Googleサジェストを削除する方法!必ず知っておきたい7つのこと

関連キーワード

Google検索結果の3つの要素

検索結果

Google検索結果には、大きく分けての要素があります。

①サジェスト・入力補助 検索欄に、検索ワードを入力中に検索候補がに表示されるもの。
②関連キーワード 検索ワードと組み合わせて検索されるキーワードや、関連性の高いキーワードを機械的に収集し、検索回数の多いものを自動的に表示することで、再検索を補助する機能です。関連検索ワードは、検索結果の検索語入力欄の下や、ページ下部にリンクで表示されます。リンクをクリックすると、リンクに含まれた検索キーワードで再検索されます。
③検索結果 検索ワードを入力して、検索した結果

入力補助は、検索欄に表示され、検索ユーザーへの影響が大きい部分です。特に、ネガティブな情報が表示された場合、削除や非表示を行いたいというニーズが生まれます。本日は、①サジェスト削除に関して、必ず知っておくべき情報を解説致します。

Googleサジェストとは?

Googleやyahooなどの検索エンジン、Amazonや楽天などのネットショップなど、検索欄に検索キーワードを入力した時、あるいは、入力ワードを入れている途中に、検索キーワードと一緒に検索される確率が高い複合検索ワードを予測して、自動的に表示する機能をサジェスト機能と呼びます。

サジェスト

入力したキーワードに連動して表示されているのが「サジェストキーワード」と呼んでいます。

検索効率を高める機能であるため、検索サービスをもってネットショップ、youtube、等様々なサイトで、検索欄にサジェスト機能が導入されています。Googleサジェスト機能は、裁判になることもありますが、検索効率を飛躍的に引き上げるメリット面から考えて機能自体がなくなることはなさそうです。

元々は、2011年にGoogleはサジェスト機能を実装しました。

  • Yahooの予測変換機能を「入力補助機能」。
  • Googleの予測変換機能を「サジェスト機能」「オートコンプリート機能」と呼びます。

単なる予測変換から、検索効率の向上へと活用されています。

最近は検索する人ごとにサジェストを変える「パーソナライズ」化や、検索ユーザーの住んでいる地域によって変わる「ローカライズ化」がすすみ、サジェストは検索者にとって有益な情報を出すようになっています。

2017.8.24現在、従来は10個されていたサジェストは、現在、8個表示されるように変更されています。また、スマホとPCでは、Googleサジェストワードが違うことがありますので、両方の端末で確認するようにしましょう。

Googleサジェスト問題は名誉毀損とプライバシー侵害

検索効率を向上させるために実装された機能でしたが、名誉毀損や、プライバシー侵害で裁判となるケースがでてきました。

関連記事
Googleサジェスト汚染!裁判所は何故名誉毀損を認めないのか?
Googleサジェストとは何? Googleサジェストとは、キーワードを検索した際に、それと関連するワードを抽出し、…
Googleの検索で自分の名前を入れると身に覚えのない犯罪行為が表示されるとして、ある男性が削除を求めて裁判を起こしました。2013年4月16日、東京地裁は男性の名誉毀損を認め、Googleに対して検索表示の差し止めと損害賠償を命じる判決を下しました。この「サジェスト機能」をめぐる訴訟は世界中で後を絶ちませんが、国内では初めてGoogle敗訴の司法判断が下されました。

身に覚えのない記事、あるいは、過去に起こしてしまった前科がでるサジェスト機能は、事実だとしても、ある一定の条件が満たされればプライバシー侵害として削除が可能になるケースがあります。

関連記事
新聞ニュース
逮捕歴の削除方法!前科・犯罪歴ネットニュース記事を削除する全手順
逮捕歴の記事や、前科情報がネット上で拡散すると、書き込みを受けた本人は極めて大きな不利益を受けるので、情報を削除する…

自分の名前検索で「犯罪者」と認識される恐れ

会社名でも、「ブラック」や、倒産もしていないのに「倒産」、不起訴であったのに自分の名前検索(エゴサーチ)で「逮捕」「前科」など、サジェスト表示されてしまうと、検索ユーザーに誤解を与える可能性があり、削除したいと考えます。

Google側の主張は、

検索ユーザーの動向に基づき、機械的に表示している。検索効率を高めている。

という見解です。

Googleの使命は明快で、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。」という一文で凝縮されています。サジェスト機能は、そういった使命を担う重要な機能の一部だと考えており、表示するサジェストには十分なロジック検討と実装のもと表示されてしていると考えています。

YahooとGoogleのサジェスト予測変換の違い

YahooとGoogleではサジェスト表示、予測変換の仕組みが違うので、「なぜこのワードが弊社に表示されたのか?」と理由を考える上で参考にしてください。

Yahooサジェスト予測変換の表示仕組み

  • 検索クエリーが大量に送られている(多くのユーザーがそのワードで検索している)

ことが重要な予測変換表示の要因となります。

SNS(Twitter)や2ちゃんねるに話題に上がるようなテーマが書き込まれれれば、リアルタイムに予測変換に反映されるのがYahooの特徴です。そのサジェストワードが存在する検索結果がなくても表示されていることがあるので、一般的に検索の打ち込みによる繁栄がYahoo予測変換の特徴といえるでしょう。

Googleサジェスト予測変換の表示の仕組み

  • 検索クエリーが大量に送られている
  • サジェストワードが含まれるページが多数存在していること

Googleはサジェストが操作されないように、ページが存在していること、ページ内にそのキーワードが含まれていること、関連性がつよいことを検索サイト上から裏付けをとったうえで表示します。よって、大量に検索されたからといって必ずしも表示されるわけではありません。

Googleのサジェストを操作することは難しい理由はそこにあるといえるでしょう。しかし、2ちゃんねるなどの、拡散しやすいサイトに大量に書きこまれた場合、関連ワードとして表示される可能性があるので、対策する場合は、そういったページを削除していくことが重要になります。

では、サジェストキーワードを削除できるのでしょうか?

Googleサジェスト対策で評判のサービスまとめ

サジェスト削除サービスを展開しているサイトを比較検討してみました。

①A社 法的なアプローチ

削除手法 法的アプローチ
特徴 逆SEOを使わず、削除成功率が99%であること。ノーリスクなのが特徴的。
弁護士に関する記載はなし。
削除期間 3週間~5週間
料金 記載なし

②B社 手法を明示しないサービス

削除手法 特に記載なし
特徴 ログをとって削除の経過を確認できる。
システム的な打ち込みをしている模様。
削除期間 施策開始より2ヶ月~3ヶ月
料金 記載なし

③C社 弁護士が削除代行するサービス

削除手法 顧問弁護士による法的処置でネガティブワードを削除する
特徴 弁護士が削除申請代行を行うと明記している
削除期間 記載なし
料金 ¥84,000~

削除・非表示サービスまとめの感想

  • Google関連検索ワード削除・非表示やサジェスト削除・非表示を展開しているサービス提供業者は少ない。
  • 削除と非表示の手法の主流としては、弁護士による削除申請が主流。削除には法的な根拠「名誉毀損」等が必要となる。
  • 一部、弁護士削除をうたっている誹謗中傷業者が目立つが、非弁行為になっていないか確認が必要。
  • 削除期間が2~3ヶ月が多い理由は、削除申請に回答してくるGoogle社の期間を指している模様。
  • 弁護士削除でも、裁判(仮処分申請)ではなく、任意交渉(削除申請)であるケースが多い。
  • 費用相場は、8万円程度が多い。

サジェスト削除をうたう誹謗中傷対策業者には注意

Googleサジェスト削除や関連キーワード削除は、システム的な対応が難しいため、法的アプローチで弁護士が代理で削除申請するサービスが多いことが特徴です。しかし、弁護士以外の誹謗中傷業者が法的代理人になることができません。

また、誹謗中傷業者が、本人になりすまして、削除申請することも違法行為です。

弁護士以外の業者が、代行削除申請することは、非弁行為となるのでサービス提供会社がどのように削除するのか確認し、弁護士を通した削除申請であるか注意が必要です。

関連記事
悪徳業者
ネット削除業者の非弁行為がなぜ問題か?わかりやすく解説
ネット誹謗中傷対策業者の問題点とは? ネット誹謗中種対策業者の問題を説明します。 ネット誹謗中傷対策業者の削除依頼代…

仮に弁護士資格がないものが、代理削除申請すると、違法行為にあたる可能性がり、トラブルの元となります。
(Google申請時にも、第三者が申請する場合、法定代理人の資格をもっているか確認が問われます。)

弁護士削除でも誹謗中傷対策会社が斡旋していないか確認

では、依頼主→誹謗中傷業者→弁護士→削除申請という形、誹謗中傷業者が仲介して、弁護士削除申請した場合はどうなるでしょうか?残念ながら報酬を受けとって弁護士を紹介する行為も、非弁行為で違法です。
※誹謗中傷対策業者から弁護士への委任状のサインを求められた場合は、非弁提携の恐れがあるため要注意です。

弁護士には、報酬を受け取っての仲介が弁護士法で厳しく禁止されているため、直接依頼しかできません。

更に、「無料で紹介しているので問題ない」という誹謗中傷業者がおりますが、本当の弁護士なら、依頼主と直接契約しないで仕事を受けることはありません。こちらも注意が必要です。

自分でも削除できる!Googleサジェスト削除申請フォーム

Googleは、名誉毀損にあたる、事実無根のサジェストワードに対しては、削除対応してくれます。

まずは、下記のフォームを使って削除申請してみることをお勧めします。

https://support.google.com/legal/contact/lr_legalother?product=searchfeature

但し、削除申請は1回目が勝負になります。何度も申請すると、Googleは既に一度回答しておりますと、返信が来るようになりますので、何度も申請ができるわけではありません。

自分で削除申請はできますが、法的な知識に乏しく、削除理由など明確に記載できない場合は、弁護士に依頼して、削除申請してもらうとよいでしょう。また、どういうワードなら削除申請で消えるか弁護士は経験上わかるので、無料相談を利用して削除かのうか事前にきいてみてもよいでしょう。

Googleサジェスト削除は弁護士による削除申請がオススメ

直接弁護士に依頼しよう!

そもそも削除申請自体は、自分では何が権利侵害にあたる表現なのか判断が付かず申請理由も、分からないことが多いでしょう。ネットの情報を鵜呑みにして、そのまま自分で削除申請を書くのではなく、専門家の判断をもらって、関連ワードのどの部分が、法律に照らして権利が侵害されているのか、適切に申請を出すことが、確実な削除対応へとつながると言えるでしょう。

ネットに強い弁護士を探して、直接弁護士に相談し、弁護士に削除依頼し、弁護士による代理削除申請、法的な裏づけをもって申請しましょう。

削除依頼に、対策業者が仲介すること自体、責任の所在が不明でトラブルの元になります。

本サイトでは、関連検索キーワードでの誹謗中傷に強い弁護士を掲載しており、無料相談も受け付けておりますので、悩まず、まず相談してみましょう。

弁護士削除ができない場合はサジェスト削除の専門業者へ

Googleサジェストは、単に検索ワードを打ち込んでも削除できないので、何故表示されたのか原因を分析したうえで対策してくれる業者に依頼することが安心です。

弁護士削除、削除申請フォームで削除できなかった場合は、こちらのサービスで、システム的にも対応しているので相談してみるとよいでしょう。

参考>>Googleサジェスト削除サービス業者サイト

まとめ

  • その1.Googleサジェストは、スマホとPCで表示内容が異なることがあり、8個表示される
  • その2.お名前検索で、不適切なワードが表示されると名誉毀損、プライバシー侵害が起きる
  • その3.Googleサジェストは、検索クエリーの量とサイトの存在がカギを握っている(サイト削除が重要)
  • その4.サジェスト削除をうたう誹謗中傷対策業者は非弁行為といった違法行為をしていないか注意する
  • その5.Googleサジェスト削除フォームを利用すれば自分でも削除可能
  • その6.弁護士無料相談を活用してみる
  • その7.Googleサジェスト削除は弁護士による削除申請がオススメ

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1
 現在営業中( 本日9:00~18:00 ) ]

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
 現在営業中( 本日9:00~18:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事