みんなの学校情報の口コミ削除と犯人特定方法

監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事はネット誹謗中傷弁護士相談Cafeを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
プロフィール この監修者の記事一覧
学校の評判

みんなの学校情報」という口コミサイトをご存知でしょうか。

学校関係者の方であれば、知っている方も多いかもしれません。

このサイトでは、あらゆる学校の情報が掲載されています。
そのため、ここで誹謗中傷を受けると学校の評判が低下して大きな被害を受けてしまう可能性があります。

今回は、みんなの学校情報で悪質な口コミを投稿されたときの削除方法と犯人を特定する方法を解説していきます。

みんなの学校情報とは

みんなの学校情報」とは、「学校選びで失敗したくない人のための学校情報サイト」をコンセプトとした学校情報ポータルサイトのことです。

  • みんなの大学情報
  • みんなの専門学校情報
  • みんなの高校情報
  • みんなの中学情報
  • みんなの小学校情報
  • みんなの幼稚園情報

と6つの区分に分かれて口コミ情報が掲載されており、高等教育学校領域(高校・大学・専門)では利用者数No.1を獲得しています。

また、各学校の全般的な評判・入試情報・進学実績・雰囲気などの情報を見ることができ、ランキングや偏差値も参考にしつつ希望の学校を探せるシステムとなっています。

さらに、在学生や卒業生が投稿した口コミ数は50万件以上もあり、その学校についてリアルな声を聞くことができます。

みんなの学校情報を運営しているのは、「株式会社イトクロ」です。
同社は他にも、「家庭教師比較ネット」「医学部受験マニュアル」「医学部予備校マニュアル」などの教育系のサイトを運用しています。

みんなの学校情報の誹謗中傷例

「みんなの学校情報」では有益な情報も多い反面、学校に対する誹謗中傷や名誉毀損、教師などへの事実に反する個人攻撃の口コミがしばしば見られます。

例えば、以下のような口コミがあげられます。

  • この学校では、先生同士が不倫している
  • ここの体育教師が変態で、女子にセクハラをしている
  • 女子更衣室に盗撮カメラがあった
  • ○○先生に暴行された
  • 体罰が普通に行われている
  • いじめや事故をすべて隠蔽している、泣き寝入りさせられた
  • 裏口入学が普通に行われている
  • ××という生徒が暴力団の息子で危険
  • この校長の住所は〒~~

みんなの学校情報で悪質な口コミを投稿された時の影響

上記のような、嘘による誹謗中傷や個人情報漏洩の口コミが投稿されると、様々な被害が発生します。
どのような被害が起きるのか、簡単に見てみましょう。

①学校への入学希望者が減る

直接的な影響として、学校の評判が低下して入学希望者が減るという問題があります。

特に私立の学校の場合には、生徒が減ることによって経営が苦しくなる可能性があります。

②生徒や保護者からクレームが来る

現在の在校生や保護者から「書き込みは本当なのか」「学校説明会と言っていることが違う」といったクレームが来る可能性があります。

また、悪い噂によって生徒や保護者が学校に対して不信感をもち、先生の言うことを聞かなくなる・学校活動に協力しなくなる・転校されるといった被害を受けることもあります。

③教師や生徒が嫌がらせを受ける

みんなの学校情報で個人情報が晒されると、学校関係者や見知らぬ他人から揶揄されたり嫌がらせを受けたりする可能性があります。

場合によっては悪質ないじめに繋がる恐れもあり、被害が拡大して自殺などの深刻な問題に発展することも考えられます。

以上のように、みんなの学校情報の口コミによっては学校も教師も多大な迷惑を被ることがわかります。
悪質な口コミが投稿された際には、早急に対応することが必要だといえるでしょう。

みんなの学校情報の口コミを削除する方法

ここからは、みんなの学校情報の口コミを削除する方法をご紹介していきます。

口コミ削除方法① 利用規約の確認

まず、口コミの削除依頼をする前にみんなの学校情報の利用規約を確認します。
このサイトでは、以下のような投稿を禁止しています。

  • 『みんなの学校情報』の趣旨から逸脱した内容
  • 法令や公序良俗に反する書き込み内容
  • 虚偽の書き込み内容
  • 第三者の人格や権利を害する内容
  • プライバシー情報や、個人を特定し得る可能性のある情報
  • 日本国の法令や地域の条例に抵触する、又はその恐れのある内容及び、一般道徳に照らして好ましくないと判断される投稿
    など

削除するにおいては、上記に当てはまる利用規約違反に基づいて申請することが必要です。
どの項目に該当するのか、事前にチェックしておきましょう。

確認が終わったら、口コミ削除に入ります。
これについては、①自分で削除依頼をする方法②弁護士に依頼する方法の2通りがあります。

口コミ削除方法② 自分で削除依頼をする

自分で削除申請をする場合には、サイトの一番下にある「お問い合わせ」をクリックします。

出てきた画面で「権利者向け問い合わせ窓口」を選択し、必要事項を記入していきます。
記載すべき内容は、以下の通りです。

  • メールアドレス
  • 問い合わせ内容
  • 氏名
  • 役職(校長や教師、担任、顧問など)
  • 電話番号
  • 権利が侵害されたとされるページのURL
  • 権利を侵害しているとされる掲載内容
  • 侵害されたとする権利
  • 権利が侵害されたとする理由
  • 希望の対応
  • 必要に応じて事実関係確認用のURL(任意)
  • あなたの立場

特に「権利侵害の投稿が行われたURL」をはっきり提示し、それによってどのような権利が侵害されたと言えるのか、理由の説明が重要です。

「不愉快」「こんな書き込みは不当だ」などと感情をメインに書くのではなく、「○○というところが××という違反に当たるため削除してほしい」と客観的にわかりやすく伝えるようにしましょう。

この申請により権利侵害が起こっていると判断されれば、運営が口コミを削除してくれます。

また、これに似た方法として「送信防止措置請求」をするという手もありますが、削除申請の効力としては上記の方法とあまり変わらないでしょう。

関連記事
送信防止措置依頼書の書き方【入門編】
プロバイダ責任制限法では、被害者に「送信防止措置請求権」「発信者情報開示請求権」を認めています。誹謗中傷の該当記事を…[続きを読む]

口コミ削除方法③ 弁護士に依頼する

自分でお問い合わせフォームを使って通報したとしても、サイト側が削除に応じないケースもあります。
その場合には、弁護士に依頼して法的に対処してもらうといいでしょう。

任意での削除に応じてもらえないとなると、裁判所に削除の仮処分を申し立て、法的拘束力をもつ仮処分命令を出してもらう必要があります。

関連記事
Mallet of the judge, justice scale, wooden desk background
削除の仮処分とは|インターネット上の名誉毀損記事を削除する
ネット上で名誉毀損、誹謗中傷の書き込みをされたら「仮処分」によって削除させることができます。裁判所を使った手続きで難…[続きを読む]

ただ、削除命令を出してもらうためには、権利侵害を受けている「証拠」が必要です。

URLを保存するだけではなく、スクリーンショットや紙へのプリントアウトなどによって証拠を残しておくようにしましょう。

みんなの学校情報の口コミ投稿者の特定方法

みんなの学校情報で誹謗中傷の被害に遭ったとき、口コミを削除させただけでは解決にならないケースがあります。

投稿者が嫌がらせやおもしろ半分で投稿をしている場合、また同じ投稿を行い誹謗中傷や個人攻撃を行う可能性があるからです。

再発を防ぐには違法な投稿をした相手を特定し、損害賠償(慰謝料)請求などのペナルティを与えるのが効果的でしょう。

発信者情報開示請求

匿名の投稿者を特定するには、プロバイダ責任制限法4条1項により「発信者情報開示請求」を行います。

基本的に二段階の開示請求(仮処分と訴訟)を経ると、匿名相手の氏名や住所が判明し、特定することができます。

発信者情報開示請求は複雑な手続きを必要とすることが多いので、弁護士などの専門家に依頼することをお勧めします。

また、投稿のログ保存期間などによって相手を特定するまでに制限時間があるケースもあるので、特定したいと思ったら早めに行動に移すことが大切です。

関連記事
東京地方裁判所
発信者情報開示の仮処分と訴訟の流れをわかりやすく解説
サイトでは投稿が匿名で行われるので、すぐに相手に損害賠償請求や刑事告訴することはできません。今回は、ネットで誹謗中傷…[続きを読む]

犯人が特定できた後は、民事訴訟などで慰謝料の支払いや「二度と誹謗中傷しない」旨の誓約等を請求することができます。

場合によっては刑事告訴も行うなど、ケースに応じたさまざまな対応をとることが可能です。

まとめ

ここまで、「みんなの学校情報」の口コミを削除する方法をご紹介してきました。

学校は、世間の評判によって大きな影響を受ける機関です。
特にユーザー数の多い「みんなの学校情報」における誹謗中傷問題は、放置していると後々大きな問題が起きる可能性もあります。

気になる口コミを見つけたら、サイト側に通報して削除してもらいましょう。

もし対応してもらえなかったら、弁護士に相談して削除や犯人特定などの対処を進めてみてはいかがでしょうか。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事