Booking.com(ブッキングドットコム)の口コミ削除方法

ブッキングドットコムの口コミ削除

世界的な旅行サイトである、「Booking.com(ブッキングドットコム)」。
10段階の評価と口コミで宿泊施設の良し悪しがわかるため、参考にしている旅行者も多いでしょう。

しかし、ここででたらめな嘘などの悪質な口コミが書かれると、客足が遠のいてしまいます。

そこで今回は、Booking.comに投稿された悪質な口コミを削除する方法をご紹介していきます!

Booking.com(ブッキングドットコム)とは?

Booking.com(ブッキングドットコム)は、1996年から続く外国の会社が運営している世界最大規模の旅行ECサイトです。

「すべての人に、世界をより身近に体験できる自由を」を企業理念に掲げており、移動手段の確保や多種多様な宿泊施設を予約できるサービスとなっています。

また、有名企業から個人事業主まで2800万件以上の世界各地の宿泊施設を掲載しており、オーナーのビジネスを成長させられる場としての役割も果たしています。

さらに43言語に対応しており、24時間年中無休のカスタマーサービスという安心できるサポートもついています。

Booking.com(ブッキングドットコム)で削除できる悪質な口コミ

冒頭で述べたように、このような大手のサイトで悪質な口コミを書き込まれてしまうと、営業に支障をもたらす可能性があります。

そのため、不当な口コミが投稿された場合は拡散される前に削除することが必要になります。

ただ、どの口コミでも削除できるというわけではありません
Booking.comの利用規約や法令違反の場合に削除できるのであり、「自社に都合の悪い口コミだから」という理由では削除できません。

ここからは、どのような口コミなら削除できるのかを見てみましょう。

削除できる口コミ例7パターン

①ノーショー、キャンセル、オーバーブッキングの場合

まずは、ノーショー(無断キャンセル)やキャンセル、オーバーブッキング(満室になってしまい、代替施設に宿泊した場合)になった場合です。

これらの場合、そもそも施設を利用していないのでユーザーは口コミを投稿できません。
利用していないにもかかわらず投稿された口コミは、削除の対象となります。

②競合施設を標的としたものである可能性があると判断された場合

次に、競合施設を攻撃する目的などで口コミが投稿された場合です。

「この施設より○○ホテルの方が綺麗な部屋だった」
「この旅館の従業員の対応が悪すぎ。やっぱり××一択です」

というように、その会社の評価を落とすために嘘の情報を流しているものや、それによって他社が利益を得るように印象操作をしている口コミなどが該当します。

③ゲストが別の宿泊施設のクチコミを投稿したと判断された場合

間違えて別の施設のページに口コミを投稿してしまった場合です。

口コミの投稿場所が間違っていると判断されれば、削除が可能になります。

④ゲスト側が脅迫の意図を持ってクチコミを投稿した場合

「食事に虫が入ってた!SNSで拡散してやる」
「次まともな接客をしなかったら従業員皆殺しだからな」

以上のように、脅迫を含む口コミも削除の対象となります。
ただし、書面による正当な証拠の提出が必要とされています。

⑤暴言、差別的表現、政治的/宗教的な見解が含まれる場合

暴言・差別的表現・政治的/宗教的見解が含まれる場合です。

「ここの△△っていう従業員、馬鹿すぎてウザい」
「このホテルは黒人ばかり雇っている」

このように、特定の人物に対する誹謗中傷や卑猥な言葉、ヘイトスピーチなど、偏った意見が含まれる口コミは削除することができます。

⑥違法行為を助長する内容の場合

違法行為を促すような口コミが投稿された場合です。

「このホテルの□号室で薬を売ります」
「○月×日に女の子と遊びたい人はこのホテルに来てください」

このように、麻薬・売春・自殺行為など、違法行為を宣伝するような口コミも削除対象になります。

⑦個人情報やウェブサイトのリンクが含まれる場合

最後に、個人情報の漏洩や他のサイトに誘導している場合です。

「ここの社長の住所は〒~」
「安くこのホテルに泊まりたい人はこのサイトに来てください!http:www~」

このように、氏名・住所・メールアドレスを晒すなどのプライバシー侵害の口コミは削除することができます。

また、口コミにブログやアフィリエイトサイトなどのURLを貼り、営利目的で誘導する口コミも対象となります。

以上が削除できる口コミの具体例でした。
削除したい口コミがある場合は、一度利用規約やガイドラインを確認するようにしましょう。

Booking.com(ブッキングドットコム)の口コミを削除する方法

それでは、口コミを削除するにはどうすればいいのでしょうか。

◆サイトに連絡し、任意で削除してもらう

Booking.comに直接連絡する方法です。
Booking.comの管理画面、もしくは問い合わせフォームから報告します。

管理画面からは、メールボックスのタブからトピック「口コミ」を選択し、削除依頼文を記入して送信します。

問い合わせフォーム(パートナー施設様向け:紛争解決センター)からは、「予約関連」から「クチコミ」を選んで、メッセージに削除依頼文を記入して送信します。

管理画面でもフォームからでも、削除依頼文を書く際には「どのクチコミの」「どの部分が」「利用規約(もしくはガイドラインや法令)のどの部分に違反しているか」を詳細に書くようにしましょう。

また、依頼書を送付することで投稿の自主的削除を求めることができる「送信防止措置請求」をすることも可能です。

関連記事
送信防止措置依頼書の書き方【入門編】
プロバイダ責任制限法では、被害者に「送信防止措置請求権」「発信者情報開示請求権」を認めています。誹謗中傷の該当記事を…[続きを読む]

ただし、通報でも送信防止措置でも、口コミを削除するかどうかは最終的に運営側が判断するので、必ずしも削除されるとは限らないことに注意してください

◆削除の仮処分命令

削除の仮処分命令」とは、裁判所に提起して投稿を削除するよう仮処分命令を出してもらうことです。

仮処分は普通の訴訟より低コスト・短期間で認められる可能性が高く、比較的短期間で対応することができます。

ただし、Booking.comは外国の会社ですので、次でもご説明するようにオランダ本社への手続きが必要です。

関連記事
Mallet of the judge, justice scale, wooden desk background
削除の仮処分とは|インターネット上の名誉毀損記事を削除する
ネット上で名誉毀損、誹謗中傷の書き込みをされたら「仮処分」によって削除させることができます。裁判所を使った手続きで難…[続きを読む]

匿名相手を特定したい場合は?|発信者情報開示請求

もし、悪質な口コミを投稿した相手を知りたいと考えるのであれば、プロバイダ責任制限法4条1項に基づき「発信者情報開示請求」を行うことになります。

これにより、相手の個人情報を入手し、匿名相手を特定することが可能になります。

関連記事
東京地方裁判所
誹謗中傷の開示請求を簡単に解説!費用・訴訟の流れなど解説
サイトでは投稿が匿名で行われるので、すぐに相手に損害賠償請求や刑事告訴することはできません。今回は、ネットで誹謗中傷…[続きを読む]

ここで注意しなければならないのは、Booking.comは外国の会社であるということです。

送信防止措置請求・仮処分命令・発信者情報開示請求のどれも行うことは可能ですが、外国(オランダ)にある本社に向けて手続きをする必要があります。

外国法人を相手にすることは一般人にはかなり難しいことですので、もし法的な対応がしたいと考えるのであれば弁護士に相談するようにしましょう。

まとめ

ここまで、Booking.com(ブッキングドットコム)の口コミ削除についてご紹介してきました。

先述したように、Booking.comは外国法人であるため、法的に対応する場合は複雑な手続きが必要になります。

Booking.comでの悪質な口コミに困っており、どうすればいいか悩んでいるのであれば、無料相談などを活用して弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話でお問い合せ 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事はネット誹謗中傷弁護士相談Cafeを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
プロフィール この監修者の記事一覧