インスタ乗っ取り確認|乗っ取り被害の対処法&予防法[2019年]

インスタ乗っ取り

インスタ乗っ取り被害?インスタにアクセスできない!

  • 「Instagramを開こうとしたらなぜかアクセスできない」
  • 「朝見てみると、謎の写真がたくさんアップ…」

実は最近、このようなインスタの乗っ取り被害が増加中です。インスタグラムは大人気アプリゆえに、乗っ取り被害も多くなっているのです。インスタの乗っ取りのような状態になってしまった場合は、今すぐ対処が必要です。

そこで今回は、インスタの乗っ取り被害への対処法・予防法をわかりやすく解説します。

インスタ乗っ取り被害の目的

まずは、インスタの乗っ取り被害の現状や乗っ取り犯の目的、乗っ取りの確認方法までご説明します。

インスタ乗っ取り被害は急増中

最近インスタグラムの乗っ取り被害が急増中です。インスタグラム自体は、2010年から始まった画像共有アプリで、それほど新しいアプリではありません。しかし、ここ数年「インスタ栄え」という言葉がトレンドになるほど多くの人が使い始め、利用者増加とともに被害が増えています。

どんな被害が増えているのかというと、それは「乗っ取り被害」です。
「インスタ乗っ取り」とは、不正に取得したパスワード等を用いて、他人のアカウントにアクセスし勝手に写真を投稿したり、所有者がアクセスできなくなるように細工することを指します。

フォロワーが多い人ほど影響力が高いため、被害にあいやすいといわれています。有名人の被害としては、渡辺直美さんのアカウントが乗っ取り被害に遭ったことが有名です。もっとも、最近ではフォロワー数に見境なく乗っ取りが行われているという報告もあるため、誰でも乗っ取られてしまう可能性はあるということです。

インスタ乗っ取り犯の目的|詐欺、個人情報の収集

では、なぜ犯人は面倒な乗っ取り行為を行うのでしょうか?

インスタアカウントの乗っ取りを行う目的は、以下に集約されます。

  • 詐欺目的
  • 個人情報を得る目的
  • 嫌がらせ
  • 別のサイトへの誘導

基本的には、お金にすることを目的としています。有名な手口としてはサングラスで有名な「レイバン」を安く販売するという広告をインスタグラムで投稿されるという被害です。アクセスした人が商品を購入しても、商品が発送されることはなく、詐欺被害に遭います。これ以外にも、インスタの友人にダイレクトメッセージを送ることで個人情報を取得する、詐欺行為を行うという手口もあります。アダルトサイトへ誘導するという目的もあるようです。

また、嫌がらせ目的というのも散見します。別れた恋人や友人の嫌がらせでアカウントがハッキングされてしまうことがあるのです。具体的には、公開したくないプライベートな写真が投稿される被害があります。

インスタ乗っ取りを確認する方法

では、早速乗っ取られていないか確認してみましょう。「しばらくインスタグラムを見ていない」という方も大変なことになっていないかチェックしておいてくださいね。

乗っ取り被害は、パスワードが変更され「アクセスできなくなる」というのが典型ですが、段階を踏んで徐々に行われることが多いのです。

乗っ取りの兆候としては、以下が挙げられます。

  • 知らない画像の投稿がある
  • プロフの写真が変わっている
  • 知らない人フォロワーが急増している
  • インスタグラムから連絡が来た

アカウントのフィードをチェックして、知らない画像が投稿されていないかチェックしてみましょう。知らない画像やプロフの画像が切り替わっている場合は、乗っ取りの可能性があります。

また、アクセスできなくなる被害の直前に「知らないフォロワーが増えた!」という方も多いので、確認しておきましょう。そして、インスタグラムの運営元から知らない間にパスワード変更の通知があれば、ほぼ確実に乗っ取り被害にあっています。

もし乗っ取り被害に遭っていたら、以下の手順に沿ってすぐに対処してください。

インスタ乗っ取りの対処法

次に、乗っ取り被害への対処法をログインできる場合と出来ない場合にわけてご説明します。乗っ取り犯を逮捕できるのかについても見ていきましょう。

インスタ乗っ取り被害への対処法|ログインできる場合

「知らない画像の投稿がある」など乗っ取りの兆候がある場合は、次の2つを実行するようにしてください。具体的には①パスワードを変更する、②他のSNSアカウントのパスワードも変更する、です。

①パスワードを変更する

ログインできる場合は、インスタのパスワードを変更するのが一番簡単な対処法です。パスワード変更の方法は以下の通りです。

  • (1)アプリを開き、自分のプロフィールがわかる画面に移動する。
  • (2)以下の順番にタップしていく。右上の「三本線マーク」→一番下にある「設定」→「パスワードを変更」
  • (3)現在のパスワードと新しいパスワードを2回入力して、終了

最後に、パスワード変更のメールが来ているかどうかを確認して終了です。

②他のSNSアカウントのパスワードも変更する

SNSアカウントのパスワード使い回していませんか?
使い回している場合は、他のSNSも乗っ取られてしまう可能性があるので、念のためパスワードを変更しておきましょう。

インスタ乗っ取り被害への対処法|ログインできない場合

ログインできない場合は、すでにパスワードが変更されている可能性が高いでしょう。対処法としては、①パスワードを再度変更する方法をとるか、②インスタグラム運営元に報告する、の2パターンがあります。順に見ていきましょう。

①パスワードを再度変更する方法

Androidの場合
(1)Instagramアプリを開く
(2)ログイン画面で「ログイン」マークの下にある「ログインのヘルプ」をタップ
(3)自分の情報を入力して終了。

iPhoneの場合
(1)Instagramアプリを開く
(2)ログイン画面で「パスワードを忘れた場合」をタップ
(3)「ユーザーネーム」か「電話番号」をタップして、メールアドレス、ユーザーネーム、携帯番号のいずれかを入力。
(4)「ログインリンクを送信」をタップして終了。

②インスタグラム運営元に報告する

Androidの場合
(1)Instagramアプリを開く
(2)ログイン画面で「ログイン」マークの下にある「ログインのヘルプ」をタップ
(3) ユーザーネーム、メールアドレス、電話番号を入力して、「次へ」をタップ
(4) 「ヘルプが必要な場合」をタップして、画面の指示に従う。ご自身のメールアドレスを入力して、連絡を待つ
iPhoneの場合
(1)Instagramアプリを開く
(2)ログイン画面で「パスワードを忘れた場合」をタップ
(3)「ログインリンクを送信」の下にある「ヘルプが必要な場合」をタップして、画面の指示に従い、メールアドレスを入力。
(4) インスタグラム側からの連絡を待つ

インスタグラム側からは、ID認証の自動返信が届きますので、以下のどちらかの認証方法選択(あるいは両方)し、返信してください。

(1)インスタグラム運営元から届いたコードを手書きし、それを持ったご自身の写真を添付
(2)登録時に使用したメールアドレスあるいは電話番号とスマホのタイプ(iPhone、Android、iPadなど)を記載する

以上の手順が終わったら、インスタグラムからアカウントを取り戻す方法を記載した内容のメールが送られてきますので、指示に従って下さい。

インスタ乗っ取り犯を逮捕できる?|捜査次第

乗っ取りをされてしまうと「警察に通報したい!」と思う方もいらっしゃるでしょう。では、実際に乗っ取り犯を通報して捕まえることはできるのでしょうか?

実際のところ、SNSの乗っ取りで逮捕された事例はあります。2015年にFacebookに不正アクセスした会社員の男性が逮捕されています。不正アクセスにより、他人のプライベートな写真を閲覧し、性的欲求を満たしていたという事例です。

この事件では、不正アクセス禁止法違反で立件されていますが、嫌がらせ目的などの場合は、名誉毀損で訴えることも可能です。また、詐欺目的の場合は次の被害者を出さないためにも、警察庁のサイバー課に連絡しておいても良いでしょう。都道府県ごとの犯罪相談窓口は以下のURLから見つけられます。

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧:https://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

もっとも、詐欺の場合で組織的犯罪の場合は相手を見つけることは困難なケースも多いのが実情です。相手が実際に逮捕されるかどうかは、捜査次第というところもあるでしょう。

関連記事
アカウント乗っ取り
不正アクセス禁止法とは?不正アクセス対策と事例をわかりやすく解説
インターネットを利用していると、勝手に自分のIDとパスワードを使われて、知らない人にパソコン操作やSNS・LINE乗…

インスタ乗っ取り予防法

次に、乗っ取り被害にわわないために、自分でできる予防策をご説明します。1つずつ見ていきましょう。

複雑なパスワードに変更する

パスワードに自分の名前や誕生日を入れていませんか?

パスワードは推測できるような文字列や短すぎる場合、ユーザー名からわかる文字列の場合は危険です。簡単にパスワードが判明してしまいます。パスワードを設定する場合は、アルファベットと数字、記号を組み合わせて複雑なものにするのがオススメです。

管理するのが大変な場合は、パスワード管理アプリを利用するなどして上手に管理してください。

パスワードの使い回しを止める

「SNSのパスワードは全部同じ!」なんて方は意外と多いと思います。

パスワードの管理だけでも面倒ですし、一緒でいいと考えてしまうのもわかります。しかし、パスワードを同じにしていると、1つのSNSで乗っ取られると他のSNSも乗っ取りができることになってしまいます。マルウェアによるパスワード詐取の場合は、1つのアカウントパスワードがわかれば、次々に別のSNSにアクセスしていく仕組みがとられているため、すべてのSNSが乗っ取られてしまう危険があるのです。

「インスタグラムだけじゃなくて、LINEまでアクセスできない」なんてことにならないように、パスワードはすべて違うものを利用してください。

定期的にパスワードを変更する

また、一度設定したパスワードは万能ではありません。定期的にパスワードは変更するようにしてください。パスワードが定期的に変更されることで、仮の乗っ取り被害の兆候があったとしても被害を防ぐことができます。

不正ログインを防ぐためには、パスワード管理が肝心です。

二段階認証を有効にする

最後に、二段階認証は必ず設定するようにしてください。

二段間認証とは、ログイン時に設定された電話番号にメッセージが届き、メッセージ内のコードを入力しないとログインできなくなる仕組みです。不正アクセスを回避することができるセキュリティ対策としては有効なので、必ず設定するようにしましょう。

二段階認証は、アプリのプロフィール画面から「三本線マーク」→一番下にある「設定」→「二段階認証」をタップして、設定を進めていけばOKです。予備の認証コードはスクリーンショットで撮っておき、保管しておきましょう。

インスタ乗っ取りに気をつけよう

インスタ関連の乗っ取り被害は毎日のように起きています。面倒で放置してしまっているという方は、一番危険です。あなたの個人情報だけでなく、友人も詐欺被害の危険にさらしてしまっている可能性があります。アカウントの管理は定期的に行うようにしましょう。

また、SNS関連で被害に遭う人は年々増加中です。乗っ取り被害で笑い話しで済む場合ならよいですが、深刻なストーカー被害に合う方もいます。特に、フォロワーが多い方は、注意が必要です。
身に危険が及びそうな場合ははすぐに通報すること、そして必要ならば弁護士に相談してみましょう。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

2ch、5ch、爆サイ、ホスラブ、SNS、検索結果の削除を得意としております。電話相談も対応可能です。

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事