあります。

ネット誹謗中傷の加害者が受けるべき罰則等

このような誹謗中傷の多くは侮辱罪、または名誉毀損罪として刑事事件となりかねません。

侮辱罪は、「バカ」「頭が悪い」などの事実を指摘しない抽象的な暴言に対し成立します。侮辱罪で逮捕されると、拘留または科料に処される可能性があります。名誉毀損罪は、「この人が事件の犯人だ」など具体的な事実を指摘して、相手の社会的評価を貶めるような内容を書き込んだケースです。この場合、3年以下の懲役もしくは禁固または50万円以下の罰金が課される可能性があります。

「お前を殺す」などの危害を加えるような内容を書き込んだ場合には、脅迫罪で2年以下の懲役または30万円以下の罰金、「この店の衛生状態は最悪」など業務を妨害するような内容を書き込んだ場合には業務妨害罪が成立し、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処される可能性があります。

刑事罰だけではなく、加害者に対し民事で損害賠償請求をすることも可能です。名誉毀損が成立するケースであれば、10-50万円程度、あるいはそれ以上の金額を請求できます。

誹謗中傷被害を行った加害者は、「特定されない」と鷹を括っていることも多いのです。できる限り相手を特定し、これまでの行為に責任を持ってもらうことが必要です。

誹謗中傷被害を乗り越える方法

誹謗中傷被害の乗り越え方はさまざまです。具体的には、以下のような乗り越え方があります。

  • 相手をブロックする
  • 誹謗中傷投稿を報告する
  • SNSを辞める
  • 警察に告訴する
  • 犯人を特定して損害賠償を請求する

SNS上で相手をブロックしたり、運営に誹謗中傷投稿を報告したりすることで対応する方は多いでしょう。しかし、相手はアカウントを変えて同じことを繰り返すケースもあります。最終的には SNSを一時的に辞めるという方もいますが、特にLINEなどは人と連絡を取るためのインフラになりつつあるため、そう簡単に脱却できないという問題もあります。

やはり根本的に解決するためには、警察に相談して告訴する、あるいは弁護士に相談して犯人を特定し、損害賠償請求をするのが有効です。匿名のままでは同じ行為が繰り返されてしまう可能性があるので、相手を特定して反省してもらう必要があるでしょう。

相手を特定して損害賠償請求を行えば、そう簡単に同じ行為を繰り返すことはできなくなります。今後の被害者も減る可能性があるため、被害にあった方は将来のためにも正々堂々と相手に立ち向かうべきです。

1人で抱え込まずにネット問題に強い弁護士に相談を

誹謗中傷被害に遭っている方はできるだけ早い段階で弁護士に相談してください。「放っておけば収まる」ケースもありますが、放っておいてデマや誹謗中傷内容が拡散することもあります。名誉毀損に当たる内容をサイト側に削除してもらうこともできますが、それだけでは誹謗中傷が収まらないことも少なくないのです。

ネットの誹謗中傷トラブルに巻き込まれたら、弁護士にご相談ください。ネガティブな内容は拡散が早いので、早い段階で対処することでよりより解決に導くことができます。一緒に立ち向かい、犯人を特定しましょう。