YouTubeと著作権侵害の関係をわかりやすく解説

youtube

実は、Youtube上では「著作権」侵害が横行しています。どちらも、権利者が問題を告訴しない限り問題にならないため、公に問題として取り上げられないだけとも言われています。

また、ネット上の著作権侵害は数が多すぎるという要因もあります。すべてに対応するだけの時間や労力がないというのが現実だと思います。

だからといって、「自分は一般人だし大丈夫」というのは少し甘いかもしれません。最近は、著作権保護の団体であるJASRACも取り締まりを強化しています。

そこで今回は、よく問題になる「Youtubeの著作権」について簡単に解説したいと思います。ネットリテラシーを知って、Youtubeに動画アップロードをしたいものです。

Youtubeの著作権の問題事例やどう付き合うかまでしっかりと見ていきましょう。

YouTubeにおける著作権

YouTubeにおいて、著作権の考え方はどのようになっているのでしょうか?

YouTubeを利用するとき、まずは利用規約に同意することになります。

このとき、投稿した動画については、YouTubeが公認している埋め込み機能などを使って転載することを許諾することになるので、YouTubeの動画をまとめサイトなどに転載しても、違法にはなりません。

ただ、テレビドラマなど、他人に著作権があるものを勝手にYouTubeにアップした場合には、当然著作権侵害になります。

たとえば、自分が撮影した動画を他人が勝手にYouTubeに投稿した場合、著作権侵害を理由として削除請求することができますし、損害賠償請求もできます。

逆に、他人が撮影した動画や映画などを勝手にアップした場合、著作権侵害となるので、著作者から削除請求をされたり損害賠償請求をされたり、時には著作権法にもとづく罰則が適用されたりする可能性もあるので、そのようなことをしないよう、充分注意が必要です。

ネット上の著作権侵害はたくさんある

次は、「著作権」について理解を深めていきましょう。理解しておくべき権利のみをわかりやすく解説します。

著作権って簡単にいうとなに?

では、著作権とは一体なんのことを指しているのでしょうか。

まず、著作権とは、著作物に対する排他的かつ独占的な権利を指します。

著作物に対し、独占的な権利を所有している著作権者は、ほかの人が勝手に著作物から利益を得たり、利用したりすることを排除する権利があります。

ここで、問題となるのが著作物の定義です。著作物とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術、又は音楽の範囲に属するもの」をいいます(著作権法2条第1項第1号)。

この定義で一番重要なのは、「創作性」です。芸術家のような高度な創作性は必要ありませんが、誰が表現しても同じような表現については創作性が認められません。

これらをまとめて簡単に言うと、著作権というのは、創作物を表現したものに対する権利を指します。芸術に関するもの全般だけでなく、一般人が撮った写真や動画も含まれるという点がポイントになるでしょう。

このように、著作権というのは、表現物に対する独占的な権利を言います。実は個人で撮った写真や動画にも著作権があるんだなと理解してもらえれば十分だと思います。

作詞家・作曲家が持つ著作権とは

実は、著作権にはいろいろと派生した権利があります。また、契約によって、著作権が譲渡されることもあります。

例えば、音楽出版会社です。本来は作詞家や作曲が自分で創作した表現物に対して著作権を有しています。しかし、音楽出版社(レコード会社)などは、作家から著作権を譲渡してもらい、その代わりにプロモーションを行う契約を結んでいます。ですので、音楽出版会社も「著作権者」となるわけです。

著作権譲渡契約というと、著作物に対する権利すべてを放棄したかのように聞こえますがそうではありません。著作者人格権は譲渡できないことになっているため、著作物に対する演奏権や複製権などの財産権のみを譲渡していることになっています。

このように、レコード会社も作詞家・作曲家とともに著作権者になります。著作権者は1人だけではなく、複数人いる可能性があるということを理解しておきましょう。

レコード会社などが持つ著作隣接権とは

音楽の著作権については、レコード会社などがもつ著作隣接権というものも理解しておいた方が良いかもしれません。

著作隣接権とは、著作物の創作に準じる行為とされています。簡単に言うと、著作物を演奏する権利や公共に流す権利などが含まれます。

これについては、先ほどご説明した著作権譲渡契約の内容に含まれているため、レコード会社にも権利があります。

また、演奏するバンドや歌手、テレビやラジオの放送事業者や優先放送事業者も著作隣接権を持っているため、音楽を公共に流すことができるのです。要は、著作物を広めることに貢献した人にも著作物に準じた権利を与えますよということですね。

著作隣接権には、許諾権のほかに報酬請求権があり、当該著作物を利用する際には、お金を請求することができます。

YouTubeとJASRACの関係

では、YouTubeはJASRAC(日本音楽著作権協会)とどのような関係を結んでいるのでしょうか。

基本的に、JASRACでは、JASRACが管理している動画の配信利用について、サイト運営の事業者側と許諾契約手続きを結んでいます。いろんな動画サイトがJASRACと許諾契約手続きを結んでいますが、YouTubeもこれを契約しているようです。

この契約を締結するとどうなるかというと、動画の投稿者が個別に著作権者の許可をとることなく、JASRACの管理する音楽などをアップロードできることになります。

そうなると、「YouTubeに勝手に音楽をあげていいんだ!」ということになりそうですが、JASRACの説明を詳しく見てみるとそうとはならないようです。

許諾契約を締結しているサイトであったとしても、CDなどの有料配信サイトで購入した音源を使用する際は、製作者の許諾が必要となります。

そのため、結論としては、アーティストの音楽やPVを無断でYouTubeにアップロードすることは著作権侵害になってしまいます。

このように、YouTubeとJASRACは許諾契約を一応締結しています。もっとも、一般人からしてみると、あまり意味がない契約ともとれそうですね。

Youtubeで著作権が問題となる事例

次は、問題となる事例について見ていきましょう。

テレビ番組を録画してアップロードをするケース

これは皆さん何となく理解されているかと思いますが、テレビ番組や映画などは著作物にあたるので、これを勝手にYouTubeにアップロードすると著作権侵害になってしまいます。何度も繰り返しアップロードしているユーザーについては、著作権侵害が告訴される可能性が高くなります。危険な行為ですので、絶対行わないようにしてください。

BGMが動画に入り込んでしまったケース

結婚式やイベント会場などではBGMが流れていることが多いと思います。これを動画にとって、YouTubeや他の動画投稿サイトに流してしまうと、これも著作権侵害となります。

意図せずして他人が写り込んでしまうのと同じように、BGMが入り込んでしまうケースがあります。すぐに問題になることはこちらもありませんが、YouTubeの場合、著作権侵害に当たるケースでは、すぐに通知がやってきます。これがきた場合には、直ちに削除するようにしてください。

ダンスにも著作権がある

音楽や映画などについては、YouTubeで著作権侵害があるというのも理解しやすいと思います。でも実は、ダンスにも著作権が発生します

まず、ダンスは、創作性のある表現物であるといえます。そして、著作権法10条1項では、「舞踏」が著作物の例としてあげられています。

舞踏=ダンスですので、著作物として保護されるというわけです。実際に過去の裁判例などでも日本舞踊の振り付けについて著作物に該当するという判断が出ています。

そして、ダンスに関する著作権は振り付けだけではありません。ダンスには付随して音楽が使用されることが多いと思います。この音楽を流してダンスをするという行為は、CD音源に対する著作権が問題となります。具体的には、先に説明した著作隣接権の問題です。

「恋」ダンス

「恋」ダンスの素人のYouTube動画が一挙に削除措置が取られるということが話題になりました。

これは、振り付けの著作権が問題になったわけではなく、著作隣接権を有するレコード会社からの請求によるよるものです。ドラマのオンエア中は条件付きで許諾を出していたということだそうです。

Youtubeの著作権侵害に対する運営側の対策

では、違法アップロードに対しYouTube側の対策はどうなっているのでしょうか。

YouTubeでは、コンテンツIDというシステムを導入しています。これは、著作権者が自己が管理している著作物の違法アップロードを特定・管理することができるシステムです。これにより、違法アップロード動画については、すぐに著作権者が対処をとることができるようになっています。また、YouTube側も著作権者からの指摘があれば、すぐに動画の削除に踏み切ります。

【参考外部リンク】YouTube での著作権申請フォーム

もっとも、最近では、コンテンツIDに検知されないように工夫をして違法アップロードを繰り返す悪質なユーザーも現れています。著作権侵害に関する取り組みは、日々進化していますが、追いついていないというのが現状です。

Youtubeで著作権侵害の法的責任

次は、Youtubeで著作権侵害を犯してしまった場合も法的責任について見てきましょう。

Youtubeで著作権侵害で問われる法的責任

では、Youtubeに無断で著作物をアップロードした場合は、具体的にどの条文に反することになるのでしょうか。

まず、著作権法では、著作権者や著作権者に許諾なく著作物をアップロードすることを禁止しています。仮に、アップロードをすると、様々な著作権上の権利に抵触することになります。

具体的には、以下のような権利が問題となります。

作曲者や作詞者の権利

複製権(著作権法21条)、公衆送信権(同法23条)

レコード会社など著作隣接権者の権利

録音・録画権(同法91条)、送信可能加権(同法92条の2項)

映画の場合

上映権(同法22条の2)、頒布権(同法26条)

そして、これらを著作権侵害した場合には、著作権法119条1項違反として、「10年以下の懲役と1000万円以下の罰金のいずれか、またはその双方」が科される可能性があります。

これ以外も、民事訴訟で差し止めや損害賠償を請求されることになります。

このように、動画を無断でYoutubeにアップロードするというたった1つの行為は、多くの権利を侵害してしまいます。

罪も重く、損害賠償を請求される可能性もありますので、十分に注意しましょう。

YouTubeで著作権違反にならないよう気を付けること

著作権違反にならないようにするためには、アーティストの動画や音楽を無断でアップロードしないというのが原則です

PVの音声のみを消してミュート状態で流したり、動画の速度を遅らせて著作権違反を免れようと努力している方もいらっしゃいますが、あまりおすすめできる方法ではありません。

でも、どうしてもYouTubeに好きな音楽をアップロードしたい。これを著作権違反無くして解決するには、「自分で歌って演奏する、あるいはアカペラで歌ってYouTubeにアップする」しかありません。

少し前にご説明した通り、YouTubeはJASRACと許諾契約を結んでいます。そのため、上記のような条件の範囲内ならば、合法的にアップロードすることが可能となっています。

このように、著作権違反にならない音楽アップロードは、「自分で歌う」という方法です。これ以外の脱法的な方法はおすすめできないので、皆さんも控えるようにして下さい。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事