2chミラーサイト、ログ速、mimizunなどの削除方法を解説

コピーサイト

2ちゃんねる上で、根も葉もない誹謗中傷がなされた場合、2ちゃんねるに投稿の削除を依頼することは当然です。しかし、仮に削除依頼に対応があったとしても、それだけでは十分でないケースもあります。

というのも、2ちゃんねるには多数のミラーサイトがあり、2ちゃんねるの運営とは関係なく、2ちゃんねるに挙げられた内容が転載されていくことがあるためです。

2ちゃんねるからミラーサイトなどに拡散されると、誹謗中傷などの被害はさらに深刻化します。

今回は、「2ちゃんねるのミラーサイトでの誹謗中傷や個人情報の削除方法」について解説します。

2ちゃんねるミラーサイトの概要

まずは、2ちゃんねるミラーサイトの概要について理解していきましょう。

2ちゃんねるミラーサイトとは

まず、皆さんは2ちゃんねるのミラーサイトというものをご存知でしょうか。2ちゃんねる自体は馴染みのある方も多いと思いますが、ミラーサイトについてはあまりご存知ない方も多いと思います。

2ちゃんねるのミラーサイトとは、2ちゃんねるの内容を全部あるいは一部をコピーし転載しているサイトのことです。基本的には、自動的にコピーしていくサイトで、ほとんどの場合プログラム処理されているため、人為的プロセスではなく自動的にコピーがされていくという仕組みになっています。

代表的なミラーサイトとしては、ログ速、みみずん検索、2ちゃんねるブックマークなどがあります

代表的ミラーサイト一覧

サイト名 URL
ログ速(logsoku) https://www.logsoku.com/
みみずん検索 http://mimizun.com/
2ちゃんねるブックマーク https://2ch.vet/index.php
2ch勢いランキング() http://2ch-ranking.net/
【2ch】コピペ情報局 http://news.2chblog.jp/
おーぷん2ちゃんねる https://open2ch.net/

しかし、2014年のまとめサイトの転載禁止によって、その後ミラーサイトが閉鎖しているケースもあります。

閉鎖した代表的なミラーサイト

サイト名 URL
デスクトップ2ch desktop2ch.net
unkar(ウンカー) unkar.org

ミラーサイトは本来コピーサイトと呼ばれていましたが、現在はどちらも同様の意味で使用されている用語です。

全ての2chミラーサイトの閉鎖は難しい

グーグルは、2012-2013年にかけてコピーコンテンツの評価を下げるようアルゴリズムを進化させており、検索結果の上位に出ないよう対策を講じています。しかし、2ちゃんねるであった不適切な投稿などがそのままコピーされ、残りつづけてしまうため、実際上の問題は残っています。

また最近では、2ちゃんねるの運営元が名指しでコピー禁止を求めているため、徐々に減少しているようですが、次々と出てくるサイトすべてを把握し削除するのはなかなか難しいといえるでしょう。

参考:5ch.net公式アナウンス「5ちゃんねるまとめブログ運営者の皆さまへ

このように、2ちゃんねるミラーサイトとは自動の転載サイトのことをいいます。2ちゃんねるの運営元も削除対策を実行しているようです。

2chミラーサイトの収益モデルとは?

では、ミラーサイトではどのように収益を得ているのでしょうか。

ミラーサイトの場合、ほとんどの場合がアフィリエイトにより広告収入を得ています。アフィリエイトとは、自身のブログやサイトなどで広告主の商品やサービスを紹介することで広告収入を得る仕組みのことです。

実際にそのサイトから広告主のサイトへ行き、購入があった場合には報酬を受け取ることができるというシステムが代表的です。最近では、閲覧数やクリックしただけでサイト運営者の収益になる場合もあります。2ちゃんねるの閲覧者は膨大な数になるため、これを利用してビジネスをしようとする方が大勢いるということです。もっとも、先にお話した通り、グーグルのアルゴリズムも日々進化しているため、大きな広告収入を得るのは少しずつ難しくなっています。

このように、ミラーサイトでは、アフィリエイトによって広告収入を得ています。実際に収益が上がるからこそ、いろんな問題があっても次々とサイトが立ち上がるということですね。

2chミラーサイトの問題点とは?

著作権侵害にあたる

では、ミラーサイトの大きな問題と具体的にどんなことなのでしょうか。

ミラーサイトの大きな問題点の1つが著作権侵害です。

2ちゃんねる上の投稿やスレッドに関しては、2ちゃんねるの運営元に著作権があります。そのため、運営元に断りもなく、勝手に同じようなミラーサイを作ることは、著作権侵害の問題があるといえるでしょう。

誹謗中傷被害がネット上に残り続ける

これ以外にも、大きな問題としては誹謗中傷やプライバシー侵害の投稿がいつまでもネット上に残り続けるということが挙げられます。

2ちゃんねる上で誹謗中傷の被害やプライバシー侵害をされた方にとっては、深刻な被害となります。
例えば、ミラーサイトなどでは、本家では削除され見れなくなった投稿やスレッドを残し、それを売りにすることによって収益を得ているサイトも存在します。

そうすると、2ちゃんねる上で行われた誹謗中傷のスレッドが削除されたとしても、ミラーサイトでは残り続けるため、被害者として、2ちゃんねるだけでなく、ミラーサイトに対しても削除依頼などの措置を取らなければいけないことになります。また、その誹謗中傷の投稿がいくつものサイトに残ってしまっている場合には、削除依頼に大変な労力が必要になってしまいます。

このように、ミラーサイトは著作権侵害だけなく、2ちゃんねる本家で削除されたとしても誹謗中傷が残り続けるという問題があります。以下では、このようなサイトに対する削除依頼の方法などをご説明いたします。

関連記事
ミラー
2ch削除申請で、削除依頼費用を50%以上下げるコツ
2ちゃんねるですが、その削除については通常は弁護士に頼んで裁判所で削除のための仮処分を取ってもらうことになります。こ…

2chミラーサイトの誹謗中傷投稿を削除させる方法は?

「2ちゃんねるミラーサイト」での削除方法

では、2ちゃんねるミラーサイトで誹謗中傷やプライバシー侵害があった場合、どうすれば削除してもらえるのでしょうか。

まず、先に2ちゃんねるに削除依頼することが重要です。というのも、仮にミラーサイトの削除が行われたとしても、2ちゃんねるのデータが削除されていない場合には、自動でコピーしているため復活する場合があるためです。その後、誹謗中傷記事のあるミラーサイトに任意の削除依頼を実施していくことになります。

基本的には、ミラーサイトのフッター部(サイト下部)やヘッダー部(サイト上部)に「削除依頼」というボタンが設置してあります。

削除依頼フォーマットにて削除依頼を受け付けていますが、削除を受け付けていないサイトもあります。また、権利侵害の理由を伝える必要があるサイトもあり、例えば、「みみずん検索」は言論の自由の観点から権利侵害がない限り、削除対応はしないと明言しています。このような場合は、メールにて権利侵害を訴える必要があります。

「削除依頼」ボタンを押して、入力フォームに従って管理者に削除依頼をしていくことになります。

削除依頼での記載事項

削除依頼で伝えるべきことは、

  1. 削除してほしい内容
  2. スレッドURL
  3. メールアドレス
  4. 団体名・個人名

などです。

そのほかにも、指定がある場合には必要事項を記載しましょう。警察に訴えるなど余計なことは書かずに淡々と事実のみを記載するようにしましょう。メールでの削除依頼の場合、グーグルやヤフーなどのフリーメールは、自動的に削除されてしまう可能性があります。プロバイダメールや団体のメールアドレスなどを使用するようにしましょう。

このように、まずは2ちゃんねるに削除依頼、その後にミラーサイトにそれぞれ削除依頼をすることになります。

2ちゃんねるのミラーサイトで投稿者の特定はできない

では、2ちゃんねるミラーサイトで、投稿者の特定できるのでしょうか。?

まず、ミラーサイトでは、2ちゃんねるの書き込みをコピーしているだけなので、アクセスログは残っていません。

IPアドレスを特定できないため、書き込んだ人物の特定はできません。グーグルやヤフーの検索結果に対してもミラーサイトは何もできないので、検索結果に対して削除をお願いしたい場合は、検索エンジンの会社に削除依頼をする必要があります。

また、非弁行為にも注意しましょう。最近では、インターネット上の誹謗中傷記事の削除を、請け負う業者が多数存在しています。しかし、これは弁護士法72条に反する非弁行為です。インターネット等で誹謗中傷記事の削除を有料で行う場合には、弁護士資格が必要です。安易に業者に委託しないようにしましょう。

このように、ミラーサイトではIPアドレスを特定することや、誹謗中傷をした人物を特定することなどはできません。特定をしたい場合には、本家の2ちゃんねるにIPアドレスの公開を請求していく形になるでしょう。

任意削除に応じない場合は、裁判所による仮処分が必要

上記のような任意の削除依頼に応じない場合は、裁判所による仮処分をしてもらうことを検討することになります。

こちらは、裁判業務になるため、弁護士に依頼する必要があります。裁判所による仮処分、発信者情報開示請求、誹謗中傷した者を特定した場合には、損害賠償も請求することができます。

実際には、任意の削除要求に応じないことも多く、法の力を借りることも少なくありません。お困りの方は、インターネットの誹謗中傷に強い弁護士に依頼してください。誹謗中傷やプライバシー侵害は、早めの対策が重要です。

まとめ

2ちゃんねるや5ちゃんねるに一度名誉毀損が書き込まれてしまうと、コピーサイトへ多数転載される被害が発生します。

早めの対応が必要となるため、被害状況を把握し対処できる、ネットに強い弁護士にまずは無料相談することをお勧めいたします。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

ATB1
【東京都・港区】
弁護士法人ATB
ATB1

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6214
[電話受付]平日/土日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事