個人情報の削除依頼と犯人特定!個人情報が勝手にネットに晒れたら

個人情報

突然、匿名の何者かによって、掲示板やSNSに、勝手に個人情報が書き込まれる被害を受けることがあります。

今回は、個人情報のネット晒しの行為がどのような犯罪に当たり、晒されり悪用された場合、被害者はどのような対策が出来るのかについて、解説します。

個人情報を晒す行為はどこまで許される?

SNSでの個人情報の晒し例|実名、住所、電話番号等

代表的なSNSであるFacebook・Twitter・Instagramや、匿名掲示板の5ちゃんねる、爆サイ等に「実名が晒された」「住所、電話番号が書き込まれた」「個人情報を流された」という被害が後をたちません。

それだけではなく、下記のように過去の職業や、現在の隠したい個人情報をネットに公開されてしまうことがあります。

  • 「〇〇さんは、キャバクラで働いている」
  • 「ホステスの〇〇さんは、実は〇〇大学の〇〇学部の4年生だ」
  • 「JKリフレをしていた〇〇さんの電話番号は080-〇〇~」

また、個人情報が詰まったプライベートな画像が、SNS(Twitter,Line,Facebook,インスタグラム)で本人の許可なく拡散され悪用されることがあります。

「〇〇と一緒に△△の家に遊びに行ってきた」とか「〇〇の息子の△△ちゃんの運動会に行ってきた」などと罪意識なく書き込まれて、閲覧者に住所が特定されたり、子どもの顔写真、氏名、学校などの情報を知られてしまうケースもあります。

個人情報の具体例については、下記記事も併せてご参照ください。

関連記事
個人情報
個人情報の意味と範囲を具体例で考える|知っておくべきポイント
どこまでの情報が「個人情報」の範囲として守られるのでしょうか?個人情報の具体例や意味を正しく理解しておきましょう。今…[続きを読む]

法律上名文化されていないが、「プライバシー権の侵害」が成立する

上記のように、他人の実名、住所、電話番号等を特定してネット上で掲載した場合、「プライバシー権の侵害」が成立し、各種の責任が発生する可能性があります。

プライバシー権は、憲法13条で保障される人権であると認められ、「私生活上の情報をみだりに公開されない権利」と定義されています。

プライバシー権は、何か法律にはっきり保障すると書かれているわけではなく、憲法解釈によって認められる権利です。

関連記事
プライバシー侵害
ネットのプライバシー権とは?自己情報コントロール権との違いを解説
近年プライバシー権の重要性が高まり、その権利内容が拡大されてきています。そこで今回は、プライバシーの侵害になる基準や…[続きを読む]

個人情報の書き込み・拡散は犯罪か|名誉毀損罪

ただ、プライバシーの侵害は、刑法で刑事罰が規定されていません。

つまり、個人情報をただ書き込んだだけでは犯罪にはなりません。

しかし、「事実を摘示することによって相手の社会的評価を低下させる」ような書き込みを行った場合、刑法230条に規定されている「名誉毀損罪」が成立します

名誉毀損罪が成立する場合、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金刑に科されるおそれがあります。

写真の無断公開は「肖像権侵害」

たとえば、友人・知人や家族と一緒に写真を撮影する場合、「写真を撮影されること」については了承している場合がほとんどですが、「ブログやSNSなどネット上にアップする」ことまでは、許可していません。

たとえ撮影を承諾していても、「公表については承諾せずに、ネット上に画像をアップした場合、「肖像権」の侵害になる可能性があります。

肖像権とは、「無断で自分の写真や画像を撮影されたり、無断で公表・利用されたりしないための権利」で、憲法上の権利である人格権の一部として保障されると考えられています。プライバシー権同様、法律で明文化はされていません。

関連記事
肖像権
プライバシーの侵害と肖像権!他人にSNSで勝手に個人画像を載せられた
SNSに写真を無断で公開され、写っている人たちに迷惑を与える行為は「フォトハラ」とも呼ばれ、社会問題にもなっています…[続きを読む]

個人情報の削除方法|自分で対応する場合

サイトの管理者に対し、自分で情報の削除請求を対応することは可能です。

下記の2つの方法が存在します。

削除フォームの利用

通常、ネットの掲示板やSNSには、問い合わせフォームや削除フォームが設置されているので、「プライバシーが侵害されて被害がでている」という理由で、個人情報、住所や実名、携帯番号を記載して、削除対応します。

対応方法については、各サイトで異なるため、下記記事等を併せてご参照ください。

関連記事
twitter
Twitterで悪口と誹謗中傷!名誉毀損ツイート削除と犯人特定方法
「Twitterで悪口を書かれた」「アカウントを変えて捨て垢で誹謗中傷をしてくる人がいる…」そんな経験をしたことがあ…[続きを読む]

関連記事
2ちゃんねる削除弁護士
2ちゃんねる削除依頼弁護士が語る!誹謗中傷書き込み削除方法 [2020年版]
2ちゃんねる掲示板の個人情報の完全削除方法! インターネット上での風評被害や誹謗中傷・ネガティブ情報の被害に対して、…[続きを読む]

関連記事
爆サイ
爆サイ削除方法と誹謗中傷の書き込み犯人特定方法【2020年版】
爆サイ.comで名誉毀損になる投稿をされた、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、爆サイで誹謗中傷され…[続きを読む]

プロバイダ責任制限法を基づき書面で個人情報を削除申請する

サイト管理者に対して書面で削除請求する方法として、プロバイダ責任制限法という法律に規定があります。

削除フォームがない場合、そのサイトの管理者に対して、自分の個人情報が勝手に掲載されているので削除してほしい旨をプロバイダ責任制限法に基づき「送信防止措置依頼書」という書面で伝えます。

すると、サイト管理者はその通報内容が正しいかどうかを確認し、削除に応じることになります。

関連記事
プロバイダ
プロバイダ責任制限法を使いこなそう!
プロバイダ責任制限法とはどのような法律なのでしょうか?今回は、ネット社会で自分を守るために知っておきたいプロバイダ責…[続きを読む]

個人情報を晒した犯人の特定と慰謝料請求

ネット上で誰かのプライバシーを侵害した場合、加害者側は慰謝料請求される可能性があります。

ただ、慰謝料を請求する側は、その前に投稿者を特定する必要があります。

投稿者の特定方法

ネット上で個人情報の書き込みが行われた場合、相手方が匿名で投稿している場合なども多く、加害者の特定が難しいことがあります。

このような場合、先ほどの「プロバイダ責任制限法」を使って、サイトの管理者に対し、情報の「発信者の情報開示」を求めることが可能です。

この手続によって、相手方の実名・住所・メールアドレス・IPアドレスなどの情報が開示され、被害者はその情報にもとづいて、加害者に慰謝料請求をすることが出来るようになります。

関連記事
犯人特定
ネット誹謗中傷の犯人特定・発信者情報開示の全手順【入門編】
インターネットを利用していると、匿名の人から誹謗中傷を受けることがあります。根本的に解決には、削除と犯人を特定する必…[続きを読む]

個人情報の書き込みによる慰謝料請求

相手の情報を特定後、慰謝料請求が可能になります。

個人情報の書き込みやプライバシーの侵害が行われた場合の慰謝料の相場ですが、約10万円~50万円です(*事業に対する妨害などがあれば50万円~100万円)

なお、ヌード写真が投稿された場合などの特殊性があれば、600万円の慰謝料が認められた例もあります。

関連記事
ネット名誉毀損の慰謝料相場
ネット名誉毀損で慰謝料請求する手順と慰謝料相場
ネット上で名誉毀損されたり、悪口を書かれた場合、どのような対策方法を執ることが出来るのでしょうか。名誉毀損の慰謝料相…[続きを読む]

個人情報の削除・特定を、弁護士に依頼する場合

上述したすべての手続を弁護士に依頼すれば、代わりにサイトの管理者に削除依頼の請求や発信者情報の開示請求をしてくれます。

一個人が削除請求をしても応じない場合でも、弁護士が連絡してきたら各種の要求に応じるサイトも多いのもメリットの1つです。

また、たとえ相手が削除に応じない場合でも、訴訟で解決を目指し、依頼者としては、その状況を見守り、ときおり弁護士の連絡を受けたり今後の対応について打ち合わせをするだけで済むので、心理的に楽になります。

ネット上で個人情報を書き込まれたり、プライバシーの侵害を受けた場合はまず弁護士に相談しましょう。

個人情報の書き込み削除・開示請求にかかる弁護士費用

個人情報の書き込み削除を弁護士に依頼した場合、弁護士費用は発生します。
弁護士費用については事務所にもよりますが、着手金と成果報酬型になります。

【着手金】

着手金の相場は、下記のとおりです。

  • 発信者情報開示請求の場合には3万円程度
  • 個人情報の削除の場合には5万円程度
  • 2ch,5chなど匿名掲示板の仮処分や訴訟を行う場合には15万円~50万円程度

【成功報酬】

成功報酬金の相場は、下記のとおりです。

  • 開示請求や認められた場合には、成功報酬期として10万円程度がかかることもあります。
  • 具体的に慰謝料が返ってきたら、その10~16%程度が報酬金となることが普通です。




誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
イニシャル、伏せ字での書き込みは、どこから名誉毀損になるの? »

あなたへおすすめの記事