「爆サイ」削除依頼を自分で行う場合のメリットと注意点を解説

young woman and question marks.

「爆サイ」は2ちゃんねるのような掲示板ですが、地域別にスレッドが分けられているのが特徴です。匿名で投稿でき、ローカルでしかわからないようなネタを投稿します。

もっとも、ここでは個人に対する誹謗中傷が繰り広げられることも多くしばしば問題となっています。

自分が知らない間に掲示板で誹謗中傷が行われ、被害を受けたという方もいます。

今回は、そんな方のために、自分で「爆サイ」の誹謗中傷コメントを削除する方法を解説します。

「爆サイ」の投稿内容は?被害事例も教えてほしい。

まずは、「爆サイ」の投稿内容や被害事例についてみていきましょう。

「爆サイ」の投稿内容

「爆サイ」は、「地域に特化した日本最大級のローカルコミュニティサイト」を自負しており、大きくは、北海道版、東北版、関東版、甲信越版、北陸版、東海版、山陽版、山陰版、四国版、九州版、沖縄版、海外版の12のスレッッドにわけて構成された掲示板です。

中には、個人名を名指しした投稿も目立ち、個人を知っている人が読めば特定できるような投稿になっています。

このサイトの投稿数は、2億件を突破しており、「単なる掲示板、ネットだけのこと」として無視するのは危険なケースもあります。

このように、爆サイでは、個人が特定できるような内容が多く見受けられます。中には個人を中傷するものも多く含まれているため、さまざまな被害が想定できます。

実際の被害事例

次に、実際の被害事例をみていきましょう。個人を特定できるような書き込みが多く見られることを先にお伝えしましたが、実際に本名が書き込まれることは少なです。

では、「個人を特定できる名前とはなんなのか」ということになりますね。それは、源氏名やイニシャル、伏字です。

水商売で勤務されている方の源氏名を名指しした上で、悪口や誹謗中傷が書き込まれることが数多くあります。

これは、水商売系のカテゴリのスレッドがあることが1つの要因と考えられます。また、本名である場合は、飲食店勤務の女性が被害に遭うことが多いようです。

以下は、実際の被害事例です。

  • 名前から個人情報が特定され、住所・電話番号・家族関係などの情報を書き込まれた
  • 水商売で働いていることを隠しているのに、個人名が特定されてしまいプライバシーが侵害された
  • お店の誹謗中傷があり、客が減ってしまった

これらの被害事例が実際にあり、問題となっています。

水商売の方が主に被害に遭われることが多いようですが、レストランなどの飲食店で勤務されている方も個人情報を流されてしまったという被害があるようです。

自分でできる削除方法とは?

次は、自分でできる誹謗中傷投稿やプライバシー侵害投稿の削除申請を行う方法を解説します。まずは、利用規約をチェックしていきましょう。

「爆サイ」ではどんなことが禁止されている?

「爆サイ」の利用規約はどのような内容になっているのでしょうか。

利用規約

利用規約の中で特に、第3条(1)の禁止事項に注目しましょう。これが削除申請と大きく関わってきます。

利用規約第3条1項5号では、「他人の名誉、社会的信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権、著作権その他の知的財産権、その他の権利を侵害する行為」を禁止しています。

また、6号では、「本名、住所、メールアドレス、電話番号の記載」などの個人情報に関わる情報の投稿も禁止しています。もっとも、公開されている情報や公人については、これに含まれないようです。

さらに、11号は「犯罪予告、自殺への誘引その他他人を威迫・脅迫する旨が看取される内容」を禁止しています。

参考URL:http://bakusai.com/rule/

これらに当たる行為が、サイト上で行われた場合は、削除申請をすることができるため、覚えておきましょう。また、実際に被害に遭った場合は、どの項目にあたるのかなどを確認すると良いでしょう。

ちなみに、16号では、「上記以外の、管理者が不適切であると判断する行為」も禁止するということが記載されています。

禁止事項に明記されていないものであったとしても、明らかに不適切であると考えられる場合は、管理者に訴えると削除される可能性がありますので、ここも押さえておきましょう。

このように、まずは利用規約をしっかりと確認することが大切です。

自分で削除申請をする際には、不適切と思われる行為があるかどうかを、利用規約と照らし合わせて確認することが必要となります。

自分でできる削除フォームでの削除申請方法

ここからは、自分で削除申請をする方法を解説します。

「爆サイ」では、削除フォームによる削除申請窓口を設けています。場所は、各スレッドの画面の一番下です。コメントの削除依頼は、すべてここから行うようになっています。

削除依頼の方法は、簡単です。フォーム内には削除理由を記載すること、そして、削除すべきコメントの記載があるスレッド番号とコメント番号を記入すること、これだけです(No.や#は記入しないこと)。

もっとも、ここで1つ注意点があります。削除依頼はコメント1つごとにする必要があります。複数問題投稿がある場合でも、一気に削除依頼をすることはできませんので注意してください。これを誤ると、削除依頼が正式に受理されない可能性があります。また、コメント番号も間違えないようにして下さい。

以上が、削除申請の方法です。実際に削除されるかどうかは最終的には管理人の判断を待つことになります。企業の会社の番号などはもともと公開されているため、削除できないことになっていますので、この点も留意しておいてください。書き込みが削除されるとログも削除されるというのが公式見解ですので、この点は安心して大丈夫です。

自分で削除申請をするメリット&デメリット

では、自分で削除申請をするメリットやデメリットは何なのでしょうか。

メリット

まず、自分で削除申請する方法のメリットは、第一に「費用がかからないこと」です。全部自分で行うので、費用がかかるポイントがありません。

また、問題コメントが1つの場合は、申請1つでできるので特に大きな手間もかかりません。そして、第二に「プライバシーが守られること」です。他の人に相談する必要がないので、プライバシーが漏れてしまう危険はありません。この2点が主なメリットです。

デメリット

もっとも、自分で行うことにはデメリットもあります。

自分で申請を行う場合、削除理由を考える際に感情的になってしまうことがあります。そのため、管理人側もクレームと判断して適切に対処しないケースも考えられます。

また、多くの誹謗中傷コメントがある場合、1つ1つ削除申請をしなければいけないため、大きな手間がかかります。心から傷ついているという方は、見ているだけでも辛くなってしまう可能性があります。

このようなケースでは、自分で見ない方が良いこともあるので、信頼できる人に任せるか専門家に任せた方が良いでしょう。

このように、自分で削除申請することにはメリットとデメリットの両方が考えられます。両方を勘案して自分ですべきか検討することをおすすめします。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-5329
[電話受付]平日  10:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら

削除申請する際のポイントは?削除されないケースもあるの?

次は、削除申請の際に注意すべきポイントや疑問点、知っておくべきポイントについて解説します。

削除理由をしっかりと考えること

申請の際、削除されるかどうかの大事なポイントがあります。それは削除申請の理由です。「3-1.「爆サイ」ではどんなことが禁止されているの?」でご紹介した通り、基本的には禁止事項に当たる場合にのみ削除が実行されます。ですので、削除申請理由では、①どの利用規約に反するのか、②コメントのどの部分が不適切なのか、③どのような被害が出ているのかについて客観的かつ具体的に記載すべきです。以下の文言を参考に、文章を組み立ててみてください。

削除理由記載例

「コメント番号—は、利用規約第3条1項5号で禁止される他人の名誉を傷つける行為にあたります。具体的にいうと、「・・・」という文言は、根拠もなく申請人の社会的信用を貶める行為といえます。「・・・」という文言により、xxxという被害が出ているため削除をお願いいたします」

このように、削除理由ははっきりと具体的に記載する必要があります。ここが曖昧だと、根拠が不透明で削除されない可能性もありますので、気をつけましょう。

削除申請の方法を守ること

削除依頼を申し込む際に、メールなどで伝えてしまうケースがありますが、これは効果がありません。管理人の目に止まっていない可能性もあるからです。管理人が指定する専用フォーマットから削除申請をするようにしてください。

また、スレッド名やコメントの番号を間違えないようにしましょう。スレッド番号は、スレッドのトップにある「No.xxxxx」という数字です。また、コメント番号は、ハッシュダグ(#)の横の数字です。NO.と#を省略して記載するということも申請方法に記載してありますので注意してください。

気になる方は、以下のURLでも削除依頼申請方法をチェックしてみてください。
http://bakusai.com/del/

削除依頼申請文は公開される?

次は疑問点について解決していきましょう。
まず、「送信した削除依頼申請については、内容が公開されるの?」という疑問です。

これについて、特に公開されるとの公式見解や口コミによる情報はありません。明らかにはなっていませんが、公開されることは現時点ではありません。

というのも、利用規約5条(2)では「個人情報保護法を遵守し、投稿ログ情報をはじめとする利用者の個人情報を原則として第三者へ提供致しません」と明記しています。この内容には、削除依頼申請内容についても含まれると考えられます。

そもそも削除されるの?

次に、「そもそも削除されるのか?」という疑問です。

ここについては、正直に言うと管理人の判断に任されています。もっとも、管理人の気分によって判断されるというわけではなく、あくまでも利用規約に照らし合わせ、微妙な判断が必要になるケースにおいてという意味です。

明らかに利用規約に反する場合は、削除されます。また、表現の自由が度々問題となるのですが、「公開されている情報であるのか」という点が判断の基準の1つになっているということも知っておくべきでしょう。

削除されるまでの期間は?

次に、「申請から削除までの期間はどのくらいかかるの?」という疑問に答えます。

まず、削除依頼については、「72時間以内を目処に行う」と公式見解が出ています。もっとも、実査には、表現の自由を侵害する可能性も否定できないため、違法性の判断については、慎重に行っているようです。削除依頼をしてすぐに削除されるわけではないので、1週間程度は様子を見た方が良いです。

期間経過後も、削除されない理由は?

次は、「期間経過後も削除されない理由としては何が考えられる?」という疑問についてです。

「爆サイ」の削除依頼方法については、注意事項が記載してあります。注意事項には、「同内容の連続した削除依頼(72時間以内に同内容の複数回の依頼)及び威圧的削除依頼は、弊社の業務妨害と判断し禁止リスト登録を行い、今後の依頼にはお答え出来なくなることが御座います。」との記載があります。

つまり、一度申請を行ったあと、72時間以内に同内容の複数回申請を行ってしまうと、削除依頼には対応してくれないということです

削除依頼の際に、1日経っても返答がないと焦って次の日にも削除申請をしてしまう方がいます。これは逆効果ですので、絶対にしないようにしてください。

これ以外の理由としては、根拠が弱かった、微妙な判断で最終的に表現の自由を優先した、公開されている情報であったなどの理由が考えられます。

こレラのケースで削除が実行されない場合、どうしても削除して欲しい場合は弁護士に依頼することをおすすめします。

面倒な申請を丸投げしたい

実は、自分で削除依頼を行うよりも弁護士に依頼した方が早いケースもあります。弁護士が行う場合、本人が代理人を立て、弁護士による削除依頼であるということを明記した上で削除申請を行うので、管理人の対応も早い場合があります。

「爆サイ」は、開示請求手続きを行わずとも、開示に応ずることが多い珍しいサイトのようです。削除だけでなく、慰謝料請求なども考えている場合は、弁護士に依頼した方が早期解決を望めます。

このように、削除依頼申請では、気をつけるポイントや知っておくべきポイントがいくつかあります。皆さんも、この点を理解した上で自分で削除依頼申請を行ってみてください。

また、爆サイ削除の相談や受付をおこなっている業者もありますが、「非弁行為」にあたる可能性があり違法となりますので、高額な費用を払ったにもかかわらず削除されない、などのトラブルに巻き込まれないように気を付けましょう。

関連記事
悪徳業者
ネット削除業者の非弁行為がなぜ問題か?わかりやすく解説
ネット誹謗中傷対策業者の問題点とは? ネット誹謗中種対策業者の問題を説明します。 ネット誹謗中傷対策業者の削除依頼代…

削除されない、慰謝料請求したい。そんなケースは、弁護士相談を。

仮に、「削除申請によっても削除されない」、「慰謝料を請求したい」という場合は、特に書き込み犯人を特定するのは、自分だけでは対処するのが大変です。弁護士に依頼する必要があります。

弁護士に依頼すると、まず、問題コメントを行った人のIPアドレスを調べることになります。任意で管理人に開示を請求し、これがダメな場合は、裁判所にIPアドレスの開示請求の仮処分を訴えます。これで無事に開示された場合は、プロバイダに対し投稿者の個人情報の開示を請求し、投稿者を特定するということになります。

仮に、管理人が開示請求に応じた場合は、2-3週間程度で通信記録などが開示されます。早期に解決を望む場合や被害が甚大であるという場合は、最初から弁護士に任せてしまうのが良いでしょう。弁護士に依頼すると、相手方を名誉毀損罪で訴えることや損害賠償請求をすることも可能です。

「爆サイ」の誹謗中傷コメント・プライバシー侵害に悩んでおられる方は、ネットトラブルに強い弁護士または弁護士事務所にご相談ください。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-5329
[電話受付]平日  10:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!