佐賀県対応のネット誹謗中傷・名誉毀損に強い弁護士

全部で6件の弁護士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人YMP

    弁護士詳細情報はこちら
    弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!
    • 開示経験豊富
    • 削除経験豊富
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可

    弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。

    • 発信者(犯人)の特定に強い
    • 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等の掲示板に強い
    • 各種ブログに強い
    • プライバシー侵害、リベンジポルノに強い
    • 投稿の削除についても対応可
    〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-8 銀座堀ビル3階

    新橋駅 徒歩9分
    銀座駅 徒歩9分
    築地市場駅 徒歩2分
    東銀座駅 徒歩4分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6228
    [電話受付] 平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • ATB TOP

    弁護士法人ATB

    弁護士詳細情報はこちら
    旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。

    • 2ch・5ch誹謗中傷・風評被害削除がどこよりも迅速
    • 口コミサイトの根拠のないコメント対応に強い
    • 誹謗中傷記事削除に独自のノウハウあり
    • 個人に対する悪口やリベンジポルノにも対処
    • 記事削除後の対策と損害賠償請求もサポート
    〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-16第3小森谷ビル別館6F

    浜松町駅、大門駅 各徒歩三分

    全国
    [電話受付]平日/土日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6214
    [電話受付] 平日/土日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 弁護士法人日の出

    弁護士詳細情報はこちら
    弁護士法人日の出は、東京都にあるネット上の誹謗中傷・風評被害の対策実績がある法律事務所です。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    事件記事、逮捕歴・前科が掲載されたネット記事の削除、Googleの関連検索キーワード、5ちゃんねる等の削除実績があります。全国のお客様からご相談を受け付けており、削除サイトの種別に関わらず費用は一律ですので初期費用を抑えられます。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。

    • IT法務に強い弁護士
    • 法人・個人問わず、ネット誹謗中傷・風評被害削除に強い
    • 安心の24時間対応
    • 全国対応が可能
    〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目13-7 三栄ビル4階A

    東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」より徒歩3分

    全国
    [電話受付]毎日 24時間
    電話での受付はこちら
    050-5267-6226
    [電話受付] 毎日 24時間

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 虎ノ門法律特許事務所 写真1

    虎ノ門法律特許事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 迅速対応
    • 削除経験豊富

    ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。

    • ホストラブ(ホスラブ)サイトにおける誹謗中傷被害に強い
    • ネット掲示板、ブログ、twitter、facebookなどにおける誹謗中傷記事の削除請求
    • 海外法人を相手にした削除請求や発信者情報開示請求の成功実績が豊富
    〒105-0001

    東京都港区虎ノ門1丁目-1-23 ウンピン虎ノ門ビル3階

    虎ノ門駅 徒歩1分
    霞ヶ関駅 徒歩8分
    内幸町駅 徒歩8分
    新橋駅 徒歩10分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6234
    [電話受付] 平日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 弁護士法人卯月法律事務所 写真1

    弁護士法人 卯月法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    卯月法律事務所は、全国対応のネット誹謗中傷・風評被害対策に強い法律事務所です。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    弁護士法人卯月法律事務所は、東京都千代田区岩本町にある弁護士法人であり、ネット上の誹謗中傷被害・風評被害対策に強い法律事務所です。検索結果削除や逮捕歴、前科のネットニュース削除、2チャンネル削除等に強みがあります。個人様、法人様に関わらずご相談を受け付けており、全国のお客様に対応させていただいております。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。

    • 全国対応可能
    • 逮捕歴、前科のネットニュース削除に強い
    • 2ちゃんねる系の誹謗中傷削除に強い
    • ブログサイトに掲載されている誹謗中傷に強い
    • yahoo検索、google検索結果の削除に強い
    〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 KATOビル3F

    【JR線】秋葉原駅より徒歩7分 , 神田駅より徒歩7分
    【都営新宿線】岩本町駅より徒歩3分
    【東京メトロ日比谷線】小伝馬町駅より徒歩4分

    全国
    [電話受付]毎日 24時間
    電話での受付はこちら
    050-5267-6231
    [電話受付] 毎日 24時間

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 浅川綜合法律事務所2

    弁護士法人浅川倉方法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    浅川倉方法律事務所は個人、法人を問わず誹謗中傷被害にお困りの方の問題解決に全力を尽くします。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 初回相談無料
    • 迅速対応

    浅川倉方法律事務所のモットーは、ご依頼者の目線にたった、迅速かつ丁寧な対応です。 初期電話相談から解決まで、同じ弁護士が直接、最後までご対応いたします。

    • ネット誹謗中傷案件に強い
    • 2ちゃんねる(.net,.sc)と匿名掲示板に強い
    • 各種個人ブログサイトに強い
    • Google,Yahooの検索結果からのURL削除に強い
    • 誹謗中傷関連検索ワード削除に強い
    〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階

    日比谷駅 A14出口 徒歩3分
    霞が関駅 B2出口、C4出口 徒歩3分
    内幸町駅 A7番出口 徒歩1分
    新橋駅 日比谷口 徒歩10分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~19:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6215
    [電話受付] 平日 9:00~19:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全6件中 1-6件

ネット誹謗中傷にお悩みの佐賀県の方へ

ネット誹謗中傷による被害は深刻です。早めに対処することで被害を最小限に抑えることも可能ですので、ネットトラブルに巻き込まれたらご自身で対処法を実践していくことが重要です。

そこで今回は、ネット誹謗中傷でお悩みの佐賀県の方のために、ネット誹謗中傷への対処法をお伝えします。名誉毀損投稿は自分で削除する方法、ネット上の嫌がらせ被害を放置してはいけない理由、加害者を特定し刑事告訴・損害賠償請求をすべき理由までわかりやすくご説明いたします。

名誉毀損投稿は自分で削除が可能

名誉毀損に当たるような内容をSNSやネット掲示板などで書き込まれてしまった場合、速やかに削除することで被害を最小限に防ぐことができます。では、自分で削除をするためにはどう対応すれば良いのでしょうか?

「お前が事件の犯人だ」とするような人の社会的信用を貶めるような投稿や不倫の事実などのプライバシーに当たる情報を勝手に公開するような行為は名誉毀損に当たります。また、「お前はバカだ」というような抽象的な表現であったとしても、侮辱罪にあたります。このような悪意のある表現はご自身で削除依頼をすることが可能ですが、掲載された場所によって削除方法は変わります。

SNSで誹謗中傷被害を受けた場合

SNSで誹謗中傷にあたるようなコメントを受けた場合には、当該コメントから「報告」ボタンを押して、流れに沿って誹謗中傷にあたるため削除を希望する旨を運営に伝えることができます。誹謗中傷にあたる表現については、利用規約にも反する行為ですので比較的すぐに削除されるでしょう。

掲示板系サイトで被害を受けた場合(爆サイ、ホスラブ、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる))

爆サイ、ホスラブ、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)などの掲示板系サイトで被害にあった場合には、お問い合わせ窓口から削除依頼のメールを送付することができます。もっとも、掲示板サイトの場合は誹謗中傷による削除依頼が殺到することもあり、1週間以上の時間がかかることもあります。また場合によっては削除対応をしてもらえないケースもありますので、この場合は法的対処にでなければいけません。

嫌がらせ被害は絶対に放置してはいけない

ネット上で嫌がらせ被害を受けた場合には放置してはいけません。仮に放置してしまった場合には以下のような被害が広がる可能性があります。

  • ネット上の悪評は、他のサイトに拡散される(食べログからSNSへなど)
  • ネット上の嫌がらせが現実の被害に変わる(いたずら電話、ストーカー被害)

1つのサイトでお店の口コミに低評価がつけられてしまったと仮定します。このとき、「店主の態度が悪かった」「店で働いていたことがあるが衛生状況が最悪」などとデマが書き込まれたとします。この内容を誰か他の人が見つけて、SNSなどに拡散され炎上するケースもあります。1つのサイトで火がついた場合には、SNSや他のサイトに拡散されていってしまう可能性があるのです。

またSNSなどで誹謗中傷の被害を受けていたものの、ネットの中に止まっていたので放置していたというケースもあるでしょう。この場合、誰かが被害者の氏名や住所、電話番号などを特定して現実にいたずら電話が鳴り止まないなどの被害に発展することがあります。女性の場合はインスタグラムなどの位置情報をうっかり公開してしまったことからストーカー被害に遭うケースもあります。

このように、誹謗中傷被害を放置してしまうと事態が悪化することがあります。

犯人を見つけて、刑事告訴・損害賠償請求を

被害が大きくなってしまう前に、きちんとした対処を実践していくことが大切です。具体的には、加害者を特定して損害賠償や刑事告訴を行うことが根本的な解決につながります。犯人を特定して、刑事告訴、損害賠償をすべき理由としては以下が挙げられます。

  • 誹謗中傷を止めさせる
  • 将来的な被害を防ぐ
  • 他の加害者への抑止力につながる

まず、今ある誹謗中傷をやめさせることが重要です。繰り返される誹謗中傷は相手にいくら「やめてください」と言っても、暴言をストップしてくれることはありません。そのため、現在ある誹謗中傷行為をやめさせるために、加害者と特定する法的手続きを取ったと忠告する必要があります。多くのケースでは、法的手続きをとったことを伝えると誹謗中傷が一時的にストップします。

しかし、一時的にやめただけでは根本的な解決につながりません。そこで将来的にもやめてもらうために損害賠償請求や刑事告訴を行うことで、示談を進めていきます。法的責任を追及されても不適切な暴言を続ける人は少ないでしょう。

また誹謗中傷を行う人は他の人にも同様の行為を行なっていることがあります。あなたが法的責任を追及することで、他の人への誹謗中傷も収まる可能性があるだけでなく、複数人が加害者である場合は他の加害者に対する警告にも繋がります。

このように、加害者を特定することで現在の被害だけでなく、今後の被害も防ぐことができるのです。

ネット誹謗中傷問題に強い弁護士に相談を

ネットトラブルに巻き込まれたら、早めに対処しましょう。スマホのログの削除は3ヶ月で実行されるので早めに動き出さなければいけません。発信者情報開示請求で加害者を特定すれば、損害賠償請求、刑事告訴は可能です。

犯人を見つけることで問題の根本的解決に繋がりますので、法的手続きをご検討中の方は、専門家である弁護士にご相談ください。加害者を特定して、責任を取ってもらいましょう。