東京都対応のネット誹謗中傷・名誉毀損に強い弁護士

全部で7件の弁護士事務所が見つかりました
  • 東京都・中央区

    弁護士法人YMP

    受付時間 平日 9:00~21:00
    土日祝 9:00~18:00
    弁護士詳細情報はこちら
    弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!
    • 開示経験豊富
    • 削除経験豊富
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 開示経験豊富
    • 削除経験豊富
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可

    弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込…

    • 発信者(犯人)の特定に強い
    • 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等の掲示板に強い
    • 各種ブログに強い
    • プライバシー侵害、リベンジポルノに強い
    • 投稿の削除についても対応可
    〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-8 銀座堀ビル3階

    新橋駅 徒歩9分
    銀座駅 徒歩9分
    築地市場駅 徒歩2分
    東銀座駅 徒歩4分

    全国
    電話での受付はこちら
    050-5267-6228
    [電話受付] 平日 9:00~21:00
    土日祝 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 東京都・渋谷区
    弁護士 大窪 和久は、桜丘法律事務所に所属するネット誹謗中傷被害とその対策に強い弁護士です
    • 法人対応
    • 迅速対応
    • 削除経験豊富
    • 開示経験豊富
    • 駅から徒歩3分
    • 法人対応
    • 迅速対応
    • 削除経験豊富
    • 開示経験豊富
    • 駅から徒歩3分

    インターネット上の被害については、非常に多くの事案を解決してきておりますので、それぞれの事案に応じた適切で迅速な対処が可能でございます。まずは、お客様のご事情を丁寧にお伺いした上で、最適なプ…

    • 素早い対応で「削除請求」可能
    • 2ch・まとめサイト・ミラーサイト削除請求に強い
    • 個人ブログサイトの記事削除に強い
    • yahoo関連キーワード、サジェスト削除 、yahoo知恵袋削除に強い
    • 加害者の特定と損害賠償請求にも強い
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル7階

    JR渋谷駅西口から徒歩3分

    東京都
    電話での受付はこちら
    050-5267-6235
    [電話受付] 平日 9:00~19:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 東京都・港区
    ATB TOP

    弁護士法人ATB

    受付時間 平日/土日 9:00~18:00
    弁護士詳細情報はこちら
    旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼…

    • 2ch・5ch誹謗中傷・風評被害削除がどこよりも迅速
    • 口コミサイトの根拠のないコメント対応に強い
    • 誹謗中傷記事削除に独自のノウハウあり
    • 個人に対する悪口やリベンジポルノにも対処
    • 記事削除後の対策と損害賠償請求もサポート
    〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-16第3小森谷ビル別館6F

    浜松町駅、大門駅 各徒歩三分

    全国
    電話での受付はこちら
    050-5267-6214
    [電話受付] 平日/土日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 東京都・新宿区
    弁護士法人日の出は、東京都にあるネット上の誹謗中傷・風評被害の対策実績がある法律事務所です。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    事件記事、逮捕歴・前科が掲載されたネット記事の削除、Googleの関連検索キーワード、5ちゃんねる等の削除実績があります。全国のお客様からご相談を受け付けており、削除サイトの種別に関わらず費…

    • IT法務に強い弁護士
    • 法人・個人問わず、ネット誹謗中傷・風評被害削除に強い
    • 安心の24時間対応
    • 全国対応が可能
    〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目13-7 三栄ビル4階A

    東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」より徒歩3分

    全国
    電話での受付はこちら
    050-5267-6226
    [電話受付] 毎日 24時間

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 東京都・港区
    虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 迅速対応
    • 削除経験豊富
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 迅速対応
    • 削除経験豊富

    ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求…

    • ホストラブ(ホスラブ)サイトにおける誹謗中傷被害に強い
    • ネット掲示板、ブログ、twitter、facebookなどにおける誹謗中傷記事の削除請求
    • 海外法人を相手にした削除請求や発信者情報開示請求の成功実績が豊富
    〒105-0001

    東京都港区虎ノ門1丁目-1-23 ウンピン虎ノ門ビル3階

    虎ノ門駅 徒歩1分
    霞ヶ関駅 徒歩8分
    内幸町駅 徒歩8分
    新橋駅 徒歩10分

    全国
    電話での受付はこちら
    050-5267-6234
    [電話受付] 平日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 東京都・千代田区
    卯月法律事務所は、全国対応のネット誹謗中傷・風評被害対策に強い法律事務所です。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 24時間対応可

    弁護士法人卯月法律事務所は、東京都千代田区岩本町にある弁護士法人であり、ネット上の誹謗中傷被害・風評被害対策に強い法律事務所です。検索結果削除や逮捕歴、前科のネットニュース削除、2チャンネル…

    • 全国対応可能
    • 逮捕歴、前科のネットニュース削除に強い
    • 2ちゃんねる系の誹謗中傷削除に強い
    • ブログサイトに掲載されている誹謗中傷に強い
    • yahoo検索、google検索結果の削除に強い
    〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 KATOビル3F

    【JR線】秋葉原駅より徒歩7分 , 神田駅より徒歩7分
    【都営新宿線】岩本町駅より徒歩3分
    【東京メトロ日比谷線】小伝馬町駅より徒歩4分

    全国
    電話での受付はこちら
    050-5267-6231
    [電話受付] 毎日 24時間

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 東京都・千代田区
    浅川倉方法律事務所は個人、法人を問わず誹謗中傷被害にお困りの方の問題解決に全力を尽くします。
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 初回相談無料
    • 迅速対応
    • 全国対応
    • 法人対応
    • 電話相談対応可
    • 夜間対応可
    • 初回相談無料
    • 迅速対応

    浅川倉方法律事務所のモットーは、ご依頼者の目線にたった、迅速かつ丁寧な対応です。 初期電話相談から解決まで、同じ弁護士が直接、最後までご対応いたします。

    • ネット誹謗中傷案件に強い
    • 2ちゃんねる(.net,.sc)と匿名掲示板に強い
    • 各種個人ブログサイトに強い
    • Google,Yahooの検索結果からのURL削除に強い
    • 誹謗中傷関連検索ワード削除に強い
    〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階

    日比谷駅 A14出口 徒歩3分
    霞が関駅 B2出口、C4出口 徒歩3分
    内幸町駅 A7番出口 徒歩1分
    新橋駅 日比谷口 徒歩10分

    全国
    電話での受付はこちら
    050-5267-6215
    [電話受付] 平日 9:00~19:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全7件中 1-7件

東京都の誹謗中傷に強い弁護士について

東京

ネット上では、誹謗中傷被害に遭うケースがたくさんあります。

その場合、問題となる記事・書き込みを削除してもらうために「裁判所」を利用することが多いです。

また、投稿者に対して損害賠償請求などをするためには、犯人特定の手続きも必要で、その手続きについても裁判所を利用しなければならないことが多いです。

そうなると、どこの裁判所で手続きができるのかという問題や、どの弁護士に手続きを依頼すべきかという問題が発生します。

そこで今回は、ネット誹謗中傷被害を受けた場合の「裁判所の管轄」と「弁護士の選び方」について解説します。

1. ネット誹謗中傷を受けた場合にできること・流れ

インターネット上で誹謗中傷、名誉毀損を受けた場合には、そのまま放置しておくと被害が拡大します。

具体的に対策として何ができるのか、以下で見てみましょう。

1-1. 記事削除請求

ネット誹謗中傷を受けた場合、問題のある「記事の削除請求」ができます。

これは、プロバイダ責任制限法や民法上の不法行為(709条)という法律にもとづいた手続きです。

まずは交渉によって記事削除を求めますが、任意で削除に応じてもらえない場合には裁判所に申立をして、問題のある記事を削除してもらうための仮処分手続きをとる必要があります。

1-2. 犯人特定の手続き

誹謗中傷によって、名誉が毀損されたり精神的損害が発生して、慰謝料を請求したい場合などには、別途「犯人特定の手続き」をとる必要があります。

この場合にも、やはりプロバイダ責任制限法にもとづいて手続きができます。

プロバイダ責任制限法には、ネット上で人権侵害があった場合に被害者が「サイト管理者」や「プロバイダ」に対して、誹謗中傷をした投稿者について「発信者情報開示請求」をする権利を認めています。

被害者は、これにもとづいてプロバイダなどに犯人についての情報開示請求ができます。

ただし、これについてもサイト管理者やプロバイダが任意の開示に応じない場合には、裁判所に申立をして仮処分手続きをとる必要があります。

2. 記事削除請求の仮処分はどこの裁判所でできるか

裁判所は、全国にたくさんありますが、それぞれ管轄があるので、どこでどのような手続きでもできるというわけにはいきません。

以下で、具体的に説明します。

2-1.一般的なケース

名誉毀損記事削除の仮処分の裁判所は、被害者が居住している地域の裁判所に管轄が認められます。

たとえば、長崎に住んでいる人であれば、長崎地方裁判所で記事削除の仮処分手続きができます。

2-2.海外サイトの問題点(5ちゃんねる、ツイッター等)

名誉毀損記事削除の仮処分を求める相手方が海外法人であるケースがあります。

たとえば、ネット誹謗中傷でよくある2ちゃんねるなどの場合には、運営者はシンガポールやフィリピンの海外法人となっています。このような場合、仮処分の管轄はどうなるのでしょうか?

記事削除の仮処分の場合には、不法行為となるので、管轄は被害者の居住地の裁判所に認められます。

このことは、相手が海外法人であっても変わりません。つまり自分の居住地の裁判所で仮処分手続きができます。

ただ、海外法人を相手にする場合、手続きの手間がかかります。

法人の謄本を取り寄せたり、提出書類に翻訳文をつけなければなりませんし、相手方を裁判所に呼び出して審尋をしないといけないので、期間も長くかかります。

この意味では、海外法人相手の手続きに慣れて運用の工夫もなされている「東京地方裁判所」などを利用した方が、スムーズにすすむケースもありえます。

3. 犯人特定の仮処分(発信者情報開示請求)はどこの裁判所でできる?

ネット誹謗中傷を受けた場合、犯人特定のための仮処分が必要になるケースがあります。この場合、どこの裁判所で手続きできるのでしょうか?

3-1.一般的なケース

犯人特定のための発信者情報開示請求の仮処分の場合の管轄裁判所は、原則的に「相手方の住所地」になります。

発信者情報開示請求は、不法行為にもとづく請求ではないので、被害者の住所地の裁判所を利用することができないのです。

そこで、相手方が東京に住所があるプロバイダの場合には東京地方裁判所、大阪に住所があるプロバイダの場合には大阪地方裁判所で手続きする必要があります。

遠方に居住していても現地の裁判所まで行かないといけないので、結構な負担になります。

3-2.海外サイトの問題点

相手が海外サイトだと、どこの裁判所で手続きが出来るのでしょうか?

ここで、そもそも日本の裁判所で手続出来るかという問題がありますが、これについては可能です。

ただ、その場合、東京地方裁判所で手続きをしなければなりません

全国どこに居住していても、外国法人に対して発信者情報開示請求の仮処分や本訴提起する場合には「東京地方裁判所」で行う必要があるのです。

この点は、被害者の居住地でも仮処分が認められる記事削除のケースと大きく異なる点です。 東京地方裁判所に行かないといけないことは、遠方の場合には大変な負担になりますし、旅費等も馬鹿にならないことがあります。

4.ネット誹謗中傷対策は評判抜群の東京の弁護士が有利!

ネット誹謗中傷を受けた場合、どの評判・口コミが良い弁護士に依頼すべきかという問題があります。

確かに自分で手続きできないこともないですが、仮処分や本訴提起はかなり専門的なので、素人が自分で行うのはほとんど不可能だからです。

仮処分の手続きを行う場合、地元の信頼できる弁護士に依頼するか、それとも評判が良い東京の弁護士に依頼するのか、どちらが良いのでしょうか?

4-1.地方の弁護士に依頼すると旅費日当がかかる

記事削除の仮処分だけであれば、地元の裁判所でも手続出来るので、地元の弁護士に依頼しても特に問題は起こりにくいです。

しかし、ネット誹謗中傷被害を受けた場合、記事削除請求だけでは済まず、「発信者情報開示請求の仮処分」や「本訴提起」が必要になる可能性が高いです。

そうなると、結局は東京地方裁判所で手続きをしなければなりません。ところが、ここで地元の弁護士に依頼していると、期日や審尋などのたびに東京地方裁判所に行ってもらわないといけなくなり、そのたびに高額な旅費や日当がかさんでしまいます。

弁護士の日当は、1日5万円にもなることがあります。旅費も、新幹線ならグリーン車代金などで請求されることが多いです。

また、弁護士が前泊する場合には宿泊費用の負担も発生します。

さらに、地方の弁護士が東京地方裁判所に行くとなると、1日仕事になります。

そこで、1日弁護士の予定が空いている日でないと期日が入れられないので、手続きがどんどん延びてしまう恐れがあります。

このようなことを考えると、仮処分などの法的な措置が必要になるケースでは、はじめから東京地方裁判所の弁護士に依頼する方がメリットが大きくなる可能性が高いです。 東京の弁護士なら、東京地方裁判所に出頭するとしても、交通費はさほどかかりませんし日当も発生しません。

4-2.評判が良い東京の弁護士の方がスムーズに手続きが進む

東京の弁護士の方が、「東京地裁の運用」に慣れているということがあります。

当然、慣れている弁護士の方が、手続き自体もスムーズに進めてくれるでしょう。 さらに、東京の弁護士の方が、海外法人相手の事件に慣れているケースも多いです。

たとえば、ネット誹謗中傷問題で良く問題になる2ちゃんねるは、海外法人であるため東京地方裁判所で手続きが行われることが多いです。

そこで、東京の弁護士は、2ちゃんねる・5ちゃんねるの削除や発信者情報開示請求の対処方法にも詳しい人が多いです。

東京の弁護士に、ネット誹謗中傷の依頼が集中しているので、経験もあり、事例も多数こなしているので話が早いのです。

仮処分手続きをするなら、東京のネット誹謗中傷に強い弁護士を探すと手続きがスムーズにすすむ可能性が高いです。

名誉毀損やネット問題に強い弁護士を探す(ITに強い弁護士、サイバー弁護士)

ネット分野は専門的なので、東京の弁護士と言っても、取り扱っていない弁護士も多いです。

また、取り扱いがあっても、あまり得意ではない人もいます。

ネット誹謗中傷による仮処分手続きを依頼するなら「ネット・IT問題に強い弁護士」を探して依頼することが必要になります。

ネット・IT問題に強い弁護士は、その旨ホームページなどに載せていることが多いので、サイトを検索して良い弁護士を探してみましょう。

なお当サイトでも、ITに強い弁護士、サイバー弁護士を厳選して掲載していますので、相談してみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、ネット誹謗中傷を受けた場合に、記事削除や発信者情報開示請求をする場合の裁判所管轄の問題、弁護士の選び方を解説しました。

記事削除の仮処分は、被害者の地元の裁判所でもできますが、発信者情報開示請求の仮処分は相手方の住所を管轄する裁判所でしか手続きができません。

相手が2ちゃんねるなど海外法人の場合には、東京地方裁判所が管轄となります。

また、ネット誹謗中傷の仮処分を依頼する弁護士を選ぶ場合、将来東京地方裁判所で手続きをすすめる可能性があるなら、はじめから東京の弁護士に依頼する方が負担が少なくなりメリットがあります。

そして東京の弁護士の方が、2ちゃんねるなどの海外サイトが相手の事件処理に慣れていることもあります。今回の記事を参考にして、ネット誹謗中傷の被害に遭った場合にも賢く弁護士を選んで対処しましょう。