ペイターズPJ地雷掲示板に晒された!削除する方法とは

ペイターズPJ地雷掲示板

マッチングアプリの1つである「paters(ペイターズ)」。
異性と出会うために利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、このアプリには「ペイターズPJ地雷掲示板」という別のサイトがあり、こちらで個人情報などが晒される可能性があるのです。

そこで今回は、ペイターズPJ地雷掲示板の晒しや晒されたときの対処法についてご紹介していきたいと思います。

なお、逆にペイターズPJ地雷掲示板で名誉毀損行為をしてしまい、訴えられそうな方は、下記のページを併せてご参照ください。

関連記事
示談
誹謗中傷してしまった!訴えられる前に示談で前科を付けない方法
ネットで書き込みをした相手から訴えられそうになることがあります。この記事では、ネット誹謗中傷をして、警察に通報、ある…[続きを読む]

ペイターズ・ペイターズPJ地雷掲示板とは

paters(ペイターズ)は、”素敵な男女の上質な出会いを創り出せるSNSアプリ”として展開しているマッチングアプリのことです。

累計マッチング数は1200万にのぼり、高収入の男性や若い女性と会うことができるとして人気を集めています。

しかし、その実態はパパ活のマッチングに利用されていることが多いとも言われています。

そして、このペイターズの悪質なユーザー・迷惑行為を繰り返すユーザーを晒しているサイトが「ペイターズPJ地雷掲示板」です。

ペイターズPJ地雷掲示板には、悪質なユーザーの

  • アプリに登録した名前、職業
  • LINEやメッセージのスクショ
  • プロフィール画面のスクショ
  • 顔写真
  • 問題行為の詳細

などが記載されています。
これによって、情報提供の呼びかけや注意喚起が行われているのです。

また、ペイターズPJ地雷掲示板に限らず、Twitterでも「#ペイターズ地雷」「#パパ活地雷女」などで検索すると同様の注意喚起ツイートが出回っています。

”地雷”とされる行動とは?

ペイターズPJ地雷掲示板では、パパ(=p)側とパパ活女子(=pj)側でそれぞれ迷惑(地雷)とする行動をしたユーザーが晒されています。

問題行動として特に挙げられているのは、以下のようなものです。

〇地雷男性の晒されやすい行動

・ドタキャン
・約束した通りにお金を払わない
・経歴(職業)詐欺
・飲酒強要
・無理やり体を触ってくる

〇地雷女子の晒されやすい行動

・ドタキャン
・写真・年齢詐欺
・高額な手当ての要求
・病気持ち
・態度が悪い

上記のような行動を取ってしまうと、名前や写真と共にペイターズPJ地雷掲示板に晒されてしまう可能性が高くなります。

写真を削除!晒されてしまったときの対処法

迷惑ユーザーとして個人情報が晒されてしまうと、ペイターズで相手とマッチングしにくくなってしまいます。

また、本名や顔写真が載せられていた場合、友人や家族にバレてしまうと日常生活にも支障をきたす恐れがあります。

もちろん自分が悪質な行為をして晒されたのであれば多少は仕方がない部分もありますが、特に何もしていないのに相手の逆恨みで晒された、ということになったら困ってしまいますよね。

ここからは、サイトに晒されたときの対処法についてご紹介していきます。

①削除フォームを利用する

ペイターズPJ地雷掲示板には、専用の削除フォームが用意されています。
ここに必要事項を記入して送信することで、投稿を削除してもらえる可能性があります。

【参考】ペイターズPJ地雷掲示板:削除フォーム

必要事項は以下の通りです。

  • 名前
  • (組織名)
  • (所属部署名)
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 本人確認できる写真など
  • 連絡内容

連絡内容にはページのリンクを貼るなどして、どこに問題の投稿があるのかわかるようにしましょう。

また、このサイトの運営側は「客観的合理性がなければ投稿を削除しない」と明言しています。
削除する理由が誰にでもわかるよう、投稿のどの部分にどんな問題があるのか(名誉毀損・侮辱・プライバシー侵害など)を丁寧に記載しましょう。

ただ、2021年8月の時点で

※東南アジア全域で、罰則規定を伴う極めて厳格な都市封鎖が続いており、本フォームの確認ができません。恐れ入りますがご理解頂きますようお願いします。

と追記されています。
そのため、2021年現在は削除される可能性が低いと考えておいた方がいいでしょう。

②ペイターズの登録を変更する

掲示板に重要な個人情報が晒されているわけではないけれど、ペイターズのプロフィールが晒されてマッチングがしにくくなったという場合には、ペイターズの登録を変更してみてください。

プロフィールや写真を変えることで、晒しの影響を受けにくくなります。

また、ペイターズを一度退会して再登録するという手段もあります。
ただ、再登録は退会してから7日を経過しないとすることができないので、すぐには使えないことに注意してください。

③Googleの検索結果から削除してもらう

ペイターズPJ地雷掲示板に削除フォームを送信しても削除してもらえなかった場合、Google検索から削除する方法があります。

これはGoogleで自分の名前などを検索したときに、ペイターズPJ地雷掲示板のページが表示されないようにするものです。

手順は以下の通りです。

  1. 専用のフォーム(https://support.google.com/legal/troubleshooter/1114905)に移動する
  2. 「Google検索」を選択
  3. 「Google検索」を再び選択
  4. 「個人情報」を選択
  5. 「名誉毀損」を選択
  6. リクエストを作成で必要事項を記入して送信

最後のリクエストの作成では、Googleのフォームに表示される指示に従ってください。
また、ここでも投稿が違法な理由を客観的にわかりやすく説明するようにしましょう。

Q&A|よくある質問

  • Google検索結果から削除されれば投稿も消える?
    Google検索結果からの削除は、Googleの検索窓でキーワードを入力したときに検索結果として表示されないだけで、サイトにある投稿自体は削除されません。

    そのため、ペイターズPJ地雷掲示板の検索窓から検索した際には表示されてしまいます。

    また、Google検索結果から削除された場合、「Lumen」というサイトに誰が検索結果の削除を申請したのか申請者の情報が公開されてしまう可能性があるので注意してください。
  • 削除フォームを出せば必ず消してくれるわけではないの?
    フォームを提出したからといって必ずしも削除されるわけではありません。

    ペイターズPJ地雷掲示板もGoogleも、削除するかどうかは最終的に運営側が判断します。
    そのため、運営側が「これは削除の基準を満たしていない」と判断すれば削除されない可能性が高いです。
  • 上記のどれでも削除されなかったら?
    ペイターズPJ地雷掲示板の投稿をどうしても削除したい場合に、上記のどの方法でも削除されなかった場合には、Googleに「検索結果削除の仮処分の申立て」を行う必要があります。

    仮処分とは、暫定的な判断で検索結果の削除を命じてもらう制度のことです。
    通常の訴訟より短期間・低コストで申請できるメリットがあります。

    ただし、Googleは海外法人であるため仮処分の申立てを行うまでが大変です。
    仮処分を行うときは、弁護士に一度相談するといいでしょう。

まとめ

以上が、ペイターズPJ地雷掲示板における投稿の削除方法でした。

個人情報がネット上に公開されると誰でも見ることができてしまうため、思わぬところで影響を受けてしまうことがあります。

そのため、重要な個人情報が晒されてしまった場合には、早めに削除依頼を出すことが大切です。

また、削除されなかった場合でもどうしても削除したいのであれば、弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話でお問い合せ 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事はネット誹謗中傷弁護士相談Cafeを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
プロフィール この監修者の記事一覧

あなたへおすすめの記事