5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)過去ログを検索、閲覧、削除する方法

過去ログ倉庫に格納

 

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

5ちゃんねる(旧:2ch)のスレッドを閲覧すると、上記のように「過去ログ倉庫に格納されている」と表示されているものがあります。

「過去ログ倉庫に格納されています」とはどういう意味なのでしょうか?また、過去ログを検索して、内容を閲覧し、名誉毀損されている場合、削除するにはどうすればよいのでしょうか?

今回は、5ちゃんねる(旧:2ch)で、過去ログ倉庫に格納されているスレッドの検索、閲覧、削除方法について詳しく解説いたします。

1.過去ログ倉庫とは?

過去ログ倉庫とは、書き込みが1000に達した2ch掲示板の総称のことです。

5ちゃんねるで(旧2ちゃんねるで)は、1000件に達すると自動的にそれ以上の書き込みができなくなる仕組みを採用しており、過去ログという倉庫に保存されます。

「過去ログ倉庫行き」と表現されることもあります。

過去ログには、一定期間書き込まれなかったスレッド(dat落ち)も含まれます。

2014年以前は、誹謗中傷の投稿が2ちゃんねるにある場合は、「埋め立て」といって、投稿数を増やし過去ログ倉庫行きを早める方法を用いて、対策を打つ場合がありました。

なぜ、「過去ログ倉庫行き」の埋め立てが有効だったのか?

当時は、過去ログにいけば、過去ログ倉庫の2chログを閲覧するには、有料の専用ビューワーが必要で、一般のブラウザでは閲覧できませんした。

また、誹謗中傷投稿のスレッドを検索エンジンで検索しても、スレッドタイトルの文字列以外では、ヒットしなくなり、対策法では有効でした。

但し、2014年の2ch.netの分裂騒動以降は、「過去ログ」が無料公開されたことにより、現在、検索結果に再度表示されるようになっています。

関連記事
The word HISTORY written in vintage letterpress type
2ちゃんねるの歴史徹底解説
誹謗中傷、名誉毀損と様々な問題を抱える2ちゃんねるですが、一般層にまで存在が広く認知されるようになってから、問題も拡…

また、過去ログ倉庫行きとなったスレッドの見方ですが、現在は専用ビューワーでなくても、通常のブラウザ上で簡単に見ることがでます。

誰かが見つければ、コピーサイトなどに誹謗中傷内容を移動させることだってできます。仮にこうなった場合、被害は拡散していきます。

したがって、2ちゃんねるを対策するには、過去ログまで検索して、すべての問題投稿を削除する必要があります

そこで今回は、誹謗中傷投稿があった場合の、2ちゃんねるの過去ログの検索、閲覧方法と削除方法をお伝えします。

2.過去ログを検索、閲覧する方法

自分で削除対応をする・弁護士に相談するとしても、過去ログを特定できないことにはできません。そこで、過去ログの検索方法をご紹介します。

実は過去ログの検索方法は意外と簡単です。検索エンジンで「2ちゃんねる、過去ログ」と検索すればすぐに検索できるサイトが見つかります。以下が、代表的なサイトとなりますので、一例としてご説明します。

2-1.ログ速@2ちゃんねる過去ログ検索

http://www.logsoku.com/search

検索でトップに上がってくるのが、こちらの「ログ速@2ちゃんねる過去ログ検索」です。膨大な過去ログの中から、スレッドタイトルで検索可能のため、初心者にも優しい仕様となっています。

2-2.5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)掲示板全文検索(`・ω・´) – zzzsearch

https://zzzsearch.com/2ch/

こちらの特徴は、キーワード検索画家のであることです。誹謗中傷された際に使われたキーワードなどを入力することで過去ログを検索することができます。

以上が、検索方法となります。気になる方は一度ご自身で検索してみてください。

2-3.2ちゃんねる 過去ログ倉庫

2ちゃんねるがつかっている、サーバー一覧があります。実際に、2ちゃんねる公式の過去ログ倉庫で検索、閲覧、読むことが可能です。

例:https://5ch.net/kakolog2003.html

3.過去ログ削除はできるの?削除依頼方法と削除基準

次に、過去ログ削除の方法と削除基準についてお伝えします。

3-1.削除依頼方法|過去ログでも削除依頼は可能

過去ログに誹謗中傷投稿が残っているなら、何としてでも削除したいですよね。結論から言って、削除は可能です。

方法は、通常の投稿削除と同じフォローとなります。

削除依頼は、メール(meiyokison@5ch.net)にて行うことが可能です。

メールでの削除依頼の内容としては、

  • ①【件名】に「削除申し立て」と記入
  • ②【メール本文】にてURL、過去ログのレス番号、削除理由を記入
  • ③理由を根拠付ける資料(あれば)、本人確認のための資料を添付し、メールを送信するだけです。

仮に、結果として削除対応できないとの報告があった場合でも、返信から1週間以内は異議申し立てを行うことが可能です。

異議申し立ての方法は、【件名】に「異議申し立て」と記入し、②【メール本文】にてURL、過去ログのレス番号、異議理由を記入します。

また、資料として、③理由を根拠付ける資料(あれば)、本人確認のための資料を添付し、メールを送信するだけです。

重要なのは、削除理由と資料です。削除理由では、「aどの内容がb誰のc何をd法的に侵害しているのか」を、客観的に明記するようにしましょう。

例)(個人名)が詐欺を行ったという内容については、(個人名)に対する名誉毀損行為にあたり、名誉を侵害しています。

削除依頼に関してはこちらのURL(https://qb5.5ch.net/saku2ch/)に詳細が載っていますので、再度確認してください。

3-2.どのような内容が削除されるのか?|削除基準

では、どのような内容の投稿なら削除対応をしてもらえるのでしょうか?削除基準をみていきましょう。

原則として法的保護に値するもののみ、削除対応を行うようです。法的保護の利益があるものとしては、以下の通りです。

  • 名誉権侵害(個人ないし法人の社会的評価を低下させる事実を摘示するもの)
  • プライバシー権侵害
  • 個人情報(人の名前(イニシャル等であっても、個人の特定)、住所、家族の名前、電話番号等の組み合わせで個人を識別でいるもの)
  • 平穏に生活する利益
  • 殺害予告など(他人に危害を加えることを予告するもの)
  • 社会害悪が生じる現実的危険性がある情報(爆弾を製造する方法、薬物の売買をうかがわせる情報)
  • 犯罪に関する情報及び法人に関する情報(裁判手続きによって仮処分を取得して、司法判断を待つ)

以上に該当するものであれば、削除対応を行ってくれるようです。基本的には、法的に見て問題があると判断できる内容のみ削除対応を行うため、「削除基準にあてはまるのかわからない」というケースでは、弁護士に相談したほうが良いでしょう。

4.削除されない場合には、弁護士に相談を

「削除請求をしたのに、削除対応をしてもらえなかった」というケースはあります。あるいは、「検索の仕方がイマイチわからなくて、誹謗中傷が残っていないか不安」という場合もあるでしょう。

このようなお悩みがある場合は、ネットトラブルを取り扱う弁護士や法律事務所にご相談ください。

専門的観点から、過去ログを検索し誹謗中傷内容の削除を交渉してもらえます。

ご自身で解決することが難しいと感じたら、できるだけ早めに弁護士にご相談ください。ネット上の誹謗中傷トラブルは、迅速な対応が早期解決の鍵となります。

当サイトでは、5ちゃんねる、2ちゃんねるの過去ログ削除に強い弁護士を厳選して掲載しておりますので、参考にしてください。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

ATB1
【東京都・港区】
弁護士法人ATB
ATB1

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3377-8966
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!