オンラインゲーム・ネトゲの人間関係トラブルとその対処法

オンラインゲームの人間関係トラブル

現代では、「フォートナイト」「Lost Ark」といったオンラインゲーム(MMORPG)が注目を集めています。

大人数で協力しながらプレイするゲームは、一人でプレイするのとはまた違った楽しみがあるものです。

ただ、オンラインゲームやネットゲーム(以下、ネトゲ)特有の非対面のやりとりは、相手の気持ちを察しにくく、人間関係でのトラブルが多発しています。

そこで今回は、オンラインゲーム・ネトゲにおける人間関係トラブルや、嫌われる人・めんどくさい人の特徴、疲れてしまった場合の対策などについて解説していきます。

オンラインゲーム・ネトゲの悩み|人間関係のトラブル事例

オンラインゲーム上では、どのような人間関係のトラブルが起きているのでしょうか。
最初に事例を見てみましょう。

考え方・価値観の違い

例えば、ガンガン攻撃していきたい人となるべく安全に進めたい人、上を目指したい人と楽しく遊べればいい人など、戦闘スタイルやゲームの楽しみ方で意見が合わないことがあります。

こういった考え方や価値観がチーム内で食い違うことによって、喧嘩やトラブルを引き起こすことがあるのです。

なかには自分と違う方針を押し付けられることでゲームをすることが苦痛になってしまい、「温度差の違い」を理由にチームから抜けてしまう人もいます。

男女関係

最近では、ゲーム内で知り合って相手に好意をもつ、恋人になるというケースが増えていることをご存じでしょうか。

そのため、恋人と現実で上手くいかないとゲームでもギスギスしてしまい、他の人に迷惑をかけることがあります。

他にも、女性プレイヤーに下心をもって接してくる人がいたり、ネットストーカーのようにしつこく付きまとってくる人がいたり、あるプレイヤーと仲良くしていると嫉妬で嫌がらせをされたりといったこともあるようです。

暴言・誹謗中傷・名誉毀損

オンラインゲームでは、チームで連携を取るためにボイスチャットを使う人も多いです。

ボイスチャットは電話と同様、気軽に会話しながらゲームができるため、熱中するあまり「死ね」「クズ」といった暴言・煽り文句が飛び交うことが当たり前のようにあるのです。

また、チーム内で人間関係が悪くなるとSNSで悪口を言われたり晒されたりすることもあり、ネットいじめに繋がるケースも見受けられます。

関連記事
イニシャル
イニシャル、伏せ字での書き込みは、どこから名誉毀損になるの?
書き込みをした相手の表記をイニシャルや伏せ字を使われていた場合にも、名誉毀損などが成立してしまうのでしょうか?今回は…[続きを読む]

仲間はずれ・いじめ

所属しているギルドやチームから仲間外れにされたり、ネットいじめを受けたりするケースもあります。

仲間外れにされる理由は、ゲームが下手・子どもの世話や仕事などでゲームから離席しがち・回線が悪い・周囲の音が入ってうるさいなど様々です。

これらの理由から遊びに誘われなくなったり避けられたりしてしまい、疎外感を感じるようになります。

情緒不安定・心の疲れ

オンラインゲームは、ときに依存していると言えるほどのめり込んでしまう人もいます。

ゲームに依存してしまうと、

  • チームの人に嫌われないように(気に入られるように)長時間ゲームをしてしまう
  • 相手が意図したわけではないのに、助けてくれなかったり誘われなかったりすると不安に感じてしまう
  • SNSのネガティブなコメントを自分のことだと思ってしまう

など、情緒が不安定になってしまう事例があるようです。
そのため、ゲームをする度に色々と考えすぎてしまい、精神的に疲れてしまいます。

オンラインゲームで嫌われる人・めんどくさい人の特徴って?

他人と協力しながらプレイするゲームでトラブルが起きるのは、その人の性格や行動が関係してくることもあります。

ここからは、オンラインゲームで嫌われやすい・トラブルを起こしやすい人・めんどくさい人の事例や特徴を見てみましょう。

口や態度が悪い

まず、口や態度が悪い人です。

常に乱暴な言葉やチャラい言葉で話す、初対面なのにタメ口で話しかけるなど、最低限のマナーが守れていないとその人への印象も悪くなってしまいます。

また、プレイ途中に急にチームから抜ける、話しかけても無視して反応しないといった失礼な態度を取る人も一緒にプレイしにくいため、避けられてしまう傾向があります。

負けず嫌い

オンラインゲームによっては、ランキング制や勝ち負けのシステムを導入しているものもあります。
そのため、「勝ちたい」「ランキング上位に行きたい」と熱心にプレイする人もいるでしょう。

ただ、他のメンバーに「もっと真剣にやって」と口出しをするなど、他人にまで自分と同じ熱意を強制してしまうと人間関係が悪化してしまいます。

場合によっては、自己中心的な人だと思われたり、喧嘩に繋がってしまう可能性もあります。

暗黙の了解を守らない

  • アイテムや敵を横取りしない
  • 他人のアイテムをねだらない
  • チートを使うといったズルをしない
  • ログインしたら必ず挨拶をする

このように、オンラインゲームには公式のルールとは別の「暗黙のルール」があります。

「暗黙の」といっているように、ゲーム内で明示されていたり誰かが最初から教えてくれたりするものではありません。

しかし、この暗黙の了解を知らずに破ってしまうと、常識を知らない人として厳しい目で見られてしまうことがあります。

無理やり距離を縮めようとする

人によって人間関係における距離感は違うものです。

そのため、いくら自分が仲良しだと思っている相手がいたとしても、相手からすればそこまで仲が良いとは思われていない可能性もあります。

そんな中でプライベートな質問をしたり、オフ会などでリアルに会おうとすると、逆に相手から距離を取られてしまうケースがあります。

人間関係のトラブルを回避するには?|対策方法

最後に、先述してきたトラブルを回避する方法・対策方法をご紹介していきます。

①ルールやマナーを守る

ゲームをしている際、自分が知らず知らずのうちに先述したような嫌われやすい人の特徴に当てはまる行動をしてしまうと、それが原因で相手とトラブルになってしまう可能性もあります。

そのため、挨拶や敬語に気を付けるなど、ゲーム内といえども相手に失礼のないようにしましょう。
現実で相手が目の前にいても同じことをするか」という目線で行動することが重要です。

また、「自分にはできない」といったネガティブな言葉を言い続けてしまうことも、相手から避けられる原因になることがあります。
そのため、ネガティブな言葉もなるべく控えるようにしましょう。

②ゲーム内で付き合う人たちを選ぶ

誰しも相手との相性には合う・合わないがあります。
そのため、どこかのコミュニティに所属するときには、自分にあったチームを選ぶことが大切です。

口や態度が悪い人・否定的なことばかり言う人など、自分が合わないと感じた人とは離れるようにしましょう。

また、そもそも大人数でプレイすることが苦手だと感じたら、ソロ(野良)でプレイするのもいいかもしれません。

③距離を置く

もしトラブルが発生したり、関係が悪化してしまった人がいたりする場合は、相手と距離を置いてみてください

「仕事が忙しくなった」「親が病気になった」というような当たり障りのない理由を言っておけば、ログインの頻度が落ちても深くは追及されないでしょう。

また、いつも遊んでいるグループや時間帯を変える・サーバーを変える・キャラクターを変更するといったことも1つの手です。

④ゲーム自体をやめる

オンラインゲーム・ネトゲ自体をすっぱり止めてしまう、遊ぶゲーム自体を変えてしまうという手もあります。

「ゲームの悩みで仕事に身が入らない」「常にゲームのことを考えてしまう」など、ゲームが原因で日常生活に支障をきたしているのであれば、それはゲーム依存症や中毒になっている可能性があります。

依存や中毒状態になっていると、本当は気にするほどでもない些細なことでも深刻に考えすぎてしまう傾向があります。

そんな人は、何日か思い切ってゲームを止めてみてください。
一旦ゲームから頭を切り離すことで、「なんでこんなことで悩んでいたんだろう」と立ち直る人も少なくないようです。

まとめ

ここまで、オンラインゲーム・ネトゲでの暴言や煽り、名誉毀損、人間関係トラブル、ネットいじめやその事例等ついて解説してきました。
もし人間関係で悩んでいるのであれば、この記事でご紹介した方法を試してみてください。

オンラインゲームはゲームとはいえ、今までの人間関係を意識してなかなか止められなかった人もいるかもしれません。

しかし、ゲームはゲームであることに変わりはなく、楽しむことが本質の娯楽でストレスが溜まってしまうのは本末転倒です。

ゲームをプレイするときには、「嫌になったら止める」「いつでも止められる」といったように、割り切って気楽に楽しむようにしてみてはいかがでしょうか。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPでは「発信者(犯人)の特定」を得意としております! 爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき、各種ブログ、口コミサイト、SNS等の誹謗中傷にお困りでしたら、お気軽ににご相談下さい!

弁護士法人YMPは、爆サイ、ホスラブ、5ch、2ch、たぬき等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。ネット投稿の削除も得意としておりますが、再発防止の効果も見込め、被害の抜本的解決ができる「発信者(犯人)の特定」により注力して、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6228
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す