逮捕歴ツイート削除訴訟|逆転敗訴の高裁判決から最高裁へ

twitter taihoreki

2020年6月29日、Twitterの逮捕歴に関する投稿の削除を巡って争われていた高裁判決が出ました。

一審(地方裁判所)では逮捕歴の削除が認められていたのですが、東京高等裁判所の判決は「削除請求を認めない」と大きく変わりました。

一審と高裁の判決はなぜ逆転したのでしょうか?

今回はこの裁判例について、概要とポイントを説明していきます。

なお「訴訟の上告審弁論が2022年5月27日に最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)で開かれ、判決を「2022年6月24日」に指定し結審*」されています。今後、最高裁で逆転判決の可能性も残されており、注目に値します。

【追記】2022年6月24日、ツイッター逮捕歴削除訴訟で「最高裁が逮捕歴の投稿削除」を命じました。これで、二審判決は破棄され、逮捕歴に関するツイッターの投稿の削除を巡り最高裁が判決を言い渡したことになります。詳細が分かり次第、本記事において追記致します。

*https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052700932&g=soc

Twitter上の逮捕歴ツイートは「デジタルタトゥー」

現在、Twitterで「#逮捕歴」「#犯罪歴」と検索すると、過去の犯罪に関する投稿を見ることができます。

これらはあくまで芸能人や有名人のものが多いのですが、もし一般人の逮捕歴情報が、ネット上に残り続けると、以前罪を犯して今は更生している人も、Twitter上の何年も前の投稿に苦しめられることになります。

これを俗に「デジタルタトゥー」とも呼びます。

今回の逆転敗訴裁判の概要|削除請求を認める→認めないへ

今回話題となった裁判も、Twitterに自分が逮捕されたときの投稿がいまだに出て来てしまうことから、削除を求めたものでした。ここからは、この裁判の概要と判決の解説をしていきます。

事案の概要

原告となった男性は、2012年にのぞき目的で女湯の脱衣所へ侵入した疑いで逮捕され、罰金10万円の略式命令を受けました。

しかし、罰金を支払った後も記事の投稿がTwitter上に残され、就職活動が妨げられるなどの支障が生じているとして、Twitter社に削除を求めました。

一審判決(東京地裁令和元年10月11日判決)

一審判決では、男性の削除請求を認める判決をだしました。

理由としてポイントになるのは、以下の2点があげられます。

  • 原告の更生を妨げられないといった利益が、公益より優越すること
  • ツイッターはインターネット上に必要不可欠な情報流通の基盤となっているとはいえないこと

犯罪行為をすることは、勿論良いことではありません。
しかし、前科のある人が心を入れ替えてやり直そうとしているときに、ネット上にある逮捕記事のせいで仕事につけず、生きていけなくなってしまうのも酷な話です。

そこで、前科のある者でも、前科等の情報によって新しい生活が脅かされたり、更生が妨げられないようにする利益を有すると考えられ、公益より優越するとされました*。

*公的な地位にいる人や、選挙の候補者などであったり、社会に大きな影響を及ぼす事件であったときなどは、こうした前科等を公表されない利益よりも公益が優先されます。

また、Googleは検索エンジンとして世界中の多くの人が使っていますが、Twitterは誰もが使っているとは言えません。

例えば、一家の中でも子供は使っているかもしれませんが、両親から祖父母まで、全員が使っている家庭は少ないのではないでしょうか。

このように、Twitterはインターネット上のウェブサイトのひとつであり、Googleのようにネットを利用する上で必要不可欠な情報流通基盤となっているとまでは言えない、と判断されたのです。

今回の事案では、男性が罰金を全額払っており、事件自体も7年以上前の話で、社会に大きく影響を及ぼしたとは言えませんし、現時点でこの事件のニュースにそれほどの公共性・公益性もありません。

そして、実際に就職活動や交友関係に支障が出ていたという事実もあります。

以上から、プライバシーを公表されない利益がTwitterで事件の投稿をされる公益に優越すると判断され、削除が認められたのです。

逆転敗訴の高裁判決(東京高裁令和2年6月29日判決)

しかし、高裁判決では削除の請求を認めませんでした。
その理由として、以下の2点があげられます。

  • Twitterは情報流通の基盤であること
  • 被害可能性が高くないこと

Twitterはアクセス数が世界で6番目に多く、政治家、芸能人、大統領といった著名人も情報発信しています。

よって高裁は、TwitterもGoogle同様、情報流通の基盤として大きな役割を果たしていると考え、そこで犯罪のニュースなど公益性の高い情報を流すことは大きな利益となると判断しました。

また、Twitterの検索機能の利用頻度はGoogleほど高くないことから、逮捕の投稿が拡散される範囲も限られるため原告が被害を被る可能性も低く、削除による原告の利益より公益の方が優越すると判断し、削除請求を認めなかったのです。

判決の問題点と相違点は?

一審と高裁での判断の分かれ目になったのは、Googleと比べたときのTwitterの評価でした。

一審では、Twitterはウェブサイトの1つに過ぎず、Googleのような情報流通基盤とは言えないと考えた一方、高裁ではGoogleと同等程度の価値があり、情報流通基盤であると考えました。

また、高裁において、Twitterの投稿はGoogleより原告に被害を与える可能性が小さいと評価しました。

最高裁で逆転判決【2022年6月24日】

2022年6月24日、ツイッター逮捕歴削除訴訟で「最高裁が逮捕歴の投稿削除」を命じました。

二審判決は破棄され、逮捕歴に関するツイッターの投稿の削除を巡り最高裁が判決を言い渡したことになります。

ここまでの流れをまとめると下記のとおりです。

  • 男性はTwitterの逮捕歴投稿により「就職活動や交友関係に支障が出た」として、削除を求めて提訴
  • ツイッター社側は「投稿は独自の表現行為で、これを削除することは表現の自由や知る権利に関わる。削除されるべきではない」と反論
  • 最終的に、最高裁が投稿削除を命じる

最高裁はこの決定で、以下のハードルを設けています。

  • 検索エンジンは「ネット上の情報流通の基盤」であり、検索結果の提供は「表現行為という側面もある」と指摘。
  • 削除が認められるのは、検索結果を表示する理由より、プライバシーを公表されない利益が「明らかに優越する場合」に限られる*

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef526e69c4e32aeaa90dba6aad5e3293e95f8ce8  *https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/265/091265_hanrei.pdf

ただそうは言っても、今後Twitter側が削除に応じるツイート内容の幅が大きく増加することが予想されます。

ツイッターで誹謗中傷被害・風評被害に巻き込まれている方は、以下の記事なども参考にTwitter側に削除依頼を出すのも良いでしょう。

関連記事
twitter
Twitterで悪口と誹謗中傷!名誉毀損ツイート削除と犯人特定方法
Twitter(ツイッター)を運用している方は、下記のような経験・事例をご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか…[続きを読む]

まとめ

今回は、Twitter上での逮捕歴削除請求の訴訟について、逆転敗訴となった高裁判決の解説でした。

罪を償ったあとは、前科によって理不尽な生活を強いられない利益が認められている以上、更生する人のためにどのような対応をとるべきなのか、考えていくことは大切です。

今回、高裁では削除が認められないという結論が出されましたが最高裁で逆転判決も出ました。まだ、様々な問題点もあり、更なる議論が必要です。

今後どのような流れになるのか注目と言えます。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

誹謗中傷の解決実績が豊富な事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
  • ホスラブに強い
  • 全国対応
  • 電話相談可能
ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
誹謗中傷にお困りなら今すぐ弁護士相談
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事はネット誹謗中傷弁護士相談Cafeを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
プロフィール この監修者の記事一覧

あなたへおすすめの記事