リベンジポルノで画像・動画拡散被害!弁護士相談で完全に削除する方法

リベンジポルノ

リベンジポルノとは、付き合っていた元恋人や離婚した元配偶者への仕返し、恨みを晴らす意味で、交際中に隠しとっていた(あるいは一人になっても寂しくならないようにといって2人で楽しんで撮影していた)、相手の裸の写真や動画など、公にしたくない性的な写真、映像をリベンジサイトや掲示板に公開する行為です。

ネット上に一度リベンジポルノで公開された画像は、特に海外サイトだと完全に削除することが難しく、半永久的にその画像が残ることがあります。

リベンジポルノ被害者の精神的ダメージは相当に大きく、問題になっています。

この解説記事では、リベンジポルノの法律、事例、被害に遭った時の対処法、予防策を説明いたします。

リベンジポルノ防止法

リベンジポルノ防止法では、第三者が、被写体(元恋人や元配偶者を想定)のプライベートで撮影した性的な画像や動画などをインターネットなどを通じて不特定又は多数の人に対して提供した場合に罰されます。

実際に性的な画像や動画をネット上などにアップして掲載した人は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金刑に処せられます。

また、画像や動画のアップロードなどのために性的な情報物を提供した人は、1年以下の懲役または30万円以下の罰金刑を科せられます。

ただし、リベンジポルノ防止法は、親告罪なので被害者による刑事告訴がない限りは処罰を受けません

リベンジポルノの事例

リベンジポルノの事例として、三鷹ストーカー殺人事件があり、リベンジポルノ防止法制定のきっかけとなった事件です。

この事件の被害者は当時18歳だった女子高生です。被害者の方から男性へ別れ話が切り出されましたが、交際相手の男性は、ストーカー行為を繰り返すようになります。

2013年10月8日、自宅に被害者がひとりでいるところに侵入して待ち伏せし、被害者を持っていたナイフで刺し殺したのです。

被害者との交際中に撮影した性的な画像や動画を投稿(通称:リベンジポルノ)しました。

関連記事
リベンジボルノ防止法
リベンジポルノ防止法とは?~三鷹ストーカー殺人事件
リベンジポルノ防止法という法律をご存知でしょうか?この法律は、元恋人や元配偶者などに対する嫌がらせや仕返しなどの意味…

リベンジポルノ被害の対応手続き

リベンジポルノ対処手順図

リベンジポルノは、どこに相談したらよいか?分からなくなりますが、まず警察へ相談するのがよいでしょう。

ただ、リベンジポルノに対して、すぐに警察が対処してくれるとは限りません。

ネット上のリベンジポルノ被害は、警察の対応が遅く、真剣に取り組んでくれないと不安を覚えるケースは多々あります。

警察の動きが鈍い場合、リベンジポルノは、まずネット被害に強い弁護士に相談することをオススメします。

リベンジポルノを弁護士に依頼すると、被害状況を把握し、わいせつ画像が掲載された掲示板、サイトに対して、弁護士が削除・発信者情報開示をし、削除を行ってくれます。

わいせつ画像の場合は、わいせつ電磁的記録媒体陳列罪に該当します。

また、リベンジポルノの場合、盗撮とは違い、交際相手が明確で流出元が明らかなことが多いため、犯人の見当がついていることが多いです。

ネットに強い弁護士は、リベンジポルノに対する警察の動かし方も知っていますので、犯人を逮捕することができ速やかに解決に至ります。

リベンジポルノの弁護士による削除

画像・動画のサイトからの削除、検索結果からの削除

まず、アップされた、リベンジポルノの画像や動画の掲示板やサイト管理者に連絡して、プロバイダ責任制限法に基づき削除を行ってくれます。

削除に対応しない管理人には、栽培所の仮処分によってリベンジポルノの画像、動画を削除をすすめてくれます。

また、GoogleやYahoo、bingなどで、名前で検索した場合に、「わいせつ行為をしている画像」「リベンジポルノ画像」が検索結果にサイトURLが表示されないようにも対応してくれます。

リベンジポルノの場合、単に、「画像」や「動画」を投稿したりせず、テキストで検索エンジンにひっかかるように、「名前」や卑猥な言葉と+「個人名」で投稿することがあります。

ロシアなどの海外にあるサイトは、削除対応する管理人ばかりでないので、画像や動画がどこまで拡散したかによりますが、削除に応じないサイトも存在するのも事実です。

その場合は、検索結果にそのURLが表示されないように検索エンジンにはたらきかけることが重要です。基本、多くのサイトは、検索エンジン経由でアクセスしてきます。よって、検索エンジンに、リベンジポルノが掲載されているURLが表示されなければ、アクセス数は限りなく0に近づけることができるのです。

Googleの検索結果に表示させない、Googleの検索結果から削除するという作業も、弁護士になら行ってくれるので相談してみましょう。

関連記事
Search Now Exploration Discover Searching Finding Concept
Google検索結果を削除する方法!サイト管理人が削除依頼に応じない
サイトが削除できない場合は、GoogleやYahooなどの検索結果から削除すれば、アクセス数がへり、サイト削除と同等…

犯人の現住所を調べてくれる

付き合っていた当時の住所から、リベンジポルノの犯人が引っ越していたとしても、弁護士の場合、住民票の移転先を入手することができ、住所を突き止めることができます。

被害届の出し方を熟知しており、警察を動かしてくれる

リベンジポルノの犯人がいる住所の地元の警察に、警察に被害届を出すことになります。

本人だけが警察署にいって、警察官に相談にしても、のらりくらりの対応で、リベンジポルノという精神的な被害が絶大にもかかわらず警察の対応が消極的なことがあります。

弁護士によりますが、警察にも迅速に動いてくれる部署と、のらりくらり対応する部署があるので、警察の動かし方を知っている弁護士なら、リベンジポルノに対して迅速に動いてくれる部署を教えてくれ、また、警察に提出する証拠や警察に伝える情報、罪名などを的確に教えてくれます。

そこまで、リベンジポルノの書類や証拠、情報がそろっている場合、警察は動き出してくれます。

そして、リベンジポルノの犯人と思われる者を呼出し、取り調べ、犯人は写真掲載を認めるところまで調書をとってくれます。

さらに、警察によばれることで、掲載した写真は犯人によりリベンジポルノが削除されることが多いです。

また、リベンジポルノの犯人に1回注意して終わり、というわけではなく、警察の方で捜査を進め、最終的には検察官送致をして処分を決めるとことになります。

リベンジポルノ犯人と示談交渉、損害賠償(慰謝料)請求をしてくれる

リベンジポルノ犯人から示談申し入れがあれば、弁護士が示談交渉を対応し、わいせつ画像の削除、損害賠償(慰謝料等)請求をします。

関連記事
SNSネットストーカー
SNSネットストーカー被害は弁護士相談!ストーカー規制法で対処しよう
SNSでネットストーカー被害に遭った場合、ストーカー規制法によって規制することはできるのでしょうか?ストーカー規制法…

リベンジポルノ被害に遭わないための予防策

恋愛期間に、二人で写真をとる機会は多いと思います。二人の大切な思い出を残すことは問題になることはありません。

しかし、性的な写真やプライベートな写真はなるべく、撮らない、撮らせないという防御策が必要です。

リベンジポルノの精神的な被害は、甚大なるものがあります。よって、いかなる理由があっても、相手に公にされたら困る動画・写真を撮らせない

写真データは、故意であるにせよ、事故にせよ、流出する恐れがあるということを肝に銘じて、万が一流出しても問題ない写真だけを撮る、撮らせるという日ごろの意識付けが重要になります。

リベンジポルノの予防策はこれにつきます。暴力団にわたってしまえば、脅迫されかねませんし、ネット上に公開されたリベンジポルノは、完全削除に多大な労力を要します。

その結果をしっておくことで、安易な撮影をやめることができるでしょう。しかし、そういったことを知らずに写真や動画をとらせてしまい、リベンジポルノ被害に遭われてしまった場合、法律的に被害者を保護する方法がありますので、知っておくべき対処法を書いていきます。

まとめ

リベンジポルノが増えている今、まずは、弁護士に相談して適切に対応していきましょう。警察に相談したけれど、対応があいまい、と悩んでいる方。弁護士先生なら、警察の動かし方を知っています。

精神的な被害も甚大で、プライバシー問題が多き問題ですから、まずは、弁護士の無料相談することをオススメします。特に、ネット誹謗中傷、リベンジポルノに強い弁護士に相談してみましょう。

リベンジポルノの問題は、どこまで情報が拡散しているのか?調査する部分が大事になります。ネットに強い弁護士は、IT技術を駆使して、どこまで情報が拡散したのか、被害の実態を正確に把握するスキルと知識を持ち合わせています。さらに、犯人の特定と証拠も抑えることができます。

リベンジポルノ解決に携わる弁護士には法律的な知識はもちろん、ネットに関する深い専門知識が必要となるため、専門的にあつかっているITに強い弁護士(通称、サイバー弁護士、IT弁護士)に相談することをお勧めいたします。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事