Vorkersの口コミを削除依頼|企業の評判対策と投稿者の特定方法

Vorkers

Vorkersの口コミ投稿内容に困惑。口コミを削除してほしいけどどうすれば良い?といった相談をよく受けるようになりました。

就職に関する口コミサイト「Vorkers」。何百万という投稿があり、働く会社を見つける際に参考にしているという方もけっこう多いのではないでしょうか。企業側としても、実際の会社の雰囲気を知ってもらい良い人材を確保する・透明性を保つという意味では、役に立つサイトだと思います。

しかし、時にはこの「透明性」による弊害が起きることもあります。企業に対する根拠のない誹謗中傷や、個人的意見に基づく過度の表現などは、企業のイメージダウンも招きかねません。そこで、今回は「Vorkersの不適切な口コミ投稿内容を削除する方法」をお伝えしたいと思います。

Vorkersサイトの説明

まずは、「Vorkers」がどんなサイトで、ここに投稿された内容の影響について考えていきましょう。

「Vorkers」は、「就職や転職のためのジョブマーケットプラットフォームサイト」を銘打ったサイトです。具体的に言うと、実際にその会社で働いていた社員の声や今働いている社員の声を集めて就職の際の資料として役立てるためのサイトとなります。公式サイトでも、健全な雇用関係を発展させるために、企業と個人とのより良いマッチングをサポートすることなどが書かれています。

働きがいのある環境で1人1人が自分らしく生きるため、実際に働いていた人たちの声から職場環境を教えてもらい、自分に合うかどうかの判断材料にできるということでしょう。実際の口コミを情報として盛り込むことで、組織の透明性を図り、情報としての価値を高めているようです。最近では、学生の就職活動の企業研究にも利用されています。

口コミ数

口コミ数も、膨大な量となっています。利用者は約170万人で、口コミ総数は約430万件。求人数も13万件以上掲載されています。

このように、「Vorkers」は就職情報の口コミサイトとして機能しているだけでなく、企業と人材のマッチングサポートも行っている就職の総合サイトとしての役割を果たしているサイトといえるでしょう。

Vorkersと他の就職掲示板サイトと違い

では、「Vorkers」の特徴はどんなところにあるのでしょうか。

「Vorkers」最大の特徴は、ズバリ口コミによる投稿情報の正確性です。つまり、運営側が内容をできる限り正確に保とうと工夫している点が他の転職サイトとは異なります。

そもそも、口コミは、基本的に利用者の経験や主観に基づき投稿されるものです。口コミである以上、確実な客観性が保証されるものではありません。そのため、口コミは数が多ければ多いほど信頼性を高めることができます。しかし、数で勝負すると、信頼性に欠けるものも多く投稿されることになり、あまりにも悪質な投稿が多い場合は、サイトとしての信用性が低下してしまいます。

「Vorkers」では、これを避けるため、安易な口コミを排除するシステムを採用しています。具体的には、投稿について以下のような条件を課しています。

Vorkersの口コミの正確性

まず、会社評価レポートには500文字以上の内容を書き込むことです。これにより、安易な表現による投稿を避けることができます。また、サイト上コピペができないように工夫をしてあるので、他のサイトから不正確な情報をコピペすることを防ぐことができます。そして、運営スタッフが目視で投稿を確認しています。不適切な内容や誹謗中傷表現がある場合には、非公開措置をとることにより、企業へのダメージも未然に防いでいます。さらに、不適切な口コミを報告・申請できるシステムがあるため、目視での確認をすり抜けたものにも対応しています。

これ以外にも、会社を評価するためのシステムとして、スコアシステムを採用しているようです。投稿内容を集計し、Vorkers独自のアルゴリズムによりスコア評価を算出しているそうです。これにより、よりわかりやすく企業研究をすることが可能になります。

このように、「Vorkers」では口コミの正確性を保つために最大限の工夫をしていることがわかります。ここが、他の就職掲示板サイトとは異なる特徴といえるのではないでしょうか。

Vorkersへ口コミ投稿による良い影響・悪い影響

では、「Vorkers」への投稿の影響は良い影響だけなのでしょうか。口コミには、良い口コミ・悪い口コミがある以上、良い影響だけではありません。

口コミによる影響は、計り知れないものがあります。企業イメージに直接影響する場合もありますし、良い人材を確保できるかという点にも直結します。

良い口コミが行われた場合、企業イメージは良くなり、優秀な人材が集まってくるという良い影響が生まれます。しかし、悪い口コミが投稿された場合、企業イメージは悪化し、良い人材がなかなか集まらないという悪影響も及ぼしかねません。

基本的に、「Vorkers」への投稿は正確性確保への企業努力がありますので、誹謗中傷などは公開されないようになっています。しかし、投稿数が膨大なため、漏れてしまう可能性も否定できません。誹謗中傷が行われたり、根拠のない悪い投稿が行われてしまった場合には、上記のような悪影響が発生する可能性もあります。

このように、投稿による影響は良い影響と悪い影響の両方があります。誹謗中傷には当たらずとも、事実と異なる内容が書き込まれた場合には、早めに削除をお願いすべきです。

Vorkers口コミの削除

次は、「Vorkers」の口コミ投稿を削除する方法を見ていきましょう。

Vorkersのガイドライン

運営元の、不適切な口コミの対応策

「Vorkers」の公式サイトでは、不適切な口コミに対する対応策を公開しています。上述したように、目視確認や不適切口コミ申請などで、内容の正確性確保を行っていますが、それでも「事実と異なる」などの問題は発生しがちです。これについては、運営元で協議を行った後に、非公開対応をしてくれることもあるようです。

具体的には、以下のような投稿は、非公開対応の対象となります。

  • 虚偽または不正と判断される内容を含む場合
  • 他人や組織を誹謗中傷している場合
  • 他人のプライバシーを侵害する恐れがある場合
  • そのほかガイドラインに反するもの

このような内容があった場合は、弁護士を含む審査チームによって検証が行われ、「事実と異なる」「誹謗中傷となる表現を含む」、「公序良俗に反する内容を含む」場合に、非公開措置をとることが明記されています。

Vorkers投稿者が守るべきガイドライン

「事実と異なる」「誹謗中傷となる表現を含む」、「公序良俗に反する内容を含む」場合について、ガイドラインではさらに詳しい内容が記載されています。基本的には、ガイドラインに従って、口コミを投稿することを原則としているため、この内容に反する投稿は非公開にされる可能性が高いといえるでしょう。以下が、ガイドラインの内容となります。

まず、投稿内容は「実際に働いた経験を元に作成すること」が必要となります。
働いた経験については正社員や契約社員として1年以上勤務したことがある方のみ投稿が可能となっており、噂話や勝手な思い込み、事実確認のない不確かな情報は掲載が禁止されています。誇張や虚偽表現ももちろん禁止です。

また、「社会人として節度を持った投稿内容」であることも必要です。
簡単に言うと、きちんとした文章で会社での経験を記述すべきということです。友達に話すような口調ではなく、書き言葉でそれなりに節度を持った内容が望まれます。過度な表現やビジネスマナーを守っていない表現は禁止されています。

そして、「企業や他者に対する誹謗中傷内容、不適切な投稿」は禁止です。
誹謗中傷や個人的意見の断定的表現、営業妨害に当たる行為の禁止、不正行為の告発なども禁止されています。
誹謗中傷、個人的意見の断定的表現、営業妨害に当たる行為の禁止、不正行為の告発なども。
最後に、「上記以外で、不正行為と思われる投稿」も禁止されています。
具体的には、意図的に企業を貶める行為や逆に高める行為などです。他者から依頼されて行う投稿も不正行為とみなされ、非公開の対象となります。

このように、Vorkers投稿者が守るべきガイドラインはかなり多くなっています。投稿される側の企業としては安心とも言えそうですが、「事実と異なる」という場合は、防ぐのが難しい部分となりそうですね。

Vorkers口コミ削除依頼の方法

次は、削除依頼の方法について見ていきます。削除依頼は、書類による申請になります。郵送で、必要書類を送付し、「削除依頼」をするという形になります。削除依頼の際は、以下の書類を封印し送付してください。

  • プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会のサイト上にある「侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書」(必要事項記入の上、印鑑押印が必要)
  • 発行後、3ヶ月以内の印鑑登録証明書
  • 発行後3ヶ月以内の登記簿謄本
  • 第三者が代行する場合には、依頼主の登録印鑑(実印)が押された委任状
  • 掲載内容が口コミ投稿時の「事実と異なる」など被害内容事実を明確に証明できるもの

送付先などは、以下の公式サイトに掲載されていますので、そちらを参考にしてください。

公式サイトURL: https://www.vorkers.com/contact5.php

Vorkersの削除依頼時の注意点

次に、削除依頼をする際の注意点をみていきましょう。削除依頼をする際には、いくつか注意事項があります。これを考慮して、削除依頼を実行するようにしてください。

非公開対応が保証されない

まず、「非公開対応が保証されるわけではない」ということです。
実際に、非公開という措置をとるかどうかは、「Vorkers」の運営元が判断することです。削除依頼(非公開依頼)をお願いしたからといって、必ず実行されるわけではありません。この点は、理解しておきましょう。

営業妨害を主張される

次に、「営業妨害を主張される可能性がある」ということです。
誹謗中傷や事実と異なる内容であるという適正な理由があり、削除依頼をお願いすることについては問題ありません。しかし、「会社にとって都合が悪いから」という理由やその他の不正な理由に基づく削除依頼は、営業妨害として訴えられる可能性があります。「Vorkers」側もこの点につき、公式サイトで明言していますので、ここは注意してください。

削除依頼は公開される

また、Vorkersでは「削除依頼は公開される可能性」があります。
これについては、中立性を維持するために、「企業名と申請内容」を公開する可能性があると公式サイト上で明言されています。適切な削除依頼である場合には、問題ないと思いますが、あらかじめ公開されるかもしれないことについては理解しておきましょう。

非公開措置

さらに、「非公開措置」であり、完全に削除されるかはわからないということです。
不適切だと認めていただいた場合には、非公開措置をとってもらえるということは先にお話ししました。しかし、Vorkers投稿内容についての完全削除については明言されていません。そのため、データとして運営元に残る可能性があります。この点、完全削除をお願いしたい場合は、弁護士など専門家に相談する必要があります。

このように、削除依頼(非公開依頼)を行う場合には、上記のような注意事項があります。これを理解した上で、削除依頼を行うようにしてください。

Vorkers投稿者は自分の口コミを削除できない

Vorkersへの投稿内容から、投稿者がある程度特定出来る場合があります。というのも、投稿には「職種・役職、在籍期間、新卒・中途、性別」が表示されるため、小さな会社の場合はすぐに特定できてしまう可能性があるためです。このようなケースの場合、企業としては、投稿者と思われる人物に投稿削除をお願いすることを考えるでしょう。また、投稿者側も後で削除したいと思われる可能性があります。

では、投稿者自ら削除を行うことはできるのでしょうか。

Vorkers投稿者による当該投稿の削除はできない

この点、投稿者による当該投稿の削除はできない仕組みになっています。公式サイト上では、自分で投稿した内容については、例え退会後であっても削除できないと明言しています。投稿内容については、著作権が放棄・譲渡されていると考えられるので、投稿者側で削除をすることはできないと理解しておきましょう。

このように、一度投稿した内容については、投稿者は編集・削除の権利がありません。投稿する方もこの店をしっかりと理解した上で、投稿するようにしましょう。そして、企業側も投稿者が特定できたとしても、投稿者に削除依頼をすることは控えましょう。

Vorkersの投稿者を特定したい場合

「Vorkers」は他の掲示板サイトと異なり、厳重に口コミを管理しています。また、削除依頼についても書類の郵送を要求するなどの手間のかかる方法をとっています。そのため、投稿削除を依頼することは、個人では大変なことも多いと思います。また、投稿者情報を公開することに関しては、「Vorkers」側も慎重な対応をとることが予想できますで、専門家である弁護士に依頼すべきです。

弁護士に特定を依頼した場合

では、弁護士に特定を依頼すると、どのような手順で投稿者を特定するのでしょうか。

まず、投稿者を特定するためには、「Vorkers」の運営元に投稿者の情報公開請求をすることになります。これで、応じてくれない場合には、裁判所に仮処分を申請することになります。無事公開された場合には、公開された情報に基づき投稿者に損害賠償請求などの具体的な措置に踏み込んでいくことになります。通常、2chの掲示板など匿名の投稿サイトの場合は、IPアドレスの公開請求やプロバイダに投稿者の情報公開を請求することになりますが、「Vorkers」の場合は登録が必要ですので、このような措置は必要無いです。

以上が、投稿者の特定までの手順です。特定した後、民事訴訟を起こすのか、弁護士を通して警告を促すのか、話し合いの場を持つのかは企業の方針や被害の程度に応じて決めていくことになります。

Vorkersの削除と特定の弁護士費用の相場

インターネットでの誹謗中傷について、Vorkers投稿者の特定や損害賠償請求をする場合、弁護士費用はどのくらい一般的にかかるのでしょうか。最後に、費用の相場についてみていきましょう。

費用については、あくまで目安となります。弁護士事務所によっても異なりますし、案件の内容によっても異なることを先に明言しておきます。

基本的に、裁判外なのか、訴訟を起こすのかによってかかる費用は異なってきます。

まず、Vorkers投稿者の特定についてですが、裁判外で行う場合は、着手金・報酬金あわせて、20-30万程度です。また、仮処分などの措置が必要な場合には、着手金・報酬金合わせて、45万円-60万円程度となります。これ以外にも、裁判費用として3万円-6万円ほどかかります。

次に、損害賠償を請求する場合についてですが、裁判外で行う場合は、着手金は10万円程度で、報酬金は慰謝料の16%となります。裁判を行う場合は、着手金が20-30万円程度かかり、報酬金は慰謝料の16%です。裁判費用として実費で3万円程度かかります。

以上が、弁護士用の目安です。Vorkers投稿者特定から損害賠償請求まで依頼する場合は、少なくとも50万円程度の弁護士費用がかかると考えておくと良いですが、弁護士事務所ごとに独自の価格設定がされていますので、無料相談で相談してみましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP
 現在営業中(本日9:00~22:00) ]

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
 現在営業中(本日9:00~22:00) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事