「爆サイ」削除依頼を自分で行う場合のメリットと注意点を解説

young woman and question marks.

匿名掲示板「爆サイ」では、個人に対する誹謗中傷が繰り広げられることも多くしばしば問題となっています。

自分が知らない間に掲示板で誹謗中傷が行われ、被害を受けたという方もいます。

今回は、そんな方のために、自分で「爆サイ」の誹謗中傷コメントを削除する方法、申請文の書き方、消去するためのテンプレを解説します。

爆サイの誹謗中傷とは

爆サイは、「地域に特化した日本最大級のローカルコミュニティサイト」を自負しており、投稿数は、2億件を突破しています

なお、下記のように検索の際に打ち間違えたり、変換を失敗するケースがあるようですが、正式名称は「爆サイ.com」です。

  • 漢字を間違えるケース・・・暴サイ・爆発サイト
  • カタカナを漢字に変換するケース・・・爆砕ドットコム・爆砕.com
  • カタカナやひらがなに誤変換するケース・・バクサイト・ばくさいと・ばくさいcom

爆サイの被害事例

爆サイの誹謗中傷事例としては、水商売で勤務している人の「源氏名」を名指しした上で、悪口や誹謗中傷が書き込まれることが数多くあります。

以下は、実際の被害事例です。

  • 名前から個人情報が特定され、住所・電話番号・家族関係などの情報を書き込まれた
  • 水商売で働いていることを隠しているのに、個人名が特定されてしまいプライバシーが侵害された
  • お店の誹謗中傷があり、客が減ってしまった

また、水商売だけではなくレストランなどの飲食店で勤務の女性も被害に遭うことが多いようです。

自分で削除申請をするメリット&デメリット

自分で削除申請することにはメリットとデメリットの両方が考えられます。両方を勘案して自分で削除すべきか検討することをおすすめします。

メリット

自分で爆サイに削除申請をするメリットは、以下2点です。

  • 本人が削除申請するため、費用がかからない
  • 問題コメントが1つの場合は、申請1つでできるので大きな手間がかからない。

デメリット・注意点

一方自分で爆サイに削除依頼をするデメリットも存在します。下記4点が主なポイントです。

  • 自分で申請を行う場合、削除理由を考える際に感情的になりやすい
  • 管理人側がクレームと判断して適切に消去しない
  • 多くの誹謗中傷コメントがある場合、1つ1つ削除申請をしなければいけないため、大きな手間
  • 心から傷ついているという方は、コメントを見るだけで辛い

上記のようなケースでは、本人が見ない方が良いこともあるので、信頼できる人に任せるか専門家に任せた方が良いでしょう。

 
ATB TOP
【東京都・港区】
弁護士法人ATB
ATB TOP

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6214
[電話受付]平日/土日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

爆サイのコメント削除方法

爆サイでの、誹謗中傷・プライバシー侵害投稿の削除申請を行う方法を解説します。

STEP1:利用規約の確認

自分で爆サイの削除申請をする際には、サイト運営者が規定した利用規約と照らし合わせて、それに違反している書き込みかどうかを確認することが必要となります。

利用規約の中で特に、第3条(1)の禁止事項に注目しましょう。これが削除申請と大きく関わってきます。

利用規約第3条1項5号では、「他人の名誉、社会的信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権、著作権その他の知的財産権、その他の権利を侵害する行為」を禁止しています。また、6号では、「本名、住所、メールアドレス、電話番号の記載」などの個人情報に関わる情報の投稿も禁止しています。もっとも、公開されている情報や公人については、これに含まれないようです。

さらに、11号は「犯罪予告、自殺への誘引その他他人を威迫・脅迫する旨が看取される内容」を禁止しています。

参考URL:http://bakusai.com/rule/

上記に当たる行為であれば、削除申請をして通る可能性があります。

また、上記禁止事項に明記されていないものであったとしても、明らかに不適切であると考えられる場合は、管理者に訴えると削除される可能性があります。

STEP2:削除フォームでの削除申請

「爆サイ」では、削除フォームによる削除申請窓口を設けており、場所は、各スレッドの画面の一番下です。

削除フォーム内に、下記2点記載して、サイト運営者へ送信すれば削除申請が完了します。

  • 削除理由を記載
  • 削除すべきコメントの記載があるスレッド番号とコメント番号を指定して記入(No.や#は記入不要)

「スレッド番号」とは、スレッドのトップにある「No.xxxxx」という数字です。

また、「コメント番号」は、ハッシュダグ(#)の横の数字です。

NO.と#を省略して記載するルールがあるので注意してください。

気になる方は、以下のURLでも削除依頼申請方法をチェックしてみてください。

http://bakusai.com/del/

なお、削除依頼はコメント1つごとにする必要があります。複数問題投稿がある場合でも、一気に削除依頼をすることはできませんので注意してください。

実際に削除されるかどうかは最終的には管理人の判断を待つことになります。

注意点:連続の削除依頼は厳禁

「爆サイ」の注意事項には、「同内容の連続した削除依頼(72時間以内に同内容の複数回の依頼)及び威圧的削除依頼は、弊社の業務妨害と判断し禁止リスト登録を行い、今後の依頼にはお答え出来なくなることが御座います。」との記載があります。

つまり、一度運営者に申請を行ったあと、72時間以内に同内容の複数回申請を行ってしまうと、削除依頼には対応してくれないため注意が必要です

削除依頼の際に、1日経っても返答がないと焦って次の日にも削除申請をしてしまう方がいます。これは逆効果ですので、絶対にしないようにしてください。

爆サイで削除申請する際のポイント

次は、削除申請の際のポイント、テンプレについて解説します。

書き方のポイント|削除理由をしっかりと考える

削除されるかどうかの大事なポイントは「削除申請の理由」です。

先述した通り、基本的には禁止事項に当たる場合にのみ削除が実行されます。

ですので、削除申請理由では、下記3点を客観的かつ具体的に記載すべきです。

  • ①どの利用規約に反するのか
  • ②コメントのどの部分が不適切なのか
  • ③どのような被害が出ているのか

削除依頼のためのテンプレ・例文

削除理由ははっきりと具体的に記載する必要があります。難しい場合は、下記の削除テンプレ(例文)をご利用ください。

コメント番号—は、利用規約第3条1項5号で禁止される他人の名誉を傷つける行為にあたります。具体的にいうと、「・・・」という文言は、根拠もなく申請人の社会的信用を貶める行為といえます。「・・・」という文言により、xxxという被害が出ているため削除をお願いいたします

削除理由が曖昧だと、根拠が不透明で削除されない可能性もありますので、気をつけましょう。

爆サイで削除申請のよくある質問

①削除依頼申請文は公開される?

「送信した削除依頼申請について、2ちゃんねるのように内容が公開されるのでは?」と感じている人が多いようです。

これについて、特に公開されるとの公式見解や口コミによる情報はありません。明らかにはなっていませんが、公開されることは現時点ではありません。

というのも、利用規約5条(2)では「個人情報保護法を遵守し、投稿ログ情報をはじめとする利用者の個人情報を原則として第三者へ提供致しません」と明記しています。この内容は、削除依頼申請内容についても含まれると考えられます。

②削除されない!そもそも本当に削除されるの?

削除されるかどうかは、管理人の判断次第です。

もっとも、管理人の気分によって判断されるというわけではなく、あくまでも利用規約に照らし合わせ、微妙な判断が必要になるケースにおいてという意味です。

明らかに利用規約に反する場合は、削除されます。また、「表現の自由」がたびたび問題となるのですが、公開されている情報であるのかという点が、判断の基準の1つになっているということも知っておくべきでしょう。

関連記事
表現の自由と名誉毀損
ネットにおける「表現の自由」と「名誉毀損」どちらが重視されるか?
日本の憲法では「表現の自由」が保障されているはずです。ネット上の自由な表現が、どうして認められないことになるのでしょ…[続きを読む]

③削除されるまでの期間は?

削除依頼については「72時間以内を目処に行う」と公式見解が出ています。

もっとも、表現の自由を侵害する可能性も否定できないため、違法性の判断については、慎重に行っているようです。

削除依頼をしてすぐに削除されるわけではないので、1週間程度は様子を見た方が良いです。

④自分の書き込みを削除できるか?

「自分で自分の個人情報を爆サイに書き込んでしまった!」という方も稀にいるようです。

ただ、書き込む前に「削除パス」と呼ばれるパスワードを設定していない場合は、自分で削除できない仕様になっています。

先述した通常の削除依頼フォームから、削除依頼を出して削除を待つしかないでしょう。

なお、削除パスを設定している場合、書き込んだレス付近に削除マークが表示され、そこから削除することが可能です。

削除されない・慰謝料請求したい場合|弁護士相談

仮に、「テンプレを使った削除フォームからの削除申請方法によっても削除されない」、「テンプレも例文も効果なし」、「消すだけではなく、慰謝料を請求したい」という場合は弁護士に依頼する必要があります。

弁護士に依頼すると、まず、問題コメントを行った人のIPアドレスを調べることになります。任意で管理人に開示を請求し、これがダメな場合は、裁判所にIPアドレスの開示請求の仮処分を訴えます。

そしてプロバイダに対し投稿者の個人情報の開示を請求し、投稿者を特定するということになります。

関連記事
東京地方裁判所
発信者情報開示の仮処分と訴訟の流れをわかりやすく解説
サイトでは投稿が匿名で行われるので、すぐに相手に損害賠償請求や刑事告訴することはできません。今回は、ネットで誹謗中傷…[続きを読む]

「早期に解決を望む場合」や「被害が甚大である」という場合は、 例文を真似するより最初から弁護士に任せてしまうのが良いでしょう。弁護士に依頼すると、相手方を名誉毀損罪で訴えることや損害賠償請求をすることも可能です。

「爆サイ」の誹謗中傷コメント・プライバシー侵害に悩んでおられる方、「爆サイの誹謗中傷対策」を行いたい方は、ネットトラブルに強い弁護士または弁護士事務所にご相談ください。

関連記事
爆サイ
爆サイ削除方法と誹謗中傷の書き込み犯人特定方法【2020年版】
爆サイ.comで名誉毀損になる投稿をされた、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、爆サイで誹謗中傷され…[続きを読む]

関連記事
弁護士費用
ネット誹謗中傷対策の弁護士費用の相場はどのくらい?
インターネットで誹謗中傷を受けて、ネット問題を弁護士に依頼した場合の弁護士費用はどのくらいかかるのでしょうか。今回は…[続きを読む]




誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す