逆SEO対策とは何か?ネガティブサイトの検索順位降下の手法解説

逆SEO

誹謗中傷対策を調べていくと、必ず「逆SEO対策」という言葉にぶつかります。「SEO」(エスイーオー)の言葉は、聞いたことがあるかたもいるでしょうが、「逆SEO」とは一体なんなのでしょうか?

また、誹謗中傷対策では、弁護士削除も有名ですが、「逆SEO」サービスとの関係はどのように考えればよいのか解説いたします。

逆SEOとは何か?

SEOサービスは、検索エンジン最適化サービスを現します。一言で言えば、SEO対策は、ある特定キーワードにおける、検索上位表示を行うサービスとなります。

逆SEOサービスは、SEOサービスとは反対のことを行ってくれます。つまり、特定の検索ワードで、誹謗中傷サイトの順位を落とすサービスです。

誹謗中傷をネット上で受けたとします。ブログや2ちゃんねるといったサイトに、自社名のスレッドや、ブログ記事で誹謗中傷を書かれたとします。時として、誠意ある対応を企業がおこなっていても、お客様の思い込みや、すれ違い、誤解などが重なって、不平不満をネット上に書き上げてしまうケースがあります。

こういったサイトが乱立すると、「会社名」や「自社のサービス名」で検索すると、ネガティブなサイトが多数検索結果の上位に表示されるため、逆SEO対策で、誹謗中傷サイトの順位を落とすことを「逆SEO」と呼んでいます。

誹謗中傷を受けた場合の初期対応方法

  1. 何故誹謗中傷がかかれたのか?自社サービスの問題や原因を考える。誰がやったのか原因を考える
  2. 気にせずやるべきことを粛々と行う
  3. 気になるが、誰にも話さず見守る
  4. 一刻も早く削除するor順位を落とす(逆SEOサービスを利用する)

誹謗中傷を受けた場合、ケースによって対応方法が違います。

パターン4の方は、その記事が、「会社名」や「サービス名」で検索したときに、上位に表示されてしまうと、会社名やサービスの評判悪化につながり、日々の売り上げに直結し影響が深刻な場合、早急な対応が必要と判断した人が採択するパターンです。

特に、ほとんどのWEBサイトへのアクセスは、検索ページ1ページに表示されたものしかアクセスされません。よって、検索結果2ページ目へ追いやることでアクセスを極端に減らすことができるのです。

逆SEO対策ではなく、弁護士削除ではダメなの?

本来は、弁護士による誹謗中傷サイトの管理人への任意交渉や訴訟、つまり名誉毀損等での法的削除が根本的な解決に至ります。

しかし、権利侵害が明確でない書き込みの場合、弁護士削除が通用しません。いわゆる、「なんか怪しい」という印象を与える書き込みであり、グレーゾーンに位置するサイト群です。また、一個人の「意見」「レビュー」である場合は、表現の自由、批評を述べる事由があるため、会社にとって被害が生じているとしても、すべて削除できるわけでもありません。

順位を落として、サイトへのアクセス数を減らす、人の目に付かないようにしていくという逆SEO対策サービスがとられるのです。

逆SEO対策サービスは、「弁護士による削除」ができなかった最終手段であると覚えておくと良いでしょう。逆に、事実無根、名誉毀損の権利侵害にあたる書き込みで弁護士削除できるものは、費用が高額になる逆SEO対策よりも、トータルコストで安い弁護士費用にするのがよいでしょう。

2ちゃんねる分裂当初、裁判所の削除仮処分で削除できないときがあった

現在は2ちゃんねるは、弁護士による削除申請が行えるようになりましたが、分裂し新体制に移行した2ちゃんねるは当初、削除仮処分を取って削除請求をしてもほとんど削除されない状態が続いていました。その当時、代替手法として逆SEO対策が一気に注目されたことがあります。運営体制が混乱していたこともあり、削除運用ルールが確立されていなかったと推測されます。

2ちゃんねるが削除できないとき、変わる方法として以下がありました。

  1. ミラーサイトも数件あるはずなので、ミラーサイトの削除
  2. 2chは残したまま、googleやyanooの検索エンジンに働きかけ、検索結果からの削除してもらう
  3. 逆SEO対策(順位降下対策)

2ちゃんねるに対して削除仮処分の決定を取り、2ちゃんねるには削除依頼をしても削除されない場合、google.co.jp、ヤフーにその決定文を送り、裁判外の交渉で検索結果からの削除を求めれば、検索結果から削除してくれることがあります。(内容が事案による)

google.co.jp、ヤフーに対する裁判外の交渉に応じない場合、検索結果からの削除の裁判をすれば削除される可能性があります。

上記の対応は弁護士に依頼する必要があるため、ネットに強い弁護士に相談することをオススメします。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-5329
[電話受付]平日  10:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら

2ちゃんねるの削除仮処分が取れないときは、逆seo対策による順位降下

現在、2chや、2ch過去ログが無料開放されて検索順位で悩まれている企業様の問い合わせが急増しています。

最新の対応方法は、

  • 権利侵害明確→裁判所の仮処分が取る→弁護士による削除申請
  • 権利侵害が明確でなく裁判所の仮処分がとれない→逆SEO対策

の2つの方法がよいでしょう。本日は逆SEOに関して、もう少し解説していきます。

逆SEO方法と順位を落とす方法や仕組みに関して

SEO対策サービスは、内部コンテンツを充実したり、被リンクを外部サイトからかけることで、ドメインの価値を高め順位を向上させます。
では、「逆SEO対策サービス」はどういう方法がとられるのでしょうか?実は、この逆SEOには色々な手法がとられているようです。

方法1.ペナルティリンクを与える

誹謗中傷をしているサイトがGoogleはペナルティを受けるように、ブラックな手法を用いて順位を落とす手法が取られるケースがあります。

Googleガイダンスで、ペナルティが発動される「だめだ」と書かれていることをそのサイトに行うことで、順位を落とすという手法です。

Googleが、SEOガイダンスでSEO対策として一般的にこういった手法はしてならないと書かれています。

  • 背景色と同じ色の文字を用いたり、CSS画像置換を悪用したりした隠しリンク・隠しテキストの使用
  • 検索者とクローラーでは異なる内容のWebページを見せるクローキングの使用
  • コンテンツ内への過度のキーワード詰め込み
  • 自動的に作られた価値が低いページの使用
  • オリジナルなコンテンツに乏しい
  • SEO目的で、ページランクを操作するためのリンク購入・販売

上記のようなサイトを作り、そのサイトからターゲットへリンクを張ります。まずは、ページランクを操作するためのリンク購入をおこなっているとgoogleに判定させればよいので、自作自演リンクを、同じアンカーテキストパターンで、同類のコンテンツからリンクをはると、順位が落ちるリスクが高まります。

しかし、こういった手法は、誰がやったのか?調べられてしまいますし、search consoleなどでリンク否認処理によって、ペナルティ解除が可能です。一時的に順位は落とせても、その後の回復や、足跡の痕跡が残るのでやみくもに手をだすことは推薦しません。

むしろ、こういった攻撃的な手法を提供するサービス会社に依頼することの方が、誹謗中傷サイトより危険だといわざるをえません。

方法2.コピーサイトを作って落とす

重複コンテンツをGoogleは嫌っています。よって、落としたいサイトのコピーコンテンツを作り、コピーしたサイト自体を強くすることで、順位を落とすやり方です。最初にコンテンツをつくった側をGoogleは、権威をみとめてくれているので、後だしのサイトは、基本は上位には出られませんが、ロジック事態が完全ではありませんので、強力なドメイン上でコピーサイトを制作された場合、本家のサイトが落とされたという報告、事例があります。

しかし、Googleは、こういった著作権違反の申請窓口を設けており、これも一時的に成功するかもしれませんが、解除されることがあることを念頭にいれておきましょう。

方法3.他の有益なサイトを上げて相対的に落とす

逆SEO対策概念図

ホワイトな手法として、「会社名」で検索したときに、「グループ会社」のサイトが大量に表示されて、誹謗中傷サイトの検索順位を落とすというやり方がこれに当てはまります。この方法は、コンプライアンス上問題のない手法であるため、一件問題がないように思えますが、実は、この手法は、サイト戦略が明確でないと成功する確率は極端に下がります。

誹謗中傷サイトは、掲示板の場合、ドメイン自体が強く、さらには書き込み者が多数いるため、総単語数が増えます。記事としても読み応えがあるからこそ、上位にでているのであって、そのサイトを落とすということは、単に外部から被リンクを沢山張った程度では、順位をおとすことは難しくなってきています。

やはり、サイト自体に読み応えがあるものを10個程度用意して、誹謗中傷サイトを2ページ目以降に追いやる必要があり、公式サイト並みのドメインパワーをもつサイトを10個用意するには相当の負荷がかかるのと、また、多様性をもとめる検索結果に対してそのような働きかけが有効に効果を発揮できるかは、難しいケースが多いといえるでしょう。

方法4.デジタル ミレニアム著作権法の乱用

大手逆SEO対策会社がつかっている恐れがあるということで話題になりましたが、誹謗中傷サイトに対して、DMCAに基づいて検索結果から削除するように検索エンジンに働きかけます。この手法は、後々大きな問題となりますので、その危険性に関して、次に解説します。

デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)の悪用は違法!

本来は、弁護士相談、弁護士依頼による削除が、法人であれば、法にのっとって削除するわけで、株主や顧客にも説明がつきます。しかし、違法な業者の手法を利用して誹謗中傷サイトを落としているとなると依頼主側にも責任が発生することがありますので、注意が必要です。

違法な手法

  • 著作権法違反をつかってサイト削除する
    (「デジタル ミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act; DMCA)」に基づいてインデックスから削除する。)
  • Dos攻撃でサーバーをダウンさせる
    (『電子計算機損壊等業務妨害罪』(刑法234条の2第1項)、偽計業務妨害(刑法233条後段)などに抵触する恐れあり)
  • ペナルティサイトからの自作自演リンク等

誹謗中傷対策は、業績に影響がでたり、精神的にも大きく追い詰められたり、冷静な判断ができない状態に被害者は置かれます。その弱みに付け込み、悪徳で違法な誹謗中傷業者が、「成功報酬」などと称して近づいてきますので、一緒に違法な方法に手を貸してしまっては意味がありません。違法な手に染めて誹謗中傷対策をしたとすれば、企業の評判に致命的な大きなダメージを与えてしまいます。

「どういう方法で落とすのですか?」に答えない逆SEO業者は危険?

「日本で唯一の手法で、独自の方法のため答えられません。結果が全てです」
「企業秘密です」

といいながら、逆SEOの手法や方法に応えない業者は、上記の違法な方法に手を染めている可能性があり、慎重に対応するようにいたしましょう。

特に最近サービスを始めた業者の場合、実績が少ない分、手法がGoogle側にばれていないため、今は、違法な方法が成功するように見えます。しかし、違法な方法は、必ず最後は見つかり、その手法がGoogleにより公開されたり、降下対象となったURLも公開されます。

DMCAの悪用も、検索結果から一時的に削除されますが、申請自体が根拠がないとわかれば再公開されますし、それらの手法や申請文が公開されているケースもすくなくありません。

つまり、そのとき、どの企業・会社が、その違法な誹謗中傷対策の手法に手を染めているのか、白日の下にさらされ、公開されるのは時間の問題なのです。

そのあとの二次被害は、誹謗中傷を受けているときよりも、もっと大きな被害になることをわすれてはなりません。

逆SEO対策サービスを利用して、費用返還請求のために弁護士に相談するケースや、トラブル相談も耐えないので、申し込む場合は、業者を良く調べて、成功率がどれぐらいなのか?費用とまた、対策終了後がどうなるのかも合わせて確認する必要があるでしょう。

逆SEO対策サービスは、法的に問題がある手法をつかう業者があったり、ホワイトなやり方でも万能ではなく、難易度も高い。さらには、成功率も100%ではないという現状を知った上で、申し込むほうがよいでしょう。

また、逆SEO対策サービスは、必要が発生している期間は、保証されますが、対策をやめた場合は、その結果に対して保証はされないことが多いです。

対策を終了した場合、どうなるのか?その後の確認をすることを忘れないようにしましょう。

関連記事
悪徳業者
ネット削除業者の非弁行為がなぜ問題か?わかりやすく解説
ネット誹謗中傷対策業者の問題点とは? ネット誹謗中種対策業者の問題を説明します。 ネット誹謗中傷対策業者の削除依頼代…

業者による「逆SEO」と弁護士削除の違い

業者の逆SEO対策は、あくまでも、「暫定処理」であり、弁護士削除は、「根本解決」です。この違いの意味をご説明します。

何故逆SEOは暫定処理なのか?

逆SEOは、サイト自体がなくなるわけではありません。ある特定の検索キーワードのみ、順位を落とします。

よって、誹謗中傷サイトのURLをTwitterや、ある大きな2ちゃんねるサイトにリンクを張られてしまえば、そのサイトに到達できます。

また、会社名での検索、たとえば「○○株式会社」という検索で、誹謗中傷サイトを100位外の圏外に落としたとしても、「○○株式会社 評判」、「○○株式会社 2ちゃん」など検索されると、上位表示されるケースが多いです。

単語検索(○○株式会社)と複合語検索(○○株式会社+評判)と、検索ボリュームの割合は、単語検索:複合検索=2:8 といわれており、複合検索のボリュームが圧倒的に大きいのです。

つまり、○○株式会社という単語検索で、100位圏外に落ちるという話と、誹謗中傷サイトの閲覧数が減る、誹謗中傷サイトへのアクセスが減少するかというのは別の話です。

また、業者にサービス料金を払っている間は、100位圏外に落とす努力を業者は行ってくれますが、支払いが止まれば、其の後の保証はないサービスがほとんどです。その状態を維持するためには、コストを半永久的に支払わないとなりません。月々3万円だとしても、年間36万円。10年だと360万円。30年だと、1000万円以上のコストがかかります。

つまり、業者に逆SEO対策を依頼する場合は、その業者と生涯付き合う覚悟が必要です。よってトータルコストが高い上に、先ほどいった違法な逆SEOの方法や、非弁行為などおこなっている可能性もあり、誹謗対策業者を利用することは、大きなリスクを背負う覚悟と、多大なコストを支払う覚悟が必要です。実際、誹謗中傷業者の非弁行為が後日明らかになり、費用返還請求をしたいといった弁護士相談やトラブルが後をたちません。

弁護士削除は根本解決な理由

そもそも、誹謗中傷サイトであれば、法的な措置をとれば削除されるケースがほとんどです。大金を業者にはらって、単語検索「○○株式会社」の順位を100位圏外に落とすためだけに費用を払うのは、検索エンジンからの流入が多いからといって、対策ワードはごく一部であり、アクセス減少は暫定的です。

法的な削除措置であれば、単語検索「〇〇会社」、複合検索「〇〇会社 評判」「〇〇会社 2ch」であろうと、そのサイト自体が消滅しますから、アクセスされる心配がいりません。SNSの拡散の心配もいりません。サイトが削除されるだけではなく、弁護士は、発信者の情報開示を裁判所に起こすこともできますので、犯人を見つけることもできます。再発防止や損害賠償も請求できるのです。

2ちゃんねるの削除であれば、弁護士の場合、5万円(裁判外の申請)~30万円(裁判所の仮処分)というのが相場です。逆SEOと比較しても、費用は決して高くなく、コンプライアンスも守られ、リスクもありません。

業者の対策と弁護士削除は、そもそもアプローチや、対策範囲が格段に違いますので、どちらがよいか?どちらが費用対効果があるか?など比較する意味がそもそもなく、誹謗中傷対策なら、まず弁護士に依頼するのが常識的な方法なのです。

被害に遭うと、誹謗中傷対策会社のWEB広告にどうしても目がとまって、業者に流れていることが多いようです。ここは、一旦冷静に判断して、まずは、弁護士対応できるのか?相談してから、業者に連絡しても遅くありません。業者に先に連絡してしまうと、不安をあおられ急かされるケースが多いので、冷静に判断できなくなるケースがあり、熟慮できないまま高額費用をしはらってしまう被害も少なくありません。

また、ネットに強い弁護士であれば、違法性が高い業者も知っていますから、過去に問題をおこしていないか情報を伝えてくれることがあります。

逆SEOの費用・料金まとめ

A社の場合

<逆SEO対策の料金>
対策キーワード 料金
個人名 月3万円~
法人名、企業名、団体名
病院・医療機関名
店舗名、屋号
月5万円~

※初期費用・着手金は0円です。最短1か月で終了します。

B社の場合

<逆SEO対策の料金>
対策キーワード 料金
初期費用 60万円(税別)
月額費用 30万円~(税別)

※ウェブサイト構築・ウェブサイトのマーケティング最適化の初期費用となります。返却はございませんので、予めご了承下さい。
対策を行うキーワード、当該悪評サイトの難易度によって作業コストが異なります。 サービスの性質上、成果報酬でのご提供は致し兼ねますので、ご了承下さい。

C社の場合

<逆SEO対策の料金>
対策キーワード 料金
初期費用 10万円(税別)
月額費用 3万円~(税別)

D社の場合

<逆SEO対策の料金>
対策キーワード 料金
着手金 15万円(税別)
月額費用(成果発生後) 3万円(税別)24か月契約

逆SEO対策サービス費用の特徴

完全成果報酬型というケースは少なく、月額費用が発生する。あるいは、着手金が発生し、成果発生後、報酬が指定期間発生する。という2つのパターンがあるようです。

着手金は返金しないというケースが多いようですので、成果報酬とセットになる場合は、成功率がどの程度なのか、どういう手法が使われるのか?確認をわすれないようにしましょう。

最後に逆SEOに対する見解

そもそも、SEO(英: Search Engine Optimization 日:検索エンジン最適化)と聞くとなにか裏で怪しいことしているのでは?と考えがちですが、実は、SEO自体はGoogleの公式サイトで推奨している対策です。[参考:Google検索エンジン最適化スターターガイド]

ガイドラインを読む限り、ホワイトなSEO手法とは、ユーザーが知りたいと思っている、質の高いコンテンツを多数作り、Googleが理解しやすいURL構造と適切なページタイトルでサイトを構築すること。そして、標準化団体(W3C)が推奨するきれいなHTMLでWEBページを作成していくことで順位を上げていく方法です。

同じく、逆SEOをホワイトな手法で行う為には、ホワイトなSEOサービスを応用するべきです。つまり、唯一逆SEOでホワイトな手法があるとしたら、周りの有益サイトを10個制作し、トップページを味方サイトで独占して、相対的に誹謗中傷サイトを落とす以外ないと考えます。

対象サイトを狙い撃ちで検索順位を落とす手法はブラック手法と疑おう

ネットの話で話が分かりにくくなっていますが、実店舗で考えればわかりやすいでしょう。お客様が多数集まるコンビニ(検索順位が高いサイト)があるとして、その人気のコンビニを狙い撃ちでお客が集まらないようにするために(検索順位を落とす)、みなさんだったら合法的に行えるでしょうか?

狙いうちで客数を減らすのは簡単です。人気店の悪評を流す、入店の邪魔をする。しかしそんなことをしていたら、警察に捕まります。あるいは、そのお店が営業努力を怠り自滅するのを待つしか手はありません。合法的な方法は、自分が努力するしかないのです。ライバル店舗より魅力的な店舗を他に作って、正当に競争するしかありません

逆SEOも同じことになります。狙い撃ちでサイトの順位を落とすのは、危険な手法になりがちです。悪徳サイトからリンクをはるか(悪評を流す)、不正操作の痕跡を検索エンジンに伝える方法が考えられます。荒っぽい方法だと、大量にアクセスをぶつけてサーバーをダウンさせる(入店を邪魔する)、サーバーに対してウィルスを感染させるという方法もあります。

不正操作の痕跡とは、大量検索クエリーを検索エンジンに送り、対象サイトへ偽装大量クリックを加えて、検索エンジンの評価を落とす方法も考えられますが、不正アクセス禁止法違反という違法行為になる可能性があります。

それ以外に、内部サイトへ不正に侵入し、隠し文字や、重複コンテンツを入れるという方法もありますが、これはハッカー行為で、同様に違法行為になる可能性があります。

特定サイトを狙い撃ちで検索エンジンの評価を落とすためのさまざまな手法は、いずれも「不正アクセス禁止に関する法律」に抵触している可能性があるのです。

関連記事
アカウント乗っ取り
不正アクセス禁止法とは?不正アクセス対策と事例をわかりやすく解説
インターネットを利用していると、勝手に自分のIDとパスワードを使われて、知らない人にパソコン操作やSNS・LINE乗…

逆SEOは結果がすべてではなく、プロセスが重要です。なぜなら、プロセスがまちがっていると、より結果も、企業ブランドも悪化するからです。

逆SEOを提供する担当者と電話をしながら、信頼できる担当者に出会えるまで、話をしていく必要があります。建前の話しかせず、裏で何をしているかわからないようだと、細心の注意が必要ですから、納得できるまで質問することが大事です。実際に会社にもうかがって、信頼できる会社なのか確認をとるようにしましょう。

技術的にわからなければ、ITに詳しい技術者や弁護士に同席してもらい、法的に問題がないか確認をとりましょう。

逆SEOは、誹謗中傷というデリケートな問題を扱うため、弱みに付け込まれる可能性がある、繊細な依頼案件です。

信頼できる業者に出会えるまでは、詳細は話さない方が、二次被害が発生しないですむでしょう。

関連記事
業者選び
失敗しない誹謗中傷対策の業者の選び方
ネット誹謗中傷はどこに相談する? 名誉毀損、侮辱罪、プライバシーの侵害等の権利侵害が明確な場合、削除できる可能性が高…

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-5329
[電話受付]平日  10:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!