「弁護士検索」がネットに強い弁護士を探す時に重要な理由

弁護士検索

ネット誹謗中傷などの法的トラブルに遭遇した場合、自力での解決には限界があります。そこで、弁護士を探す必要がありますが、具体的にどのようにして弁護士を探せば良いかわからないことが多いでしょう。こんなときに役立つのが「弁護士検索」です。

弁護士検索とはどのようなもので、どうやって利用することができるのでしょうか?
今回は、弁護士を探すための「弁護士検索」について解説します。

1.弁護士検索を利用する必要性

弁護士検索とは、日本にいる弁護士を検索する(探す)方法です。

ネット誹謗中傷をはじめとした法的トラブルに巻き込まれた場合には、弁護士に対応を依頼する必要がありますが、そのようなときには依頼する弁護士を探す必要があります。
こんなとき、個別に弁護士事務所のホームページを探すのではなく、日本や都道府県の弁護士をまとめて検索できると便利です。

また、相手が弁護士と名乗っていても、本当に弁護士であるかどうか怪しいというケースがあります。このような場合にも、弁護士検索を利用すると、相手に弁護士資格があるかないかがわかって便利です。
以上のように、弁護士検索を利用する必要性は、主に「弁護士を探す場合」と「相手が弁護士であるかどうか確かめる場合」にあると言えます。

誹謗中傷対策会社を利用すると、「弁護士と連携しているサービスです」と謳う業者がいますが、実在しない弁護士名をだしていることもあります。本当に実在する弁護士なのか確認が必要になることがあります。

2.日本弁護士連合会のホームページから検索する

2-1.日本弁連の弁護士検索とは

弁護士検索をする方法の一つめは、日本弁護士連合会のホームページから検索する方法です。日本で活動する弁護士や弁護士法人は、必ず日本弁護連合会に加入する必要があり、日弁連は弁護士の強制加入団体です。

そこで、日弁連は、全国の弁護士を全員正確に全員把握しています。

たとえば、日弁連の発表によると、2016年12月の時点において、全国に弁護士が37,569人いて、弁護士法人数は997となっています。

日弁連の弁護士検索機能を利用すると、これらの日本中の弁護士から対象の弁護士を探すことができます。

日弁連の弁護士検索機能を使いたいときには、まず日弁連のホームページにアクセスして、「弁護士を探す」というボタンをクリックします。すると、相手の弁護士の氏名や事務所の住所、事務所名などを入力する欄が出てくるので、判明している情報(一部でも可)を入力すると、対象の弁護士の正確な氏名、事務所の住所、電話番号などの情報を知ることができます。

【参考外部リンク】日本弁護士連合会の弁護士検索

2-2.広く情報収集ができる

日本弁護士連合会のホームページから弁護士を検索するメリットは、日本全国の弁護士全員を対象として検索ができることです。そこで、相手が本当に弁護士かどうか調べたい場合や、相手の弁護士の連絡先や修習期などを知りたい場合などに便利です。

ただ、日弁連の弁護士検索では、取り扱い分野などを限定して検索する機能はありませんし、何らかの情報(氏名や都道府県、事務所の住所など)を入力、特定して対象の弁護士を特定することが必要です。

そこで、「ネットに強い弁護士」などというひとくくりの弁護士をまとめて探すことには向いていません。どちらかというと、ネットに強い弁護士を探した後、その弁護士が実際にどのような弁護士であるかを確認するために利用するのが日弁連の弁護士検索機能です。

3. ひまわりサーチを利用する

3-1. ひまわりサーチとは

弁護士を検索する方法には、ひまわりサーチを利用する方法もあります。ひまわりサーチは、日弁連の弁護士検索のサービスの1つで、日弁連の弁護士検索をするとき、同時に「ひまわりサーチ」という画面も出てくるので、ここから利用することができます。

ひまわりサーチとは、その検索エンジンに登録されている弁護士をまとめて検索できる機能です。

取扱分野などが特定されているので、自分の目的とする分野の取扱のある弁護士を狙い撃ちで探すことができます。

ただ、ひまわりサーチは、すべての弁護士が登録しているわけではないので、サイトに登録していない弁護士は検索対象になりません。その意味で、ひまわりサーチは民間の弁護士情報サイトの弁護士情報と変わらない点もあります。

【参考外部リンク】ひまわりサーチ

3-2.特定分野に強い弁護士を探せる

ひまわりサーチで弁護士を検索するメリットは、取り扱い分野や重点取り扱い分野を限定して弁護士を検索できることです。

取り扱い分野とは、その弁護士が一般的に取り扱っている分野であり、重点取扱分野とは、その弁護士が特に力を入れて取り組んでいる分野です。そして、このように条件を絞り込んで、各都道府県別に弁護士を探すことができます。

たとえば「神奈川県でネット問題に強い弁護士」などをまとめて検索できることができます。

このようなことは、日弁連の弁護士検索ではできないことなので、分野を絞りこんで依頼したい弁護士を直接探したい場合には、ひまわりサーチが役立ちます。

また、ひまわりサーチは、全国の弁護士が登録しているので、複数の都道府県の弁護士を探したときに便利です。たとえば、埼玉県に住んでいてネット問題に強い弁護士を探したい場合、東京の弁護士と埼玉の弁護士を1つのサイトから探すことができます。いちいち東京弁護士会のサイトと埼玉県弁護士会のサイトの2つをチェックせずに済むので手間が省けます。

4.各地の弁護士会のホームページから検索する

4-1.各地の弁護士会の弁護士検索とは

弁護士検索の方法としては、各地の弁護士会のホームページから調べる方法もあります。各地の弁護士会というのは、各都道府県にある弁護士の単位会のことです。日本の弁護士は、日弁連に加入しなければなりませんが、同時にどこかの単位会にも加入しなければなりません。日弁連の弁護士検索を利用すると、その弁護士がどこの単位会に加入しているかもわかります。そして、各地の単位会も、それぞれホームページを設けており、このホームページの多くにおいて、その単位会内の弁護士を検索する機能があります。

各地の弁護士会の弁護士検索で対象になる弁護士は、その単位会に所属している弁護士のみですが、弁護士の取り扱い分野から検索ができたり、ひまわりサーチなどの情報よりもり詳しい弁護士の情報が掲載されていたりするので、便利です。

ただし、その単位会に所属している弁護士しか検索の対象にならないので、広く都道府県にまたがって弁護士を探したい場合には、複数の弁護士会のサイトをチェックして、それぞれにおいて弁護士検索を利用しないといけないので、手間がかかります。

4-2.詳しい弁護士の情報を確認できる

各地の弁護士会(単位会)の弁護士検索を利用すると、対象弁護士についての詳細な情報を確認できることが多いです。

ひまわりサーチでも、取り扱い分野や重点取り扱い分野などを調べることはできますが、各地の弁護士会の検索結果には、それよりさらに詳しく事務所の設立年月日や弁護士の経歴紹介、ホームページアドレスなどの詳細情報が掲載されていることがあります。

単位会によって検索結果に表示する内容が異なるので、一概にすべての弁護士会において「ひまわりサーチより詳しい」ということはできませんが、各単位会の弁護士検索を利用すると、概して対象弁護士の詳しい情報を知ることができます。

ホームページのリンクが貼ってあることもあるので、検索結果で気になる弁護士がいたら、その弁護士のホームページに直接飛んで、対象弁護士のことをより詳しく調べることもできます。
また、ひまわりサーチと同様、重点取り扱い分野や得意分野などを指定して弁護士検索ができるケースが多いです。
このように、各地の単位会の弁護士検索機能を使うと、対象弁護士の詳しい情報を知ることができるので、メリットが大きいです。

5.目的に応じて弁護士検索を使いこなそう

以上のように、弁護士検索の方法には主に3つあります。それぞれ特徴があるので、目的によって使い分けることが重要です。たとえば、日本中の弁護士の中から広く弁護士を探したい場合には日弁連の弁護士検索が便利ですし、比較的広い範囲から得意分野を絞り込んで弁護士を探したい場合にはひまわりサーチが便利です。

都道府県レベルまで絞り込めるなら、各地の弁護士会の弁護士検索がおすすめです。各地の弁護士会の弁護士検索は最も詳しく弁護士情報が掲載されている可能性が高いですし、多少面倒ですが、複数の単位会で検索をすると、ひまわりサーチと同様広い範囲から弁護士を探すことも可能です。

6.弁護士検索を利用するメリット

一般的に弁護士を探す場合には、弁護士会が関与していないという意味で民間の各種の弁護士情報サイトなどもあるので、そのようなサービスを利用する方法もあります。

ただ、これらのサービスを利用する場合には、そのサイトに登録されている弁護士しか探すことができません。複数のサイトで弁護士を探せば良いと考えるかもしれませんが、弁護士情報サイトに登録すると広告料がかかるので、複数のサイトを利用しても、広告に熱心な弁護士ばかりが検索にひっかかってきて情報が偏ると可能性もあります。

そこで、公正中立な立場から広く弁護士を探したい場合には、日弁連や各地の弁護士会の弁護士検索を利用するメリットがあるのです。

また、民間の弁護士情報サイトでは、登録している弁護士を探すことはできても、登録されていない弁護士が本当に弁護士かなどを確認することはできません。ここで、日弁連や単位会の弁護士検索機能なら、相手の弁護士の氏名や事務所名がわかっている場合には、それらの情報を入力すると、相手が本当に弁護士であるかどうかを調べることができます。このような機能は民間の弁護士情報サイトにはない点なので、弁護士検索を利用するメリットがあります。

以上のように、弁護士検索機能にはいろいろなメリットや使い方があるので、是非とも賢く利用すると良いでしょう。

まとめ

今回は、弁護士検索について解説しました。

弁護士検索をする場合、日弁連のホームページから検索する方法、日弁連のひまわりサーチを利用する方法、各地の弁護士会の弁護士検索機能を利用する方法があります。

日弁連の弁護士検索なら、日本中の弁護士が広く対象になりますし、ひまわりサーチなら取り扱い分野を限定して全国の弁護士を検索することができます。

各地の単位会の弁護士検索を利用すると、対象弁護士についての詳細な情報を確認することができるので便利です。
民間の弁護士情報サイトの情報は、どうしても広告熱心な弁護士の情報に偏りがちなので、より広くいろいろな弁護士の情報を集めたい場合には、弁護士検索がおすすめです。
日弁連、ひまわりサーチ、各地の単位会、それぞれにおいて特徴とメリットがあるので、目的に応じて賢く使い分けると良いでしょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-5329
[電話受付]平日  10:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!