ネット誹謗中傷で法テラスを使える?弁護士費用を用意できない時

弁護士費用で悩む女性

ネット誹謗中傷を受けた場合には、早急に記事削除をしてもらわなければどんどん情報が拡散して被害が広がってしまいます。
記事を削除させるには自分で手続きすることは困難なので、弁護士に依頼する必要がありますが、そうなると高額な費用がかかるイメージがあり、手続きを躊躇してしまう人も多いでしょう。

弁護士費用を用意出来ない場合には、法テラスを利用する方法がありますが、ネット問題でも法テラスは有効なのでしょうか?

法テラスにネット問題に強い弁護士がいるのかどうかも問題です。
そこで今回は、ネット誹謗中傷問題で弁護士費用を用意できない場合に法テラスを利用する方法について解説します。

1.ネット誹謗中傷問題とは

ネットを利用している人でも利用していない人でも、ネット誹謗中傷の被害者になる可能性があります。
ネット誹謗中傷問題とは、インターネット上に自分の悪口やプライバシーにかかる情報などを掲載されることです。自分の写真や動画を勝手に投稿されることもあります。

たとえば、水商売をしている場合に「あの子はすぐに客と寝ている」と書かれたり、自分の住所やマンション名などが勝手に投稿されたりすることがあります。

昔の恋人が持っている性的な画像を嫌がらせで投稿される被害も起こります。

このように、根拠のない誹謗中傷をされたり、人に走られたくない情報やプライベートな情報がネット上に掲載されたりすると、他の掲示板に転載されたりSNSで広げられたりして、どんどん拡散されるおそれがあります。

被害を最小限に食い止めるには、一刻も早く問題となっている記事や画像、動画などを削除させなければなりません。
ところが、記事削除の手続は、裁判所を使った専門的な仮処分という手続が必要になることも多く、素人が自分一人でできるものではありません。多くのケースでは、法律のプロである弁護士に依頼することになります。

2.ネット誹謗中傷問題にかかる弁護士費用

ネット誹謗中傷問題への対処を弁護士に依頼すると、当然そのための費用がかかります。弁護士費用というと高額なイメージがありますが、具体的にはどのくらいかかるのでしょうか?

弁護士費用は依頼する事務所によっても異なりますが、だいたいの相場があります。ネット誹謗中傷問題の場合には、記事削除を求める際、着手金として20万円程度かかるのが相場です。
着手金とは、事件を依頼したときに当初にかかる初期費用のようなお金で、実際に記事削除ができた場合には別途報酬金が発生することも多いです。
つまり、ネット誹謗中傷問題を弁護士に依頼すると、数十万円単位の費用が必要になるということです。このような高額な費用を用意できないとい人も多いでしょう。

特に、ネット問題の被害は、水商売関係の匿名掲示板(爆サイ、ホストラブ・ホスラブ等)で起きることが多いこともあって、金銭的に余裕がない若い女性がターゲットになることがあります。弁護士費用を支払えないという理由で誹謗中傷問題への対処を諦めている方もいらっしゃるのが実情です。

風評被害対策の弁護士費用に関しては、次の記事で解説にしておりますので参考にしてください。

関連記事
弁護士費用
ネット誹謗中傷対策の弁護士費用の相場はどのくらい?
インターネットを利用していると、いわれのない誹謗中傷を受けるケースがあります。この場合、放置しておくとその情報を第三…
関連記事
ウィスキーロック
源氏名での名誉毀損!水商売のネット誹謗中傷の被害事例と対策法
ネット上では、さまざまな誹謗中傷が行われています。中でもホストやホステス等の水商売をしていると、誹謗中傷被害にあう可…

3.お金がなくても弁護士を雇える?法テラスとは!

ネット誹謗中傷問題への対処を弁護士に依頼すると、高額な費用がかかります。
どうにかしてお金がなくても弁護士を雇う方法はないものでしょうか?

ここで、「法テラス」を利用する方法があります。法テラスとは、正式名称を「日本司法支援センター」と言い、経済的に余裕のない人への法律的な援助を目的とした国の機関で、弁護士による無料相談や、弁護士費用の立替業務を行っています。

4.法テラスの民事法律扶助制度とは

法テラスでは、民事法律扶助制度という弁護士費用の立替業務を行っています。これは、弁護士費用をいったん法テラスが全額立替払いをして、その費用については、利用者が後に法テラスに分割払いしていく、という制度のことです。

月々の分割払いの金額は原則1万円ですが、苦しければ月々5,000円にまで落としてもらうことが可能です。事情が変わって途中で返済が苦しくなったら、償還の猶予や免除を受けられる手続きもあります。

また、法テラスの民事法律扶助を利用すると、一般の弁護士事務所に依頼するより金額自体も非常に安くなることが多いです。

仮処分なら弁護士事務所によりますが、10万円以下で弁護士に依頼することができますし、示談交渉や訴訟でも10万円程度で依頼できます。
この立替払いしてもらったお金は月々5,000円ずつ法テラスに返還していけば良いので、非常に負担が軽いことがわかります

このように、法テラスを利用すれば、お金がなくても仮処分や損害賠償請求の手続きを弁護士に依頼することが可能です。

5.法テラスでネット誹謗中傷を相談できる?

法テラスの民事法律扶助を利用すると、非常に負担を軽くして弁護士を雇うことができますが、ネット誹謗中傷問題にも対応してもらえるかが気になる人がいるでしょう。

ネット誹謗中傷問題は弁護士の業務の中でも専門的な分野なので、法テラスのような一般的な機関では対応していないのではないかが問題となるのです。
この点、法テラスには、基本的に事件の種類による制限はなく、どのような案件でも受け付けています。そこで、「ネット誹謗中傷問題だから受けられない」ということはありません。
誹謗中傷記事がネット上に掲載されて困っている場合でも、弁護士の無料相談を受けることができますし、その弁護士が受任してくれれば、対応を依頼することも可能です。

6.法テラスに優秀な弁護士がいないって本当?

法テラスでネット誹謗中傷問題を依頼できるとしても、法テラスには優秀な弁護士がいないという噂もあります。これは本当でしょうか?

この点、法テラスだからといって、優秀な弁護士がいないということはありません。法テラスにはいろいろな弁護士が登録しているので、中には優秀な弁護士もたくさんいます。
ただ、優秀でない弁護士が多いこともまた事実です。弁護士登録したばかりの若手の弁護士もたくさん法テラスに登録をしているので、そのような弁護士にあたった場合、頼りなく感じることもあるでしょう。

しかも、法テラスでは弁護士を自由に選べないという問題があります。基本的に、名簿順でランダムに弁護士を割り当てられますし、ネット誹謗中傷問題に強い弁護士を探してほしいと言っても、そのような希望を聞いてもらうことはできません。
法テラスを利用する場合、どのような弁護士にあたるかは運次第、ということになってしまうのです。
費用が破格に安いのだから、そのあたりの問題は仕方がないと考えるしかないでしょう。

7.法テラスにネット問題に強い弁護士はいる?

さらに一歩進めて、法テラスには、ネット問題に強い弁護士がいるのでしょうか?

この点、「いる」か「いない」かだけの問題なら、「いる」ということになります。ただ、「ネット問題に強い弁護士にあたる確率は?」と聞かれると、かなり低くなってしまうこともまた事実です。

ネット問題は、弁護士の取り扱い分野の中でもニッチな分野であり、専門的なので、そもそも取り扱っている弁護士自体が少ないです。取扱いがあったとしても、それが得意かどうかはまた別問題なので、ネット問題が得意な弁護士というと、さらに限定されてしまいます。

そして、そのようなもともと少ないネット問題に強い弁護士が、全員法テラスに登録していることもありません。

法テラスの単位は地域ごとになっていますが、田舎で弁護士が少ない地域などでは、そもそもネット問題に強い弁護士自体がほとんどいないケースもあります。

そこで、法テラスを利用する場合にネット問題に強い弁護士を探すことは、相当難しいと考えた方が良いです。

ただ、ネット問題に強くない弁護士であっても弁護士である以上最低限の必要な手続はしてくれますし、自分一人で対処するよりは状況が改善されることは確実です。
ネット誹謗中傷が行われた場合、放置しておくのが一番悪いので、たとえ法テラスを利用してでも弁護士に依頼して記事削除請求をすることをおすすめします。

ネットに強い弁護士とはどういう弁護士なのか?解説している記事がありますので、次の記事をご参考ください。

関連記事
internet lawyer
ネットに強い弁護士とは?サイバーIT弁護士の探し方と選び方
専門分野に強い弁護士とは? 弁護士は、資格をもっていれば、仮に経験がなくても法律を調べながら多くのどの分野でも対処で…

8.ネット誹謗中傷問題に強い弁護士に法テラスを利用して依頼する方法!

法テラスを利用する場合、基本的には弁護士を選べないのでネット問題に強い弁護士に依頼することも難しい、と説明しました。このことは事実ですが、実は、ネット誹謗中傷問題に強い弁護士に、法テラスの支払方法を利用して依頼する方法があります。

法テラスの利用方法には、2通りあります。

1つ目は、法テラスの事務所で無料相談を受けて、法テラスで割り当てられた弁護士に対応を依頼する方法です。これは一般的に周知されている法テラスの利用方法ですが、この方法だと先に説明したように、自分の好きな弁護士を選ぶことはできません。

もう1つの法テラス利用方法は、自分で弁護士を探して依頼し、その弁護士への支払いに法テラスを利用する方法です。この方法を利用すると、法テラスがその弁護士に費用を立替払いしてくれて、自分は法テラスに月々5,000円ずつなどを返済していけば良いことになります。つまり、弁護士は自分で選ぶことができて、支払の金額や支払方法については法テラスを利用できるのです。

弁護士の多くは、法テラスに登録をしています。法テラスに登録している弁護士の場合、法テラス事務所で依頼せず、その弁護士の事務所で相談をして依頼する場合であっても、依頼者が資力基準を満たしていれば、法テラスを利用して支払ができます。

ネット誹謗中傷問題に強い弁護士であっても同じことです。

そこで、ネット誹謗中傷被害を受けて、弁護士を探していてお金のことで困っている場合には、まずはネット誹謗中傷問題に強い弁護士を探し、その弁護士が法テラスに対応しているかどうかを確認してみることをおすすめします。

法テラスに登録している弁護士は、そのことをホームページに掲載しているケースもありますが、何も書いていない弁護士も多いです。

そこで、弁護士事務所に問合せを入れる際、法テラスに対応しているかどうかを確認してみて、対応している事務所で相談を受けてみると良いでしょう。
この方法を利用すれば、弁護士費用がなくても法テラスを利用して楽にネット問題に強い弁護士を雇えるので、是非とも試してみましょう。

まとめ

今回は、ネット誹謗中傷被害を受けた場合に法テラスを使って弁護士に依頼方法について解説しました。

ネット誹謗中傷問題は放っておくと被害が広がるので早めの対応が重要です。しかし、高額な弁護士費用がかかるので、対応を躊躇するケースが多いです。

法テラスを利用すると、楽に弁護士費用を支払うことができますが、法テラスでは自由に弁護士を選べないので、ネット問題に強い弁護士に対応してもらうことが難しくなります。
何もしないよりは良いので、ネット問題に強い弁護士でなくても法テラスを利用して弁護士に対応してもらうのは1つの方法です。

おすすめなのは、ネット問題に強く、法テラスに登録している弁護士を探して、法テラスを通じて支払をする方法で弁護士に対応を依頼する方法です。これによると、費用の負担を軽くしながらもネット問題に専門的に取り組んでくれる弁護士に依頼できます。

弁護士探しに少し手間取る可能性は高いですが、メリットが非常に大きいので、是非とも試してみると良いでしょう。
ネット誹謗中傷問題に困った場合には、最終的には法テラスの事務所を利用してもかまわないので、あきらめずに弁護士を探して対応することが重要です。

誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします

ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。

  1. 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた
  2. SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている
  3. 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている
  4. 書き込み犯人を特定したい
  5. 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい

ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。

1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・中央区】
弁護士法人YMP

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

2ch、SNS、検索エンジン問題解決を得意としております。解決に向かって迅速に対応

弁護士法人YMPは、2chや爆サイ等をはじめとする掲示板のネット誹謗中傷問題の解決を得意としております。プライベートな案件などに関しましても、当然のことながらご相談者様の秘密を守秘し、ご相談者様の悩める心情に寄り添いながら、解決に向かって迅速に業務を遂行してまいります。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-5329
[電話受付]平日  10:00~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から誹謗中傷に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!