2ちゃんねる(5ちゃんねる)に自分で書き込んだ投稿を削除する方法

2ちゃんねるの黒歴史

2ちゃんねる、5ちゃんねるに安易な書き込みで後悔!

2ちゃんねる、5ちゃんねるを閲覧していて、自分も書き込んでみたくなった。

最初は、他愛もないことを書き込んでいたが、あるときカッとなり誹謗中傷コメントを書き込んでしまった…。

調子にのって、他人の個人情報(携帯番号、氏名、職業、住所)を書き込んでしまい、プライバシーの侵害をしてしまった。

でも、後で冷静になってみると、「やばいかもしれない…?逮捕されるかも?今後の自分の将来に影響がでないか?」という心配がでてくることがあります。

書き込みの動機

大きな心を傷を受けた、仕打ちを受けたので、心が病んでいました。こんな不正が通るのは世の中間違っている。そんな心が芽生え始めて、

  • 個人の秘密をばらしてしまおう
  • にくい相手の個人情報(携帯番号、住所)をばらそう
  • 不倫相手を公開してしまおう

ということもあります。

そんな時、真っ先に考えるのが、「書き込んだ内容を削除すること」です。

でも、どうしたらいいのかわからず、調べている方も多いはず。

今回は、そんなあなたのために「2ch、5chの自分の書き込みを削除したい場合の解決法」をご説明します。

自分で書き込んでしまった後、後悔する3つのケース

大まかに分けると、以下の3つのケースに分かれることが多いと思います。

理由①:相手を誹謗中傷、名誉毀損してしまった

知り合いまたは知らない人の意見にカッとなってしまい、誹謗中傷、名誉毀損を相手に対して掲示板上でしてしまったというケースになります。

理由②:他人の個人情報をばらしてしまった

相手に「嫌がらせをしたい」という目的があった人もいるかもしれませんが、「悪ふざけでやってしまった」という方もいると思います。

理由③:自分に関する投稿をしてしまった

自分の個人情報を書き込んでしまったり、悪ふざけで自分を大きく見ようとして、武勇伝を語りたくて必要のないことを書いてしまったということがあります。

 

このように、削除したい理由は大きく3つにわかれます。これらが理由で、後で後悔し削除したいと思う方は数多くいらっしゃいます。

自分で書き込んだことの結果

では、このようなことをした結果、どのような事態を招くことになるのでしょうか。上記3つのカテゴリにわけてみていきましょう。

誹謗中傷行為書き込みの影響

まず、誹謗中傷についてです。

誹謗中傷をすることは名誉毀損罪(刑法230条1項)に当たる可能性があります。

名誉毀損罪では、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者」は、「3年以下の懲役刑若しくは50万円以下の罰金に処する」と規定しています。

これにあたるのは、インターネット上で具体的な事実を摘示して悪評を書き込むなどのケースです。

「バカ」などの抽象的な文言で誹謗中傷を行った場合は、名誉毀損罪の「事実の摘示」とはいえませんが、侮辱罪(刑法231条)が成立する可能性があり、「拘留又は科料」が課される可能性があります。

実際、この罪に問われるかどうかは、誹謗中傷を受けた相手方の出方によって変わります。

そのまま放置すれば何もなかったことになりますが、法的対処をとれば、名誉毀損罪等で警察の捜査が入り刑事罰を受ける可能性もあります。また、民事では損害賠償請求が行われることもあるでしょう。

他人の個人情報を書き込んだ影響

この場合は、刑事事件化することはなくても、プライバシー侵害を理由に損害賠償請求が行われる可能性があります。また、名誉毀損罪に問われるケースもあります。

自分の書き込みの影響

最後に、自分の個人情報を書き込んだり、過去の自分のコメントについてです。

これらによって、誰かから損害賠償を受けることはないと思います。なぜなら、被害者が存在しないためです。刑事罰も同様にありません。

もっとも、自分の個人情報を漏洩させることにより、変なところから電話がかかってきたり、DMが送られてくる、危険にさらされるなどの自分に対する被害は考えられます。

また、良くないコメントはあなたがしたものだとわかれば、あなた自身の信用が落ちてしまうことにもなりかねません

また、自分の違法行為を自慢して書いた場合は、それにより捜査が始まる可能性もあります。

2ch、5chは、自分で書き込んだものでも削除できない

では、自分でした2ch、5chへの書き込みは自分で削除できるのでしょうか。

まず、基本的に2ch、5chの利用規約では、自分で行った書き込み・他人の書き込みに関わらず、自分で削除することはできません。

なぜなら、削除依頼をするためには削除理由が必要となります。

削除理由は、基本的に他人の権利侵害をしているケースや脅迫や犯罪行為など客観的に明らかに不適切と思われる行為を対象としています。

そのため、「自分が書いたものなので削除してほしい」という理由では削除は実行されません

自分で対処できない場合は弁護士に無料相談してみよう

  • 「自分の書き込みを一刻も早く削除したい」
  • 「削除依頼をしてみたが、やはり削除が実行されない」

そんな時には、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。

過去の過ちを訂正するのは大変なことです。しかし、数多くの相談を受け付け解決してきた経験豊富な弁護士なら、最適な改善案を提示してくれます。

もちろん、「自分で書いてしまったのだけど削除したい」というの多くある相談の一つです。

自分の書き込みを削除するにはどうすればよいかといった相談にも、2チャンネルに強い弁護士は相談に乗ってアドバイスしてくれます。

誹謗中傷対策業者には注意

ここで一点だけ注意があります。「削除依頼承ります」という文言で、インターネット上にはたくさんの業者が存在しています。これらは、弁護士資格を持った弁護士が所属していない限り、「非弁行為」という違法行為(弁護士法72条)にあたります。依頼する際は、必ず弁護士が所属する法律事務所にて行うようにしましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
ATB1
【東京都・港区】
弁護士法人ATB
ATB1
 現在営業中(本日9:00~18:00) ]

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。
 現在営業中(本日9:00~18:00) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6214
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら