質問箱(peing)の誹謗中傷された場合の対処方法・犯人特定方法

質問箱

質問箱Peingでの誹謗中傷トラブルとは

Twitterやインスタグラムと連携して利用する質問箱のPeingが人気です。

しかし、人気の影では、誹謗中傷被害が増加しているという報告もあります。そこで、質問箱Peingの誹謗中傷事例や、被害にあった場合に名誉毀損で訴えることが可能なのかをみてきましょう。

質問箱Peingとは

Twitterやインスタグラムに他のアプリを連携して利用する方も増えてきました。その中でも人気なのが、質問箱のPeing(ピング)です。

Peingでは、その名の通りフォロワーから質問を受け付けることができるサービスを提供しています。フォロワーとのコミュケーションの一環として利用することができるため、利用している方も多いのではないでしょうか。

Peingでは、SNS上の気になる人に匿名で質問ができるのが特徴です。使い方も簡単です。Peing のサイトにアクセスし、Twitterやインスタグラム のアカウントでPeingを連携すれば質問箱を設置できます。後は質問が投稿されるのを待つだけで、いろんな人から質問を受け付けることができるのです。

アカウントを運営する人がどのような発言や投稿をしているのかによって、質問は変わりますが、「今日何食べた?」など他愛もない質問がやってくることもあり、これに答えるかどうかは質問箱を設置した人次第です。

このように、質問箱のPeingはSNS上で質問を受け付け、フォロワーとのコミュニケーションを活発にできるサービスです。

Peingで誹謗中傷被害に遭う事例も

先にお伝えした通り、Peingでの質問のほとんどは他愛もない内容です。好きな食べ物を聞いたり、最近嬉しかったことを聞いてみたり、など友人と話す感覚で質問が投げ込まれます。質問箱を設けた人が弁護士などの専門家である場合は、お悩みに関する真剣な相談であることもあります。もっとも、これらは全て無害なものです。

しかし、場合によっては誹謗中傷被害に悩まされる人もいます。具体的には以下のような内容です。

  • 「バカ」「あほ」などの悪口を言われる
  • 自身のツイートやインスタグラムの投稿を叩かれる
  • 下ネタなど、不快な質問がやってくる
  • 殺害予告、危害を加える内容が書き込まれる

もはや質問ではなく、質問箱の設置者を非難するような内容が書き込まれることがあります。質問箱は匿名のため、設置者は誰が誹謗中傷を行っているのかがわからず、嫌な思いをします。

少し気を悪くするような類いのものであれば、無視することで対応できますが、「殺す」「危害を加える」などの内容が書き込まれたら放置しておくのは難しくなります。フォロワーと楽しくコミュニケーションを取るために質問箱を設置したのにもかかわらず、このような被害に遭うのは悲しいことです。

質問箱Peingでの誹謗中傷行為は名誉毀損にあたるのか?

質問箱Peingで悪口が書き込まれた場合、これらは法的にみて名誉毀損罪や侮辱罪などの罪になるのでしょうか? また、警察に通報することは可能なのでしょうか。

Peing上の悪口は、名誉毀損罪や侮辱罪には当たらない

Peingで悪口が書き込まれたら不快な思いをしますよね。ひどいケースの場合は、警察に通報したり、弁護士に損害賠償を請求したいと考えるでしょう。しかし、これは法的にみて可能なことなのでしょうか。

悪口に関しては、刑法上名誉毀損罪や侮辱罪にあたる可能性のある行為と言えます。

名誉毀損罪が成立するためには、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した」ことが必要です。具体的には、不特定また多数の人が見ることができる状態で、他人の名誉を低下させるような言動をした場合に、「三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金(刑法230条1項)」に処される可能性があります。名誉毀損に当てはまる場合は、民事でも損害賠償請求が可能となります。

このように説明すると、Peing上の悪口も名誉毀損罪に当たりそうな気がしますが、実際は難しいでしょう。

というのも、構成要件である「公然と」を満たさないからです。Peingの質問に関しては、質問箱の設置者しか基本的に閲覧することはできません。そのため、不特定または多数の人の前で名誉を貶めるような行為をしたとは言えないのです。

侮辱罪についても同様です。侮辱罪は「事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する(刑法231条)」と規定しています。名誉毀損罪との違いは「事実の摘示」が必要ないことです。「お前はバカ」という暴言は、事実を摘示したわけではないため、侮辱罪となります。侮辱罪においても公然性が必須のため、質問箱のケースでは侮辱罪も成立しません。

ちなみに、1人に伝えた場合であっても伝搬性があれば名誉毀損罪・侮辱罪が成立可能ですが、本人が名誉を貶める発言等を伝播することはありませんので、公然性の要件を満たすことは難しいでしょう。

このように、Peingで悪口が書き込まれた場合には、残念ながら名誉毀損罪、侮辱罪は成立しません。

脅迫なら警察に!成立する可能性も

質問箱で悪口を言われても、名誉毀損罪や侮辱罪の成立は難しいと言えます。しかし、内容によっては別の罪が成立する可能性があります。

例えば、「お前を殺しにいく」、「家族に危害を加える」という内容のものであれば、脅迫罪にあたりうる発言です。脅迫罪は、刑法221条1項に規定されており、「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。」と定めています。身の危険や財産の危険を感じる内容であれば、質問箱に投げられた発言であっても警察に通報できる可能性があります。

注意すべきは、脅迫罪の対象です。ご自身に対し脅迫行為があった場合はもちろんですが、ご家族に向けられた発言であっても大丈夫です。しかし、恋人や友人の場合は脅迫罪の対象外となりますので、覚えておきましょう。

ちなみに、脅迫罪の場合は害悪の告知で既遂に至ります。つまり、質問箱に「殺しに行く」などと脅迫的な言動をしただけで、実際に行為に及んでいなくとも「2年以下の懲役又は30万円以下の罰金」に処される可能性があります。

友人同士でふざけて誹謗中傷を行うというケースもありますが、本人が傷付けば大きな事件に発展することもあるということを理解しておいてください。

質問箱Peingで誹謗中傷被害にあった場合の対処法

質問箱Peingで誹謗中傷被害にあった場合にできることをお伝えします。

悪口はブロックすること

不快な質問が投げ込まれたら、質問を削除してほしいと思います。実際のところ、Peingでの削除は可能なのでしょうか?

利用規約によると、質問の削除に関しては通常対応していないようです。すでに回答済みの場合や回答内容に個人情報が記入されている場合は質問と回答の削除を実行してもらえます。また悪口や誹謗中傷などの嫌な質問があれば、質問ページの各質問の左側に「通報する」ボタンがあります。これにより運営に通報することが可能であるため、悪口のような内容が書き込まれたら、通報してみましょう。

何度も同じような質問が投げかけられ、同一人物かなと思う場合は、質問をブロックすることも可能です。相手が誰かを知ることはできませんが、ブロックによって誹謗中傷が減る可能性があります。

運営元に利用停止や個人情報の開示請求を行う

ブロックで対応しても、複数の人から誹謗中傷を受けている場合は誹謗中傷行為が続く可能性があります。また脅迫事案の場合は、相手を特定する必要があるでしょう。この場合は、質問箱Peingの運営元に対し誹謗中傷行為をする人の利用停止を求めたり、任意でIPアドレスの開示請求をすることができます。

利用規約でも、本人または代理人から個人情報の開示・訂正・利用停止の請求があった場合には、速やかに対応することを明示しています。また、同社のプライバシーポリシーでも、第7条の「個人情報の開示・訂正・利用停止」においても、support@peing.netにて個人情報の開示・訂正・利用停止の請求を受け付けるとしているため、誹謗中傷行為を繰り返す人の利用停止や個人情報の開示請求をすることは可能と考えられます。

運営元に、利用停止や開示請求を行う場合は、本人か代理人しかできないため注意が必要です。

弁護士に相談し、犯人を特定して損害賠償を請求する

個人で相手の個人情報や利用停止を求めても、応じてもらえなかった場合には弁護士を通じて利用停止や個人情報の開示請求を行うことも可能です。個人情報の開示については、任意開示という点で本人がお願いする場合と同様ですが、弁護士が代理することでプレッシャーを与えることができます。仮にそれでも応じてもらえなかった場合には、IPアドレス開示の仮処分を裁判所に申し立てます。

脅迫行為を行った相手のIPアドレスを特定できたら、プロバイダに対し発信者個人情報の開示請求を行います。無事情報が開示された場合には、個人に対し損害賠償請求を行います。誹謗中傷行為の場合、質問箱での事例は名誉毀損として認められませんが、度重なる誹謗中傷で精神が疲弊し病院に通ったケースなどでは、不法行為に基づく損害賠償請求も可能と考えられます。また脅迫行為も同様に損害賠償請求が可能です。

脅迫行為の場合は、警察に通報することも考える

脅迫罪が成立するような内容を質問箱で受けた場合には、警察に通報することも考えましょう。特に何度も危害を加えるような内容を投稿してきた場合は危険です。

質問箱Peingの運営の回答でも、「度を超えた誹謗中傷や何らかの犯罪に結びつく行為」については、警察・捜査機関の協力を求めるようにとの内容が書かれています。警察からの協力要請については積極的に応じる姿勢のようですので、警察に通報することも検討してみてください。

質問箱Peingで誹謗中傷を受けたら、弁護士に相談を

質問箱Peingで誹謗中傷を受けたら、相手を特定し損害賠償を請求することが場合によっては可能です。法的対処をきちんとすることで、相手が同じようなことを繰り返すのを防ぐこともできます。SNS上で嫌な思いをしたら、弁護士に相談しましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事