2ちゃんねるの歴史徹底解説

2ch歴史

誹謗中傷、名誉毀損と様々な問題を抱える2ちゃんねるですが、一般層にまで存在が広く認知されるようになってから、問題や分裂の歴史を繰り返してきました。

個人情報流出騒動は未だに記憶に新しいですが、政治家、小説家などの思いもよらない有名人の利用も発覚し、問題の根深さを世間に印象付ける結果となりました。

このような我々のすぐ傍にあり、様々な問題を抱える2ちゃんねるですが、今回は2chの歴史について説明します。

2ちゃんねるの設立と開設

2chの歴史の設立から振り返ります。

2ちゃんねるの設立は、20世紀の終わり、1999年のネットバブル全盛の時代に西村博之氏によって開設されました。

近年になり問題が大きく報道されるようになったので、設立は最近のイメージがあったかもしれませんが、意外と歴史のある掲示板です。

また、設立当初は匿名掲示板のメリットが最大限に生かされ、業界のコアなテーマや専門家による深い議論も多くなされるなど、現在のイメージとは少し趣の異なる雰囲気の掲示板でした。

つまり、本名ではなかなか語れない業界の裏話、自分が勤めている会社の裏事情、愚痴なども聞けて、有用な面も多分に含む掲示板でした。

windowsのパソコンブームとネットブームと2chの歴史は同じく歩んできました。

2ちゃんねるの変遷

開設初期は、現在のイメージとは異なる雰囲気を持っていた2ちゃんねるですが、次第に雰囲気を変えていきます。ターニングポイントはメディアへの露出でした。

2000年代初頭に、大きな事件を起こした犯人が2ちゃんねるに書き込んでいたことが発覚し、それが多くのメディアで報道されることになりました。

テレビ、新聞などのメディアで取り上げられると爆発的に知名度を上げ歴史に名前を刻みます。

結果的に、ユーザー数を爆発的に押し上げることになり、今まで隠されて来ていた問題が一気に顕在化することになります。

問題の顕在化

前述したように、問題の顕在化は、ユーザー数の増加と共に起こってきます。多くの目に付く事で、問題が大きくなるのは、どこの歴史も同じ。それはネット空間であろうと同じなのです。

今までは、悪質なデマの流布や特定の人物に関する中傷が行われていても看過されていたものが、衆目を集めることで次第にされなくなって来ます。

要は見過ごせていたレベルのものが、見過ごせないレベルにまで大きくなってきたと言うことです。このあたりから、匿名のメリットよりデメリットの方が目立つようになってきます。

2ちゃんねるまとめサイトの誕生

2ちゃんねるの歴史を語るにおいて、まとめサイトの誕生は外せません。2ちゃんねるまとめサイトとは、文字通り、2ちゃねるの掲示板をまとめたサイトのことです。

特定のテーマに沿ってスレッドをまとめ、ユーザーが見易いように、利用し易いようにまとめたものが2ちゃんねるまとめサイトと呼ばれるものです。

これだけを聞くと、悪く聞こえないでしょうが、問題はこれらのサイト管理人が恣意的に情報をまとめることです。時にはデマや捏造も厭わないスタンスだったのです。

ただでさえ、真偽不明の情報の多い2ちゃんねるです。それに輪を掛けて恣意的な見せ方をするのですから、問題が大きくならないはずはありません。

2ちゃんねるまとめサイトの乱立の歴史

この問題をさらに大きく広げたのがまとめサイトの乱立の歴史です。と言うのは、まとめサイトの管理人はボランティアでサイトのまとめを行っていたわけではないからです。

面白半分でデマ情報を流す管理人もいますが、多くはお金が目的です。サイトのユーザー数が増えれば増えるほど、閲覧数に応じて報酬が発生していたのです。

報酬が得られることで、参入者は増える一方、まとめサイト乱立に拍車を掛けます。人間、お金のためならば、とことん汚くなれる人間はどの歴史も一緒です。

お金目的のサイト管理人は、閲覧数増加を求めて過剰なタイトルで煽り、さらにそれを面白半分のユーザーが拡散する、負のスパイラル状態に陥ったのです。

2ちゃんねるの分裂騒動の歴史

2014年2月19日未明から午前にかけて大量の2chサーバーダウンしました。その時は、サーバー攻撃を受けているとの報道もありましたが、調査を続けていくうちに、新体制への移行、運営費の問題、運用ルールの変更などが起きました。

  • 2ch.netの運営体制が刷新(フィリピン法人「Race Queen,Inc.」 Jim氏が2ch.net運営権を奪取)
  • 2ch.scを実質的運営者である「ひろゆき」こと西村博之氏が新たに開設(シンガポール法人「PACKET MONSTER INC.PTE.LTD.」が運営するとされている)
  • 「数秒規制」の緩和
  • 有料だった過去ログを無料公開
  • まとめサイトへの転載禁止

何故2ちゃんねるが分裂したのか?

今回の変更の要因とされるのは、昨年8月におきた個人情報の流出事件です。この事件により、書き込み者の特定や、それに伴う過去ログViewerへの返金請求、2ch経営・運営費の混乱などがそれにあたります。

2ch削除人の解雇

また、大きな事件として、2ちゃんねるの問題ある投稿、書き込みを削除担当していた人(通称:削除人)が、2chへのログインができなくなったといわれています。削除人が解雇されたのではないかという記事も見られます。

よって、一時的に、削除スレッドや、弁護士経由による「裁判所の掲載禁止の仮処分」による削除申請が行えない状態に陥ったことがありました。

2ch新体制になって、さらに事態を悪化させているのが、過去ログの無料開放です。

2ch対策の「埋め立て」問題と過去ログ公開

以前は、2chへの誹謗中傷、名誉毀損の書き込み、プライバシー侵害書き込みの有効な対策として、「2ch埋め立て」という手法がとられてきました。これは、2chはレスを1000までしか書き込みができない、1000まで書き込みがされると、スレッドは過去ログとなり無料では見られないという仕様を利用したものでした。結果的に、過去ログに落ちると、スレッドタイトルしか検索エンジンに認識されないため順位を落としたり、アクセス数を減らすことができました。

誹謗中傷対策において、2ちゃんねる埋め立ては、問題が多いものの誹謗中傷業者と称する業者を中心に有効とされた対策手法でした。

しかし、2ch.netの新体制への移行により、「過去ログ」が無料公開しました。

関連記事
過去ログ倉庫に格納
5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)過去ログを検索、閲覧、削除する方法
  ■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています 5ちゃんねる(旧:2ch)のスレッドを閲覧すると、上…

現在(2017年~)2ch.netの歴史に幕と5ch.netの誕生

  • 2017年10月1日に、2ちゃんねるの運営権を「LOKI TECH Inc」(ロキ・テクノロジー)社に譲渡し、継続的に安全かつ快適にご利用いただけるように、「2ちゃんねる(2ch.net)」掲示板の名称を新たに「5ちゃんねる(5ch.net)」へと変更

2017年10月1日をもって、インターネット掲示板の草分け的存在であり、社会現象にまでなった、「2ちゃんねる(2ch.net)」は、その18年間の歴史に幕を閉じることになりました。

※変更理由として、JIM氏はTwitter上で、西村博之氏が、2016年の裁定後も妨害を受け、利用者やボランティアに多大な負担をかける自体になったと主張しています。

  • 「2ちゃんねる」の商標権は、西村氏が持っているということ
  • JIM氏があったと主張する「ひろゆき」氏の妨害行為により、2ch.net運営に多大な支障がでており、名称・ドメイン変更により安定化させたかったこと(妨害行為の真偽の程は不明)

変更理由は、上記の2点であると考えられます。

関連記事
5ちゃんねる
5ちゃんねる(5ch.net)へ名称変更理由と削除申請への影響
2017/10/1から、2ch.netにアクセスすると、ロゴマークが「2ちゃんねる」から「5ちゃんねる」に変更されま…

まとめ

上記のように隆盛を極めた2ちゃんねるも完全に野放しと言う訳ではありません。誹謗中傷や名誉毀損を繰り返し、社会問題化するなかで、司法も重い腰をあげるようになりました。

その陰には言われの無い中傷を受けた人たちの行動と、サポートした専門家の方たちの動きがあったことは忘れてはいけないでしょう。

結果、現在は裁判所の判例などもあり、(削除要請に応じるなど)徐々にですが、負の問題は改善の方向を向いていると言えます。

  1. 2ちゃんねるの歴史は案外古く開設は1999年
  2. 初期は専門化によるコアな議論も交わされており、現在のダークなイメージとは少し趣の異なる掲示板であった
  3. ユーザー数の増加により雰囲気は一変し、負の側面が目立つようになる
  4. まとめサイトの乱立により、問題はさらに拡大する
  5. 司法の動きもあり、現在は改善の方向を向いている
  6. 2ちゃんねるは、運営体制の混乱により2つに分裂の歴史を持ち、2ch.scと5ch.netになっている。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

ATB1
【東京都・港区】
弁護士法人ATB
ATB1

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

旧2ch(現5ch)をはじめ、ネット上の誹謗中傷記事は、弁護士法人ATBが削除します!

5ちゃんねる削除・書き込み犯人特定に関して独自のノウハウがあり、迅速に対応いたします!爆サイ・ホスラブ・したらば掲示板・twitter誹謗中傷等、幅広く対応しております。費用の発生は、ご依頼を正式に決定された後となりますのでどうぞ安心してご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3377-8966
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!