ホストラブ(ホスラブ)削除と誹謗中傷書き込み犯人特定2022年版

ホストラブ

ホストラブ」通称「ホスラブ」という匿名掲示板サイトでは、多くの誹謗中傷が発生しています。
このサイトの悪口書き込みで困っている方も多いのではないでしょうか。

  • ホストラブに投稿された名誉毀損のコメントを削除依頼したい!
  • 掲示板で誹謗中傷した犯人の逮捕は可能なの?
  • 開示請求法を知って犯人を特定して慰謝料請求したい!

今回は上記のような悩みを解決するために、ホスラブの記事削除請求や開示請求法やその期限、犯人を特定する解決方法を解説していきます。

また、全国対応の初回相談無料の弁護士も当サイトでも多数掲載しております。併せてご参照ください。

関連記事
ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人の特定 | ネット誹謗中傷弁護士相談Cafe
ホストラブ(ホスラブ)に強い弁護士を厳選して掲載しております。プライバシーが侵害された、名誉毀損の書き込みが削除され…[続きを読む]

ホストラブ(ホスラブ)とは?

ホストラブ(通称:ホスラブ)」(https://www.hostlove.com/)とは、2001年にオープンした夜業界のための情報交換掲示板です。

ホストクラブ・水商売・風俗といったお水系全体を主に扱っており、業界全体の為のコミュニティーサイトとして月間200万人に利用されています。

地域ごと(※)に掲示板が分かれており、各地域に特化した情報交換ができることも特徴の1つです。

さらに、ホスラブ求人・ホスラブ小説・ホスラブニュース・ホスラブプロフ・ホスラブチャットなど、掲示板以外の機能も利用することができます。

※関東版、関西版、東北版、東海版、北陸/信越版、中国地方版、四国版、九州版、沖縄版など

ホストラブ(ホスラブ)掲示板の誹謗中傷・悪口書き込みの特徴

ホストラブの悪質な書き込みに悩んでいる人の特徴としては、ホステス・キャバクラ嬢・ホスト・水商売・風俗での誹謗中傷が多いです。

特に「源氏名」で誹謗中傷が行われたり、特定の人にだけわかる書き方で名誉毀損やプライバシー侵害が行われたりしています。

また、ホストラブは店舗ごとにスレッドが立つため、ライバル業者による嫌がらせ目的で悪口が書き込まれることもあります。

実際に、掲示板の書き込みによって以下のような問題が起きています。

  • 個人情報が晒されて親戚に風俗・水商売をしていることがバレた
  • 顧客がネットストーカーとなり、掲示板に勝手に写真をアップロードされた
  • 「逮捕されたことある」「性病にかかっている」といった嘘の投稿で仕事に悪影響が出た
  • 「暴力団と関係がある」「法外な請求を受けた」という書き込みで業務妨害を受けた
  • 書き込みから派生して客や同僚からも嫌がらせを受けるようになった

インターネット上の書き込みは拡散が早く、事実無根な書き込みがされると店舗の評判が落ちたり売上に影響が出たりする可能性があります。

そのため、被害が広がる前に書き込みの削除を行うことが大切です。

「源氏名で書き込まれたら実名ではないし、泣き寝入りだ・・・」と決して諦めてはいけません。

関連記事
ウィスキーロック
源氏名での名誉毀損!水商売のネット誹謗中傷の対応方法
ホストやホステス等の水商売をしていると、源氏名で誹謗中傷被害にあう可能性が高いと言われています。そこで今回は、水商売…[続きを読む]

ホストラブ(ホスラブ)削除依頼・通報の方法

まず、ホストラブの書き込みを自分で消す解決方法を解説します。

※すでに一度自分で削除依頼したのに消えなかった方は、後述する「ホストラブ(ホスラブ)の書き込み削除を法的に行う」にお進みください。

下記の通り、専用の削除依頼フォームから通報を行いますが、削除の手順についてまずご紹介していきます。

STEP1:「利用規約」「削除依頼ガイドライン」をよく読む

まずは、通報する前にホストラブの「利用規約」を読みましょう。

というのも、運営側で定められている削除基準を満たしていないと、通報しても削除してもらえない可能性が高いからです。

通報するときは、利用規約違反を根拠に申請するようにしましょう。

【利用規約における禁止行為(一部抜粋)】

  • 公序良俗に反する行為、日本国の法律で禁止されている全ての行為
  • 第三者の知的財産権、その他の権利を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為
  • 性器の露出、性器を描写した画像の掲載等を行う行為
  • 虚偽または故意に誤解を与える発言
  • 第三者の個人情報を無断で収集、開示する行為
  • 第三者に対する誹謗中傷または名誉き損、もしくは他者に対して不利益または不快感を与えるおそれのある発言
    など

【利用規約:https://kanto.hostlove.com/agree/agree

「削除依頼ガイドライン」

ホスラブでは、利用規約以外にも「削除依頼ガイドライン」を掲載しています。

ここでは削除の対象外となる書き込み例などが詳しく書かれています。

利用規約とこのガイドラインを照らし合わせて、ガイドライン違反の対象外とならないかを確認しておきましょう。

【削除依頼ガイドライン:https://kanto.hostlove.com/agree/delete/guid2

STEP2:フォームに必要事項を記入して削除依頼する

利用規約を確認したら、削除依頼フォームを開きます。

このフォームに入力すべき内容は、下記のとおりです。

  • スレッド番号(14桁)
  • レス番号
  • 削除理由(500文字以内)
  • 名前
  • メールアドレス

一番重要なのは「削除理由」の内容です。

書き込みのどの部分が利用規約やガイドラインのどこに違反しているのか、どんな被害が起きているのかなどを客観的にわかりやすく記載しましょう。

またスレッド番号などは、下記の「お名前検索」ことネット誹謗中傷チェッカーで検索できる可能性もあるので、忘れてしまった方は一度検索してみてください。

関連記事
ネット誹謗中傷チェッカー|お名前検索 | 誹謗中傷弁護士相談Cafe
匿名掲示板、SNSのエゴサーチツールです。「ネット誹謗中傷チェッカー」を使うと、自分の名前、自社名など、気になるワー…[続きを読む]

ホストラブ(ホスラブ)削除依頼を自分で行う時の注意点

ホスラブで削除依頼をするときには、いくつかの注意点があります。
簡単に確認しておきましょう。

①ホストラブの削除依頼は公開される

ホスラブで削除依頼すると、「削除依頼履歴」として削除申請文が公開されることになっています。

【削除依頼履歴:http://kanto.hostlove.com/agree/delete/list/1

そのため、削除理由を詳しく説明するためにプライベートな内容をあまりにも細かく書いてしまうと、ネットに掲載され二次被害へと拡大する恐れがあります。

「個人情報にあたる」「営業妨害がされている」のように、簡潔明瞭な表現に留めるほうが良いでしょう。

また、「ホスラブ最悪!死ね!」「警察に訴えるぞ」というような感情的な表現は控えるようにしましょう。

②短時間に何度も削除依頼しない

ホストラブの削除依頼は、96時間(4日間)を目処に処理されています。

また、削除もボランティアで行われているため、申請をしたからといってすぐに削除されるわけではありません。

短時間に何度も削除申請をしてしまうと逆効果になるケースもあるようですので、96時間経つまでは気長に待つようにしましょう。

もし96時間待っても削除されない場合は、後述する法的な対処を試してみましょう。

③掲示板(スレッド)単位での削除依頼は削除人の判断による

ホストラブの削除は、基本的にレス単位の削除依頼となります。

もし、スレッドごと削除したい場合は「スレッド全体の削除をお願いします」という旨を削除理由に記載する必要があります。

ただ、スレッド全体を削除するべきかどうかは削除人の判断によるため、必ずしも削除されるわけではないことに注意してください。

④削除代行業者を利用しない

ホスラブの削除申請はあくまでも、本人が行うか、弁護士に依頼してください。

弁護士以外の削除代行業者が行うと、弁護士法に違反する行為となります。

ホスラブでは、独自に違法サービスを行っている事業者を調査しているようです。

運営が違法だと判断した業者はサイトで事業者名などを公表すると宣言していますので、一度チェックしておいてもいいかもしれません。

⑤ホストラブの削除基準を満たす必要がある

先述しましたが、ホスラブに削除してもらうには利用規約やガイドラインに違反している必要があります。

これらに違反していないと判断されると、書き込みが削除されることはありません。

上記で説明してきた注意点も含めて、ホスラブでは「削除依頼ガイド」も公開されているので併せてご確認ください。

【削除依頼ガイド:https://kanto.hostlove.com/agree/delete/guid

ホストラブ(ホスラブ)の書き込み削除を法的に行う

上記の方法で「自分で削除依頼したけど消してくれない!」という場合には法的に対処する必要があります。

裁判所に削除の仮処分命令を出してもらう

法的な対処としては開示請求の前に「削除の仮処分」を申し立てる方法があります。

裁判所に削除をするよう仮処分命令を出してもらうのです。
仮処分命令が出ることで、法的拘束力をもって書き込みの削除をすることができます。

また、こちらは任意削除を申請する方法ではありますが、書き込みによって侵害されている権利(プライバシー権や人格権等)に基づいて「送信防止措置請求」を行うという手もあります(プロバイダ責任制限法3条1項参照)。

手続きは煩雑

上記で解説した「削除の仮処分」も「送信防止措置請求」もご自身でも対応は可能です。

ただ手続きが煩雑なため、可能であれば最初から「ネット誹謗中傷に強い弁護士」に依頼した方が無難なケースも多いです。

詳しくは下記「開示請求」の項目と併せて後述致します。

ホストラブ(ホスラブ)で開示請求|書き込み犯人の特定方法

開示請求とは

ホスラブで誹謗中傷の書き込みがされたとき、投稿の削除を行うだけでなく、犯人を特定して損害賠償をしたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでご紹介するのが、「発信者情報開示請求」という制度です。

「発信者情報開示請求」では、プロバイダ責任制限法4条1項に基づき、書き込みをした人の個人情報を請求できます。

ホスラブの場合は登録をせずとも利用できてしまうため、ホスラブ自体が書き込み主の氏名や住所を持っているとは考えられません。

そのため、IPアドレスやタイムスタンプを開示してもらい、そこからわかるプロバイダ(携帯会社やインターネット回線事業者)などに対してさらに開示請求を行います。

これにより、犯人の氏名・住所・電話番号などを入手して民事訴訟で訴えることが可能となります。

開示請求の期限はあるか

書き込みをした犯人が利用していた、経由プロバイダにはログの保存期間が設定されています。

各社少しづつ異なってはおりますが、通常期限の相場は3ヶ月程度となっています。

つまり、相手が書き込みをしてから原則3ヶ月以内に対応すべきと言えるでしょう。

ただ、期限を超えてしまった気がすると感じている人も、まだ諦めるには早いです。

ログ保存の期限の相場を超えても「ネット誹謗中傷に強い弁護士」なら対応が可能なケースもあります。

また、法的な削除(削除の仮処分)や犯人の特定を行うには法律の知識や複雑な手続きが必要となってきます。

ホスラブの書き込みでお困りの方は、全国対応で初回無料相談のネット誹謗中傷に強い弁護士に一度ご相談ください。

関連記事
ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人の特定 | ネット誹謗中傷弁護士相談Cafe
ホストラブ(ホスラブ)に強い弁護士を厳選して掲載しております。プライバシーが侵害された、名誉毀損の書き込みが削除され…[続きを読む]
虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話でお問い合せ 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

ホストラブ(ホスラブ)削除・開示請求のよくある質問

  • 書き込み削除・犯人特定までどれくらいかかる?
    削除の仮処分であれば、申立てまでの準備に1週間程、申立てから1か月程度で削除することができます。

    投稿者の特定であれば、大体4~8ヶ月程度を目安にしてください。

    ただし、被害状況に応じて期間もかなり変わるので、早く解決したいのであれば早めに準備するに越したことはありません。
  • 書き込みの匿名相手を特定するにはタイムリミットがあるって聞いたけど?
    書き込みの犯人を特定するには、書き込みの際に記録されるプロバイダのログが必要となります。

    しかし、このログは通信会社だと約3か月間しか保存されておらず、期間を過ぎてしまうと消去されてしまいます。

    ログが消えると犯人の特定もできなくなってしまうため、特定を確実に行うためには誹謗中傷の書き込みがされてから、1か月以内には弁護士依頼した方がよいでしょう。

    弁護士に発信者情報消去禁止仮処分を申し立ててもらえれば、そのあとは期間を気にしなくてもよくなります。

    ただ、この期間はあくまで目安ですので、諦めずに一度弁護士に相談してみてください。
  • 削除とか訴訟を弁護士に依頼するときの費用ってどのくらいかかる?
    まず、弁護士費用は依頼する案件の規模や事務所によって大きく異なることがあるということを頭に入れておいてください。

    その中でも、基本的な相場となると以下の通りになります。

    【書き込み削除】
    ・任意交渉の場合…1レス数万円程度、1スレッド10万円程度
    ・仮処分を行う場合…20万円程度

    【犯人特定】
    ・30~40万円+報酬金+実費(申し立てのための書類費など)
  • 誹謗中傷の書き込みをした人は逮捕してもらえる?
    刑事罰の中には、「名誉毀損罪」や「侮辱罪」といったものがあります。
    書き込み内容がこれらに該当する場合には、警察に相談して逮捕してもらえるケースもあります。

    ただ、ネット上の誹謗中傷の書き込みで警察が動いてくれる事例はあまり多くはありません。

    とはいえ、上記以外にも「業務妨害罪」「信用毀損罪」といった別の犯罪に当てはまることもあるので、一度警察に相談するのもいいかもしれません。

まとめ

以上、ホストラブの掲示板での書き込みの削除の解決方法や注意点、開示請求法、期限などを解説してきました。

ホストラブは水商売に関する情報が多く、利用者の年齢層も比較的若い、活発なインターネット掲示板です。

その反面、頻繁に誹謗中傷の悪口が書き込まれ、さらに別の匿名掲示板などに拡散して被害が広がりやすい傾向にあります。

意外とすぐに解決できるケースもあるので、もし被害を受けて自分で解決できなかったときには泣き寝入りせずに弁護士に相談をしてみてはいかがでしょうか。

また、書き込みでお店に被害を受けたというのであれば、ホスラブに強い弁護士と協力しながら対応を考えることをおすすめします。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話でお問い合せ 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事はネット誹謗中傷弁護士相談Cafeを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
プロフィール この監修者の記事一覧