インスタでトラブル!インスタのDMを公開するのはプライバシー違反?

インスタのDM

インスタのDMを一般公開するのはNGって本当?

最近では、SNSの利用を巡ってさまざまな問題が浮上していますが、特に利用者が多いインスタグラムでの問題行為が増加中です。誹謗中傷などの問題もありますが、これ以外でも、ダイレクトメール機能(DM)を使ったメッセージのやり取りを勝手に一般公開する行為などがあります。仮に悪気なくやった行為であったとしても、プライバシー侵害に当たる可能性があるのです。

そこで今回は、インスタのDM内容を勝手に一般公開するのがなぜプライバシー違反に当たるのかを解説します。同時に、プライバシー侵害への対処法も見ていきましょう。

インスタグラムやSNSのDMプライバシー侵害事例

まずは、SNSのダイレクトメッセージ機能とそのメッセージが公開される事例について見ていきましょう。

SNSのダイレクトメッセージ機能(DM)とは

多くの人が毎日のように使うSNSですが、娯楽やコミュニケーションとしてだけではなく、連絡手段としても欠かせないという方が増えているのではないでしょうか。

SNSは、自分の近況やお気に入りの写真、気になる物事などを、フォロワーや世界に向けて発信できるのが特長です。そのため、基本的には公開が原則ですが、内容全てを公開することにより、知られたくない人にまでプライベートな情報が流れてしまうため、自分で公開範囲を制限することもできます。

これは、LINE、Facebook、Twitter、Instagramなどの主要な SNSのすべてに備わっている機能といえるでしょう。

そして、1対1で直接やり取りをすることが前提の機能がダイレクトメール機能(DM)です。他の人には知られなくない話の内容も、DM機能を使えば他のフォロワーなどに知られずに相手に連絡することができます。

このように、大変便利なSNSのDM機能ですが、DM機能について問題が報告されているのも事実です。

LINEやInstagramのメッセージ公開がいじめに繋がる?

SNSのDMでやりとりをしていて「相手の言うことがおかしい!みんなに聞いてみよう」と思い、相手に無断でSNSなどに公開してしまう人がいます。これは、のちに大きな問題に繋がりかねません。

例えば、LINEで友人と喧嘩になり、SNS上でやりとりを公開する人がいます。その内容をきっかけとして、その相手は多くの誹謗中傷を受けることになり、学校でのいじめなどにつながるケースもあるそうです。

最近の事例では、2019年10月に起きたタレントの木下優樹菜さんのタピオカ店恫喝騒動が挙げられます。お姉さんが勤めるタピオカ店を恫喝したとしてメディアを賑わせました。実際の恫喝内容を見て、びっくりした方も多いでしょう。

そしてこの問題が明らかになったのは、木下さんがタピオカ店の店長に送ったインスタのDMをそのまま店長が釈明のために公開したためです。恫喝騒動とは別に、勝手にインスタのDMを公開することによって、タレントとしては活動自粛となってしまったのですから大きな損害が発生しています。

このように、相手に無断でDMを公開することでさまざまな問題が起きています。

インスタで勝手にDM公開はプライバシー侵害

インスタで勝手にDMを公開することは多くの問題を引き起こす可能性があることはわかりました。次に、この問題がプライバシー侵害に当たるかどうかをご説明いたします。

プライバシー侵害とは

日本では憲法13条の幸福追求権の1つとして、プライバシー権が保護されています。プライバシー権とは、プライバシー権の侵害とは、私生活上の事実や公にしていない個人に関する事柄などをみだりに第三者に公表されない権利を指します。具体的には、名前や住所、職業や年収、見た目などの個人情報を含む事柄です。

プライバシー権を侵害したというためには、①私生活上の事実であり、②一般人の感受性から考えて公開を欲しない事柄であること、また③実際に公にされていない情報である必要があります。

これに当てはまる場合は、個人のプライバシーを侵害したと言い得るため、法的責任を問われる可能性があります。自分の情報を無断に公開されたからといって、必ずプライバシー侵害にあたるわけではありません。しかし、一般的に考えて、インターネット上に公開していない事柄を公開することはプライバシー侵害にあたりうるのです。

インスタのDMを勝手に公開するのはプライバシー侵害になりうる

では、インスタのDMを勝手に公開する行為はプライバシー侵害になるのでしょうか。

まず、インスタのDMでのやりとりは、一般に非公開です。ということは、DM交わされた会話の内容などは、一般に公開されていない事柄となります。また、一般人の基準から考えて、2人だけが知っているはずの会話をインターネット上に公開される、あるいは不特定多数の人にスクリーンショットで公開されることは不快に感じるでしょう。そして、インタグラムでのDMのやりとりは、誰といつ何を話したのかという点において私生活上の事実の一部といえそうです。このように考えてみると、インスタのDMを相手に無断で公開する行為はプライバシー侵害にあたり得ると考えるべきでしょう。

これは、他のSNSでの公開されていないメッセージのやりとりを公開することも同じです。芸能人や有名人の場合は、自らプライバシーを公開して生計を立てている部分があるため、プライバシー権に一定の制限を受けます。そのため問題にならないことも多いですが、これを一般人に当てはめることはできないので注意が必要です。

仮にどうしてもDMの内容などを公開したければ、相手の許可を得ることが妥当といえるでしょう。

このように、インスタグラムやSNSの一般公開されていないメッセージを勝手に公にすることはプライバシー侵害に当たる可能性があります。皆さんも、注意しましょう。

インスタのDMが勝手に公開された場合の正しい対処法

もしあなたと誰かのDMでのやりとりが勝手に公開されてしまったら、どのように対処すべきなのでしょうか。最後に、インスタのDMが勝手に公開された場合の正しい対処法をお伝えします。

相手にDMの公開をやめるように伝える

SNSを開くと、「自分と友人とのDMの会話が勝手に公開されていた!」という場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

人との会話を勝手に公開されるのは、あまり気分の良いことではありません。些細な内容であれば放置することも可能ですが、自身の名誉を傷つけるような態様で公開されていた場合は、なんらかの対処が必要です。

最初にできることとしては、相手に直接「公開をやめてほしい」と伝えることです。ストーリーなどで一時的に公開されていたのみだったとしても、相手に対し嫌な気持ちになったことはは伝えるべきでしょう。

友人関係や知り合いの場合は、あまり大事にすると関係に傷がついてしまいます。そのため、名誉を大きく損なったなどの問題がない限りは直接相手に公開をやめるようにお願いするか、不快であったことを伝えるべきです。

もっとも、これらを伝えることで相手を激昂させてしまう可能性もあります。そのため、できるだけ丁寧に冷静に伝えることが大切です。

公開をやめない場合・名誉棄損に当たる場合などは弁護士に相談すべき

インスタのDM公開を注意したのにもかかわらず、やめない場合は相手をプライバシー侵害で訴えることも可能です。この場合、プライバシー侵害が不法行為として認められれば、損害賠償請求をすることができるでしょう。もっとも、DMの会話の内容が公開されても大きな損害を被らないような些細なやりとりの場合は、請求できる金額は限られています。また、公開の差し止めも民事で請求することが可能です。

これらに加えて、警察に訴えることも考えられますが、プライバシー侵害では警察は動きません。そのため、名誉毀損が認められる状況があれば、警察に相談すべきといえます。例えば、過去の犯罪歴について相手に告白したことにつき、悪意を持ってSNS上に公開したようなケースです。このような場合は、相手の名誉を貶める行為にあたるため、名誉毀損で立件できる可能性があります。

このように、相手がこちらの注意を無視するような場合は法的手段も検討すべきです。プライバシー侵害に基づく損害賠償や名誉毀損を訴える場合は、まずは専門家である弁護士に相談しましょう。

SNSでのプライバシー侵害・名誉毀損は弁護士に相談を

インスタでのやりとりだけでなく、LINEや他のSNSでプライバシー侵害が行われ、深刻な問題が発生した場合は、できるだけ早い段階で弁護士に相談しましょう。

SNS上でプライバシーが公開されてしまうと、一気に拡散してしまうため早い段階で対処することが肝心です。SNSでの名誉毀損、プライバシー侵害、嫌がらせなどの被害などを受けた場合は、インターネットトラブルに強い弁護士・法律事務所に相談することがおすすめです。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

虎ノ門法律特許事務所 写真1
【東京都・港区】
虎ノ門法律特許事務所
虎ノ門法律特許事務所 写真1

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

虎ノ門法律特許事務所は、ネット誹謗中傷による被害全般に豊富なノウハウがございます

ホストラブ(ホスラブ)削除・書き込み犯人特定に強い弁護士事務所です。逮捕記事の削除、検索結果削除にも豊富な実績があります。東京都港区虎ノ門にある法律事務所です。迅速な対応で該当記事の削除請求、犯人の特定、そして損害賠償請求、名誉毀損による告訴など、状況に応じて的確に対応します。まずはお早めにご相談下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6234
[電話受付]平日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事