JPナンバー(日本電話番号検索)の電話番号と口コミ削除する方法

JPナンバー(日本電話番号検索)の削除

「JPナンバー」は電話番号をネットで検索できる便利なサービスです。

知らない電話番号から着信があったとき、「出るか否か」「掛け直すか」の判断に迷うこともあるはず。
そんなとき役に立つのが、このサービスです。

しかし、便利な反面、いつのまにか会社の電話番号や自分自身の電話番号が登録されているケースもあります。
誹謗中傷コメントも投稿され、会社や個人のプライバシーに影響を及ぼす可能性もあります。

そこで今回は、「JPナンバー」に電話番号を登録されてしまった場合の対策方法についてお伝えします。

JPナンバー(日本電話番号検索)について

まずは、「JPナンバー」について大まかに理解していきましょう。

JPナンバー(日本電話番号検索)とは

JPナンバー」(別名:日本電話番号検索)とは、日本のあらゆる電話番号が登録されているインターネット上の電話帳です。

知らない番号から電話が掛かってきた時、サイトを検索して迷惑電話でないかを調べることが主な使い道です。
そして、自分が迷惑電話の被害に遭ったときに電話番号と電話の内容を登録し、他人の役に立つこともできます。

「JPナンバー」には固定電話だけでなく、携帯電話・IP電話・フリーダイヤルなどほとんど全ての電話番号に関する情報が登録されています。

携帯電話やスマホが普及するようになってから、知っている相手なら画面に名前がでてくるのが通常となり、知らない番号から電話がかかってくると警戒して取らないという方も増えています。

昨今は営業電話が絶えずかかってくる時代ですから、「JPナンバー」などの電話番号検索サービスがあるのは、時代の流れからして当然なのかもしれません。

JPナンバー(日本電話番号検索)に登録される理由

では、どのような理由から登録されてしまうのかを見てみましょう。

詐欺電話

一番多い理由としては、迷惑電話が多いためです。

現在、詐欺電話が進化しており、人が直接電話をかけるのではなく自動でランダムに電話をかけ、自動音声でお金をだまし取るという手口が横行しています。
もちろん、「オレオレ詐欺」などの人に手による詐欺もあります。

このような詐欺電話があったことを、他の利用者に知らせるために登録するのです。

営業電話

もっとも、「迷惑だ」と感じられているのは詐欺電話だけではありません。
セールスなどの営業電話もそうです。

電話番号とともに書き込まれる口コミには、企業名を指摘して「しつこく勧誘電話がかかってきた」というようなコメントが残されていることがあります。
詐欺電話だけではなく、営業電話も「迷惑」だとして登録されます。

登録が自由

次に、誰でも登録できるという点があります。

JPナンバーは、主に利用者による登録で情報が蓄積されていくシステムになっています。
ただ、電話番号と口コミの内容の正確性について、JPナンバーは責任を持っていません

誰でも勝手に登録・書き込みができる一方、適正な管理がなされていないのです。

そのため、利用者が少しでも「嫌だな」と思えば、簡単に悪い口コミと共に登録されてしまう可能性があります。
また、場合によっては、悪意をもって特定の会社や企業の電話番号を登録し、嫌がらせをするということも可能となってしまいます。

公的な共有データーベースがない

最後に、詐欺などの悪質な電話番号がわかる公的なシステムがない、ということも理由にあります。

通常の電話帳や市や都道府県が運営するサイトには、悪質な電話番号についての記載はありません。
そのため、危険な電話か見分けるには「JPナンバー」などのサービスで調べることが一番の近道になるのです。

以上のように、電話番号が登録されてしまうのはいくつかの原因があることがわかります。
もっとも、一番の原因は「迷惑だ」と判断されてしまうことにあります。

JPナンバーに企業の電話番号が登録された影響

では、「JPナンバー」に電話番号が登録されてしまうとどんな影響が出るのでしょうか。

考えられる悪影響

先述したように、「JPナンバー」に登録する理由のほとんどは悪い理由です。
たまに「宅配業者さんからの電話でした。」という平和な書き込みもありますが、悪質な電話についての批判がほとんどになっています。

そのため、企業や営業マンに対する悪評を書きこまれると、営業電話に出てもらいにくくなってしまいます
勿論、執拗な電話は迷惑電話になりますので良くないことは明らかですが、利用者の意見を聞くようなアンケートなどの電話についても拒絶されてしまう可能性が高くなります。

また、ネット上で企業名を検索すると「JPナンバー」に掲載されているページが上位にくるため、誹謗中傷コメントが多くの人に見られてしまうということも想定できます。

さらに、多くの悪評が書き込まれてしまうと企業のイメージダウンにもつながります。
正当な内容である場合はともかく、根拠のない嫌がらせである場合、そのまま放置しておくと大変危険です。

 
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

被害事例の内容

上記のような影響を及ぼす口コミの内容は、以下のようなものがあげられます。

  • 店を名指しした上での度を超えた悪口
  • 個人名を出して、「バカ」などの誹謗中傷を行う
  • 個人のプライバシーを侵害するような書き込み
  • 根拠なく迷惑電話であるとして電話番号を登録する

「JPナンバー」の書き込みの削除方法

「JPナンバー」に誹謗中傷コメントや虚偽の内容がある場合は、削除を依頼することができます。
もっとも、これにはメリットだけでなく注意点もあります。
ここからは、誹謗中傷コメントの削除方法とそのリスクについて見ていきましょう。

①ガイドライン(削除基準)を確認

JPナンバー運営元は、独自の削除基準に基づいて書き込みを削除するかどうか判断しています。
反対に、この削除基準に該当していない場合、削除されることはほとんどないと考えていいでしょう。

そのため、削除したい口コミがガイドラインに該当しているかを確認することが大切です。

削除基準①:不適切な内容

まず、「不適切な内容」の口コミです。

不法なコンテンツや違法サイトに繋がるリンクを書き込んだり、盗作・他のサイトからのコピーペーストをした口コミの投稿を禁止しています。

削除基準②:宣伝やスパム

次に、「宣伝やスパム」の口コミです。

企業やお店の宣伝の口コミを投稿したり、似たような口コミを色んな会社に投稿することは禁止されています。

また、印象操作のために口コミを利用することや、他のホームページへのリンクを貼る行為も禁止です。

削除基準③:利害に関する問題

次に、「利害に関する問題」の口コミです。

基本的に、偏見のある内容の口コミは削除対象です。
正直な意見ではなく、虚偽の事実に基づいていたり、個人の偏った主観による悪口などは信憑性がないと判断され、削除の可能性があるようです。

削除基準④:個人情報

最後に、「個人情報」の口コミです。

個人情報保護法にのっとり、個人のフルネームや住所などを識別できるような書き込みは禁止されています。

このように、JPナンバーは4つの削除基準を規定しています。
これを元に、削除依頼文を考えることが大切です。

②JPナンバーに、削除依頼を出す

ガイドラインを確認したら、JPナンバーの方に削除依頼を出します。
方法は以下のとおりです。

  1. 「JPナンバー」のトップ画面から、一番下にある「ご利用案内」というページに進む
  2. 「ユーザーによる口コミの削除」という項目を見つけ、「こちらまでご連絡ください」の青文字部分をクリックする
  3. 問い合わせ用メールのポップアップが表示されるため、そこに削除依頼の旨を書いて送信する

削除依頼文の内容

削除依頼の内容ですが、これについて具体的な内容指定などはありません。
そのため、以下のような基本事項を記入すれば大丈夫です。

  • 削除依頼をする旨
  • 削除を依頼する理由
  • 連絡先(企業名・連絡先個人の名前・メールアドレスなど)

削除を依頼する理由

削除を依頼する理由には、できるだけ具体的かつ客観的に何が問題であるのかを書くようにしましょう。
基本的に、削除が実行されるかどうかは運営元の判断に委ねられています。
ここをしっかりと書くことにより、運営元が削除してくれる可能性も高くなります。

このように、削除依頼は直接JPナンバー運営元にメールを送る方法をとります。
内容に不安がある場合は、弁護士などの専門家に相談してから削除依頼を実行すると良いでしょう。

また、口コミだけではなく事業者情報自体を削除して欲しい場合も、同様にメールにて連絡してください。

削除依頼の注意点

削除依頼をするにあたっては、いくつか注意が必要です。

まず、上記で紹介した方法で必ずしも削除されるとは限らないということです。
運営側の判断によっては削除されませんので、注意してください。

次に、書き込みが削除されることになった場合、書き込みをした本人も削除されたことを知ることができるという点です。

削除された時点で話が終われば良いのですが、削除されたことに憤りを感じ、再び悪質な書き込みをする可能性があります。

JPナンバー内だけでなく、他の掲示板などでも書き込みしたりとエスカレートする可能性があるので、この点は注視しておいたほうが良いです。

削除/犯人特定は弁護士に相談

先述した方法では口コミが削除できなかった場合、また、削除しても何度も繰り返し書き込まれる場合は、専門家である弁護士に相談することがおすすめです。

口コミを削除できる別の方法として、「送信防止措置請求」や「削除の仮処分命令」があります。
書面の送付や裁判所に申請することで、投稿を削除できる可能性があります。

また、投稿した匿名相手を特定する方法として「発信者情報開示請求」という制度が存在します。
この制度によって、投稿者のIPアドレス・タイムスタンプ・電話番号などを入手します。
ここから、匿名相手の氏名や住所を見つけ出し、特定することができます。

相手がわかれば、その個人に対して悪質な書き込みはやめるように警告する、民事で損害賠償を請求するなどの法的手段を検討することができます。

インターネットの問題は早めの対処が肝心です。
上記の対処法は法律に詳しい人でないと手続きが難しい可能性があるので、「なんとしてでも削除したい!」と考える人は無料相談などで一度弁護士に相談してみましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事