マンションノートの口コミ・悪口の削除方法と犯人特定方法

「マンションノート」をご存知ですか?
マンションノートは住まい探しをしている方達にとって、生の声を聞くことができる非常な便利なウェブサイトである一方、投稿された悪口や悪質な口コミによって被害を受けている方がいらっしゃるのも事実です。
今回はマンション経営者やオーナーの方に向けて、マンションノートにて悪質な口コミが投稿されてしまった場合にはどのような対処法を取れば良いのか詳しく解説していきます。

マンションノートとは

「マンションノート」とは、2013年3月に公開された、日本全国のマンションに関する口コミを検索することができるウェブサイトのことです。

マンションノートでは、実際にマンションに住んでいる住人や元住人の方、周辺住人の口コミに加え、不動産業者などの専門家や物件オーナーなど様々な立場の人たちが投稿者となることができます。

そのため、気になっているマンションに対する生の意見や評価を共有・確認することができるので、人気のウェブサイトとなっています。

しかし、このように誰でも書き込むことができるサイトだからこそ、悪い口コミが投稿されてしまって被害を受けているマンション経営者の方も少なくありません。

マンションノートの口コミは削除が難しい?

一般に、マンションノートの口コミは削除することが難しいと言われています。
ネガティブな口コミや悪口などで実害を受けているにも関わらず、削除が難しいとされている理由は以下の通りです。

  • 掲載されている口コミは、マンションノートの運営側による審査を通った口コミである
  • 投稿者側に削除依頼をしても削除をすることができない
  • マンション情報自体も削除できない

以下、この3つの理由を詳しく見ていきましょう。

理由1:口コミ掲載は運営による審査済み

マンションノートでは、口コミが掲載される前に運営による審査が行われています。

つまり、運営側がマンションノートの口コミガイドラインに基づいて、掲載OKという判断をした口コミのみが掲載されているのです。

そのため、マンションノートに掲載されている口コミは、もうすでに運営により口コミの基準を満たしていると判断されたものであるという理由から、なかなか口コミを削除してもらうのは難しいというわけです。

では、運営側が審査を行う際の基準はどのようなものなのでしょうか?

マンションノート口コミ投稿ガイドライン(https://www.mansion-note.com/i/guideline)を参考にして確認していきます。

審査基準①:住まいを探す人にとって有益な情報となる口コミである

マンションノートは住まい探しをしている人のための情報サイトです。

そのため、住まいを探している人のためになるような口コミである必要があり、一般論や質問のみで住まい探しをしている者にとって有益な情報が含まれていない口コミは、この基準を満たしていないこととなります。

この基準を満たしていないため、削除対象となり得る口コミ例は以下の通りです。

  • やはりマンションは、一軒家よりも近所付き合いなどが少なく気楽です。(一般論のみ)
  • マンションは一軒家よりも気軽だと思いますが、どう思われますか?(質問のみ)
  • 最悪です。(どう最悪なのかわからず、住まい探しのためにならない。)

審査基準②:表現のマナーを守った口コミである

マンションノートは、不特定多数の多くのユーザーがアクセスするウェブサイトです。

そのため、「他人が不快と感じる可能性のある口コミ」は審査が通りません。

この基準を満たしていないため、削除対象となり得る口コミ例は以下の通りです。

  • こんなマンションに住んでる住人はバカだ。(住人が不快と感じる可能性が高い)

審査基準③:良い点と悪い点の両方が表記された口コミか

マンションノートに投稿される口コミは、良い点と悪い点の両方が含まれていなくてはなりません。

そのため、

  • 良い評価しかないマンションです。悪い点は一つもありません。
  • 良い点は何もない最悪のホテル

などといった良い点のみ、もしくは悪い点のみの口コミは審査基準を満たしません。

審査基準④:嘘や誹謗中傷、権利侵害を行う口コミではないか

嘘や誹謗中傷などによって他人を傷つけるような悪質や口コミや、プライバシー権・名誉を傷つけるような権利侵害を行っている恐れのある口コミは審査基準を満たしません。

この基準を満たしていないため、削除対象となり得る口コミ例は以下の通りです。

  • ◯◯号室の◯◯さんは夜遅く帰ってくるので、物音が気になる。
  • ◯◯マンションには◯◯人が多く、特に◯階は◯◯人が集まっているため治安が悪い

審査基準⑤:個人情報が含まれている口コミではないか

口コミに

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号

などの個人情報が含まれている口コミは、マンションノートの規約違反となります。

個人情報はもちろんの他、記号やマークなどを用いて工夫しながら個人を特定できる情報を、意図的に含んでいるような口コミも審査基準を満たしません。

審査基準⑥:犯罪を招くような口コミではないか

売春斡旋・麻薬取引など、犯罪を招きかねない口コミはマンションノートの審査を通ることはありません。

このような犯罪に関わる口コミが審査漏れになるケースは非常に少ないですが、念のためもう一度確認するようにしましょう。

審査基準⑦:ユーザー以外が投稿した口コミではないか

ユーザー以外とは例えば、次のような投稿者を指します。

  • マンションのオーナー
  • マンションの仲介業者
  • 不動産業者

このような「ユーザー以外」に分類されるような方の口コミは、自分の立場を明記したものでなかった場合、審査を通ることはありません。

審査基準⑧:不適切な表現を含んだ口コミではないか

ここでの「不適切な表現」とは、口コミとして記載されいる情報が、全てひらがなもしくはローマ字によって示されている投稿のことを指します。

もちろんこれ以外にも、マンションノートの運営側が不適切な表現であると認めた口コミは、審査を通ることはありません。

理由2:口コミの投稿者も削除が難しい

口コミサイトなどでは、商品の出品者やビルオーナーからの削除依頼を受けつけるサイトが多いです。

しかしマンションノートでは、すでに審査済みであることを理由に、マンション経営者による削除依頼は受け付けないことがわかりました。

では、口コミを投稿した者に直接削除を依頼し、口コミを取り消してもらうことはできないのでしょうか?

残念ながら、マンションノートでは口コミの投稿者本人であっても、口コミを削除することはできません。

マンションノートのヘルプ「口コミについて」(https://www.mansion-note.com/i/help/review#003)を参照すると、以下のように書かれています。

「サイトに掲載されている口コミは全て基本的にマンションノートの掲載基準を満たしたものであり、削除のご依頼があったとしても、原則としてはご依頼に応じかねますので、あらかじめご了承ください。」

このように、マンションノートでは投稿者による削除もできないことから、口コミを削除してもらうことは困難だと言われています。

理由3:マンションの情報も削除不可

ネガティブな口コミを削除したくても削除できないのであれば、物件情報ごと削除して新しいページを作ってしまえばいいと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、マンションノートでは物件情報を削除することはできません。

ヘルプの「不動産会社・その他法人の方」(https://www.mansion-note.com/i/help/biz#001)を参照すると、

「マンションノートに掲載されているマンション情報は、削除のご依頼があったとしても、原則として削除は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。」

と書かれています。

このこともマンションノートで口コミの削除がしにくい原因の1つとなっています。

マンションノートの悪口の特徴は?具体例も知りたい

では、マンションノートに投稿されるネガティブな口コミや悪口にはどのようなものがあるのでしょうか?

基本的にマンションノートに掲載されている時点で、基準をクリアしていると言っても、実際にはマンションノートには非常に多くの物件が掲載されているため、日々数え切れないほどの口コミが投稿されています。

そのため、全ての口コミに対して目視で確実なチェックを行うことは難しく、審査漏れをしている口コミも少なからずあります。

以下、投稿済みであっても削除してもらえる可能性の高いネガティブな口コミや悪口の例を見てみましょう。

  • 最悪なマンション。こんなマンションには絶対住まないほうがいいです。
  • 〜人が多く、治安が悪いです。
  • 〜号室の人は夜遅くまで音楽をかけていているので、〜階に入居予定の方は気をつけてください。

このように審査基準に当てはまらない悪口が投稿されている場合には削除してもらえる可能性が高いです。

マンションノートに悪い口コミが書かれた場合の対処法

では実際に経営されているマンションについて悪口が書かれてしまった場合には、どのような対処をすれば良いのか確認していきましょう。

口コミの削除要請をする

口コミガイドラインに記載されている審査基準を満たしていない口コミや、禁止行為として挙げられている行為に該当する口コミが見つかった場合には、まずはマンションノートに削除要請をしてみましょう。

マンションノートは、電話での削除依頼には対応していません。

そのため、お問い合わせフォーム(https://www.mansion-note.com/inquiry/input)から削除要請をすることとなります。

お問い合わせフォームでは、
・氏名
・会社名(任意)
・メールアドレス
を記入する必要があります。

お問い合わせ種別では、「問題のある口コミの報告」を選ぶようにしましょう。

1番下にお問い合わせ内容を記入する欄がありますので、そこに削除を申請したいという旨を記入します。

具体的には
・どのマンションに関する口コミか
・どの書き込みのどの内容が、審査漏れもしくは違反行為と考えられるのか
を正確に記入する必要があります。

以下にお問い合わせ内容の記入例を示しておきますので、これからお問い合わせフォームより削除要請を行う予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

お問い合わせ内容の記入例

◯◯マンションに関する「〜〜」という口コミの削除を依頼いたします。

「〜〜」という口コミにおける、「〜〜」という部分は、マンションノート口コミガイドラインの〜に該当しないと考えられます。
速やかに削除していただけるよう、お願い申し上げます。

 

このように、該当の口コミのどこの部分がガイドラインの審査基準を満たしていないと考えるのか、もしくは禁止事項に触れているのかという点を、しっかりと明記するように心がけましょう。

弁護士を通じ、削除申請を行う

お問い合わせフォームからマンションノートに対して口コミ削除の申請を行なってにも関わらず、該当の口コミが削除されない場合、裁判所を通じて口コミの削除を請求することとなります。

口コミの削除は通常訴訟手続き後に行われますが、「仮処分」という手続きを取ることによって判決前に削除してもらうことも可能です。

「仮処分」とは

「仮処分」という手続きは、まだ裁判の判決が出る前の段階において
・投稿された悪質な口コミや不利な情報を削除してもらう
・裁判で判決が出るよりも前に、投稿者の個人情報が削除されてしまうことを防ぐ
など、本来被害を受けたものが当然受けるべき権利・避けるべき不利益を保護するために、裁判所が暫定的に取り計らう手続きのことです。

通常悪質な口コミ削除に関する訴訟を起こした場合、裁判が終わるまでに3ヶ月から1年程度の期間がかかってしまいます。

その間ずっとマンションに関する悪質な口コミが公開され続けてしまっては、そのマンションの居住者が減ってしまい、家賃を下げざるを得なくなってしまったり、マンション経営者としては取り返しのつかない事態となってしまうことがあります。

こうした手遅れの状態となってしまうのを防いでくれるのが、「仮処分」の手続きとなります。

口コミ削除の仮処分を認めてもらうために

「仮処分」は、マンションノートに投稿される口コミからマンション経営者を守るための有効な手段です。

しかし、申立さえ行ってしまえば、どんな口コミであっても仮処分が認められるというわけではありません。

裁判所に仮処分を認めてもらうためには、
・被保全権利
・保全の必要性
の要件を満たすことが必要です。

被保全権利

被保全権利とは、「本当に保全されるべき権利か」ということです。

具体的には、プライバシー権・名誉権・著作権などが「保全されるべき権利」として認められます。

削除してほしい口コミが、このような「保全されるべき権利」を侵害しているような場合には、「仮処分」が認められるための要件を満たしていることとなります。

保全の必要性

「保全の必要性」が認められるためには、もしも仮処分を実行せずに保全しなかった場合、債権者に著しい損害・危険が生じるということを明確に裏付けるための、客観的で具体的な事実が必要不可欠となります。

仮処分にかかる期間は?

マンションノートに投稿された口コミに仮処分が認められた場合には、裁判所への申立て後から口コミが削除されるまでの期間はおよそ1〜2ヶ月前後です。

これは、通常の裁判の手続きを踏んで、判決が出るまでの3ヶ月〜1年という期間と比べると、大幅に短縮されることがわかります。

仮処分の申立〜口コミ削除までの流れとは

実際に仮処分の申立てを行なった後、無事に該当する口コミが削除されるまでを簡単にまとめると、以下のような流れとなります。

①裁判所への申立てを行う
②審議が行われる。
③仮処分命令が発令される
④該当口コミが削除される

ここで注意しなくてはならない点は、そもそも仮処分の申立てを行うには、法律上の要件を満たしているかどうかという主張と、その主張を立証するための確固たる証拠が必要であるということです。

しかし、仮処分が認められるために必要なものとなる証拠集めは簡単なものではなく、なかなか個人で行うのは難しいものです。

そのため、もしもマンションノートのお問い合わせフォームから削除要請をしても口コミが削除されない場合には、弁護士に相談することをおすすめいたします。

マンションノートの口コミ投稿者を特定したい時は?

裁判所を通じて無事に悪質な口コミが削除された場合であっても、被害が収まらないというケースも多々あります。

というのも、マンションノートの違反行為に該当するような口コミを書き込んだり、法律上問題があると判断されるような口コミを投稿する人は、自分の投稿した口コミが削除されたことによって逆上してしまう可能性があるのです。

そのような場合、せっかく削除してもらった口コミよりももっと悪質な口コミを繰り返し書き込むことがあります。

もちろんマンションノートでは口コミが公開される前に審査が行われますが、あくまでも目視の審査ですので、また審査漏れで悪質な口コミが公開されてしまう…という危険性もあります。

このような場合には、悪質な口コミを投稿した投稿者を特定し、損害賠償を請求することも可能です。

発信者情報開示請求の依頼

口コミの投稿者を特定をしたい場合には、弁護士へ依頼し、発信者情報開示請求を行ってください。

発信者情報開示請求を行うことで、
誹謗中傷や悪質な口コミを投稿している投稿者の
・IPアドレス
・氏名
・住所
などの情報開示を請求できます。

投稿者のIPアドレスがわかれば、投稿者を特定することができます。
投稿者特定のための手続きの具体的な流れをチェックしてみましょう。

①プロバイダに対して、発信者情報(IPアドレス)の開示請求を行う。
②発信者情報開示の仮処分申請を行う。
③発信者のIPアドレスをもとにして、使用された経由プロバイダの特定を行う。
④経由プロバイダに対して、発信者情報を消去することを禁止する仮処分申請を行う。
⑤発信者情報の開示請求の訴訟を提起する。
⑥裁判所による判決に基づいて、住所・氏名など発信者が特定される。

このような一連の流れを経て、マンションに関する根も葉もない噂や悪質な口コミを投稿した投稿者を特定することができます。

そして投稿者が特定された場合には、投稿者本人を特定するために必要となった弁護士費用のほか、該当口コミによって受けた被害に対する慰謝料などの損害賠償金を請求することができます。

ネットに強い弁護士に相談を

マンションノートに投稿された悪質な口コミの削除依頼や投稿者特定を弁護士に相談する場合、ネット問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。

ネットに強い弁護士は、誹謗中傷・権利侵害などのインターネットにまつわる問題解決の経験が豊富なだけではなく、豊富なITスキルを持っている人も多く存在します。

こうしたネットに強い弁護士に依頼することで、口コミの削除はもちろんのこと、投稿者の特定もスムーズに進めることが可能となります。

弁護士費用の相場

では悪質な口コミ投稿者に関して、情報開示請求を弁護士に依頼する場合の費用の相場はどのくらいなのでしょうか?

一般的には
・任意開示の場合:10~15万円程度
・裁判による開示請求を行う場合:30~40万円程度
と言われています。

ただし、弁護士費用は各々の弁護士事務所や個々の弁護士によって大きく異なります。

マンションノートに投稿された口コミの削除要請や発信者の特定に関して、弁護士に相談することを検討されている方は、正式に依頼する前に費用の見積もりを行うようにしましょう。

まとめ

今回は、マンションノートに悪質な口コミや悪口が投稿されてしまった場合の対処法についてご紹介してきました。
マンションノートにおいて口コミが削除されにくいのには理由がありました。
しかし口コミガイドラインの審査基準を満たしていない場合には、削除してもらうことができる可能性は高いです。
まずはマンションノートのウェブサイト内にあるお問い合わせフォームより口コミの削除申請を行い、それでもなかなか削除されない場合には、できるだけ早くネットに強い弁護士に相談することをおすすめいたします。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す