Twitterでのネットストーカー|予防法と被害対処の仕方とは

twitter suto-ka-

現代ではネット環境がどんどん便利に整えられています。
ただ、その裏側でネットストーカーが多発していることをご存じでしょうか。

SNSを利用することが当たり前になっている世の中で、被害に遭わないようにするには自衛を徹底する必要があります。

そこで今回は、Twitterでのネットストーカーに焦点をあてて解説していきます。

Twitterでのストーカー|ネットストーカーとは?

Twitterでのストーカーを含め、ネットを介して行われるストーカーを「ネットストーカー」と呼びます。
別名「サイバーストーカー」とも呼ばれています。

家に押しかけるなど直接的にストーカー行為を行うのではなく、SNSでしつこくメッセージを送ったり、プライベートな情報を収集したりして付きまとうストーカーのことを主に指します。

アイドルや俳優など、有名人がファンによってストーカー被害に遭うこともありますが、インフルエンサーや一般人なども対象になりやすいことが特徴です。

ネットストーカーをする人は思い込みが激しかったり、プライドが高いといった心理状態にあることが多いです。
また、実際に関わりがなくても、ネットから現実的に接触を図って事件に繋がることもあるため注意が必要です。

関連記事
ネットストーカー
ネットストーカーの特徴と心理。正しい対処法は?
インターネット上では人との距離感がつかみにくいため、「親しくなった」と勘違いして起こるネットストーカーが急増していま…[続きを読む]

Twitterでのネットストーカー事例

それでは、実際にどのような事例があるのでしょうか。
簡単に見てみましょう。

監視の書き込み

2017年、女子高校生を付きまとうような書き込みをしたとして、ストーカー規制法違反の疑いで金沢医科大病院の医師が逮捕されました。

この男性は、Twitter上に「スカートをめくりたくてしょうがない」「〇〇にいれば会える」といった内容を書き込んだ他、実際に付きまとい、隠し撮りの写真も並べていたとされています。

瞳の写真

2019年、アイドル活動をする女性にわいせつな行為をしたとして男性が逮捕された事件です。

この男性は、SNSにあがっている写真の「瞳」に反射した景色に似ている駅をGoogleストリートビューから特定し、犯行に及んだと供述しています。
また、被害者の動画から部屋の位置までも特定していたとされています。

どこからがネットストーカーになるの?

上記のようなネットストーカーの事例はありますが、そもそもどのような行為が明確にネットストーカーだと言えるのでしょうか。

ネットストーカーの定義

ネットストーカーも普通の(直接的な)ストーカーと判断基準は同じです。
法的に定義すると、ストーカー規制法2条1項、3項に該当する行為をするとネットストーカーにあたると言えます(2017年1月3日に改正法が施行されました)。

ストーカー規制法2条1項は以下の行為を「つきまとい等」と定義し、3項ではこれを同じ人に繰り返し行うことを「ストーカー行為」と定義しています。

  • つきまとい、待ち伏せ、押し掛け、うろつき等
  • 監視していると告げる行為
  • 面会や交際の要求
  • 乱暴な言動
  • 無言電話、拒否後の連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNS等
  • 汚物などの送付
  • 名誉を傷つける
  • 性的しゅう恥心の侵害

ネットストーカーと考えられる行為例

上記を踏まえて、ネット上のどんな行為がつきまとい等やストーカー行為に該当するといえるのかを見てみましょう。

行為内容 具体例
一方的にDMやリプライを送ってくる
  • 拒絶したにも関わらずDMをしつこく送ってきたり、一回一回の呟きに対してリプライをしてくる
  • 「会いたいから〇時に××に来てください」「付き合って」というようなメッセージを送ってくる
  • 「指定した場所に来ないとお前の写真ばらまいてやるからな」と脅すような行為をする
  • 卑猥な画像やメッセージを送ってくる
誹謗中傷を書き込む
  • 「キモイ」「Twitterはやく止めろよ」としつこく誹謗中傷や侮辱をしてくる
    ※ストーカー行為と言えなくても名誉毀損罪などに該当する可能性も有り
  • 友人のアカウントに「○○に話しかけるな」などと害のあるメッセージを送る
位置情報や個人情報を収集して悪用する、現実につきまとう
  • 家を特定し、「綺麗な庭ですね」などと写真と共に送ってくる
  • 家に帰ったときに「買い物お疲れ様」のような監視のメッセージを送ってくる
  • 生き物の死骸を送ってくる
なりすましをする
  • 同じ服を買ったり、よく行くお店を真似して写真を撮り、あたかも本人かのようになりすましを行う
無断で本人の情報を公開する
  • 自分が公開していない個人情報や写真をばらまく
  • 盗撮を載せる

Twitterでストーカー被害に遭わないための対策

では、Twitterでストーカー被害に遭わないようにするためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。
ここからは対策をご紹介します。

対策①|個人情報を記載しない

本名は勿論、学校名や住んでいる地域など、個人情報は記載しないようにしましょう。

また、自分の写真もなるべくあげないようにすることをお勧めします。
顔が写っていれば実際に探すときの手がかりになり、制服からは学校を特定されてしまいます。
機械に慣れている人であれば、ピースサインの指から指紋を採取できてしまう場合もあるようです。

さらに、「今日から家族が旅行に行った」というようなプライベートな情報を呟くこともなるべく控えましょう。
独りであることがわかってしまうと、事件に巻き込まれる可能性が高くなります。

対策②|特定できる情報をあげない

自分自身の写真だけでなく、近所の写真をあげることも危険です。
特に学校や公園など、1つしかなく特定しやすいものは生活圏を絞るのに好都合なため、注意するようにしましょう。

「近所の○○が火事になった」「学校に○○(有名人)が来た」というような些細なツイートも、調べれば特定できてしまうため呟かないようにしましょう。

対策③|リアルの友達と繋がらない

自分も写っている写真を投稿していたり、学校名など個人情報を公開している友達のアカウントとリプライを送り合っていると、そこから特定に繋がる可能性があります。

特定をなるべく避けたいのであれば、リアルのアカウントと繋がらないようにしましょう。

対策④|アカウントに鍵をつける

上記のように個人情報を投稿するアカウントを作りたい場合やリアルのアカウントと繋がりたい場合は、鍵をかけるなどして見れる人を制限するようにしましょう。

フォローリクエストが送られてきても、誰だかわからない人は承認しないといった注意も必要です。

対策⑤|アカウントを使い分ける

昔から親しく信頼できる友人と繋がるアカウントと、個人情報をあまり記載していない初対面の人と繋がるアカウントなどと、使いわけて利用する方法もあります。

ただ、裏垢などを作っても一定の友人との繋がりからバレる可能性もありますので、安心しすぎないように気を付けてください。

対策⑥|過激な悪口や誤解させるような内容を呟かない

相手を攻撃して恨みを買ってしまうような、過激な悪口は呟かないようにしましょう。

また、相手に期待を持たせるような曖昧なリプライを送ったりすることも危険です。
不穏な兆候のある人であれば、はっきりと「嫌だ」と断ることが大切です。

対策⑦|Twitterを開く場所に気を付ける

電車内など外出先でTwitterを開いていると、IDやアカウント名を盗み見られてストーキングされるケースもあります。
このようなケースでは、アカウントと本人が既に結びついているため、現実の被害が発生しやすく、十分な注意が必要です。

そのため、盗み見防止のエフェクト画面になるように設定したり、Twitterを開く場所を考えて利用するようにしましょう。

もしストーカー被害を受けたら?5つの対処法

ストーカー被害に遭ってしまった場合、もしくはストーカーの疑いがある場合は以下のような対処法を試してみてください。

対処法①|接触を断つ

しつこいと思ったら、無視したりブロックをしたり、アカウントを削除して接触を断ちましょう
ただ、いきなりブロックしたりすると逆上して悪化する可能性もあります。

まずは、「止めてください」などとはっきり言って、それでも治らなかったら処置するようにしましょう。

対処法②|証拠を集める

いざとなったときに警察に動いてもらえるよう、証拠を取っておくことも大切です。

ストーカーだとわかるようなメッセージをスクショしたり、画像を保存しておいたりして備えておきましょう。

対処法③|周囲の人に相談する

ネットストーカーは友人のアカウントにメッセージを送って情報収集することもあります。
自分の個人情報をばらされないよう、友人に相手にしないようにお願いしておくといいかもしれません。

また、先輩や上司など、一定の関わりがある人からネットストーカーをされている場合は、直接接触を図ってきたときに仲介役になってもらうよう誰かに相談しておくと安心です。

対処法④|警察に相談する

一番安心できる方法が、警察からストーカーに対応してもらうことです。

ネットでも電話でも、警察にストーカー被害を相談できる専門の窓口があります。
警察であればストーカー相手に警告を出したり逮捕してもらうことができるため、法的に対処することも可能です。

【参考】警察庁ストーカー被害相談サイト

対処法⑤|弁護士に相談する

「警察は大事になりそうだから相談しにくい」「被害がでないと警察が相手にしてくれなさそう…」と感じる場合は、弁護士に相談してみましょう。

まずは無料相談を行っているところで話してみて、その後の対応を決めることも1つの手です。

まとめ

以上がTwitterでストーカー被害に遭わないようにする対処法と、事後的な対策です。
匿名でやっているから安心、と思う方もいるかもしれませんが、意外と些細な写真やツイートから自分のことを特定されてしまうのがネットの恐ろしいところです。

自分で注意できるところから気を付けてSNSを利用するようにしましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事