栃木県対応のネット誹謗中傷・名誉毀損に強い弁護士

全部で6件の弁護士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人YMP

    弁護士詳細情報はこちら
    弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!
    • 開示経験豊富
    • 削除経験豊富
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可

    弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。

    • 発信者(犯人)の特定に強い
    • 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等の掲示板に強い
    • 各種ブログに強い
    • プライバシー侵害、リベンジポルノに強い
    • 投稿の削除についても対応可
    〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-8 銀座堀ビル3階

    新橋駅 徒歩9分
    銀座駅 徒歩9分
    築地市場駅 徒歩2分
    東銀座駅 徒歩4分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6228
    [電話受付] 平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • ATB TOP

    弁護士法人ATB

    弁護士詳細情報はこちら
    旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。

    • 2ch・5ch誹謗中傷・風評被害削除がどこよりも迅速
    • 口コミサイトの根拠のないコメント対応に強い
    • 誹謗中傷記事削除に独自のノウハウあり
    • 個人に対する悪口やリベンジポルノにも対処
    • 記事削除後の対策と損害賠償請求もサポート
    〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-16第3小森谷ビル別館6F

    浜松町駅、大門駅 各徒歩三分

    全国
    [電話受付]平日/土日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6214
    [電話受付] 平日/土日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 虎ノ門法律特許事務所 写真1

    虎ノ門法律特許事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 迅速対応
    • 削除経験豊富

    ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。

    • ホストラブ(ホスラブ)サイトにおける誹謗中傷被害に強い
    • ネット掲示板、ブログ、twitter、facebookなどにおける誹謗中傷記事の削除請求
    • 海外法人を相手にした削除請求や発信者情報開示請求の成功実績が豊富
    〒105-0001

    東京都港区虎ノ門1丁目-1-23 ウンピン虎ノ門ビル3階

    虎ノ門駅 徒歩1分
    霞ヶ関駅 徒歩8分
    内幸町駅 徒歩8分
    新橋駅 徒歩10分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6234
    [電話受付] 平日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 弁護士法人卯月法律事務所 写真1

    弁護士法人 卯月法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    卯月法律事務所は、全国対応のネット誹謗中傷・風評被害対策に強い法律事務所です。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    弁護士法人卯月法律事務所は、東京都千代田区岩本町にある弁護士法人であり、ネット上の誹謗中傷被害・風評被害対策に強い法律事務所です。検索結果削除や逮捕歴、前科のネットニュース削除、2チャンネル削除等に強みがあります。個人様、法人様に関わらずご相談を受け付けており、全国のお客様に対応させていただいております。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。

    • 全国対応可能
    • 逮捕歴、前科のネットニュース削除に強い
    • 2ちゃんねる系の誹謗中傷削除に強い
    • ブログサイトに掲載されている誹謗中傷に強い
    • yahoo検索、google検索結果の削除に強い
    〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 KATOビル3F

    【JR線】秋葉原駅より徒歩7分 , 神田駅より徒歩7分
    【都営新宿線】岩本町駅より徒歩3分
    【東京メトロ日比谷線】小伝馬町駅より徒歩4分

    全国
    [電話受付]毎日 24時間
    電話での受付はこちら
    050-5267-6231
    [電話受付] 毎日 24時間

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 弁護士法人日の出

    弁護士詳細情報はこちら
    弁護士法人日の出は、東京都にあるネット上の誹謗中傷・風評被害の対策実績がある法律事務所です。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    事件記事、逮捕歴・前科が掲載されたネット記事の削除、Googleの関連検索キーワード、5ちゃんねる等の削除実績があります。全国のお客様からご相談を受け付けており、削除サイトの種別に関わらず費用は一律ですので初期費用を抑えられます。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。

    • IT法務に強い弁護士
    • 法人・個人問わず、ネット誹謗中傷・風評被害削除に強い
    • 安心の24時間対応
    • 全国対応が可能
    〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目13-7 三栄ビル4階A

    東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」より徒歩3分

    全国
    [電話受付]毎日 24時間
    電話での受付はこちら
    050-5267-6226
    [電話受付] 毎日 24時間

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 浅川綜合法律事務所2

    弁護士法人浅川倉方法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    浅川倉方法律事務所は個人、法人を問わず誹謗中傷被害にお困りの方の問題解決に全力を尽くします。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 初回相談無料
    • 迅速対応

    浅川倉方法律事務所のモットーは、ご依頼者の目線にたった、迅速かつ丁寧な対応です。 初期電話相談から解決まで、同じ弁護士が直接、最後までご対応いたします。

    • ネット誹謗中傷案件に強い
    • 2ちゃんねる(.net,.sc)と匿名掲示板に強い
    • 各種個人ブログサイトに強い
    • Google,Yahooの検索結果からのURL削除に強い
    • 誹謗中傷関連検索ワード削除に強い
    〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階

    日比谷駅 A14出口 徒歩3分
    霞が関駅 B2出口、C4出口 徒歩3分
    内幸町駅 A7番出口 徒歩1分
    新橋駅 日比谷口 徒歩10分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~19:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6215
    [電話受付] 平日 9:00~19:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全6件中 1-6件

ネット誹謗中傷に悩む栃木の方へ

ネット誹謗中傷被害に遭うと、ネット上の問題だけでは収まらなくなり、日常生活にも支障をきたしてしまうケースがあります。最初のうちは「放っておけば収まる」と無視していたものの、誹謗中傷やデマは勢いを増し、個人の生活にまで侵食していってしまうのです。ネット誹謗中傷被害にあったら、放置せずに着実に対処していくことが必要です。

今回は、ネット誹謗中傷に悩む栃木県の方のために、ネット誹謗中傷の対処法を解説します。ネット上の嫌がらせが起きやすい場所、名誉毀損になる誹謗中傷行為、誹謗中傷対策は、投稿削除以外に犯人特定が必要な理由についてご説明いたします。

ネット上の嫌がらせが起きやすい掲示板、サイトは?

ネットでの悪口や誹謗中傷といえば、かつては2チャンネル(現5ちゃんねる)が有名でした。かつては誹謗中傷もインターネットを利用している人の中でもごく一部の人達の間で起きている話であったはずです。

しかし、最近ではSNS上での問題が大きく取り沙汰されています。誰もがSNSで自分の意見や写真を投稿するようになった時代です。良いコメントが書き込まれることもあれば、酷い中傷に悩まされる方もいます。誹謗中傷を無視できず、精神を病んでしまうという辛い結果を引き起こしてしまうこともあるのです。

また掲示板も進化を遂げています。2ちゃんねるだけでなく、これに次ぐ人気を持つ爆サイやホスラブなどが登場しています。これらの掲示板は地方ごとの掲示板があるのが特徴であり、都道府県ごとの特定のカテゴリで個人情報が晒されてしまうという被害も相次いでいるのです。現在では、インターネット上に自身の情報をアップしてしまった時点で、誰でも誹謗中傷を受ける可能性があります。

誹謗中傷被害はできれば避けたいものですが、誰もが何の落ち度もなく被害にあってしまう可能性があります。

誹謗中傷は名誉毀損罪になる可能性も

誹謗中傷が問題になるといっても「名誉毀損罪になるにはハードルが高いのでは?」と考えている方も多いでしょう。しかし、実際のところ、ネット上の誹謗中傷の多くのケースが名誉毀損罪に当たりうる行為です。具体的には以下のような投稿や発言が名誉毀損罪にあたるケースです。

  • 「AはBと不倫している」
  • 「この店は不衛生な状況で営業を続けている」
  • 「Aは新型コロナ感染者だ」
  • 「Aが事件の犯人だ」

名誉毀損罪(230条)は「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合」に成立します。インターネット上で上記のような発言をした場合は、不特定多数の人が閲覧できる状態ですので、公然性を満たします。また上記発言は全て具体的な事実を指摘しています。そして、全ての発言が特定の人や店の社会的評価を貶める発言です。

これ以外でも、「ゴミ」「カス」「バカ」「生きている価値がない」などの発言は、侮辱罪(刑法231条)に当たる可能性があります。「殺す」などの脅しは脅迫罪(刑法222条)に当たる可能性がありますし、上記に挙げた発言のうちお店に対する発言は業務妨害罪(刑法233条)に当たる可能性もあります。

インターネットやSNS上での発言は相手が見えないことから、過激な言葉を誰もが投稿しやすい環境にありますが、ネット上なら許されるわけではなく、刑事責任が追及される可能性も十分にあるのです。

誹謗中傷は投稿削除だけでなく、犯人の特定が必須

誹謗中傷にあたる発言は削除することが可能です。しかし、犯人を告訴したい場合には、
たとえ名誉毀損に当たる行為だとしても、相手が誰かを特定しなければいけません。したがって、誹謗中傷を根本的に解決するためには、犯人の特定作業も必要です。

ネットトラブル解決のプロセスとしては、以下の通りとなります。

  • 問題投稿の削除
  • 犯人特定
  • 損害賠償または刑事告訴

まず、誹謗中傷にあたる投稿を削除します。多くの場合は、管理者に誹謗中傷が名誉毀損に当たることを報告すれば削除してもらえます。しかし、犯人特定のためにIPアドレスの情報開示を求めると難航する場合があります。IPアドレスが任意で開示してもらえなかった場合には、訴訟手続きにて発信者情報開示の仮処分を行います。IPアドレスが開示されたら、プロバイダに対し当該IPアドレスに関わる人物の情報開示を促します。ここでも仮処分が必要になることがあるでしょう。

開示手続きが行われたら、特定できた犯人に対し今後同様の行為をやめることや謝罪の要求、損害賠償請求などを行います。希望があれば刑事告訴も行います。名誉毀損罪の場合は、「3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金」に処される可能性があります。侮辱罪の場合は、処罰が軽くなり「拘留又は科料」にしょされる可能性があるでしょう。

刑事告訴や損害賠償請求のために加害者の特定が必要という理由もありますが、本人に二度とこのような行為を起こさせないためにも、きちんと反省して責任を取ってもらうべきです。

誹謗中傷被害は、ネット問題に強い弁護士に相談を

誹謗中傷にお悩みの方は、すぐに専門家である弁護士にご相談ください。インターネットでの悪い情報はあっという間に広がっていってしまうため、すぐに削除や特定を行うことが必要です。早めに対処すれば、被害は少なく済みます。誹謗中傷に負けずに、相手に責任を取ってもらいましょう。