「PINKちゃんねる」のプライバシー侵害や誹謗中傷を削除したい

Abstract Pink Background #Vector Graphic

1.ネット上の掲示板で誹謗中傷に困ったとき、どうすれば?

「ネット上の掲示板で、根拠のない誹謗中傷を受けてしまった。」「個人情報がネットに晒されている」など、ネット上で誹謗中傷を受け被害に合うケースは増加しています。

1つの投稿を削除したいというケースもあれば、拡散された根拠のない情報を今すぐ削除したいというものまで、被害態様はさまざまです。

とくにアダルト系の掲示板である「PINKちゃんねる」では、誹謗中傷の書き込みや、プライバシー侵害する個人情報が書き込まれるケースが多く、悪評が書き込まれることにより大きなダメージを受ける場合もあります。

掲示板上で反撃するケースもあるようですが、逆に火をつけてしまうケースもあり、効果はあまりないといえます。今回は、「PINKちゃんねる」で誹謗中傷を受けた場合の対処方法をご説明します。

2.PINKちゃんねるの概要

皆さんは、「PINKちゃんねる」というインターネット上の掲示板はご存知でしょうか。自分自身が被害にあったという方はすでにご存知だと思いますが、ご家族や知り合いが被害にあった方もいらっしゃるはずです。そこで、まずは、「PINKちゃんねる」の概要を理解しておきましょう。

参考URL:https://www.bbspink.com/bbspink.html

2-1.「PINKちゃんねる」までの経緯

「PINKちゃんねる」を知らない方は、まず「2ちゃんねる」をイメージしてみるとわかりやすいでしょう。

2ちゃんねるといえば、誰もが知っているインターネット上の掲示板ですよ。テレビで取り上げられることも多く、利用したことはなくてもご存知の方がほとんどだと思います。

2ちゃんねるでは、いろんなカテゴリの掲示板が存在しますが、それぞれのカテゴリごとにテーマを設けたスレッドが存在し、テーマに関することであれば自由に投稿をすることができます。もっとも、2ちゃんねるでは、アダルト表現や下ネタなどは厳禁というルールがあります。それでもアダルト系の過激な投稿もあったのが実情です。

2001年ごろから2ちゃんねる上のアダルト板はなくなりました。どのような経緯があったかはわかりませんが、アダルト系の過激な投稿を禁止するためにとった措置かもしれません。

そして、その代わりに登場したのが「PINKちゃんねる」です。簡単に言うと、2ちゃんねるのアダルト板をそのまま別の掲示板にうつったということになります(※運営元は2ちゃんねると異なるとされています)。

2-2.「PINKちゃんねる」は、アダルト系の掲示板

このような経緯でできたPINKちゃんねるは、アダルト系の掲示板であり、さまざまな種類のアダルト系のネタがテーマになっています。

AVなどはもちろん、画像や動画、風俗情報までカバーしています。もっとも、PINKちゃんねるは18歳未満の利用を禁止しており、ガイドラインも規定しています。運営元に関しては、2ちゃんねるとは関係ないことなどが明記されているようです。管理人は2chの「ひろゆき」氏ではありません、とも明記されています。

2-3. PINKちゃんねる」の管理人は?

「PINKちゃんねる」の管理人はアメリカ人の「JIM」さんです。

とガイドラインに記載されております。

このように、「PINKちゃんねる」は、アダルト系の掲示板です。2ちゃんねるとの関係は否定していますが、2ちゃんねるのアダルト系の掲示板などから流れた人たちが利用している掲示板です。

3.「PINKちゃんねる」の誹謗中傷が起きる理由

3-1.誹謗中傷対象は、幅広く個人から団体までさまざま

では、なぜ「PINKちゃんねる」で誹謗中傷やプライバシー侵害等が問題となるのでしょうか。

「PINKちゃんねる」では、2ちゃんねると同じようにスレッドを立て、投稿をすることができます。その中で、誹謗中傷や個人情報を記載をする人が少なからず存在します。

攻撃対象は幅広く、AV女優、アイドル、キャバクラ嬢、風俗店のスタッフやオーナー、出会い系で知り合った方などさまざまです。個人に対するものもあれば、風俗店などの営業妨害を目的にした投稿などもあります。目の前では言えないようなことを、掲示板で発散しているパターンもあるようです。キャバクラ嬢の名前、所属大学名などを記載してしまうこともあります。

3-2.原因が個人的恨みの場合、被害は甚大に

これらの原因は、はっきりとはしませんが個人的恨みによるものもあります。実際のサービスに納得できなかった場合や、対応が悪かったなど店や個人に対する批判を書き込んでいるケースがあります。根拠があるのかないのかはわかりませんが、度を超えた批判は単なる腹いせと捉えることができます。

このような投稿が、単なる悪口や冷やかし程度ならそこまで問題にはなりません。しかし、特定の個人に執着し、氏名や住所など攻撃対象を特定できるような内容まで書き込むケースもあります。ひどい場合は、人に危害を加えることを予告するような危険な投稿もあります。このような場合、風評被害や誹謗中傷での被害は甚大となってしまいます。

このように、PINKちゃんねるの誹謗中傷は個人的憂さ晴らしが目的のケースもあれば、特定の個人に執着しているケースもあります。度を超えた投稿には、対策を講じる必要があるでしょう。

4.PINKちゃんねるの影響とは?

では、「PINKちゃんねる」はどのくらい影響があるものなのでしょうか。

先にお話した通り、単なる悪口や冷やかし程度で済む場合もあります。しかし、個人情報が書き込まれた場合や、個人に執着して何度も同じような誹謗中傷が書き込まれた場合には、被害が大きくなりやすいといえるでしょう。

というのも、「PINKちゃんねる」内での誹謗中傷にとどまらないケースがあるためです。老舗の掲示板である「PINKちゃんねる」から他の掲示板(爆サイやホスラブ)に拡散されるケースもあり、削除しようと思う頃には、手をつけられない状況になっている場合もあります。

「PINKちゃんねる」に悪評が書き込まれると、店舗やメーカーなどは営業損害となる可能性も考えられます。個人の場合は、自分の居場所などが特定され、最悪の場合ストーカー被害にあうケースも想定できます。

このように、たった1つの投稿が招く被害は計り知れません。早めに対処することが被害を最小限に抑える最善の方法といえるでしょう。

5.PINKちゃんねるへの削除方法と発信者情報開示

5-1.任意に削除依頼をする

5-1-1.削除依頼は、削除依頼スレッドで

では、「PINKちゃんねる」で誹謗中傷やプライバシー侵害を受けた場合、どのような対処法があるのでしょうか。

方法は2ちゃんねるや他の掲示板と手順は一緒です。

一つに、どの掲示板にも削除ガイドラインがあり、削除スレッドを使って削除依頼をすることが考えられます。

削除依頼はPINKちゃんねる削除依頼掲示板(※1)からすることができます。専用の掲示板を設けることで対応をしているようです。

住所や氏名、電話番号などプライバシー侵害の可能性が高いものは、重点削除対象として優先的に削除を行う対応を実施しています。実際に被害に遭った場合は、「重点削除対象専用スレッド」にて報告を行う必要があります。スレッドには、「電話番号、差別・蔑視、児童ポルノ、法人・段階公的機関向け」などそれぞれ被害によってスレッドが分かれているため、自分の被害に合わせて、任意の削除依頼をするようにしましょう。

但し、削除依頼をする際には、注意点があります。

削除スレッドに投稿するということは、削除依頼自体が公開されているということになります。したがって、安易に全ての状況を書き込むと、逆に自分で情報を晒してしまう状態になってしまう可能性があります。「警察に知らせた」などの書き込みも逆効果となってしまいますので、余計なことは書かず、必要最低限のことを書き込むようにしましょう。

※1 PINKちゃんねる削除依頼掲示板

5-1-2.「PINKちゃんねる」のガイドライン

次に、削除の基準については、「PINKちゃんねる」のガイドライン(※2)により示されています。

個人については、1群、2群、3群として公的人物であるかどうかを判断しているとされています。

1群は政治家・芸能人・マスメディアなど、2群は板の趣旨に関係する職業で責任問題の発生する人物、創作物・著作物によって対価を得ている人など、3群は1群、2群に当てはまらないような個人です。また、削除対象は個人名・住所、電話番号・メールアドレス・誹謗中傷などになります。個人情報は1群に当てはまるような公人でない限り、重点削除の対象としているようです。

しかし、誹謗中傷に関しては対応が少し異なります。1群については基本的に削除が行わず、2群については公益性のあるものは削除対象にはならないとされています。

単なる個人である3群に当てはまる場合は、「個人を完全に特定するものを伴っている場合」は削除されるようですが、「不愉快である」などが理由の場合には削除されないとされています。さらに詳しい内容が知りたい場合は、下記のPINKちゃんねる削除ガイドライン(※2)を閲覧してみてください。

このように、「PINKちゃんねる」上で、個人情報が晒されたり、誹謗中傷被害を受けたりした場合は、削除スレッドを実施することになります。ガイドラインもありますが、実際に削除されるかどうかは、運営側の裁量次第の部分も大きいため削除されない可能性も十分にあります。

※2 PINKちゃんねる削除ガイドライン

5-2.削除スレッドで無理なら、法的手段が必要

5-2-1.3つの法的手段を実施

では、上記の削除依頼を実施しても削除されない場合はどうしたら良いのでしょうか。

任意交渉で応じてくれない場合は、法的手段に踏み出す必要があります。法的手段で行うべき方法は3つです。投稿やスレッドの削除請求と発信者の情報開示請求、そして名誉毀損や不法行為に基づく損害賠償請求です。

5-2-2. 投稿やスレッドの削除請求をすると早ければ2週間で削除

まず、投稿やスレッドの削除請求では、裁判所に仮処分を申し立て、削除命令を裁判所に出してもらうことになります。仮処分をすることにより、素早く投稿の削除に踏み切らせることができます。仮処分によって削除が認められる場合は、早くて2週間~1か月ほどで削除してもらうことができるでしょう。

次に、発信者の情報開示請求です。これは次に行う損害賠償請求をする場合に必要になってきます。というのも、投稿やスレッドの削除請求をしただけでは、投稿者が誰であるのかを特定することはできません。営業損害が出ている場合にはもちろん、ネット上のストーキング被害に遭っている場合にも、個人を特定することが重要になってきます。

発信者の情報開示請求は、任意で「PINKちゃんねる」に依頼し、それで開示してもらえない場合に裁判所に仮処分を申し立てることになります。発信者の情報開示請求は時間がかかる場合が多く、6ヶ月ほどの期間がかかってしまいます。ですので、投稿やスレッドの削除請求をする際に同時に請求する方が良いでしょう。

最後に、名誉毀損や不法行為に基づく損害賠償請求です。根拠のない悪意ある誹謗中傷で得た精神的苦痛を賠償してもらうことになります。また、営業損害が出ている場合には、その損害も賠償請求することができます。

このように、任意で応じてくれない場合には、法的手段に出る必要があります。任意で応じてくれない場合にもあきらめず、法的手段にでる準備をしましょう。確実に削除を行える有効な手段です。

6.自分で対処できない場合は、専門家に相談を

削除スレッドの手続きはわかりづらく、かえって炎上する恐れもあり、「削除はもう諦めよう」と思う方もいらっしゃるとおもいます。しかし、現状はネット上の問題だけであったとしても、放置しておくと被害が大きくなってしまう可能性もあります。

最近では、ネット上の問題や誹謗中傷に強い弁護士もいます。匿名掲示板の削除ルールを熟知しているので、安心して任せることができます。ネット掲示板削除の経験豊富な弁護士事務所では、比較的安価な金額から対策を講じてくれるケースもあります。最初の相談は無料で、実際に対処策に踏み出すときから、料金が発生するプランもあるようです。最初にお金がかかったとしても、損害賠償などができる場合はある程度費用も補える可能性もあります。

まずは、一人で悩まず、一度削除可能かどうか弁護士に無料相談することを検討してみてください。

インターネット上の被害は、放っておくと大変なことになります。また、個人でできることには限界があります。初期の段階で専門家に相談し、削除することが大切だといえるでしょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-5329
[電話受付]平日  10:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!