Google検索結果を削除する方法!サイト管理人が削除依頼に応じない

Search Now Exploration Discover Searching Finding Concept

誹謗中傷・個人情報の漏洩・前科情報の拡散・リベンジポルノ…インターネット上では様々な問題が起きています。

上記のような投稿が広まらないようにするために、サイトの管理者に対して削除依頼をしたいと考えた人もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、いざ削除依頼を行おうとしても管理者と連絡が取れない場合があります。
また、連絡が取れたとしても、削除依頼に応じてくれないことも多いです。

そこで今回は、Googleの検索結果から削除することによって、問題のある投稿の拡散を防ぐ方法をご紹介していきます。

ネット上での削除依頼|サイトが応じないときは?

  • 「会社名 評判」「サービス名 評判」で誹謗中傷の口コミが上位に表示される
  • 自社サイトの記事を丸パクリされたうえ、自分のサイトより上位表示されている
  • サイトが放置され、削除依頼しても無視される
  • 運営元がわからないため、連絡できない

このような悩みを抱えている人も、多いのではないでしょうか。

冒頭でも述べたように、逮捕歴の記事や誹謗中傷のブログなど、削除したいサイトがあっても管理人や運営会社が応じてくれなければ削除してもらえません

また、仮処分によって削除が認められたとしても、海外サイトだと削除をしてくれないこともあり、結局はサイト管理者の逃げ得になるケースがあります。

このような場合、削除を諦めなければならないのでしょうか。

実は、Googleの検索結果の表示から削除してもらうことで、問題のあるサイトの拡散を抑えることができる方法があります。

※「既にサイトが削除済みだけど検索結果に表示されてしまう」という方は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事
Delete
Google検索結果のキャッシュを削除する方法と更新手順
ネット誹謗中傷サイトの削除だけで安心してはいけません。書き込みが削除されても、Googleなどの検索結果に表示がすぐ…[続きを読む]

※サイトの管理人がわからない方は、当サイトの「サイト管理者チェッカー」を一度ご利用ください。

関連記事
サイト管理者チェッカー
サイト管理者チェッカーの概要 「サイト管理者チェッカー」を使うと、誹謗中傷が書かれているURLを入力するだけで、「サ…[続きを読む]

Google検索結果の削除方法

それでは、どうすれば検索結果から削除することができるのでしょうか。
ここからは、自分でできる削除申請の方法をご説明していきます。

以下の3つの項目から当てはまるものを一つ選び、申請手続きを行ってください。

  • ①個人情報の削除を依頼する
  • ②法的な問題(名誉毀損など)で削除を依頼する
  • ③著作権侵害で削除を依頼する

①個人情報の削除を依頼する

電話番号や住所、クレジットカード番号といった個人情報の漏洩を理由に削除依頼をする場合は、以下の手順を参考にしてください。

  1. 問い合わせフォームにアクセスする
  2. 「Google検索に表示される情報を削除する」を選択
  3. 「Googleの検索結果とウェブサイトに表示」を選択
  4. 状況に応じて「いいえ、削除しません」「はい、削除します」を選択
  5. 削除したいコンテンツとその詳細に応じて選択
  6. 「はい、コンテンツは現在も公開されています」を選択
  7. 必要事項を入力して送信

なお、既に削除したいサイトが削除されている場合やサイトの管理人(ウェブマスター)に連絡していない場合は別途作業が必要となります。

選択肢を選んでいくと、必要な作業についてのメッセージが表示されますので(※)、指示に従って進めてください。

※「Googleの検索結果にのみ表示」や「いいえ。その方法について教えてください。」を選択した場合

②法的な問題(名誉毀損など)で削除を依頼する

名誉毀損や誹謗中傷といった法的な問題を理由として削除依頼をする場合は、以下の手順を参考にしてください。

  1. 問い合わせフォームにアクセスする
  2. 「Google検索」を2回選択
  3. 「その他の法的な問題」を選択
  4. 状況に応じて適するものを選択
  5. 「リクエストを作成」をクリックして、表示されたフォームに記入して送信

このフォームからはGoogle検索だけでなく、Google PlayアプリやBlogger・Blogspotなどに関しても報告することができます。

それぞれフォームの指示に従って削除申請をするようにしてください。

③著作権侵害で削除を依頼する

自分が撮った写真が勝手に使われていたなど、著作権侵害を理由に削除依頼をする場合は、こちらのフォームに必要事項を記入して送信してください。

また、著作権侵害の削除依頼は、ひとつ前でご紹介した「②法的な問題(名誉毀損など)で削除を依頼する」方法でも行うことができます。

削除依頼の際の注意点

削除にあたって、注意が必要な点もあります。

問題点1:必ずしも削除されるとは限らない

まず注意したいのは、必ずしも削除されるとは限らないことです。

また、Googleは自身の削除ポリシーなども考慮して削除するかしないかを判断します。
そのため、削除依頼をする前にはGoogleの削除ポリシーなどを確認してから申請するようにしましょう。

【参考】

注意点2:申請者情報が掲載される可能性がある

削除が成功すると、検索結果のページに

「Google宛に送られた法的要請に応じ、このページから1件の検索結果を除外しました。ご希望の場合はChillingEffects.ongにて除外するに至ったクレームを確認できます。」

という記載が表示がされます。

この文中の青文字で表記されたリンク部分(「クレームを確認」)をクリックするとChilling Effectsというサイトに移動するのですが、このページで本名といった削除申請者の情報が丸見えになってしまうケースがあるようです。

申請者情報を表示しないようにするには、申請時にGoogleから受け取ったメールに「実名部分を非表示にしたい」「申請を取り消したい」という旨の返信をする必要があるので、注意してください。

よくある質問|Q&A

  • フォームから削除依頼をしても削除されなかったら?
    もし自分で申請しても削除されなかったのであれば、一度弁護士に相談してみてください。

    弁護士であれば、より法的な知識に基づいて削除依頼をすることができるため、削除される可能性を高くすることができます。

    それでも削除が行われなかった場合は、裁判所に削除の仮処分を申し立てて仮処分命令を出してもらうなど、法的に削除することが必要です。

    仮処分には法的な知識や複雑な手続きが必要です。
    そのため、仮処分を検討する場合にも弁護士に相談することをおすすめします。
  • Google検索結果の削除にかかる日数・期間って?
    削除にかかる日数は定められていません。

    削除依頼をしてから数日で削除されることもあれば、1ヶ月近くかかったものもあるようです。

    また、仮処分など裁判所を利用して削除を行う場合は、1ヶ月単位で時間がかかることが多いです。
  • 弁護士に依頼するときにかかる金額は?
    弁護士に記事削除依頼をする場合の相場は、以下の通りです。

    ・削除申請をする…着手金5~10万円程度
    ・仮処分を申し立てる…着手金20万円程度
    ・削除が成功したときの報酬金…15万円程度

    ただ、具体的な費用は依頼する法律事務所によって異なります。
    相談する際には、費用もしっかり確認しましょう。

 

削除の仮処分・弁護士費用の相場などを詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご参照ください。

関連記事
Mallet of the judge, justice scale, wooden desk background
削除の仮処分とは|インターネット上の名誉毀損記事を削除する
ネット上で名誉毀損、誹謗中傷の書き込みをされたら「仮処分」によって削除させることができます。裁判所を使った手続きで難…[続きを読む]
関連記事
弁護士費用
ネット誹謗中傷対策の弁護士費用の相場はどのくらい?
インターネットで誹謗中傷を受けて、ネット問題を弁護士に依頼した場合の弁護士費用はどのくらいかかるのでしょうか。今回は…[続きを読む]

まとめ

以上が、Googleの検索結果から問題のあるサイトや記事を削除する方法です。

自分の誹謗中傷や名誉毀損の記事がネット上にあるのは、気分が良いものではありませんよね。
フォームからの削除申請であれば一般の方でも簡単にできるため、この記事を参考に試してみてください。

ただ、先述したように必ずしも削除されるとは限りません。

もし「フォームからの申請では削除されなかったが、どうしても削除したい!」と考えるのであれば、弁護士などの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事