プロバイダ責任制限法とは|開示請求など簡単に解説

プロバイダ

現代社会では、パソコンやスマートフォンが生活必需品となっており、誰でも気軽にインターネットを使用することができます。

TwitterやInstagramなどのSNSは匿名で利用でき、気軽にいろんな人と交流したり、情報を入手することができます。

しかし、表向きは便利であっても、ネットの裏側では匿名性を活かした嫌がらせ・著作権侵害・誹謗中傷・名誉毀損など、様々な問題が起こっています。

そこで、このような問題に対処するために作られたのが「プロバイダ責任制限法」というものです。

では、プロバイダ責任制限法とはどんな法律なのでしょうか?今回は、この法律についてわかりやすく解説していきます!

*2022年の改正については下記記事もご参考ください。

関連記事
発信者情報開示請求の新設
プロバイダ責任制限法の改正・問題点をわかりやすく解説【2022年最新】
2022年のプロバイダ責任制限法の改正について 施行はいつから|施行日は10月1日に決定 2021年4月25日に、プ…[続きを読む]

プロバイダ責任制限法とは|条文

正式名称

プロバイダ責任制限法は、正式名称を「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」と言います。

条文

この法律については、1条の条文でこのように定義されています。

第一条
この法律は、特定電気通信による情報の流通によって権利の侵害があった場合について、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示を請求する権利につき定めるものとする。

簡単にいうと、ネット上でプライバシー侵害や誹謗中傷といった権利侵害があった場合について

  • ①プロバイダやサイト管理者の損害賠償責任の制限
  • ②被害者の権利保護のための制度

を定めたものです。①、②それぞれ順番に簡単に解説します。

①プロバイダやサイト管理者の損害賠償責任の制限を簡単に言うと

プロバイダ責任制限法の対象

まずは、プロバイダ責任制限法が適用される対象について簡単に見てみましょう。

プロバイダ責任制限法で損害賠償責任が制限される対象は、下記の2つです。

  • 「特定電気通信」
  • 「特定電気通信役務提供者」

「特定電気通信」とは、ネット上のウェブページや電子掲示板などによって、不特定の人が受信することを予定している通信を指します。

また、「特定電気通信役務提供者」はプロバイダ(ドコモ、auやSoftbankといった携帯会社、ネット回線事業者など)から各サイト・サーバーの管理者まで、幅広いものを指します。

「損害賠償責任が制限される」とは?簡単に事例で解説

では、損害賠償責任が制限されるとはどういうことなのでしょうか。

例えば簡単に事例で解説してみましょう。

TwitterでBさんが「Aって人、いつもパワハラみたいなことするし最悪」という投稿をしたとします。

Aさんからしてみれば、自分の評価を落とすような情報をまき散らされて、大変な迷惑です。Twitterに「名誉毀損だ!」と通報して、投稿の削除依頼を求めるでしょう。

しかし、これでもしBさんの投稿を削除してしまったら、逆にBさんから「表現の自由でしょ!本当のことを言って何が悪いの!?」と責められてしまうかもしれませんし、削除しなければAさんから「名誉毀損に加担するのか!」と責められてしまうかもしれません。

投稿の削除依頼を受け付けようがどうしようが、両方から責任追及されるリスクがあり、Twitterは板挟み状態になってしまいます。

そこで、プロバイダ責任制限法では、「この法律に沿って削除の判断を行えばどちらからも責められることはないよ」と損害賠償責任を負うリスクを無くすようにしたのです。

制限というより「プロバイダの責任が軽減される」と言った方がわかりやすいかもしれません。

②被害者保護のための制度

上記はプロバイダやサイトなどの特定電気通信役務提供者のメリットになります。

ただ、この法律では権利侵害を受けた「被害者にとってもメリット」となる制度を定めています。

それが「送信防止措置請求」と「発信者情報開示請求」です。

①送信防止措置請求|削除依頼・請求

「送信防止措置請求」とは、名誉毀損やプライバシー侵害といった権利侵害をしている投稿を不特定多数の人に見られないようにすること、つまりは投稿の削除請求のことです。

ネット上の情報は、よくも悪くも拡散しやすいです。
そんな中で自分の個人情報が書かれた投稿や誹謗中傷の投稿がされると、時間の経過と共に大きな影響を及ぼすことになります。
そのため、この請求によって該当する投稿を削除してもらうことが必要になります。

プロバイダはこの請求があった場合、プロバイダ責任制限法3条にのっとって、該当する投稿を削除すべきか否かを検討します。
そして、誹謗中傷などで権利が侵害されていて削除するべきと判断した場合はプロバイダの判断だけで削除できます(同法3条2項1号参照)。
もちろん、投稿者本人に削除請求の旨を伝えて自主的削除を促すこともできます。

もし削除するべきかどうか判断がつきにくい場合は、投稿者に削除していいかを照会します。投稿者から削除の同意があるか、または7日以内に「削除に同意しない」旨の回答がなければ、プロバイダが勝手に削除することができます(同法3条2項2号参照)。

なお、権利侵害はないと判断されれば削除依頼は受け付けられません。

この請求については、プロバイダに直接お願いして任意で削除してもらう方法と、裁判所に仮処分命令をしてもらう方法の2種類があります。
直接お願いする・削除依頼する場合の方法については以下のページで詳しく解説していますので、ご参照ください。

関連記事
送信防止措置依頼書の書き方【入門編】
プロバイダ責任制限法では、被害者に「送信防止措置請求権」「発信者情報開示請求権」を認めています。誹謗中傷の該当記事を…[続きを読む]

②発信者情報開示請求|誹謗中傷犯を特定

「発信者開示請求」とは、権利侵害をする投稿をした人の個人情報を開示するように請求することです。

例えば、5ちゃんねるなどで誹謗中傷をされた場合、該当する投稿を削除すれば終わるわけではありません。

投稿者が再度誹謗中傷の書き込みをしないように相手を「特定」して損害賠償請求をすることが大切です。

このように、匿名相手を特定する場合にこの請求が利用できます。

発信者情報開示請求は、基本的に以下のような流れで行われます。

  1. 投稿があるサイト等の管理者に開示請求を行う
    ※この時点で電話番号が入手できた場合は、弁護士照会にて特定(3は不要)
  2. 開示によって判明したタイプスタンプやIPアドレスによって回線プロバイダを特定
  3. 回線プロバイダに対してさらに開示請求を行う
  4. 開示された個人情報に基づいて犯人に損害賠償請求

特に匿名掲示板などは、その管理者が投稿者の個人情報を全て持っているわけではありません。
そのため、上記のように、2回にわけて開示請求が必要になることが多いです。

発信者情報開示請求が認められているもの

  • 氏名又は名称
  • 住所
  • 電話番号(2020年8月31日から)
  • メールアドレス
  • IPアドレス
  • 携帯電話端末等の利用者識別符号
  • SIMカード識別番号
  • タイムスタンプ(侵害情報が送信された年月日及び時刻)

また、この発信者情報開示請求も任意で請求する場合と訴訟で行う場合があります。
任意で請求する場合の請求書の書き方については、以下のページで解説しています。

関連記事
発信者情報開示請求書
発信者情報開示請求書の書き方【入門編】
発信者情報開示請求書をサイト運営者に送付すれば、発信者情報(主にipアドレス)が開示されることがあります。この記事で…[続きを読む]

また、発信者情報開示請求について以下のリンクでさらに詳しく説明しています。

関連記事
東京地方裁判所
誹謗中傷の開示請求を簡単に解説!費用・訴訟の流れなど解説
サイトでは投稿が匿名で行われるので、すぐに相手に損害賠償請求や刑事告訴することはできません。今回は、ネットで誹謗中傷…[続きを読む]

発信者情報開示請求での問題点

発信者情報開示請求で特定を行う際に問題となるのが、IPアドレスやタイムスタンプといった情報の保存期間です。

携帯の電話番号が入手できた場合は期限の縛りがないため気にしなくても良いのですが、開示請求によって電話番号が入手できなかった場合は保存期間を踏まえて手続きを行わなければなりません。

多くのプロバイダでは通常3ヶ月ほどでこのような情報が削除されてしまうため、請求を行う時期によっては特定が困難になる可能性もあります。

また、訴訟や仮処分によって開示請求を行うにしても、裁判所を介すとどうしても時間とコストがかかってしまいます。
場合によっては、発信者情報消去禁止の仮処分といった複雑な手続きも必要になることもあります。

そのため、ネットにおける権利侵害のトラブルを解決したいと思ったら、なるべく早めに弁護士に相談することをお勧めします。
無料相談を受け付けている事務所も多くありますので、まずはご相談されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上がプロバイダ責任制限法を簡単に条文、削除依頼や開示請求などについて解説しました。

最近の事例では新型コロナウイルス感染者への誹謗中傷や、木村花さんが誹謗中傷によって亡くなった事件などもあり、開示対象に電話番号が含まれるようになりました(2020年8月31日より)。

関連記事
hassinsyajyouhoukaiji
発信者情報開示で電話番号も対象に!制度改正で新たな裁判手続創設
【2020年10月27日更新:「現状における開示請求の問題点と中間とりまとめ」の「③新たな手続き創設」に10月26日…[続きを読む]

今後も注目される法律であるので、プロバイダ責任制限法の知識を身に着けることは損にならないでしょう。

また、万が一自分がネットトラブルに巻き込まれた場合は、この法律を活用して上手く対処していくようにしましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

誹謗中傷の無料相談ができる事務所
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP
  • 初回相談無料
  • 犯人特定に強い
  • 爆サイに強い
弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
誹謗中傷でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事はネット誹謗中傷弁護士相談Cafeを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
プロフィール この監修者の記事一覧