ピコピコちゃんねるで誹謗中傷!投稿を削除して犯人を特定する方法は?

ピコピコチャンネル
  • 「 ピコピコちゃんねる」でしつこい誹謗中傷被害に遭っている!どうにかできないの!?
  •  「ピコピコちゃんねる」に削除の申請をしたけれど、対応してもらえない…泣き寝入りするしかない?

最近「ピコピコちゃんねる」というネット掲示板で、個人の誹謗中傷が行われるケースが相次いでいます。ピコピコちゃんねるは、ホストクラブや水商売、キャバクラなどの夜の商売に関係する方がよく利用しているインターネット掲示板です。

ピコピコちゃんねるの誹謗中傷を放っておくと、夜のバイトが家族にバレてしまったり評判が落ちて売上げが下がったりするおそれもありますので、早急に対策しましょう。

今回は、ピコピコちゃんねるで誹謗中傷やプライバシー権侵害を受けた場合に、投稿を削除させて犯人を特定する方法を解説します。

ピコピコちゃんねるとは?

そもそも「ピコピコちゃんねる」とは一体何なのか、簡単にご説明します。

https://picoch.net/

ピコピコちゃんねるは、キャバクラやホストクラブ、風俗などの夜のお仕事に興味を持つ若者に人気のあるインターネット掲示板です。利用には年齢制限が設けられており、18才以上の人限定です。

サイトでは、お水・キャバクラ、ホストクラブ、風俗、グルメ、ギャンブル、まんがなどさまざまなカテゴリーに分けられており、エリア別の掲示板が用意されています。

会員登録すると、ログインして関心のある掲示板を閲覧したり書き込んだりすることができます。

ピコピコちゃんねるでは誹謗中傷が起こりやすい

ピコピコちゃんねるは、水商売関係の若い女性に人気の高い掲示板ですが、実は非常に誹謗中傷やプライバシー権侵害が起こりやすい問題を抱えています。

たとえば実年齢や氏名、家庭環境や住所などを晒されたり、「死ね」「犯罪者」「ばばあ、全身整形」などと書き込まれたりすることがあります。

誹謗中傷が起こる理由の1つは、ピコピコちゃんねるの利用者の年齢層が若く、誹謗中傷やプライバシー権侵害をすると違法である認識をしていないことです。

もう1つは、水商売に関わる女性の利用者が多いため、ライバルを蹴落としたいという思いや妬みなどにより、過剰な書き込みをしてしまうことです。

自分がピコピコちゃんねるを積極的に利用していなくても、掲示板を見ると自分の悪口が書かれているケースもあり、注意が必要です。

誹謗中傷が行われた場合の問題点

ピコピコちゃんねるで誹謗中傷が行われると、以下のようないろいろな具体的な問題が発生します。

営業妨害

夜のお店で働いている方が誹謗中傷を受けたとき、もっとも大きいのは営業に対する影響です。上記のAさんのようにひどい悪評を流されると、指名も受けにくくなりますし売上げが低下してしまいます。ピコピコちゃんねるの投稿が転載されて拡散されるおそれもあるので、早急に削除する必要があります。

実家や勤務先にバレる

キャバクラや風俗で働いている女性の方は、実家や家族、勤務先などに秘密にしていることが多いです。
しかし掲示板に投稿されると、拡散されて家族の目に触れてしまうかもしれません。また住所などをさらされて誰かが実際に家や実家にやってきたら、それがきっかけで家族に知られてしまう可能性もあります。

身に危険が生じる

ピコピコちゃんねるで住所や家の写真などを晒されると、それを見た人が家の場所を突き止めて押しかけてくる危険性もあります。
ストーカーに狙われるなど身の危険が発生することもあり、注意が必要です。

精神的な被害

当然のことですが、ネット掲示板にあることないこと書かれて誹謗中傷されると、精神的に大きなダメージを受けます。うつ病になったり引きこもったりしてしまう方もいます。

「一刻も早く消してしまいたい」
「投稿者には二度とこのようなことをさせないようにペナルティを与えたい」
と考えるのが当然です。

ピコピコちゃんねる誹謗中傷記事の削除方法

ピコピコちゃんねるで誹謗中傷を受けたとき、どのようにして削除を求めれば良いのでしょうか?
ネットで権利侵害が起こったときの削除方法は、自分でできる方法と弁護士に依頼する方法の2種類があるので、それぞれについてご説明します。

自分で削除請求する方法

自分で削除請求するには、ピコピコちゃんねるのサイトに用意されている「通報」という機能を使います。
通報とは、悪質な投稿をサイト運営者に報告し、サイト運営者自身に削除してもらうための機能です。サイト運営者が必要と判断すれば、投稿者を「アク禁(アクセス禁止)」にしてもらうこともできます。アク禁になると、その投稿者は二度とピコピコちゃんねるで投稿できなくなります。

通報する際には、「(全体的な)話題」か「(個別の)コメント」の、それぞれの専用フォームから申請をします。専用フォーム以外からの通報は受け付けていません。
問題となる話題やコメント番号、URLなどを特定して、どういった点が問題となるのかを示す必要があります。

通報にもとづく削除基準

ピコピコちゃんねる管理人が削除に応じる基準は、以下の通りとなっています。

  •  客観的に、誰が見ても不愉快になるような投稿
  •  電話番号や住所、本名などの個人情報。但しHPなどで既に一般公開されている情報は削除対象になりません。
  •  個人団体を特定できる中傷で、真偽を確認できないもの。ただしネットやTVなどのメディアですでに公開されている情報は削除されません。
  •  重複話題、重複コメント、連続書き込み、コピペ
  •  広告目的の話題やコメント。ただし広告主の場合には一部認められます。
  •  スパムや広告、宣伝を防止するためのURL。但し話題に合うURLリンクは許可されます。
  •  板に関係のない話題、ずれているコメント
  •  2名以上の個人名が入った話題、一般人の名前についての話題。ただし本人を特定できないものは削除対象外です。
  •  客観的な事実ではなく個人の感想や主観などのコメントは、削除されません。
  •  芸能人や有名人、ホスト、キャバクラ、風俗などで、メディアや接客等に従事する人については準公人扱いとし、名前や店名などの情報は個人情報ではないと判断するので削除されません。
  •  削除理由が内容と合致していない場合には削除対象外です。
    重複話題を通報する場合、重複がわかるようにURLを記入する必要があります。
  •  話題名や話題の説明文が削除されなくても、コメントが荒れていればコメントが削除される可能性があります。

弁護士に依頼する場合

自分で削除請求をしても応じてもらえないケースも多いです。その場合には、弁護士に依頼して削除請求を求めましょう。

仮処分

弁護士に依頼して記事を削除させるには「仮処分」という裁判手続きを利用する必要があります。仮処分とは、守るべき権利と権利を守る必要性があるときに認められる緊急の手続きです。
ネット掲示板で誹謗中傷やプライバシー権侵害が行われている場合、放っておくと状況が悪化していくので仮処分申請が認められます。

裁判手続きなので、必ず「証拠」が必要です。誹謗中傷を受けている該当の記事のURLやスクリーンショットなどを提出し、それがなぜ誹謗中傷になるのかなど、説得的に説明する必要があります。弁護士に相談して、適切に手続きを進めてもらいましょう。

関連記事
Mallet of the judge, justice scale, wooden desk background
削除の仮処分とは|インターネット上の名誉毀損記事を削除する
ネット上で名誉毀損されたら「仮処分」によって削除させることができます。 ただ仮処分は裁判所を使った手続きであり、「や…

犯人特定方法

ピコピコちゃんねるで誹謗中傷を受けた場合、犯人を特定して損害賠償請求を行いたいと考える方も多いです。
ただしピコピコチャンネルは、犯人特定については、本人による直接請求を受け付けていません。必ず弁護士(または警察)による介入が必要です。

警察による開示請求

警察が犯人特定のために動いてくれるのは、投稿が「犯罪」になる場合です。たとえば名誉毀損やストーカー、リベンジポルノなどでことが重大な場合、警察に相談すると警察がピコピコちゃんねるに情報開示請求を行い、犯人の情報を入手して逮捕してくれる可能性があります。

弁護士による開示請求

警察に申告しても必ず動いてくれるとは限りませんし、開示された情報をすぐに被害者に伝えてくれるわけでもありません。
犯人を特定して慰謝料請求などを行いたいのであれば、弁護士に依頼しましょう。
弁護士が開示請求を行う場合、2通りの方法があります。

① テレコムサービス協会ガイドライン記載の発信者情報開示請求書

1つは、テレコムサービス協会のガイドラインにある「発信者情報開示請求」にもとづく方法です。プロバイダ責任制限法という法律にもとづく制度であり、「発信者情報開示請求書」に権利侵害の事実や内容、問題点などを記載し、投稿者の情報開示を求めたら、ピコピコちゃんねるの管理人が投稿者本人に照会をして、その結果も踏まえて情報開示するかどうかを判断します。
情報開示請求を行う際には、以下のような資料が必要です。

  •  該当の投稿を印刷した証拠
  •  対象のURLとレス番号
  •  印鑑証明書
  •  写真付きの身分証明書
② 仮処分と発信者情報開示請求訴訟

2つ目は、裁判所を利用する方法です。

上記のように、発信者情報開示請求を行ってもピコピコちゃんねるの管理人が対応してくれるとは限りません。

その場合、まずは裁判所で「仮処分」を行って犯人のIPアドレスなどを入手し、その後「発信者情報開示請求訴訟」を起こすことによって犯人の氏名や住所、電話番号などを特定でいます。

発信者情報開示の仮処分や訴訟を行うときにも証拠が必須となるので、弁護士とよく相談して進めましょう。

裁判所を使った発信者情報開示請求の流れ

  • ① 仮処分申請をする
  • ② IPアドレスからプロバイダを割り出す
  • ③ ログ消去禁止の仮処分を行う
  • ④ 発信者情報開示請求訴訟を起こす
  • ⑤ 判決が出て、氏名や住所が開示される

犯人の情報が判明したら、その情報にもとづいて相手に対し、損害賠償請求や刑事告訴などができます。

関連記事
東京地方裁判所
発信者情報開示の仮処分と訴訟の流れをわかりやすく解説
「誹謗中傷の書き込み犯人を特定したい!発信者情報の開示請求は、どうやってすればいいんだろう?」 ネット掲示板やTwi…

まとめ

ピコピコちゃんねるで誹謗中傷を受けて困っているなら、早めに対策をすべきです。源氏名による誹謗中傷であっても法的に名誉毀損が成立する可能性はあります。
水商売の方にとって売上げの低下は死活問題です。自分で削除専用フォームを使っても対応してもらえなかった場合や犯人の情報を特定したい場合には、早めにIT問題に強い弁護士に相談しましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事