浮気・不倫?夫婦のLINE盗み見で不正アクセス禁止法違反の可能性

The man is looking at the smartphone in bed

LINEを盗み見した罪に問われる可能性

パートナーや恋人が、最近怪しい。ふとスマホの画面が光ったのを見たら、知らない異性からの連絡が…そんなとき、ついラインなどを「勝手に見てしまった!」なんてことよく聞く話です。

でもこんな男女のいざこざも、実は法律に反する可能性があります。

プライバシー侵害で慰謝料請求や、不正アクセス禁止法違反で懲役を課せられる可能性もあります

つい出来心がきっかけで法に触れないようにしなければいけません。不倫で慰謝料請求どころか、見てしまった側が罪に問われる可能性があります。

そこで今回は、「LINEなどの盗み見と法律違反」、「不倫発覚の際の安全な証拠の集め方」について解説いたします。

夫婦だから、家族だから許されると許容されそうと考えそうですが、実際問題になることがあります。

LINE盗み見は犯罪になる

LINE盗み見が、どんな犯罪に当たる可能性があるのかは、以下を見ていきましょう。

民法上はプライバシー侵害

プライバシー権は憲法上保証された重要な権利

憲法上、個人のプライバシー権は重要な権利です。プライバシーを侵害するようなことがあれば、民法上不法行為として損害賠償請求(民法709条)を受ける可能性があります。

プライバシー権とは、みだりに私生活を公開されない権利のことをいいます。つまり自分の私生活に関する情報をコントロールする権利のことです。行政に提供しているような個人情報だけではなく、人に知られたくない私生活上のごく私的な情報も含まれます。

そして、これは夫婦間など密接な関係の間においても認められているものです

したがって、勝手にパートナーのスマホをチェックすることはプライバシー権の侵害に当たる可能性があるということです。

勝手にアプリを開いて盗み見ると損害賠償請求も

では、どの程度でプライバシー権侵害になるのでしょうか。

例えば、冒頭で挙げたようなスマホのポップアップ画面に浮気の証拠となるようなメッセージをたまたま見てしまった場合は、プライバシー権の侵害とは言い難いでしょう。

たまたま見てしまっただけですし、自らスマホの中身をチェックしたわけでもありません。

しかし自ら勝手にパートナーのスマホの中身をみて、LINEをチェックしたというケースでは、プライバシー権侵害にあたる可能性が十分にあります

この場合は、パートナーのプライバシー権を侵害しただけでなく、送り手である浮気相手とされる方のプライバシー権も侵害した可能性があります。

したがって、勝手に人のスマホをチェックするのは、夫婦であっても控えるべき行為といえるでしょう

もっとも、盗み見したことによってプライバシー侵害に基づく損害賠償請求を受けたとしても、夫婦やパートナー間である場合は親密な間柄ゆえに慰謝料額が低くなる可能性が高いといえます。

とくに浮気などを疑って見てしまったケースは損害賠償すら認められないこともあります。

このように、プライバシー権の侵害にあたり損害賠償請求を受ける可能性もあります。

もっとも、夫婦間などごく親密な間柄では、高額な慰謝料が請求されることはまずないので、見てしまったからと言って過度に心配する必要はありません。

ただあまり褒められた行為ではないことは覚えておきましょう。

不正アクセス禁止法違反の恐れ

勝手にログインすると不正アクセス禁止法違反

不正アクセス禁止法に触れる場合があります

具体的にいうと、パスワードを解除してログインした上でLINEを盗み見た場合です。

不正アクセス禁止法は「何人も不正アクセスをしてはならない」(同法3条)として、これに反する場合は、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処するとしています。

そして、パスワードを解除してログインした上でLINEを盗み見る行為は、不正アクセス行為となるため、上記罪が課せられる可能性があります。他方、パスワードの設定がない場合に、勝手にLINEを盗み見る行為は不正アクセス禁止法違反にはあたりません。

この場合、すでにダウンロードされているメールやアプリを見ているだけなので、インターネットなどを通じて情報を送受信するような行為は行われていないからです(※)。

つまり、アプリにロックがかけられているかどうかが不正アクセス禁止法違反になるかの重大な分かれ目になってきます。

※最近では、アプリを起動するだけでデータ通信が行われる機能があります。この場合、不正アクセス禁止法に当たる可能性はあります。

データの転送も危険

では、別のスマホにスマホの送信内容などを送って、別のスマホで再現するクローン携帯はどうなるのでしょうか。

これも、持ち主の許可なくインターネットを使ってデータの送受信が行われているためが不正アクセス禁止法違反になります

最近では浮気の証拠を残すために、このような手法をとる方がいらっしゃるようですが、法律違反にあたるため、あまり良い方法とはいえないでしょう。

このように、ちらっと見ただけで不正アクセス禁止法に抵触することはありません。しかし、勝手に自らロックを解除してLINEを盗み見たりする行為は不正アクセス禁止法に当たる行為ですので、十分気をつけましょう。

不正アクセス禁止法に関しては、詳しく下記の記事で解説しています。

関連記事
アカウント乗っ取り
不正アクセス禁止法とは?不正アクセス対策と事例をわかりやすく解説
インターネットを利用していると、勝手に自分のIDとパスワードを使われて、知らない人にパソコン操作やSNS・LINE乗…

LINEの画面は不倫の証拠として使えるか?

line盗み見

でも…「浮気の証拠を残したい!これは正当な理由になるでしょ?」

しかし、LINE盗み見でゲットした浮気や不倫の証拠は裁判では証拠として扱ってもらえない可能性もあります。

まず、刑事訴訟法上は違法な手続きや手段で得た証拠は、証拠にすることができないとする違法収集証拠排除法則が厳格に適用されます。

したがって、刑事事件ではプライバシー侵害のあるデジタルデータに関しては、証拠にできないといえます。

もっとも、離婚などで問題となるのは民事事件です。民事訴訟法上は、そこまで厳格性は求められていませんので、証拠となる可能性が高いともいえます。

もっとも、デジタルデータは改ざんが疑われると証拠として認められない可能性があるので、改ざんが疑われないように証拠を残す必要があります。

このように、最近ではLINEのデータなどは不倫の証拠として扱ってもらえる可能性は高いです。

しかし、片っ端からパートナーのPCやスマホにログインして、データを移すような行為は不正アクセス禁止法にあたります。

ですので、法律違反のないように証拠をゲットする方法を覚えておくべきといえるでしょう。

LINE盗み見しないで、不倫の証拠を集めたい

とはいうものの、どうすれば法律違反なく浮気の証拠をゲットできるのか、気になります。浮気や不倫のデータを集めたい場合は、以下のことに気をつけましょう。

できるだけ多くの証拠を集める

まず、LINEの盗み見のデータだけに頼るのは止めましょう。LINE以外にも、不倫相手とご飯を食べた場合の飲食店の領収書やホテルを利用した場合クレジットカードの明細、仲良さそうに映る写真なども証拠になります。LINEだけでなく、幅広い証拠を集めることで、不倫があった事実が推認されやすくなります。

もっとも、LINEでゲットすべき情報もあります。それは、性交渉があったことを確実に推認させるような会話のやりとりです。これは決定的な証拠になります。ですので、LINEで不倫の証拠を集める場合は、この点に絞って情報を集めるようにすると良いでしょう。

改ざんは疑われないように

次に、証拠の残し方が問題となります。デジタルデータは改ざんが疑われる可能性があります。それでも証拠として認められる可能性はありますが、リスクを犯さないためにもデジタルデータは転送せず、画面をそのまま撮影するようにしましょう。会話の画面だけでなく、その画面がパートナーのスマホの画面であることを証明するため、携帯番号が表示されているプロフィール画面も撮影しておくとさらに良いでしょう。また、LINEの一括ダウンロード機能を使うと、日付や時間もわかるようにダウンロードされるため、証拠として使えるでしょう。

法律違反にならないように

LINEの証拠を集める具体的な方法をお伝えしましたが、法律違反になっては元も子もありません。プライバシー侵害や不正アクセス禁止法には十分気をつける必要があります。最悪の場合は、証拠として認めてもらえないだけでなく上述した罪に問われる可能性もあります。

では、どうすれば法律違反にならずに証拠を集めることができるのでしょうか。

一番良い方法は、パートナーの許可をとることです。「正直に話せば許す」と言って、うまく話し合いに持ち込み、LINEを見せてもらうことが一番安全な方法です。

実際に、あなた自身がまだ許せる可能性があるなら、一度許してあげることも考慮してみるべきかもしれません。それでもどうしても許せない場合、許可を得て収集した証拠を後に利用することもできます。

パートナーと話し合いをしても見せてもらえないケースも十分に考えられます。そんなときの最終手段としては、LINE株式会社に直接文書提出命令を裁判所から出してもらうという方法もあります。しかし、LINE株式会社が応じてくれる保証はありません。

もっとも、LINEを見るだけなら法律違反にはあたりません。もっとも開くだけで通信を行うようなケースもありますので、機内モードにしてからLINEを開くようにすると、通信ができなくなるため安全といえるでしょう。

このように、法律違反にならないように証拠を集めるのは現実的には難しいことかもしれません。もっとも、最悪のケースを考えて勝手にログインして証拠を集めるのではなく、できる限り許可をとってから証拠を集めることを考えてみましょう。

LINEを不倫の証拠として使いたい!弁護士に相談を

たまたま見た、相手のスマホから不倫をしていることが明らかになった。でも「慰謝料を請求するためには証拠を集めなくちゃ…」という場合、具体的にどうすればいいのか不安になる方もいらっしゃるでしょう。また、実際に慰謝料を請求する場合、どのくらいの額を請求できるのかなど専門家に相談したい方もいらっしゃるとおもいます。

スマホのやり取りは証拠が残りやすいので、不倫や浮気の証拠として活用したいですが、違法に集めては意味がありません。ITに詳しい弁護士にも相談する必要があるでしょう。

そんなときは、ITにも専門的な知識があり、離婚に関しても取り扱っている弁護士に相談してみましょう。スマホの証拠の残し方、離婚に関するさまざまな問題を一挙に任せることができます。

最近では、無料相談を受け付けている事務所も数多くあります。不倫で慰謝料を請求する場合、個別具体的な問題を尋ねたい場合は、専門家である弁護士に相談することが一番です。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
弁護士法人卯月法律事務所 写真1
【東京都・千代田区】
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人卯月法律事務所 写真1

卯月法律事務所は、全国対応のネット誹謗中傷・風評被害対策に強い法律事務所です。

卯月法律事務所は、全国対応のネット誹謗中傷・風評被害対策に強い法律事務所です。

弁護士法人卯月法律事務所は、東京都千代田区岩本町にある弁護士法人であり、ネット上の誹謗中傷被害・風評被害対策に強い法律事務所です。検索結果削除や逮捕歴、前科のネットニュース削除、2チャンネル削除等に強みがあります。個人様、法人様に関わらずご相談を受け付けており、全国のお客様に対応させていただいております。まずはお電話にてお気軽にご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6231
[電話受付]毎日 24時間
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事