不謹慎狩りとは?対策方法も合わせて解説!

不謹慎狩り

ネット上の「不謹慎狩り」をご存知でしょうか?

地震や台風、大雨などの災害発生時や戦争、原爆、原発の話題など真摯になるべきときに、場にそぐわない「不謹慎発言」をしたとき、またたくまに「炎上」してしまうケースがあります。

インフルエンサーや有名人はもちろんのこと、一般人も「不謹慎狩り」に遭う可能性があり要注意です。

今回はネットの不謹慎狩りとはどのようなものなのか、また不謹慎狩りに遭わないための対処方法を紹介します。

不謹慎狩りとは?

不謹慎狩りとは、ネット上で「不謹慎は発言」があったときに一般ユーザーがよってたかって発言者を攻撃し、炎上させてしまうことです。

台風や地震などで大きな被害が出ているときに脳天気な発言をしてしまった場合などによく不謹慎狩りが起こります。

不謹慎狩りは有名人によるふとした投稿がきっかけになるケースが多数です。ただ「有名人だけがターゲットになる」わけではなく、規模の差はあれ一般ユーザーも不謹慎狩りの標的になる可能性がありますし、企業も対象になるケースがあります。

不謹慎狩りの事例

豪雨の被害発生中にPRで「梅雨が明けた」と発言

西日本豪雨の被害が発生している際、モデルがインスタグラムで日焼け止めの宣伝をしようと「梅雨も明けたので日焼け止め対策を」などと発言したため、非難が殺到したケースがあります。

防衛大臣が「私は雨男」と発言

河野太郎防衛相が自衛隊派遣の意義を話す中で、「私は雨男」と発言しました。
台風19号などで多数の死者が出ていることもあり、一部の方から不謹慎だとの批判がおこりました。後日、河野太郎防衛相が「不快な思いをされた方におわびを申し上げたい」と謝罪しました。

原爆の日に配慮せず「なんでもない日、おめでとう」と発言

あるテーマパークの公式アカウントがツイッターにて何の気なしに「なんでもない日、おめでとう」と発言したところ、それが8月9日の「原爆の日」だったために大変な非難が殺到し、不謹慎狩りに遭いました。そのアカウントは後日、謝罪コメントを掲載しました。

ブログの投稿内容が「売名行為」であるなどを指摘されて炎上した芸能人、ハッシュタグがきっかけで炎上したアカウントなどもあります。

関連記事
Twitter炎上事件まとめ!炎上の大学生・企業・芸能人とその後
Twitterで炎上する事件にはどういうものがあるのでしょうか?本記事では、大学生・企業・芸能人が起こしたTwitt…

不謹慎狩りはなぜ起こるのか?

不謹慎狩りで炎上している人や企業は、必ずしも悪人ではあるとは限りません。

どちらかというと「配慮に欠ける、場に相応しくない明るい・ポジティブな投稿をしてしまった、解釈によっては人を傷つける」というケースで、誰にも迷惑をかけていないケースもあります。なぜ、言葉の過ちをしてしまった人やアカウントをわざわざ攻撃するのでしょうか?

そこには過剰な正義感あるいは自己満足、集団心理がはたらいていると考えられます。

特定班(ネット上で炎上した匿名の人物や企業を特定し、晒そうとする人たち)にもみられる傾向ですが、「自分なり」の強い正義感を持っている人が一定数います。

  • 「間違った発言を許さない」
  • 「場に合わない発言を認めない」
  • 「配慮に欠ける発言を許さない」

という強すぎる思い込みにより、ターゲットへの過剰な攻撃を行います。

不謹慎狩りの連鎖

またいったん不謹慎狩りがはじまると、たくさんの人が加勢してきます。

自分一人であれば特に気にならない発言も、周囲のみんなが攻撃していたら集団心理で一緒になって攻撃してしまうのです。

相手が一人で抵抗できないことや、有名人であることなども影響していると考えられます。

ターゲットは本人が特定されているのに対し、攻撃者たちは匿名で言いたい放題、攻撃し放題となることがあります。

また相手が、政治家、有名人や美人なモデル、お金持ち、大企業などであれば、そういった人を攻撃してやっつけるのは気分が良いかもしれません。

不謹慎狩りは一般ユーザーの「ストレスのはけ口」にもなっているケースもあります。

関連記事
特定班
特定班とは?本人特定されないための対処方法
匿名でネット炎上が起こった際などに、驚くべき精度をもって本人を特定する「特定班」と呼ばれる人たちがいます。 特定班は…

不謹慎狩りに遭った場合のリスク

不謹慎狩りに遭ったらターゲットにされた個人や企業はどういったダメージを受けるのでしょうか?

ブランドイメージ低下

企業でも芸能人でも、不謹慎狩りのターゲットにされると大きくイメージが低下します。「あんなに頭が悪いとは思わなかった」「あんな最低な企業だとは思わなかった」という印象を持たれ、その後の活動をしにくくなるでしょう。

芸能人の場合にはCMなどの契約を切られたりスポンサー契約を更新されなかったりするかもしれません。

売上げの減少

企業が不謹慎狩りに遭ってイメージが低下すると、商品やサービスが売れなくなる可能性が高くなります。実際に「不買運動」が起こってしまった例もあります。
冷静に考えてみればさほど悪質な発言でなくても「不謹慎」と攻撃されることによって被害を受けるので要注意です。

精神的苦痛

有名人であっても一般個人であっても、周囲や全国から「不謹慎」「バカじゃないのか」などめちゃくちゃに攻撃されると大きな精神的苦痛を受けるものです。

ネットで炎上すると、ターゲットは本人が特定されているにもかかわらず攻撃者は匿名で「攻撃し放題」の状況になり、攻撃方法が苛烈で残酷なものとなりがちです。被害を受けるとネットを見るのも怖くなり、夜も眠れなくなる方もおられます。

何を言っても悪意にとられて再炎上

不謹慎狩りに遭って「不用意な発言をしてしまった」と後悔し、さまざまな弁解や謝罪を行う企業や個人があります。

しかしいったん炎上してしまったら、何を言っても「火に油を注ぐ効果にしかならない」ケースが多々あります。説明しても弁解しても謝っても「誤魔化している」「口先だけ」「本当は何も分かっていない」などと攻撃されて炎上被害が大きくなります。

攻撃者の方がよほど不謹慎な発言や行動をするケースもありますが、いったん炎上すると「数が正義」のようになり、本人が何を言ってもリカバリできなくなります。

不謹慎狩りに遭わないための対策法

不謹慎狩りに遭わないためには以下のように対処しましょう。

天災や人災、事故等の日付をチェック

過去に起こった大きな天災や人災、事故などの日付をチェックしておき、そういった日にはポジティブ発言や「何も考えていない」と言われそうな発言を控えましょう。

大きな問題が発生したとき、軽率な発言を慎む

豪雨や台風などの被害が発生しているとき、落ち着くまでは軽率な発言を慎むべきです。何の気なしの発言を悪く捉えられて不謹慎狩りのターゲットにされるかもしれません。

ふざけすぎない

普段はおもしろおかしい言動でフォロワーを楽しませているアカウントでも、ふざけすぎるのはNGです。特に重大な事故や今世間を騒がせている内容について、あまりにふざけた投稿(ハッシュタグ含む)をすると不謹慎狩りに遭うリスクが高まります。

共感を得ている発言内容をチェック

SNSにおいてウケている投稿、共感を集めている投稿などをチェックして、自社(自分)だけが大幅に外れた投稿をしてしまわないように注意しましょう。

個人なら特定されないようにアカウントを運用

企業や公式アカウントは致し方ありませんが、個人的なアカウントであれば極力特定されないように運営すべきです。特定さえされなければ、不謹慎狩りに遭ってもアカウント削除すればほぼ解決できます。

まとめ

ネットは便利な反面、身勝手な自己満足の正義感を振りかざして平気で他人を攻撃し傷つける人が存在しています。悪意ある人たちのターゲットにならないよう、不謹慎狩りや炎上には充分な対策を行っておきましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人卯月法律事務所 写真1
【東京都・千代田区】
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人卯月法律事務所 写真1

卯月法律事務所は、全国対応のネット誹謗中傷・風評被害対策に強い法律事務所です。

卯月法律事務所は、全国対応のネット誹謗中傷・風評被害対策に強い法律事務所です。

弁護士法人卯月法律事務所は、東京都千代田区岩本町にある弁護士法人であり、ネット上の誹謗中傷被害・風評被害対策に強い法律事務所です。検索結果削除や逮捕歴、前科のネットニュース削除、2チャンネル削除等に強みがあります。個人様、法人様に関わらずご相談を受け付けており、全国のお客様に対応させていただいております。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6231
[電話受付]毎日 24時間
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事